FRIDAYZ MEETING

A story of Fridayz

FM1

FM2

FM3

FM4

FM5

FM6



先週末はFRIDAYZ MEETING#60。
久々にワンマン以外での自分たちの企画でした。
やっぱり企画ってめちゃくちゃ楽しいよね、自分たちの好きなバンドが各地から集まってくれて同じ場所で音を鳴らしあう。
バンド同士もお客さん同士もまたそこで音や人に出会って広がっていく感じ。
ツアー先で出会った素晴らしいバンドや、その仲間のバンド。
そのバンドを自分の街に呼んで、自分たちのお客さんや地元のバンドにも見てもらって、共有したい。
自分たちの企画に出るバンド最高でしょ、この街も最高でしょってな。

昔はアルバムだして1年かけてツアーを回って、次のアルバムまでツアー先で出会ったバンドを企画に迎えてってのを繰り返してた。
多い年は4週連続で企画したり、1年に9本とか本当むちゃくちゃやっとったな笑。
改めて見返すと本当いろんなバンドに来てもらった、ゲストも地元も含め全バンドその時々に本当に企画に出てほしいと思ったバンドたち。
俺らはずっとそうやって続けてきたな、恵まれてるなと色々と思いにふける夜になりました。

MCでも言ったんだけど、ナンバリングが重複してたり笑、
カウントに入れてなかったりといろいろとレギューラーな感じもありますが、60回の節目としてまとめてみましたので、お時間ある時にでもぜひ見て見て下さいませ。
こんな時期にこんなバンドが地元に来てたんだななんて今見ると面白いね。

前より企画の数は少なくなったけど還暦までは100回迎えたいね笑。
一生一緒にやりたいと思えるバンドとこれからもやっていきたいと思います。


●2005(1本)-----------------
12/18(sat)@酒田flavor 「FRIDAYZ MEETING#1」
w/LOCAL SOUND STYLE(東京)/DAWN(弘前)/SUMMER BOYS/TRASH

●2006(2本)-----------------
4/30(sun)@酒田MUSIC FACTORY 「FRIDAYZ MEETING#2」
w/DOACOCK(千葉)/concentrate(新潟)/SUMMER BOYS/STINKY RAT

11/25(sat)@酒田flavor 「FRIDAYZ MEETING#3」
w/UNITED SKATES(東京)/FUN FREAKS(秋田)/THE BUMPiES(秋田)

●2007(1本)-----------------
5/25(fri)@酒田MUSIC FACTORY 「FRIDAYZ MEETING#4」
w/STRANGE FILM

●2008(4本)-----------------
5/9(fri)@酒田MUSIC FACTORY 「FRIDAYZ MEETING#5」
w/HOT SQUALL(千葉)/DOACOCK(千葉)/CARNIVAL/fifi

6/28(sat)@酒田flavor 「FRIDAYZ MEETING#6」
w/LIVE CLEAN STAY YOUNG(岡山)/SEVEENTEEN AGAiN(東京)/Wiennes(東京)/WINY

8/23(sat)@酒田flavor 「FRIDAYZ MEETING#7」
w/SHIFT(山形)/DEEPSLAUTER(柏)/TIALA(小岩)/CRANE HILL(鶴岡)

11/16(sun)@酒田MUSIC FACTORY 「TRASHxFRIDAYZ合同企画-CREATURE MEETING」
w/MUGWUMPS(八王子)/FOUR GET ME A NOTS(千葉)/send/fifi/TRASH

●2009(4本)-----------------
6/21(sun)@酒田flavor 「FRIDAYZ MEETING#8」
w/PASTA FASTA(東京)/Wienners(東京)/AUDREY/fifi

8/14(fri)@酒田MUSIC FACTORY
「FRIDAYZ MEETING#9-1st album LOCALISM RELEASE GIG 2DAYZ 初日」
w/send/PONTIAC’75/STINKY RAT/hue/WINY/FRIDAYZ/TRASH

8/15(sat)@酒田MUSIC FACTORY
「FRIDAYZ MEETING#10-1st album LOCALISM RELEASE GIG 2DAYZ 2日目」
w/FOUR GET ME A NOTS(千葉)/DOACOCK(千葉)/S.P.N.POWER(弘前)
/THE SHOTT VEGETABLES(東京)/ドリプレ

10/24(sat)@酒田MUSIC FACTORY 「FRIDAYZ MEETING#11-LOCALISM TOUR FINAL」
w/Wienners(東京)/THE WELL WELLS(八王子)/YELLOW GANG(千葉)
/SEVENTEEN AGAiN(東京)/MUDDY BEACH(新庄)

●2010(3本)-----------------
3/14(sat)@酒田MUSIC FACTORY 「YUKAUNQOxFRIDAYZ合同企画-Dooooonnnn!!!!」
w/SORRY FOR A FROG(東京)/PEROTAN(八王子)/jack nicolsons(仙台)/fifi/ドリプレ

3/27(sat)@酒田flavor 「FRIDAYZ MEETING#12」
w/BARIKAN(札幌)/dead stock(弘前)/ciger socket/マルチ放電

7/3(sat)@酒田MUSIC FACTORY 「FRIDAYZ MEETING#13」
w/FOUR GET ME A NOTS(千葉)/Words weeds(甲府)
/EVERYDAY NEW DARE(千葉)/ドリプレ/fifi

●2011(6本)-----------------
4/17(sun)@酒田MUSIC FACTORY 「FRIDAYZ MEETING#14」
「LOCAL HEROES震災支援GIG」
w/send/マルチ放電/The Hypnotic Timber/サメ肌/fifi/ババロアストロベリー地獄
/Hi Digdie/PONTIAC’75/DIGITAL SUSIE PARADOX

5/6(sun)@酒田flavor 「FRIDAYZ MEETING#15-ONEMAN GIG」
w/ONEMAN GIG

5/12(sun)@酒田MUSIC FACTORY 「FRIDAYZ MEETING#16」
w/SORRY FOR A FROG(東京)/NOCOMPLY(新潟)/BEAR’S BREECH/fifi/DOLIPULE

10/1(sat)@酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#17
w/GARLIC BOYS(大阪)/MUDDY BEACH

11/3(thu)@酒田MUSIC FACTORY 「FRIDAYZ MEETING#18」
w/FOUR GET ME A NOTS(千葉)/OUT COUNT(横手)/DOLIPULE/SLEEPERS

11/17(sat)@酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#19」
w/LIFE SUB MOTOR/send

