February 16, 2009

バンドリハーサル

4fda29da.jpg



バンドリハーサル、着々と進んでおります!


3/13(金)のイクスピアリでのイベントに向けてですが、昨年より活動を共にしている、JAZZサックス奏者・佐藤恭子ちゃんとのこれからの面白い展開も含めて、ですかね☆


音楽業界にも食い込んで行くので!



3/13(金)は、画期的なイベントになります。

いつもBe-Bopダンサー同士で行なっていたJAZZ MUSIC・生バンドによるダンスバトルを、


『Be-Bop VS POP』


にします!


ダンサー必見!

世界初!(…のはず)


『Repoll:FX』
VS
『Special Pop Dance Unit』
Ree+FISHBOY(black D.O.G.S)+OBA(Rhythmalism)+TAKA(Rhythmalism)



ダンス好きなら、面白いと思う組み合わせだと思います!


3/13(金)は、舞浜へ!

興味ある方は、メール・メッセージください!







[Jazz×Jazz Dance]
Absolute Beginners
〜UK JAZZ DANCEとModern's Bop〜

@舞浜 Club Ikspiari
(http://www.clubikspiari.com/)

open 18:30
start 20:00

charge
前売 3,150円
当日 3,675円


【live】
Kyoko Satoh Sextet
"NATION OF MULTIVERSE"

【DJ】
Kei Kobayashi (Routine Jazz)

【Dance Battle】
『Repoll:FX』
VS
『Special Pop Dance Unit』
Ree+FISHBOY(black D.O.G.S)+OBA(Rhythmalism)+TAKA(Rhythmalism)

【Round Girl&Dance】
A.d.S.L.


80年代にイギリスで「ジャズで踊る」ことが始まって以来、連綿と続くジャズ・ミュージシャンとジャズ・ダンサーの熾烈なアドリブ合戦。Giles Petersonや松浦俊夫などの有名DJが、ラジオでプレイするアルトサキソフォニスト佐藤恭子率いるクラブ・ジャズ・プロジェクト『Nation of Multiverse』。その珠玉のナンバーが、ダンサーの体を通じて解放される感動のステージを見逃すな。80年代に端を発する3ラウンド・ダンス・バトルも、今回は、別々のストリートダンスジャンルの戦い『Be-Bop VS POP』。白熱すること請け合いだ。


○ UK Jazz Danceについて
80年代にイギリスで生まれた「ジャズで踊る」ムーブメント。Giles PetersonやPatric Forgeといった有名なDJを輩出するとともに、高速のジャズにあわせてアクロバティックなステップを繰り出すUK Jazz Dance (日本ではBe-Bopと呼ばれる)という稀有なダンス・スタイルを創り出した。その一端は、映画『Absolute Beginners』や80年代にジャズ・ダンサーを起用したパルコのCM、またアシッド・ジャズ期に人気を博したWorking Weekのプロモにて知ることができる。




『Nation of Multiverse』

バークリー音楽院に留学。留学時には、その作曲の才能が認められて、「トシコ・アキヨシ・アワード」を獲得したアルトサキソフォニスト佐藤恭子率いるクラブ・ジャズ・プロジェクト。日本を代表するジャズDJ小林径の助言で生まれたこのユニットのデビューアルバムは、70年代から続くスピリチュアル・ジャズの系譜における一番新しいマスターピース。クラブ・ジャズが持つダンサブルでポップな感覚と、コンテンポラリー・ジャズが持つ高い音楽性と技術を併せ持つ唯一無二存在でもある。現在、Giles Petersonや松浦俊夫などの有名DJがラジオでプレイ。Monday満ちるをフューチャーした美の限りを尽くしたワルツ「Butterfly」が人気。また、松浦俊夫は、McCoy Tynerのカバー「African Village」を、雑誌Remixの2008年のベスト・トラックのシングル・ベスト5のうちの一つに挙げていた。佐藤自身も、雑誌プレジデントでの高橋克典の特集に抜擢されるなど、活躍が続いている。
メンバー 佐藤恭子(as)、中村恵介(tp)、三塚知貴(tb)、古谷淳(p)、織原良次(eb)、金井洋平(dr)
more info: http://www.kyokosatoh.com/



