5ch 最新ニュースを報告

あなたの知らない最新芸能ニュース、政治、おもしろ画像を毎日更新。 お気に入りの面白記事を探してください



    (出典 www.erioffice.co.jp)


    昨年9月、ドラマ撮影中に自転車で転倒し、脊髄損傷と診断された俳優・滝川英治が24日、元日に口にペンをくわえて書いた「感謝」の文字と共に、39歳を迎えたことをブログで報告した。






    1 このもん :2018/03/03(土) 17:48:08.80 ID:CAP_USER9.net

    脊髄損傷と闘う滝川英治 口を使ってブログ執筆「999年分泣いた」

     昨年9月、ドラマの撮影中に自転車で転倒し、脊髄損傷と診断された俳優の滝川英治(38)が3日、
    自身のブログを更新。
    後遺症に苦しめながらも腕の可動範囲が少しずつ広がるなど回復が見られる現在の状況を明かした。

     滝沢は舞台やテレビで活躍する俳優で、フリーアナウンサー滝川クリステル(40)のいとこ。
    昨年9月15日、山梨県笛吹市の県道でBSスカパー!のドラマ「弱虫ペダルSeason2」の撮影のため自転車に乗り、
    縁石に衝突して転倒する事故を起こしてドクターヘリで現場から搬送され、すぐに手術を受けたものの脊髄損傷と診断され、現在闘病中だ。

     「『ヤベェ!!』一瞬の出来事でした。『あれ?動かねー』首から下が全く動かない。目の前に広がる青空。
    ドクターヘリで運ばれ緊急手術。何とか一命はとりとめました」と事故当時を振り返った滝川。
    脊髄損傷で首から下が動かせない自身の状態に「999年分泣いた」という。

     脊髄損傷の後遺症は深刻で「少しでも頭を起こすと血圧が60以下に下がり、めまいや頭痛がひどい。
    車イス乗るのには時間かかりました。自分の体の温度調節が難しく、高熱も出やすくなり40℃の熱で3日間寝たきりに…
    治ってもその一週間後にまた熱が…」という日々。だが、1か月後、左親指が微かに動いたことから体に変化が起きる。

     「左腕は徐々に動かせる範囲が大きくなりました。そして全く無だった右腕…昨年末頃から感覚が出てきたんです。
    さらに右手指の感覚が1本2本と…今は5本指しっかり感覚が出てきました」。
    右手の指は動くところまではいっておらず「このブログは、口を使って書いてます」と明かしたが、
    「奇跡は起きるんじゃなくて、起こす!」「俺は、絶対に諦めません!!」「ゼロからスタートや!」と前向きにつづった。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/03/03/kiji/20180303s00041000163000c.html


    【【芸能】脊髄損傷と闘う滝川英治 『感謝をたいせつに』】の続きを読む



    (出典 hgrmtl.com)


    瀬戸市は23日、将棋の最年少プロ棋士で同市在住の藤井聡太六段(15)を「瀬戸市民栄誉賞」の第1号として表彰すると発表した。さまざまな記録を塗り替え、快進撃を続けている功績をたたえる。

       同賞は、市民に明るい希望と活力を与え、市のイメージアップに寄与した個人や団体を顕彰する。月内にも藤井六段本人を市役所に招き、表彰式を行う予定。









      1 豆次郎 ★ :2018/03/23(金) 12:16:49.88 ID:CAP_USER9.net

      3/23(金) 12:12配信
      藤井六段のために地元が賞を新設!

       愛知県瀬戸市は23日、同市民や同市にゆかりの深い個人もしくは団体で同市のイメージアップに寄与したと認められる対象に贈る「瀬戸市民栄誉賞」を新設する。

       第1回受賞者として将棋の史上最年少棋士・藤井聡太六段(15)を表彰することを決定した。藤井六段は2002年に瀬戸市で生まれ、現在も在住している。

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180323-00000092-sph-ent


      【【将棋】藤井聡太6段地元瀬戸市が『瀬戸市民栄誉賞』】の続きを読む



      (出典 www.nikkansports.com)
      大リーグ・マリナーズのイチローは23日(日本時間24日)、レンジャーズのマイナーとの練習試合に出場し、第4打席で頭部に死球を受けてそのまま退場した。


      1 もぐもぐ ★ :2018/03/24(土) 07:27:35.12 ID:CAP_USER9.net

       マリナーズのイチロー外野手(44)が23日(日本時間24日)、頭部死球を受けて退場した。

       調整のため、2カ所で行われたマイナーの練習試合に出場。4回目の打席で、かつてDeNAでプレーし、現在レンジャーズのマイナーに所属する左腕ブランドン・マン投手(33)と対戦。3球目に時速91マイル(約147キロ)のツーシームがヘルメットを直撃し、イチローは約1分間、倒れ込んだ。

       その後、イチローは立ち上がり、トレーナーに付き添われながらも、自ら歩いてクラブハウスへ引き上げた。

       病院へは向かわず、同施設内で検査を受けたが、結果は明かされておらず、今後の予定は24日の状態次第で判断されるものとみられる。

       この日の打撃内容は、空振り三振、右中間二塁打、中前打、死球。3打数2安打だった。

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180324-00158479-nksports-base


      【【メジャー】イチロー頭部死球、今後は.........】の続きを読む

      このページのトップヘ