●2012(7本)-----------------
1/14(sat)@酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#20」
w/DOACOCK(千葉)/sept inch boxxx

3/11(sun)@酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#21」
w/St.ELMO’S FIRE(札幌)/MUDDY BEACH(新庄)/PARAMEXICO(新庄)/PONTIAC’75

4/21(sun)@酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#22」
w/akutagawa(東京)/malegoat(八王子)/three days film(八王子)/send

5/19(sat)@酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#23」
w/THE WELL WELLS(八王子)/DOLIPULE/THIS IS

7/21(sat)@酒田MUSIC FACTORY 「FRIDAYZ MEETING#24」
w/DOACOCK(千葉)/GunFrameZ/マルチ放電/alcopejio

9/1(sat)@酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#25」
「2nd album HOPE RELEASE GIG」
w/Wienners(東京)

12/22(sat)@新宿Nine spice 「FRIDAYZ MEETING#26」
w/AKUTAGAWA(東京)/FOUR GET ME A NOTS(千葉)/DOACOCK(千葉)

●2013(8本)-----------------
2/10(sun)@柏ALIVE 「FRIDAYZ MEETING#27」
w/THE SENSATIONS(東京)/RAZORS EDGE(大阪)/THE NO EAR(甲府)
/deepslauter(柏)/yellow gang(柏)

3/09(sat)@酒田MUSIC FACTORY 「FRIDAYZ MEETING#28-HOPE TOUR FINAL」
w/FRIDAYZ/AKUTAGAWA(東京)/SEVENTEEN AGAiN(東京)
/Wienners(東京)/S.P.N POWER(弘前)/distwilights

3/22(fri)@酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#29」
w/OLEDICKFOGGY(東京)/PONTIAC’75

5/3(fri)@酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#30」
w/yellow gang(柏)/this is/DIGITAL SUSIE PARADOX

6/22(fri)@酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#31」
w/FREE KICK(苫小牧)/DOLIPULE

8/10(sat)@酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#32」
w/THE WELL WELLS(八王子)/TWO-nothing(小樽)/alpaca

8/1(sat)@酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#33」
w/EF(木更津)/KORRUPTION(新庄)/WALL

12/21(sat)酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#34」
w/THE SENSATIONS(東京)/THE WALKERS

●2014(2本)-----------------
7/26(土)旧酒田hopeラストライブ 「FRIDAYZ ONE MAN 撤収GIG」
w/ONEMAN

8/9(sat)酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#35」
w/Wienners/THE SENSATIONS(東京)

●2015(9本)-----------------
4/11(sat)酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#36」
w/FRIDAYZ/The Coastguards(柏)/to overflow evidence(いわき)
/Ghouls Attack!(柏)/DROP up 25(柏)/Dragers

4/18(sat)酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#37」
w/DEEPSLAUTER(柏)/TIALA/(小岩)/noy(東京)/KORRUPTION

4/26(sun)酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#38」
w/クリトリック・リス/(大阪)/乞食晩餐会/digital susie paradox/二面性クランケ

5/2(sat)酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#39」
w/bacho(兵庫)/Dragers/DOLIPULE/マルチ放電

5/24(sun)鶴岡なんだ屋 「FRIDAYZ MEETING#40」
w/ONEMAN GIG/O・A ONE BALANCE

7/2(thu)酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#41」
w/THE WELL WELLS(八王子)/THE WALKERS

7/18(sat)酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#42」
w/wakamiya(東京)/WHAT EVER FILM(山形)/distwilights

10/3(sat)酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#43」
w/SEVENTEEN AGAiN(東京)/フジロッ久(仮)(東京)/やってもーたろ!(米沢)/DJ 安孫子真哉

12/20(sun)酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#44」
w/Wienners(東京)/FOUR GER ME A NOTS(千葉)

●2016(7本)-----------------
1/9(sat)酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#45」
w/RAZORS EDGE(大阪)/クリトリック・リス(大阪)/鉄男TV (秋田)

8/9(sat)酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#46-3rd album DOIT RELEASE GIG」
w/ONEMAN GIG

8/28(sun)秋田LIVE SPOT 2000 「FRIDAYZxNATSUO合同企画-SOUL FUSION」
w/わがままカレッジ(東京)/音の度crew(東京)/johann(東京)/Fatman Seminar(弘前)
/Mating Rhythm(秋田)/The wyyyy(秋田)/左手はそえるだけ(秋田)/SDC(秋田)

9/4(sun)八戸ROXX 「FRIDAYZxRe:Turn合同企画-TAKE ACTION vol.1」
w/クリトリック・リス(大阪)/REAL SHOCKS MATTER(帯広)/THE WORLD PEACE(札幌)
/Re:Turn(八戸)/this is

12/4(sun)吉祥寺WARP 「FRIDAYZ MEETING#47」
w/SEVENTEEN AGAiN(東京)/CHAI(東京)/DAWN(東京)
/to overflow evidence(いわき)/STAND ALONE

12/11(sat)酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#48-DOIT TOUR FINAL」
w/Wienners(東京)/STAND ALONE/Slow Snow Slide

●2017(5本)-----------------
3/11(sat)酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#49」
w/SHIFT(山形)

3/25(sat)八戸ROXX 「FRIDAYZxRe:Turn合同企画-TAKE ACTION vol.2」
w/Re:Turn(八戸)/COCO-ROBINSON(大阪)/ROYAL HORMONIX(八戸)/STAND ALONE

7/1(sat)酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#50」
「Two over flow evidence Clear release tour」
w/Two over flow evidence(いわき)/AAD(いわき)/マルチ放電/STANDALONE/ピリオド

9/18(mon)酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#51」「Knockin’ Blues release tour 2017」
w/THE KNOCKERS(札幌)/THE LET’S GO’s(東京)/FRIDAYZ/乞食晩餐会

9/24(sun)酒田hope 「FRIDAYZxRe:Turn合同企画-TAKE ACTION vol.3」
w/Re:Turn(八戸)/Interloper(八戸)/this is/Dragers/STAND ALONE

●2018(2本)-----------------
1/27(sat)酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#52」
w/MUDDY BEACH(新庄)

8/12(sun)酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#53」
「音の旅crew”JOYSTEP Tour 2018」
w/音の旅crew(東京)/Vital Club/やってもーたろ!

