CANDLEブログ

アミーゴ鳳




毎度ギリギリの告知になってしまい申し訳ありません。

明日4月22日(日)、アミーゴ鳳店にて恒例の即売会を開催させていただきます!!!!




アミーゴ鳳店の詳細はこちら





久々の近場でのアミーゴ即売会!もちろんCANDLE店頭とハシゴしてくださってもOKです。

リクエストなどありましたら最悪今日の夜まででしたら間に合います(笑)



よろしくお願いします!!!!!

つい先日あの頑固オヤジ便のパンサーカメレオンがどっさり入荷。本当にありがたいことに続々と卒業が続いています。

このままだと来月の東京レプはちょっと寂しくなるんじゃ…と不安でしたが、救世主のようなCBパンサーたちが入荷してくれました。
Twitterでは数十頭と書きましたが、うそですそんなにいません(汗)冷静に数えたら30頭ほどでした。
写真はオスしか撮っていませんが、各ローカリティメスもしっかり到着しています。
ペアで買って頂けるとありがたいですが、メスはいくら残ってもOKということで、オスのみ、メスのみの販売も大歓迎です。



IMG_3518


はい、お待たせしましたノシミチオ。

前回のオヤジ便でも非常にリクエストの多かったローカリティです。
メルマガ配信後怒涛のお問い合わせで、早くも残り僅かです。欲しい人はお早めにお願いします。



IMG_3513


こちらも超人気のローカリティ、サンバーバ。個人的に好きなやつ。
CBになると発色のふり幅が大きいローカリティで、過去には間違いなくサンバーバなのに全身ブルーなやつがいたりもしました。他の兄弟はしっかりとサンバーバなのにその子だけ変な発色をしていたのをよく覚えています。また、レッド系のサンバーバからイエロー系の子が産まれたり、色彩のこだわりを追及するのも楽しいローカリティです。
ブリード面でもオスがやる気満々な子が多く、比較的容易に交配できちゃうもの嬉しいところ。




IMG_3515


いつでも人気のアンビローブ。
こちらも非常に個体差が大きいことが有名ですが、パンサー中最も繁殖しやすいと思います。実際に国内外問わず、一番CB個体が多いのがこのアンビローブではないでしょうか。
非常に美しく、色もいろいろ、ブリードもチャレンジできちゃうという、いいとこだらけのパンサー。



IMG_3517


真っ黒になっちゃいましたが(汗)、ブルーとホワイトのコントラストが人気のノシファリー。こちらも前回のオヤジ便にて入荷のなかったローカリティです。
じっくり仕上げてください。




これで現在販売可能なパンサーカメレオンのローカリティの幅がまた増えました。
何がなにやらわからないと思いますので、現在販売可能なローカリティを記載しておきますね。


アンバンジャ
アンバト
アンキフィ
サンバーバ
ノシボラハ
ノシミチオ
ノシファリー
マロアンツェトラ
Cap Est
マソアラ
Beforona
アンタラハ
アンカラミー
Djangoa
ノシベ


少ない子で一頭のみですが、他は大体数頭〜10頭くらいの在庫です。
パンサー好きな方、お待ちしております(笑)


さて次!!

IMG_3523
IMG_3524


(たぶん)みんな大好きフィルビートゲオアガマ。鮮烈のブルーのトゲオアガマです。
まだまだ入荷直後で色彩はあまいですが、これからガンガン綺麗になっていきますよ。



IMG_3506


ホワイトスポットプレデタービートル。個人的に好きなのでチャンスがあれば毎回入れています。


IMG_3512


ブリード狙ってください(笑)



IMG_3507


エジプトヒヨケムシ。
毎度のことながら数タイプが来ています。




IMG_3511


誰が見たってアレに見える(笑)、コモチミミズトカゲです。
こんな感じでなんと人工飼料も食べちゃうという面白いトカゲ。そう、一応トカゲ(ミミズトカゲ)です。



IMG_3508


シロテンカラカネトカゲ。持ち腹っぽい子も多数です。




あとは写真撮り忘れていますがトッケイヤモリも入荷しています。





IMG_3472


こちらはメルマガに載せ忘れ(汗)
マダラヤドクガエルのカリビアングリーンです。しっかりとアダルトサイズまで育てられています。
そして今回はカリビアングリーンでもちょっと面白い個体が来ていますよ。


