CANDLEブログ

2017-02-23-11-43-15



パンサーカメレオンの卵の発掘をしています。



2017-02-23-11-43-24


メス親は今回初めて産卵させた子なので、試し掘り期間が長かったですが、最終的には綺麗に産卵。





2017-01-06-13-47-40



今回の卵はアメブルアンビこと、あのAmazing Blue Reptilesラインの子。

また楽しみが増えました。

logo



今週末に迫ってきました大阪レプタイルズフィーバー2017winter!! CANDLEもいつものごとく参加させていただきます!!!

レプタイルズフィーバー公式ホームページはこちら



イベント開催中の店舗営業について、いつもとは違うところがあります。
今回はイベント開催期間の2月25日、26日もCANDLE店舗は通常通り営業しております。
エサなどの発送も通常通り行えますので、すでにご注文済みのお客様もご安心ください。

ただ、開店時間は若干変更がありそうですので、朝一でCANDLE行くぜ!!という方は少々ご注意ください。




今回もいつも通りカメレオンは『頑固オヤジ』の安心CB個体のパンサーカメレオンを中心に、ヤドクガエルもある程度連れていけると思います。

image


カートにはアップしていませんが、マダラヤドクのカリビアングリーンのベビーも販売可能サイズになってきましたので、ちょっと特価にてご紹介します。


あとはいつものカナヘビたちはもちろん、当店得意のアルマジロトカゲやAmazing Blue Reptilesラインのバナナスパイニーテールイグアナもイベント会場にてご紹介いたします!!!

もちろん毎度おなじみのぬいぐるみも新作含めてどっさり準備しています。
活エサもいつもの物量でご紹介しますのでお楽しみに!!!

もちろんリクエストもバシバシ受付中ですのでよろしくお願い致します!!!









2017-02-20-12-09-50



昨日から穴掘りをしていたパンサーカメレオンのメスが今朝見るとこんな感じに。
早速卵を発掘するために土を掘り返しました。



2017-02-20-12-13-50



しばらく掘ると、卵が顔を出します。
ここで注意しなければならないのが、産卵を終えてもメスがしっかり埋めなおし、樹上に戻ってから発掘作業をするという点です。はやる気持ちに負けてしまってメスが地面にいるのにはっくつをはじめてしまうと、メスの中で「埋めなおし完了」のスイッチが入らず、ずっと地面をうろうろしてしまいます。当然産後の肥立ちにも影響が出てきますので注意です。



2017-02-20-12-18-19


そんなこんなで発掘した卵は今回も粒ぞろいで真っ白な卵です。

今回のメスは個人的にお気に入りのアンタラハ。父親はもちろんこの子です。


image


暖色系かつ激変カラーの子。
また一つ楽しみが増えました。



2017-02-20-12-23-59


産卵を終えたメスはガツガツ食べており、とりあえず心配はなさそうです。
ツイッターにも書きましたが、アンタラハは卵が多くなってきたので、現在交配済みの子たちが産卵するといったんブリードをストップしようかと思います。



2017-02-20-12-25-06


そしてまだ産卵待ちのメスがたくさんいるので、忙しくなりそうです。











CANDLE×龍匠コラボのスペシャルケージと言えば前回ご紹介させていただきました四部屋仕切りのケージをご紹介させていただきました。
特にカメレオンのブリードを狙って飼育しているとどうしても頭数が増えてしまうので、自分自身も含めてですが、ブリーダーさまやショップさまに特にご愛用頂いております。


そんなコラボスペシャルケージ、打ち合わせに打ち合わせを重ねて自身の構想を具現化し、伝えられる形にまで昇華させて作成依頼、そしてまた打ち合わせの繰り返しで、ようやく待望の第二弾が完成しました!!それがこちら!!



2017-02-19-14-36-23



今回作成しましたのは1200×600×1400mmの大型ケージ。写真で見ると小さく見えますので、身長167cmのスタッフが横に立ってみました。


2017-02-19-14-41-09


スッポリ入れるサイズです(笑)
もちろん、ただ大きいだけじゃありません。カメレオンの飼育に特化した工夫がいくつか施されています。




2017-02-19-14-36-53


天面はもちろんメッシュ構造になっています。これは前回も変わりません。ミストシステムを取り付けるもよし、もちろん紫外線灯の有効紫外線もそのままケージに届きます。



2017-02-19-14-36-34


こちらはサイド部分。なにやら引き戸のようなものが付いていますが、これは……




2017-02-19-14-36-42


するするっと開けると……





2017-02-19-14-36-49


わずか数秒でサイド部分をメッシュにすることができます。
ワンタッチでパネルとメッシュを選べることによって、例えば乾燥する冬場は気密性を上げて乾燥を防止し、逆に夏場はメッシュに変更して通気性を確保することができます。





2017-02-19-14-37-13



そしてケージの底面にはステンレスメッシュを採用しています。その理由は…




2017-02-19-14-37-17



ちょっとわかりにくいですが、上げ底になっており、メッシュからフンやゴミが下に落ちる構造になっています。もちろん全部は無理だと思いますが、排泄物に直接触れる機会を大幅に減らすことで、細菌感染の予防にもなります。