●2019(5本)-----------------
5/11(sat)酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#53」
「FRIDAYZ ONEMAN GIG NEW EP 街と世界 Release gig」
w/ONEMAN

7/20(sat)酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#54」
w/FRIDAYZ/突然少年(東京)

8/9(fri)酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#55-waterweed Diffuse Tour 2019」
w/waterweed(大阪)/SPARK!! SOUND!! SHOW!!(大阪)

9/22(sun)酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#56」「SEVENTEEN AGAiN ルックアウト Release Tour」
w/SEVENTEEN AGAiN/突然少年(東京)/Vital Club/ザ・トイレットロールズ

12/18(sat)酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#57」
w/MISPRISSION/DJ Kengo Ootaka

●2022(1本)-----------------
5/3(tue)酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#58-FRIDAYZ超ONE MAN GIG」
w/ONEMAN

●2023(2本)-----------------
5/6(sat)酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#59」
F「RIDAYZ ONEMAN GIG 4th ALBUM LIFE RELEASE GIG」
w/ONEMAN

11/18(sat)酒田hope 「FRIDAYZ MEETING#60」
「to overflow evidence”seep release tour」
w/to overflow evidence(いわき)/FOUR GET ME A NOTS(千葉)/send/MANAZASHI

4月22日はFRIDAYZ 4枚目のアルバム「LIFE」の発売日。
誰が決めたわけでもないこの日は自分たちで決めた。
全国のお店に一斉にCDが並ぶわけでもサブスクで全世界へ発信される訳でもなく、当日ライブをする訳でもない。平日の仕事を超えた先のいつもと変わりのない週末。

オンラインで購入してくれた方々には、自分の手で一枚一枚梱包しメッセージを書き発送。
地元の方には直接届けれる機会があればと思い、土曜は自分のやっているhopeとINDIE、日曜は隣町鶴岡の友人のお店ANCHORにてスペースをもらい販売した。

FuFJ4IuaEAAQ_sE

FuFJ4ItacAEBy3-


同梱するTシャツやらステッカーが届いたのが火曜日で、そこから家族にも手伝ってもらいTシャツをたたみ袋づめ、宛名を書き、出来る限り顔浮べ短いながらにメッセージを添え、パンパンになった封を閉じる。
直接お店にCDを買いに来てくれる人が少しでも楽しめればと思い、突如思い立った自分の新しいライフワーク(?)作品「ねんどん」の展示の準備、そしてカレーの仕込み。
もちろん普段のデザインやライブハウスの仕事も並行してある。
文字だけを羅列すると情報が渋滞し、もはやCDのリリースなのかなんのかもよくわからない感じになるが、、まぁ慌ただしくこの一週間を過ごした。

S__37683205
※ねんどん
S__37683204


結果このボタン一つで全世界配信がスタンダードな時代に、嫌と言うほどリリースの実感を味わうことが出来た週末になった。
まぁなかなかの作業量で大変ではあったが、この一連の流れ一つ一つが愛おしくもあり楽しい時間だった。

オンラインでも直売会でも、久々なお客さんや友人の名前をたくさん見かけ、そしてたくさん会うことが出来た。
一度離れてしまった習慣を取り戻すのは難しい。
あたりまえのように、ライブハウスや友人のお店で顔を合わせていた習慣を、コロナが随分と遠ざけてしまったように感じる。
例えコロナがなくとも、仕事や生活のサイクルの中で、来れる時期があれば来れない時期もあるし、ライブハウスとはそういうものだと当然自覚している。
それでも音を聞きにまた足を運ぼうとした時に、街に存在していることが役割だとも思う。

一度でも同じ時間や感情を共有したものどおしが、音の中で空いた時間を埋めるのは難しくはない。
音楽やライブハウスにはそんな魔法みたいなものがあるとも思っているし、続けていればそんな瞬間に何度でも出会えるものだ。
今回のアルバムがそんな瞬間を作り出すきっかけを増やせればいいなと思う。

二日目のANCHORでの直売会では、いつもライブハウスで会うメンバーやお客さんや友人が家族を連れCDを買いに来てくれたり、普段の仕事のつながりや、いつも応援してくれる飲食店の人たちもたくさん来てくれた。
それぞれが談笑をしながら、CDを手に持ちまたそれぞれの生活に戻っていく。

ほろ酔いでその様子を眺めながら、まさにLIFEと言った感じだなと思い、このアルバムが生活に寄り添ってくれればいいなと思う。
友人だったメンバーはもはや家族のような存在になり、友人はまた新しい家族をつくっていく。

歳を重ねることは豊かな事だなと思う。

S__37683202


色々と書きましたが、まだアルバムをリリースしてたった二日。
ここからスタートライン。
アルバムは引き続き送料無料でオンラインでも購入できるし、hope店舗でも、FRIDAYZのライブ会場でも購入できますので引き続きよろしくお願いします。
市内ぐらいだったらメンバーに連絡をくれれば、直接届けるよ。
久々な誰かのお店で待ち合わせて談笑でもしようぜ。
名称未設定 4

bs


アルバムをもって、今週末は4/30(日)は東京下北沢SHELTERにてスリーマン、そして5/6(土)は酒田hopeにてワンマンライブを開催します。
再会と新しい出会いに乾杯しましょう。
お待ちしております。
チケットのご予約はこちらより。
何卒!




FRIDAYZ(フライデイズ)
■LIFE
■品番hope-010
■2,200(税込)
■2023.4.22 Release
※hopeオンラインとライブ会場のみでの限定販売になります。
※購入リンクはプロフのリンク先より、または『酒田hopeオンライン』で検索ください。
https://hoperecords.thebase.in/
※送料無料

M1.地下に戻って根を下ろす
M2.手の鳴る方へ
M3.Show must go on
M4.耳鳴りと残像
M5.匂い
M6.帰路
M7.証人
M8.GO BACK
M9.mess/age
M10.Color
M11.世界