『Repoll:FX』

HASE
JIME
ZOOVE池田
KITAM
グラサンサトウ
DJ TOMI the JAZZY MONK


2001年結成。
東京学芸大学ストリートダンスサークル
『@fter Beer』出身。
現在は、ダンサー5名・DJ1名という形で活動。

1980年代、「Brother in Jazz」、「I・D・J」 といったチームを始めとした、高速JAZZ MUSICに合わせて踊るイギリス・ロンドンの黒人ダンサー達によって発展したUK JAZZ DANCE(Be-Bop・FUSION・NorthernJAZZ)を軸とし、枠にとらわれることなくストリートダンスの他ジャンルを取り入れ、映画・舞台・ミュージカルの表現手法をも参考にし、独自の新ジャンル、

「Entertainment Be-Bop」

で<リポール・スタイル>を追求。

日本におけるストリートダンスコンテストの最高峰『JAPAN DANCE DELIGHT』において、2006年・2008年と2度の準優勝を獲得。

その他、様々なダンスコンテストにて、
優勝・3回、準優勝・5回、その他入賞・9回と、受賞多数。

チームとしてはイベント出演だけでなく、日本テレビ系『スーパーチャンプル』やNHK朝の連続テレビ小説『瞳』に出演等、テレビにも進出し、有名JAZZミュージシャンとの競演等で音楽業界にも進出。

ダンサーだけでなく、ダンスインストラクター・DJ・教師・モデル・MC・イベントプロデュース・ダンススクールプロデュース・ダンス地方振興事業・ダンス教育活動・執筆活動・各種司会業・アカペラシンガー etc…と個性溢れるメンバーが多方面で活躍している。

中でも、リーダー・HASEは、大塚愛バックダンサーや、いきものがかりPV出演、adidasファッションショーダンサー&モデル、月刊『DANCE STYLE』『DDD』掲載、各種ダンスコンテスト・ダンスバトル審査員等、個人でも活躍の場を広げている。

その他、DJ TOMI the JAZZY MONKは、各種イベントにDJとして出演する傍ら、UK JAZZ DANCEとJAZZ MUSICのルーツ・発展等をまとめた書籍『JAZZ FOR DANCERS』を執筆し、出版。また、2008 FUJI ROCK FESTIVALへのDJ出演を果たし、DJとしての活躍を続ける。


現在のストリートダンスシーンにおいて、
「ストリートとシアターの融合」を、
JAZZミュージックシーンにおいては、
「DANCE MUSICとしてのJAZZ」
をテーマに掲げ、新たなエンターテインメントを提案し続けるダンス&DJパフォーマンス集団。

http://www.repoll-fx.com



『Special Pop Dance Unit』
Ree+FISHBOY(black D.O.G.S)+OBA(Rhythmalism)+TAKA(Rhythmalism)

数々のダンスバトル、ダンスコンテストで結果を残し、日本のストリートダンスシーン・POPダンスシーンにおいてその地位を確立し、今や知らない者はいない4名のダンサーが今回のイベントの為に『Special Pop Dance Unit』を結成!

数々のダンスバトルのタイトルを獲得し、日本の女性POPダンサーと言えばまずこのファンキーフィメールダンサー・Ree。

今や飛ぶ鳥を落とす勢い!
ダンスバトルにおいてその独特のバイブス、間違いないスキルでその名を全国区に。所属チーム『black D.O.G.S』では新境地を開拓するような今までにない進化型といえるSHOWを展開し、人気を博す、FISHBOY。

2007年・ストリートダンスシーンにおいて知らないものはいないと言っても過言ではないダンスコンテスト『TOKYO DANCE DELIGHT』において、見事に優勝!
その後も若手ダンサーに多大な影響を与え続けているチーム『Rhythmalism』より、OBA・TAKA。


repoll_kichiku_hase at 22:41│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