IMG_3473


わかりますか?左の個体、明らかにブルーなんです。
真っ先に考えるのはモルフのミックスだと思うのですが、この子たち、実は某動物園にて展示、繁殖して頂いていた子で、この子たちの親は店頭で現在も飼育していますが、マイペットで飼育しているカリビアングリーンで、この親たちを譲ってくださったブリーダーさまの代から、間違いなく他のモルフとは接触させておらず。某動物園でも同様で当店からの子たちだけで形成されたコロニーから産まれてきました。

サキシマカナヘビやガストロなんかはCBはやや青っぽくなる個体もいますが、ここまで明らかに青いという個体は珍しいと思います。もちろんごく少数のみですが興味のある方はお問い合わせください。ちなみに価格は一緒です(笑)


IMG_3528


そしてキオビヤドクガエル。こちらもしっかりとブリードしていただきました。






すでにパンサーへのお問い合わせが非常に多く、種類によっては完売に近いものがあります。
気になる方はとりあえずお問い合わせ、お電話が確実かと思います。


よろしくお願いします!!!







































IMG_3384



先週末に開催されました神戸レプタイルズワールド、たくさんのご来場ありがとうございました。
今年から二階会場も使用し、より一層広くなった当イベント、地元開催ということもあって毎度おなじみのお客様からはじめましての方まで、本当にたくさんのお客様に恵まれました。
差し入れもたくさん頂きまして感謝感謝です!!

イベント開催時も店頭はオープンしておりましたので、イベント会場からハシゴされた方も多かったようです。


今回カメレオンはぶっちぎりで頑固オヤジのパンサー、アンタラハが人気でしたね。お気に入りだけにかなり多めに連れていきましたが、結局ほとんどの子が旅立っていきました。
あとは産地の確実なメスシリーズ。相変わらず人気でした。多くのお客様が共通して持っておられた意見が、「ブリードに挑戦してみたいけれど、SNSなどを見ているとメスの産地違いが多すぎて選べない」ということでした。それだけ皆様が高い意識を持ってブリードに挑戦されようとしているのが本当に心強く、そんな意見があるからこそ当店の子たちを選んでくださったことに感無量の想いでした。困ったことやわからないことなどありましたらいつでもご連絡くださいね。CANDLEはいつでも応援しております!”!



他にもヤドクガエルや定番のカナヘビ、レオパからハムスター、インコにいたるまでバランスよく卒業が続きました。


今回で第二回目の開催となりましたが、地元として次回以降も応援していきたいと思います。

毎度のことながらいつも気さくに話しかけてくださる同業者のみなさま、そして主催者さまやスタッフさま、本当にお疲れさまでした。厚くお礼を申し上げます。






そんな神戸イベントのバタバタの最中にも新着さんがありますよ。


IMG_3413


パンサーカメレオン“アンビローブ”
国内CBのアダルトアンビの入荷です、ただすみません。イベント二日目からお披露目させていただきましたのでバタバタと卒業が続き、あっという間にラスト一頭になりました。





IMG_3415
IMG_3414


あとはアメリカ便にてレオパが到着しています。
超絶人気のスーパーマックスノーも多めに入荷していますよ。一応入荷種を羅列しておきますね。

アルビノ
ベルアルビノ(アダルトサイズ多数)
ボールドジャングル
ファイアウォーター
ハイポタンジェリン(めっちゃ綺麗です・しかも多数)
ジャングルトレンパーアルビノ
マックスノー
スーパーマックスノー
ハイイエロー(大量)
ノヴァ
レインウォーターアルビノ
ワイルドライン


各写真などはTwitterでも紹介していくつもりですが、気になる子がいましたらお気軽にお問い合わせください。
よろしくお願いします。











IMG_3344

Gastropholis prasina

ミドリガストロカナヘビが三回目の産卵。先日お知らせした通り1クラッチ目のベビーは店頭にてご覧いただけます。もう少し大きくなったら販売開始ですので少々お待ちください。



それにしてもこのガストロ様、飼いやすいしよく動くしサイズも大きすぎず小さすぎず本当にいいカナヘビですね。
個人的にはポダルキス信者なのですが、ガストロだけはマイペットに加えようと思っていたくらい、何かピンとくるものを感じました。

値段はまだそこそこしますが、今年はそれなりにベビーを出せそうなので、より多くの方に楽しんで頂ければと思います。

krw2018





いよいよ今週末に迫ってきました神戸レプタイルズワールド!!!
もちろん当店の出店させていただきますよ!!!