いよいよ今週末はFRIDAYZ 4th ALBUM『LIFE』リリース日。
ちょっと空いてしまいましたが本日も書いて参りましょう。

今回は販売について。
前作のアルバム「DOIT」がもう7年前。この間に随分と世の中も変わってしまった。
前にも書いたが、サブスクで音楽を聴くことはもはやスタンダードなものだし、自分の暮らす街ではCD自体を取り扱ってるお店自体が数える程しか残ってない。
自分が20代の頃はまだこの街にも個人のCDショップというものが残っていて、リリースの時にはコーナーの展開やお店のスタッフが手間暇かけて作ってくれたポップなんかに随分と助けられて、お店を回って写真を撮ったりあいさつに回ったりしたもんだ。
お店独自のランキングなんかもあったりして、高校生の時に初めて作ったデモCDRはモンゴル800に次ぎ謎に店頭ランキング2位になったこともある笑。地元の高校生の300円のデモを委託で取り扱って、視聴機に入れ展開までしてくれ、お店にどれぐらいの利益があったのだろうと今になれば思うが、当時はローカルのCDショップにも独自のコミニティーが確かに存在したし、お店の人も楽しんでやっていてくれていたように思う。

※1st「LOCALISM」発売時のタワレコ新宿店。当時の写メの解像度の限界と共に。
6da0ba86


※2nd「HOPE」発売時の今はなきTSUTAYA酒田矢田店。初代ギターが店長。
20120821_194914


※3rd「DOIT」発売時の全国のお店の展開。
37424356
323e9780


そんな感謝の思いと昔話も挟みつつ、今回リリースにするにあたりどういう方法をとることが今の自分たちにとって一番理想なのかメンバーと共に何度も話し合った。
もちろん今までのようにレーベルにお願いして、流通をかけることも考えたが、今作に関しては自主レーベルからのリリース、販売に関してもhopeのオンラインと店頭、そしてFRIDAYZのライブ会場に限定することにした。
CDのリリースの告知と同時にサブスクでデータを発信、それはもちろん全方向全世界に広がる可能性も秘めているが、何度もイメージしてみて、どこか今の自分にはそこにこれまでリリース当日以上の期待感や希望を見いだせなかった。
7年もかけてつくった音源だ。一瞬のタイムラインに流されたくはないし、まず何より自分たち自身がリリースの余韻を楽しみたい。まず優先すべきなのは顔の浮かぶ人たちにどう届けるか、その方法を走ることが今の自分たちにはあっているなと思った。

1枚1枚確実に自分たちの手から届けたい。
それは自分たちのオンラインからでも同じことで、今作は一人一人の顔浮べながら手紙を書くつもりでやってみたいと思っている。それがきっと自分たちのこれからの活動の糧になると思う。
※とはいえ昔からお世話になっているお店からCDを取り扱わせて欲しいと連絡もたくさん頂き、今回はこのような趣旨の為泣く泣くお断りしましたが本当に感謝しています。きっとまた別の形でお礼が出来れば。

S__37519368


S__37519370

今回リリースに伴い、フライヤーやポスター、広告なども一切出していない。
作ったのは500枚のポケットテッシュのみ。MVはもちろん今までどうりメンバーの制作。
そして広告の代わりにこのブログで自分の言葉で考えを伝える。
ポスターを作るべき経費で同梱するステッカーを作り、オンラインに関しても送料を無料にした。
先日ライブハウスのフード用に、一人玉こんを茹で150円のポップを書いてる時に、圧倒的時代と逆行してる自覚が唐突に頭をよぎったがこれで良い。

そんな感じでおかげさまで絶賛発送作業に追われてはおります。
ご予約いただいた皆様ありがとうございます。
明日の夜(4/19)ぐらいまでにご注文いただいた分は発売日前日までに手元にお届けできると思います。
それ以降に関してもしばらくは送料無料でお届けするつもりですので、引き続きぜひ!
直売

そして最後にもう一つ、今回発売日当日は酒田hope店頭にて、翌日は鶴岡のANCHOR様にてアルバムの直売会を開催いたします。
CD発売に合わせて、来店いただいた皆様が少しでも楽しめる催しも考えていますので、地元の方は良かったらぜひ!
ワンマンライブの日に買いたいと言ってくれる方もおられると思いますが、アルバム聞いて曲覚えて当日遊んでもらえたら尚楽しいかもねってことで一つよろしくお願いします。
早く聴いて欲しいってのが一番、やっとだし!

おまけで日曜の催しの謎のねんどん。
https://www.instagram.com/nendo_no_tami/

info=============

FRIDAYZ(フライデイズ)
■LIFE
■品番hope-010
■2,200(税込)
■2023.4.22 Release
※hopeオンラインとライブ会場のみでの限定販売になります。
※購入リンクはプロフのリンク先より、または『酒田hopeオンライン』で検索ください。
https://hoperecords.thebase.in/
※送料無料/発売日前後にお届け致します。

M1.地下に戻って根を下ろす
M2.手の鳴る方へ
M3.Show must go on
M4.耳鳴りと残像
M5.匂い
M6.帰路
M7.証人
M8.GO BACK
M9.mess/age
M10.Color
M11.世界



体バキバキ。
本日も書いて参りましょう。
今回はジャケットについて。

自分はそもそも自分のバンドのCDや物販のデザインをやりたくて、デザインやデザインソフトや入稿を覚え、そこからデザイン会社に就職してサラリーマンをやっておりました。
今は独立して平日はデザイン関係の仕事、週末はライブハウスの仕事って感じでかろうじて生活しております。

そんなこんなの発端なので、友人や仲間内のCDのジャケットのデザインなんかも昔からよくやるんだけど。いざ自分のCDに関しては、出来る限り誰かと一緒に作るのが楽しくて、毎回信頼できるアーティストにお願いしている。
音楽ってそもそも形がないものだから、それを自分の好きな人やアーティストが、その人のフィルターを通してどう表現して形にしてくれるのかってのは単純に自分が一番見てみたいし、一生懸命アルバムをつくった自分へのご褒美のようなものだとも思う。
それに人が関われることでまたバンドの作品に一つ意味が加わる気がする。

zaP2_G5688491W
zaP2_G5688492W
zaP2_G6303352W

1st,2nd,3rdのジャケットを描いてくれたのは山形出身のイラストレーター「サイトウケイスケ君」。
同じ歳で、昔山形のサンディニスタでケイスケ君のフライヤーやウェルカムボードを見て、惚れ込んでお願いしたのがきっかけで。お互いが音楽やイラストで名を挙げてレペゼン山形でフックアップしていけたらいいねってことも良く話してたな。
今までのアルバムのイメージは完全にこのケイスケ君のイメージと共にあると思う。

それで今回のアルバムは、このコロナ渦でhopeでDIYシルクスクリーンのmess/ageってイベントを一緒にやってきたトモくんとローレライ夫妻にお願いした。
S__37240866