2017-02-19-14-37-23



そしてこの部分、もうおわかりですね(笑)




2017-02-19-14-37-33
2017-02-19-14-37-45



そうです、窓部分をワンタッチで外してしまえば、本当の意味での底面のメンテナンスを、レイアウトに一切触れることなく行えます。通常はバネルの窓で隠れている部分ですので、前面から汚れた部分が見えません。見た目に美しさにも徹底的にこだわっています。
底面は掃除しやすいようにペットシーツなどを敷いておくと、ミストの水もある程度吸収できるので良いかと思います。







2017-02-19-14-38-35



製造元の龍匠さんにはかなーーり無理を言いましたが(笑)、今回オーダーくださったお客様も大満足の仕上がりです。
見た目と機能美にこだわったこのスペシャルケージ、今回は大型の900サイズになりましたが、ミドルサイズの450×450×900mm程度のサイズのものも作成可能です。

今回の仕様は前回同様、CANDLEオリジナルの仕様として今後ご紹介させていただきます。
前回の業務用ケージとは相反して見た目重視のスペシャルケージ、気になる方はお気軽にお問い合わせください!!!!











1299221260_1



2月19日(日)、今週末もやりますよCANDLE×アミーゴコラボ即売会!!!!

今回は姫路飾磨店にお邪魔してドカンと展開させていただきます。



アミーゴ姫路飾磨店の詳細はこちら





もちろん今回も当店得意のカメレオンたちはもちろん、ヤドクガエル各種やアルマジロトカゲ、定番種はレオパやコーン、フトアゴなども連れていきます!!!

本日午後より設営に向かいますので、リクエストなどありましたらどしどしお願い致します!!
回を重ねるごとに各地で確実にお客様のレベルがアップしていることを感じ、ご質問内容やリクエスト内容もどんどんマニアックになってきています。

普段なかなかお目に掛かれない生体を直接目で見てゲットできるチャンスです。お見逃しなく!!!




全部の画像はまだ用意できていませんが、とりあえず撮影した子たちをご紹介させていただきます。




2017-02-17-12-31-35
2017-02-17-12-31-41
2017-02-17-12-31-47



まずは珍しくリクガメから(笑)
ビルマホシガメです。
お客様の飼い込みだけあって、物おじしない性格に育っています。サイズも大きすぎず小さすぎず、いい感じです。

登録記号番号第130-008416





2017-02-17-12-26-42
2017-02-17-12-26-48


マレーハコガメ。

ひと昔前は定番中の定番というくらいよく見たのですので、最近は見かける機会が少なくなりましたね。
ハコガメとはいえ水棲傾向の強い種類です。逆に言えば一粒で二度おいしい?カメでもあります(笑)



2017-02-17-12-27-05
2017-02-17-12-27-14



ちょっとわかりにくい写真ですが、コガネドロガメのペアです。
すでに繁殖行動を行っているということで、ブリード狙いの方におすすめです。



2017-02-17-12-27-46
2017-02-17-12-27-54
2017-02-17-12-27-59


こちらも昔は見たのに今は見なくなったホオジロクロガメ。
白黒の模様が非常に愛らしいミズガメで、低温にはやや弱いので注意が必要。


2017-02-17-12-28-05
2017-02-17-12-28-13


ちょっと小さめのサイズの子もいます。




2017-02-17-12-28-30
2017-02-17-12-28-36


個人的には久しぶりのニシクイガメ。
こちらもしっかりと育ったサイズで入荷。


2017-02-17-12-28-53
2017-02-17-12-29-06


写真ではわかりにくいですが、ビッグサイズの子も到着。先ほどの子とあわせてペアです。
すでに巨頭化しており、このフォルムが好きな方にはたまらない仕上がりになっています。すでに交尾を確認しているとのことですので、うまくいけばベビーが拝めるかもしれませんね。



2017-02-17-12-29-21
2017-02-17-12-29-29



オオヤマガメ。
本種も最近見なくなりましたね〜、いや、もとからそんなにたくさん流通していたわけではありませんが。
トゲヤマガメも来ているのですがこちらは瞬殺で売約になってしまったのでアップは割愛。



2017-02-17-12-30-03
2017-02-17-12-30-14


コスタリカアカスジヤマガメ

個人的にヤマガメシリーズの中ではカラー的に好きな種類です。
甲羅にレッドパターンがはっきり入る種類も少ないので、特にヤマガメの中では際立っている存在と言えるのではないでしょうか。こちらはオンリーワン。



2017-02-17-12-30-37
2017-02-17-12-30-53



こちらもオンリーワン。ホオアカドロガメのよく育ったサイズ。
むかーーしにブリードしていたことがあるので、ちょっと特別な思い入れのある種類です(笑)






とりあえずカメシリーズを駆け足でご紹介させていただきました。
気になる種類がいましたらお気軽にお問い合わせください!!!