神戸レプタイルズワールド公式ホームページはこちら



昨年から開催されるようになりましたコウレプこと神戸レプタイルズワールド。去年はどうなることかと思いきや、終わってみると他のレプタイルズワールドと変わらない状況で、いい意味で期待を裏切られたことを覚えています。
今回はカメレオンが熱い!(いつもか・笑)
頑固オヤジの間違いないパンサーをどっさり連れていけると思います。といっても全体数の数分の一、もっと見たい方は会場と店頭をハシゴしてください(笑)


もちろん連れてきてほしい生体のリクエスト、逆に店頭で見たいから置いておいてほしいという逆リクエストもガンガン受け付け中です!!!
時間に変更はあるかも知れませんが、両日とも店頭は営業しています。エサをお求めのお客様、ご安心ください。



先週のブラックアウトに続き、自分自身が二週連続でイベントに出向くのは本当に久しぶりで、今からワクワクしています。
お誘いあわせの上、たくさんのご来場お待ちしています!!!!









怒涛の週末が終了しました。
初めてのパターン。ブラックアウト大阪、アミーゴ高松店での即売会を開催しつつ店頭もオープンという三か所同時販売!

アミーゴ高松店での即売会は今回土日の開催となりましたが、予想を遥かに超える大盛況となり、お迎えも多数でした!!三週連続での四国での即売会もこれにて終了となりました。他にもたくさん規格はありますのでお楽しみに!!




そしてバタバタの中でしっかりご紹介できていませんでしたが、ヨーロッパのスーパーブリーダー『頑固オヤジ』からパンサーカメレオンが到着しています。各ローカリティ数頭〜20頭ほどの入荷数になっています。



IMG_3266
IMG_3267


イチオシのアンタラハ。前回もイチオシでしたが個人的に好きなので仕方ない(笑)
暖色系の発色を見せ、ややグリーン掛かった体色は興奮時に一気にファイアーレッドに激変します。派手派手好きにはたまらない発色。
さらには体系もややガッチリで、華奢な印象はありません。ベビーも育てやすく、ブリードに挑戦されたい方にも安心しておススメできるローカリティです。
今回は即戦力サイズのメスも多数いますので、トリオでもOKです(笑)



IMG_3269


こちらはマソアラ。ご存知シルバー系のパンサーカメレオンです。
やや面長でシャープな印象を持ちます。今回メスは即戦力一歩手前のサイズです。





IMG_3272
IMG_3274


こちらも相変わらずのスーパークオリティなノシボラハ。
かつで自分でブリードしていた時はこのタイプを勝手に「プラチナホワイト」なんて呼んでいましたが、とにかく純白が美しい子たち。オスのご用命が多かったのでややオス多め。




IMG_3275


こちらも『頑固オヤジ』が大好きなローカリティ、Cap Est。
紅白のパンサーと呼ばれるローカリティで、フル発色時の紅白のコントラストは見事の一言につきます。発色パターンはマソアラに似通った部分がありますが、本ローカリティの方が赤の部分がより朱色に近いようなイメージです。白地の部分はマソアラがシルバー寄りに対してこちらは本当の純白に近いように感じます。




IMG_3277


はい、真っ黒なので何かわかりませんね(笑)
何気にCANDLE初登場のローカリティ、Djangoaです。
なんぞや??と思われる方も多いと思いますが、アンバンジャのサブローカルという表現が一番近いかと。
とりあえずまともな写真が取れたらアップしますね。





IMG_3279


今回はオスのみですが、サンバーバ。
『頑固オヤジ』があまり好みではないのか、あまり殖やしてくれないローカリティの一つ(汗)こだわりだすと頑固なので、本当に気に入ったローカリティしかやってくれません。アンビローブの入荷が少ないのもそのためで、オヤジ曰くアンビローブは簡単すぎて面白くない、のだそうです…。





IMG_3281


さらに真っ黒で何かわかりません(笑)
パンサー最大のローカリティと言われておりますマロアンツェトラ。まだ若いので今はその片鱗もありませんが、成長とともに暖色系の発色を見せてくれます。
昔はよく流通していたローカリティですが最近非常に少なく、数年前にオヤジにリクエストをしていました。






IMG_3283


そしてお馴染み、ピンクパンサーことアンカラミー。
残念ながら今回はオスのみ。残ってる子全部頂戴!!と言って出してもらったので、ほんの少しですが特価になっています。






ほとんどのローカリティがペア取り可能で、雌雄それぞれ単体の販売が可能です。
前回の便では産地違いの心配のないメスが欲しい!ということで、雌雄同数入荷したのにメスだけが早々に完売してしまいました。今回は全体数から見るとメスの方が少な目になっています。

気になる子がいましたらお気軽にお問い合わせください!!




