二人はもともと西ヨーロッパで暮らしていたんだけど、帰省中にコロナが始まったり、今は戦争の影響もあったりで、期間限定で酒田で暮らしている。
自分にとってこの二人はコロナ渦で出会った最大の衝撃で、一緒にイベントをやっている時も、毎回俺とhopeの限界を圧倒的に超えてくるハードルをぶっこんで来る笑。
※mess/ageに関しては過去のinst投稿をみてみてね。

でも二人と話してると不思議にそのハードルは超えれる気がして、なんていうか酒田に居ながら世界を感じることが出来て、インドに行った気になるぐらい考え方がフラットになる不思議な夫婦だ。インド行ったことないけども笑。

ちなみに仮住まいのはずの酒田の家の茶の間にはなぜかhopeのメインスピーカーと同じものが常設している笑。どの部屋行っても常に爆音。
そんな感じでなんだか気が合って、何より音やアートに関してフラットで信頼できる二人に今回はジャケットをお願いした。
アルバムに対する自分のイメージを伝え、あとは音を聞き、歌詞をみてもらい二人に任せた。

影なし


出来上がってきた写真は今までのFRIDAYZのイメージとは違う、シンプルで明るくなんていうかありのままの写真だった。

その飾らなさに最初見たときに少し戸惑いもあったが、そもそもハードコアやパンクのジャケットってこれだなっていう固定概念があったのは自分自身の方で、ジャンルのイメージではなく、フラットな中で一つのバンドとして音や歌詞、自分たちのライブを見てイメージしてくれたこのジャケットが何より正解な気がしてめちゃくちゃ気に入っている。

S__37240863
S__37240861
S__37240862
S__37240867


実はアルバムのジャケットの候補として、この写真をもとにシルクスクリーンを製版して、二人と共に何枚も刷ったりもした(めっちゃ頑張った)。
でも結果一番最初に送ってもらった加工のないありのまま写真に決めた。
シルクスクリーンにして加わる偶然性やDIYな質感などはどれも捨てがたかったが、回り道すればするほどやっぱり飾らない写真の良さに戻っていった。

そんな感じの経緯で今回はこのジャケットになりました。
ありのまま。繊細で細くても根が張る小さくて透明な世界。
太い大木の根ではなく、この細く絡みあう根が今作や自分たちの暮らす街のようだなと思う。
小さな根の先にもしっかりと葉が育っている。


アルバムのCD+トート、Tシャツ付きセットは明日の24:00までの受注になります。
アルバムはそれ以降も在庫があるうちは購入できますが、このセットでのTシャツとトートは今回限りのデザインですので、気に入ってくれた方はぜひ。
花ではなく葉に埋もれ浸食された自画像のデザインになっております。何卒。

06

info_A


info=============

FRIDAYZ(フライデイズ)
■LIFE
■品番hope-010
■2,200(税込)
■2023.4.22 Release
※hopeオンラインとライブ会場のみでの限定販売になります。
※購入リンクはプロフのリンク先より、または『酒田hopeオンライン』で検索ください。
https://hoperecords.thebase.in/
※送料無料/発売日前後にお届け致します。

M1.地下に戻って根を下ろす
M2.手の鳴る方へ
M3.Show must go on
M4.耳鳴りと残像
M5.匂い
M6.帰路
M7.証人
M8.GO BACK
M9.mess/age
M10.Color
M11.世界

FRIDAYZ「LIFE」ストーリー第三夜。
本日も書いて参りましょう。
お固い内容が続きましたので、ライトにここ10数年のアー写遍歴を。
戒めの為にも数年に一度見返すのですが、いざ並べてみると面白いよね。
バンドに歴史ありといった模様。
FRIDAYZ始めたときは20代前半だったのが気が付けば40代。
今回の家族写真までにたどり着くまでの道のりを辿っていきましょう。


2009

2009年。1st Album「LOCALISM」リリース時。
今はなくなってしまいましたが弘前MAGNETの駐車場。
当時確か無職だったApollo Studios安田龍太郎氏(以下※世界のだーやすとする。)をツアー先まで拉致って撮影してもらった。
ほとばしるTBSドラマ未成年感。やすがバンドで一番痩せていた史実。

2012-02

2012年。2nd Album「HOPE」リリース時。
堀ちゃんの「爆破させましょう。」の一声を信じた結果、ほとばしるはジャッカス感。
当時時代の斜め先を行っていた気もする。こちらも世界のだーやす撮影&合成。

2012

同じく2012。OVER THE TOPのPVの撮影時に撮った一枚。こちらも世界のだーやす。

2015

2015年。堀ちゃんの結婚式で撮影。めちゃ気に入ってたけどめでたすぎて場を選びあまり使われず。通りかかった式場の人撮影。

2016-02

2016年。3rd Album「DOIT」リリース時。
hopeの近くの商店街で撮影。田舎町で必死に探したストリート感。最近ライブハウス復帰が嬉しいカズ君撮影。

2016

同じく2016年。DIY FES DOIT2016を完遂直後に撮影。限界ギリギリでリアルに鬼気迫る表情とやりきった感。世界のだーやす撮影。

2019-02

2019年。EP「街と世界」リリース時。ハーコー感。世界のだーやす撮影。

2019

2019年。GOE加入時に撮影。Converge感を狙った結果、ほとばしるLUNA SEA感。圧倒的にLUNA SEAの方が影響受けてるしそうなるよねで採用。世界のだーやす撮影。

2023

そして今回の4th Album「LIFE」リリース時の新アー写。ここに来て18年目の家族写真。
最初はまったく違う感じの写真を予定してたんだけど、ノリで撮ってみたら妙な説得力があり即採用に。推測するにやすが2009年時のおよそ倍に。
こちらも世界のだーやすが撮影。
人生の半分を超える日々を共に過ごしてきたメンバー、バンドとはもはや家族です。
体形の変化など愛していこう。
さらけ出していこう。
そんな家族写真入りのポケットティシュをライブ会場でお配りしております。
何卒。

おまけ。
2005

2005年。FRIDAYZの前にヤスとアキムとやってたバンドの解散時の写真。
このリズム隊とは25年目。
性懲りもなくまだ一緒にやっている。
嗚呼こんな顔だったなとか思う。


info=============

FRIDAYZ(フライデイズ)
■LIFE
■品番hope-010
■2,200(税込)
■2023.4.22 Release
※hopeオンラインとライブ会場のみでの限定販売になります。
※購入リンクはプロフのリンク先より、または『酒田hopeオンライン』で検索ください。
https://hoperecords.thebase.in/
※送料無料/発売日前後にお届け致します。