2017-02-16-13-29-06
2017-02-16-13-30-35



動物愛護センターの職員さんの実地調査が行われました。
もちろんもともと動物取扱業の登録をしているので、談笑しながら終了。ご苦労様でした。

来月くらいから新しい業務をスタートさせようと目論んでいますが、一般のお客様にはあまり影響のない部分ですので、こっそりひっそり静かにスタートする感じになりそうです(笑)





IMG_0443s-
IMG_0448s-
IMG_0459s-


トカゲ・ヤモリのカートはこちら



少しですがヒルヤモリの画像を追加しました。
あまり紹介していませんでしたが、グランディスヒルヤモリのフレイムがめちゃ綺麗です。ヒルヤモリの特性上、プラケ越しの撮影になってしまったのが悔やまれますが、その愛くるしい顔つきと併せて、本当におすすめしたいヤモリです。






やりたいことが多すぎてどれから手を付けていいのかわからない状態です(笑)


とりあえず思い描いていたビジョンに持っていくために必要なものをピックアップし、予算とにらめっこしながら総合的に判断…結局最後の判断基準は自分が楽しめるかどうかだったりして…(笑)楽しいことがお仕事になるならそれが一番です。

一度に全部やるのは無理なので、はやる気持ちを抑えつつ一つずつやりたいことを体現していければと思っています。




そんなこんなで特に目立った新着もないので、いつもの目についたおすすめ生体をご紹介させていただきます。


2017-02-12-17-37-32


パンサーカメレオン“アンキフィ”ベビー

いよいよ残すところラスト1ペアになりましたアンキフィ。じわじわ育ってきています。
現在Sサイズのコオロギを食べていますので、ピンヘッドを用意するのはちょっと…という方でも大丈夫です。


2017-02-12-17-33-29
2017-02-12-17-33-35
2017-02-12-17-33-43


あんまり売りたくないのでやたらセールスしていませんが、CBパンサーシリーズはメスが本当におすすめ。
もちろんブリードを狙う上でというのが前提になりますが、ここまでしっかり育っていて、なおかつCB個体、しかも産地の間違いのない個体ということで、繁殖を狙う上で文句の付けどころのない子ばかりです。もちろん残ったら当方の種親候補に考えていますが、ビミョーに減ってきましたのでちょっと不安になっています。




2017-02-12-17-34-33


フトアゴシリーズはどの子もおすすめ。
ベビーの価格のままで少し育ったサイズ、しかもカラーいろいろ選び放題です。



2017-02-12-17-32-54
2017-02-12-17-32-49
2017-02-12-17-33-12



みんな大好きアルマジロトカゲ。
本種をたくさんの中から選べる機会はそう多くありません。ピカピカのCB個体ですので、飼育面でも心配なし。というかアルマジロトカゲ自体が大変強健な種類です(笑)



2017-02-12-17-31-30
2017-02-12-17-31-48
2017-02-12-17-32-05
2017-02-12-17-32-27



ヤドクシリーズもチビチビ減ってきましたがまだまだ選べますよ。

個人的にはシトロネラがおすすめ。価格もそこまで高くなく、非常に鮮やかなイエローが目立ち、かつボリュームのあるサイズで到着しています。
もちろん定番のマダラ、キオビ、コバルトヤドクも大変おすすめです。

ヤドクは個人的にもっともっとブリードを進めていこうと思っています。





とりあえず今日はこの辺で失礼します!!!!




image



メルマガ会員の方には本種の他にもたくさんの生体のご紹介しておりますが、どうも入荷生体が自分の趣味に偏っている気がして仕方ありません(笑)

でもそれでいいんです。自分が好きな生体だからこそ誰よりも情熱を持っておすすめできますし、その種類のおススメポイントや逆に弱点なんかもしっかりとお伝えしていければと思っています。



最近はおかげさまで特に毎日が楽しく、笑顔が絶えない毎日が続いています。
尊敬する武術の師匠の言葉に『生きている間にできることを精一杯。毎日が遊園地!』というものがありますが、たくさんの人の生死に関わってきた師匠の言葉だからこそその言葉が重く、たくさんの意味を生み出していると感じ、自分へ当てはまる部分も多いこの言葉を心の一部に留めています。
自分自身も毎日を楽しみ、ネガティブな発言や考えをする時間があるなら、少しでも楽しくなる方法を考えていきたいと思っています。あわよくばいろいろな場面、分野でCANDLEに関わった方々が少しでも幸せになるように…感謝と尊厳の気持ちを忘れずに毎日を楽しく過ごしたいと思っています。



そんな店主のお花畑な頭の中のお話はさておき(笑)、冒頭の画像の生体ですが、ようやく入荷の目途が経ちそうです。過去の流通量も非常に少なく、そしてそのあまりにも鮮やかなカラーから個人的にも絶対欲しかった生体です(マイペットで飼育していますが…笑)。

もちろん、本種は今予定している生体の極々一部にすぎませんが、『世界一青い爬虫類』と言われるトカゲ。気になる方はお問い合わせください。

このページのトップヘ