M1.地下に戻って根を下ろす
M2.手の鳴る方へ
M3.Show must go on
M4.耳鳴りと残像
M5.匂い
M6.帰路
M7.証人
M8.GO BACK
M9.mess/age
M10.Color
M11.世界


本日も書いて参りましょう。
実は次のアルバム「LIFE」の中で、地元山形を代表するRAPPER「葉花源吸」氏と1曲featuringさせて頂いています。「Color」という曲。
いよいよ源吸さんのリリースも告知となりましたので、今回は自分たちと刀を交える事になった経緯を。

自分たちのリリースより4日後の4.26。
活動歴29年目にして待望の1st ALBUM「ONE」をリリースする葉花源吸氏。自分が初めてのその名前を知ったのは確か2000年ぐらいの時。
当時自分は学校を卒業したばかりで、就職もせずに前のバンドで夜な夜な限界極貧ツアーを繰り返していた頃。バイト先のコンビニで源吸さんの参加しているコンピレーションアルバムを取り扱うことになったのがきっかけ。その頃はまだ地元にようやくライブハウスが出来始めたぐらいの時期なので、触れたことのなかった地元のヒップホップシーンに憧れやら嫉妬やらを頂きながら、事務所で廃棄の弁当を食い漁ってたのを思い出します。

その後自分がMUSIC FACTORYで働いていた時期があって、その頃に源吸さんが代表を務める「BAKUTIKU ENTERTAINMENT」がマンスリーでPARTYを開催していました。
ゴリゴリのパンクキッズだった自分が初めて触れるクラブシーン。何処か所帯のない感じでドリンク作っていた自分にも、源吸さんはじめとするクルーがいつも面倒見がよく話しかけてくれて、少しずつバンドの話なんかもして、PARTYの裏方、箱の人間として関わっていました。
自分はバンドでやってやるぞって言う気概に満ちていたので、その頃それ以上は踏み込まなかったんですが、いい時期にあのシーンを体感出来たなと思ってます。
その後にリリースされた「山盃」と言う曲のリリックに「FRIDAYZ」という言葉を入れてくれたり、お互い何処かで意識しながらも交わることなく流れた十数年。そして始まるコロナ元年。

活動を制限されたのはライブハウスもクラブシーンも一緒。
今出来ることを探して試行錯誤の配信ライブ。自分が自信をもって発信できる地元の音楽シーン。
そこで思い浮かんだのが源吸さんの存在でした。
小さい街だけど、お互い自分のシーンにリスペクトを持って活動して来たからこそ交わうことのなかった時間。この時間があったからこそ、このコロナ渦のタイミングで迷いなく信頼し合って交わう事が出来たのだと思う。
いざ交わってしまえば家も近所、お互いシーンは違えど葛藤して来た時間も一緒、交わらなかった時間を埋めるように話をして酒を交わしました笑。

そこから、源吸さんがバンドのリズムに触れたいと自分らのスタジオにも遊び来てくれるようになって、自分らが練習している音をバックに、一番後ろのベンチに座ってリリックを描いていました。そして自然にセッションするようになって、メンバーのように一緒に曲を作り、hopeの10周年で満を持してツーマンライブというストーリーに。
他の街と閉ざされたあの時期のローカルのシーンの中で、お互い新しい出会いや刺激を求めていたのだと思う。
今思い返してもあの夜はバンドシーンとクラブシーンが決して媚びずに交差する奇跡のようだった。
そんな夜の体温が伝わる曲になっていますのでぜひ。

話を合わせたわけでもなく、源吸さんのアルバムのリリースと自分たちのアルバムのリリースが同じ時期だってのも嬉しいよね。まじで偶然なんだけど、アー写の場所も一緒だった奇跡笑。
夜明け、雪解け。此処から何度でも取り戻してまいりましょう。


最後に源吸さんのアルバムのリリースinfoです。
hopeのオンラインでもご予約可能ですのでぜひに。

FsCeNG5aEAA9P2n

info-------
葉花源吸(ハバナゲンスイ)
■ONE
■品番BTE-1
■2,200(税込)
■2023.4.26 Release
■ご予約はこちらより→https://hoperecords.thebase.in/


自身の活動歴に裏打ちされたウィットに富んだ楽曲の数々は単なるエゴ的な歌詞ではなく、聴いた者が自身に置き換える事の出来る描写、日本語の持つ説得力、奥ゆかしさを存分に堪能出来る作品となっている。

制作陣には、NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDの新曲をProduceし話題を呼んだDJ MARZをはじめ、6th Generation、DJ TOSHIYA等多彩なProducer陣を迎えている。
表題曲の「ONE」は同じく山形を拠点に活動するバンド 【THE BRONX】の演奏による共作。

プロスポーツシーンはじめ様々な現場でMCもこなす彼だからこそ生まれるワードセンス、拠点とする山形の地からの視点での歌詞等、代替えのきかぬ唯一無二の一枚に仕上がっている。









S__37068816


先日FRIDAYZの7年ぶりの4枚目のフルアルバムの発売がようやく告知に辿り着きました。
発売まで一か月。これから少しずつアルバムの事を書いていこうかなと思います。
まぁたぶん毎回長いので笑。お時間ある際にでも。


前作のアルバムDOITから7年。
出すぞ出すぞと言いながら、この間にコロナ渦が始まり、サブスクはもはやスタンダードになり世の中も随分変わってしまった。
物販に並ぶCDもアルバムより手頃なEPが多くなった気もするし、そもそもCD自体が並んでいなかったり、自分自身サブスクで前よりたくさんのバンドを聴くようにはなったが、CDを購入するタイミングは年々少なくなってきているのも感じる。

それでも自分が小さい頃から慣れ親しんだこのCDという媒体は、いまだに部屋の壁を埋めているし、特別な思い入れがある。
バンドを続けていく中でアルバムという単位でリリースされるこのCDは、特にバンドが次のステップに進むために必要なものだと感じる。
この時代の中でリリースすることに少しの怖さもあるが、今までメンバーの中だけで共有されていたものが世に放たれると思うと俄然興奮が上回る。

これまでアルバムをリリースするたびに、テーマというかその時期に自分らが活動していく指針のようなものをタイトルにしてきた。

「LOCALISM」
14年前に出した1st ALBUMのタイトルは「LOCALISM」。
まだ自分自身でライブハウスもやっていなかったし、自分らの街には「flavor」と「MUSIC FACTORY」というライブハウスがあった。
二つのライブハウスの中での葛藤、この街で何かを表現するには自分にはバンドしかなかったし、此処から何処までやれるかを模索しやたらと尖っていた。
RAZORS EDGEと酒田ツアーで共演したことがきっかけとなり、Voのケンジさんが主宰する「THRASH ON LIFE RECORDS」からのリリースが決まった。
今のようなネット環境やサブスクもなかった時代、新しい音楽と出会うためにレーベルというのはこの頃の自分にとってもとても貴重な存在だった。
FRIDAYZの結成前からTHRASH ON LIFEの音源を聴き狂っていた自分が、まさかの所属しリリースできるとは思わず、ライブ後に話をもらった時に興奮して漫画のように飛び上がったのを覚えている。


「HOPE」
1st発表から3年後の2nd ALBUMのタイトルは「HOPE」。
2011年に震災があり、自分らの街にあったライブハウス「flavor」が閉店することになり、自分が引継ぎその場所で「hope」を始めることになった。
夜な夜な仕事が終わった後にメンバーや仲間に手伝ってもらい改装を進め、DIYで作り上げた場所。
自分も平日は会社員として仕事をして、土日は店を開け、合間をぬってFRIDAYZのライブやツアーをしていた。
週末を利用したツアーの本数は22本。月曜の朝方にツアー先から到着し、そのまま車で着替えて出勤。
振り返ってみてもよく生きていたなというぐらいにとにかく時間に追われていたが、震災後のあの時期に自分たちにとってあの場所やバンドは間違いなく生活の中の希望だった。


「DOIT」
「HOPE」から4年後の3rd ALBUMのタイトルは「DOIT」。
hopeも今の場所に移転し、また新しい可能性が見えてきた時期。
これ以上はないなという夜が繋がり、また更新していく感覚。
地方の地下で活動していた自分たちの周りに少しずつ信頼できる仲間やバンドが増えていった。
そんな中で、自分が一番に影響の受けた山形のDIY FES「DOIT」を、地元の仲間たちと出会ったバンドを呼んで自分の街で開催したいと思えた。
そこから「DOIT」の開催と共に、同タイトルのアルバムの制作に向かった。
リリースツアーと並行して、皆でDOITの開催準備を進め、迎えたDOITのステージとその後のツアーFINALのライブ。
バンドを続けていくうえでの確かな自信となった。

「LIFE」
そして7年後にリリースする今作のタイトルは「LIFE」。
アルバムリリースに向かっていこうと言うタイミングでコロナ渦が始まり、ライブはおろかhopeも開けられない中、とにかく生活とhopeを守り抜くために必死になっていた。
それでも習慣は変わらない、あたりまえのように毎週hopeに集まりメンバーと曲を作っていた。
正直バンドやライブハウスをやめるタイミングはこの間に何度でもあったように思う。
それでもその選択肢は誰も選ばなかった。
家族でもない他人同士が集まり音を鳴らすということ。
それがもはや衣食住のように、自分の生活の中に寄り添っている。
思えば人生の半分をこのバンドと共に歩んできた。
始めるでも、やめるでもなく、これからもその時々の生活の中でこのバンドは続いていくと思う。
そう思い今作のタイトルは「LIFE」にした。

基軸のハードコアは勿論変わりませんが、生活に寄り添えるアルバムになりました。
よろしければぜひ。


info=============

FRIDAYZ(フライデイズ)
■LIFE
■品番hope-010
■2,200(税込)
■2023.4.22 Release
※hopeオンラインとライブ会場のみでの限定販売になります。
※購入リンクはプロフのリンク先より、または『酒田hopeオンライン』で検索ください。
https://hoperecords.thebase.in/
※送料無料/発売日前後にお届け致します。

M1.地下に戻って根を下ろす
M2.手の鳴る方へ
M3.Show must go on
M4.耳鳴りと残像
M5.匂い
M6.帰路
M7.証人
M8.GO BACK
M9.mess/age
M10.Color
M11.世界

272313833_2271103556365113_5058786204238625412_n



地吹雪スタンダードな我が町で久々な晴天。
見慣れた田んぼの景色も冬はただひたすらに真っ白で本当田舎だと実感します。
晴れた日のこの景色好きだけどもね。

今週末は昨年末から進めてたイベントが延期になったり、延期の後に組んだイベントが中止になったり。
どちらも高校生が主体のイベントでした。
ぎりぎりまで相談しながら、いろんな方法探したけどどうしてもゴーサイン出来なかった。
本人たちは本当にやりたかっただろうな。。
学生生活の2/3をコロナで制限されてる中で、卒業前に思いっきりやらせてあげたかった。

オミクロン株の弱毒化がささやかれる中、繰り返される論争にもうんざりする。
いつまでこんなこと続けてるんだって思いもあるけども、俺らが暮らすのは知り合い3人ぐらいたどれば全員友達って言うの規模感の街(弊社比)。
受験前の学生にとっても大事な時期、今回は安全をとらせてもらいました。
悔しかったな。

コロナ禍もまる二年が続き、いろいろと自分なりに答えはないが考えはある。
基本的な感染予防や人数制限はもちろん必要で理解も出来るしこれからも徹底していく。
それと同時に誰かが罪悪感を感じるような中で店をあけることにも辛さや痛みを感じてる。
人数や規模ではなく、ライブハウスとして自分が見たい景色がみれないなら店は閉めよう。
その分自分がやれると判断した時は出来る限りフラットな中で店を開けよう。
それがこの2年で出したhopeの考えです。

幸い11月、12月はみんなに遊び来てもらえて、自分にもデザインの仕事や新しい仕事も頂けているので2年前のように今店開けないとhopeが続かないなんてことはないよ。
hopeの為に一生懸命働く、この2年で自分の中で仕事の立ち位置が変わった笑。
心配いらない大丈夫◎
まぁ正直とりあえずまだ大丈夫って感じだけども、、笑。

それでも音を鳴らし続けてくれてる場所や人がいるから、今自分はこういう選択が出来てる。

ワクチンをうつ選択をしてくれた人がいるから、うたない選択をすることが出来る人もいるし、好きなお店に通ってくれてる人がいるから、今は通わない選択することも出来る。

それぞれが抱える環境は違うんだから、寂しい論争に疲弊するのはやめたい。

もうしばらくhopeのライブ営業は休業します。

もちろん変わらずスタジオやレコーディングの営業は続けるし、FRIDAYZも毎週スタジオ入ってるけども。

2月は良い方向になって、いつもみたいに楽しくやれるといいね。
あんまり寂しくなったらカレーはやるかも笑、皆さんその際はぜひごひいきに◎

アルバムもつくるぞ今年は🔥

232143948_2131989270276543_7432477173701612037_n


ライブ中に形がないものが伝播して、理屈じゃないもので空気が変わっていく感覚とか。
すげーもん見たなって興奮して帰り道に誰かに会いたくなる気持ちとか。
打ち上げで酒も入って言い争ってる二人が、気が付いたら肩組んで乾杯してるのを遠くで見てる感じとか。
ライブの次の日の猛烈に寂しくなる朝とか。
そういうのを見たくて、そういう瞬間が生まれるライブハウスっていう場所が好きでhopeをやってる。
お金もらっている以上商売だろうし、綺麗ごとに聞こえるかもしれないけど。
そういう気持ちでやってる。
必要だと思ってる。
お金じゃなく、変わりで埋めてくれるものがあるなら気持ちも楽になるかもしれないけど、残念ながら自分には見つからない。
ライブハウスやってる人なんてみんなそうだと思うんだけど、今までツアーで回ってきたライブハウス。少なくとも俺が出会った人たちはそうだと思う。
ここ1年そういう機会は随分失われてしまったけど、店を開けるとそういう沁みついた匂いみたいなものがしっかり感じられる。
消えないし、消せないと思う。
誰かを傷つけたくてやってる訳ではないんだよな。
誰かの居場所っていうと偉そうだけど、何より自分自身の居場所でもある。

8月の決まっている今週と来週のライブ2本のあとは、9月後半までしばらくライブ営業では店を閉めようと思います。
ライブハウスが好きで今の環境下で遊び来てくれる人も。
ライブハウスが好きで今の環境下で我慢してくれる人も。
俺は一人一人の顔が浮かぶ。
顔見て話したいな、絶対に夜はあける。

10年目の夜にやった新しい曲の歌詞を載せます。

=============================

匂い

戻れない今も 変われない意味も
消せない匂いを 今もまだまとって

疑問浮かぶ 日々もやがて去り 受け入れる射す光のよう
叶えたい 叶えたい 願って

濁る視界 霧もやがて去り 声に沿うただ向かうままに
叶えたい 叶えたい 願って

再生と日々は彩ったままで

戻れない今も 変われない意味も
消せない匂いを今もまだまとって
戻れない今も 変われない意味も
消せない匂いをまとったままで

祈る日々 また沈む繰り返し
辿って 声上げ届くか 希望の日々を
吐き出す愚痴さえ 飲み込み刺さって
声上げ音する 希望の日々を
戻れない今でも 変われない意味さえ
消せない匂いを 今もまだまとって

戻れない今も 変われない意味も
消せない匂いと今も希望まとって

TEN YEARS OF HOPE.hope_10th_years



10年前震災の年。
街の小さなライブハウスがなくなった。
移転前のhopeがあった場所。flavorというライブハウス。この街で最初のライブハウスだ。


あの時あの場所の音が止まると聞いて、衝動的に場所を引き継ぐことを決めた。
自分にとって、街にとって。
ライブハウスが、音楽がまだまだ必要だと思い、その場所に「hope」という名前をつけた。
仕事を続けながら週末のみ店をあけ、一つずつ理想を築き上げ移転し今に至る。


迎える10年後の今。
また問われている気がする。


不要不急。人と会うことが制限され、ライブハウスや生の音楽の必要性を問われる。
あの時もそうだったな。
不謹慎と非難され、自粛を求められて次第に減っていくライブの中でライブハウスが閉店を告げた。
小さな町の小さな自分たちの居場所だった。
今もあの時と状況は変わらない。
平日に仕事をしながら、週末どころか月一本、二本と数が減ったライブハウスで過ごす週末にたどり着くまでに必死に生活を続けている。
恥ずかしながら10年もたってライブハウスで生活してるとはいまだに言い難く、特にここ1年はライブハウスをやるために必死に仕事をしているような状況が続いている。
それでもライブハウスや音楽を通して出会った人に救われているのだから、巡り巡って音楽で俺は生活をしているのだなと感じる。
そんな中でも自分と同じように仕事を抱えながらhopeで働いてくれているスタッフや家族にも心から感謝しています。


今の環境下の中数少なくなったライブハウスで過ごす週末。
それでもあの場所で生の音を聞いていると、何より自分自身がこの場所やライブハウスを必要としているのだと思う。
空いてしまった時間や隙間を他のもので埋めることが出来ない。
自分以外にも、誰かにとってこの場所がそうであるように、居場所であると、そう信じれるうちは維持をはってこの場所を残したいと思う。
ライブハウスは自分だけの力でなんとかなるものではない。
どれだけ環境が整ったとしても、そこにバンドがいて、音が鳴り、人が集まることで初めてこの場所に人格が産まれる。
その奇跡のような瞬間の足を引っ張りたくないから日々自分も努力するだけだ。
継続のためだけに、この場所が、少なくともhopeが多様化することも自分は望まない。
意地をはってでも自分の信じる音楽でこの場所を先に繋げたい。


この1年。
書いてもどうしてもあげれなかった文章がフォルダの中に溜まっている。
言葉にせずとも信じたいものがあるからこそ、形は違えど行動で示してきたつもりだ。


この先の希望につながる日になるように。
節目ではあるが、ライブハウスで起こるたくさんの希望の中の一日。
いつものようにあの場所で自分が笑って過ごせるように。
そしてそう思える人が一人でも多いように。
土曜日よろしくお願い致します。


※コロナ渦の中人数制銀もあるが、チケットの方はありがたいことに早々にSOLDしています。
本来ならまだまだあの場所でともに過ごしたい顔が浮かぶのですが、今は制限もあります。
キャンセル待ちや、ぎりぎりの判断になってしまうかもしれないし、約束もできませんが、それでもという方はぜひ連絡ください。
今自分が責任を持てる中で最大限の夜にしたい。


ライブハウスと音楽とバンドだけは正直にいたいと思う。
ステージで唄う言葉に嘘がない様に生きてきた。
現場で会いましょう。
今は会えない人のためにも。
希望の10年。

↑このページのトップヘ