明日のブラックアウトの準備でバタバタしていて簡単な紹介になってしまって恐縮ですが、とりあえず入荷情報です。

あの『頑固オヤジ』便のパンサーカメレオンがどっさり到着しています。今回も即戦力多数。
ローカリティミックスの心配も皆無な安心のCB個体。種親候補に非常におススメです。




IMG_3217
IMG_3216
IMG_3215


個人的には今回もアンタラハのクオリティが素晴らしいのでイチオシです。メスも即戦力サイズが揃っています。

今回入荷のローカリティは以下の通りです。

マロアンツェトラ
アンカラミー
アンタラハ
Djangoa
サンバーバ
ノシボラハ
マソアラ
Cap Est


一部を除きペア可能です。もちろんメス単体も可能。
詳細はTwitterなどでも紹介していきますのでお楽しみに!!




西アフリカ便の入荷種は

サバンナモニター・ベビー
ナイルモニター・ベビー
ピーターズバンデッドスキンク
トーゴジャイアントウデムシ
フェルナンデススキンク


こんな感じになっています。

IMG_3222
IMG_3221
IMG_3220
IMG_3219





カメレオンたちは毎度のことながら立ち上げの必要もない子たちばかりなので、一部はブラックアウトにつれていきます。山ほど見たい方は店頭へどうぞ(笑)


リクエストなどありましたらお気軽にお願いします!


IMG_3196


ここ最近ブログを放置しがち&書いてもイベント情報とブリード情報ばかりで面白くないと思いますので、たまには飼育に関することをかいてみようと思います。


昨今大人気のパンサーカメレオン、CB、WC問わずに本当に魅力的な子が多く、ローカリティ別に独特のカラーリングを持つことでコレクション性や好みがわかれ、さらに飼育欲を刺激します。

良くお客様に聞かれる質問が「ワイルドとCBどちらがいいですか??」というもの。
一見単純明快な質問ですが、飼育の目的や方向性によって非常に難しい質問だと思います。まず単純に一頭だけペットとして飼育するのだとすれば文句なしにCBだと思います。
幸いにもCANDLEでは世界各国のブリーダーさまの協力により、常時CB個体をご提供できる環境が揃っていますので、お好みの子を選んで頂けます。
また、産地の明確な種親候補のメスを探す場合も絶対にCBを導入すべきだと思います。詳しく書くとちょっとアレなので割愛しますが、現地の輸出業者、現在メインで輸入されています国内の輸入業者の流通状況を見てもそれは明確であり、もちろん各々が正しいローカリティのメスを流通させようと努力しているのは重々承知の上で、ある程度産地の間違いが起こるのはある意味「仕方ない」流通事情だと思っているからです。
そんな事情もあり、自分自身の種親候補は産地の間違いのないCB個体(詳しくは『頑固オヤジ』について記載した記事を参照)を選びますし、本当に間違いない子を探しておられるお客様には強くCB個体を勧めます。実際にメスの産地が実は違ったというお話もSNS上で話題になっていますし、いちいちブログやTwitterに書いていませんが、同様の相談はかなり多く寄せられています。




ではWC個体はダメなの??という話ですが、そんなことはありません。
まずワイルド個体のメリットは、CB個体に比べて体系や体格が非常にバランス良く、格好良いと思います(個人的主観がかなり入りますが・笑)。
ワイルドは弱かったり神経質だと言われています。確かにそのような部分は否めません。しかし厳しい野生環境を生き抜いてきたワイルド個体の生命力は時にCB個体を遥かに凌駕することがあり、長年カメレオンを取り扱ってきた我々も驚かされることがあります。
そして個人的に一番大きな利点、オスに関しては繁殖に非常に積極的で、メスに反応しない子はほぼ皆無なんじゃないのと思うくらいです。もちろんコンディションが良い事が条件ですが、厳しい自然環境を生き抜いてきたオスは子孫を残すことに必死なので、種親としてはこれ以上ない働きをしてくれます。メスと違ってオスのローカリティを間違えて販売されるということもそうそう起こりえないと思いますので、種親候補にワイルドのオスを導入するのは非常に有効だと思います。

CB、WC、どちらにも魅力があり、やっぱり大好きなカメレオンなので甲乙つけ難い、というのが結局自分の結論だったります(なんの解決にもなっていない・笑)







長い長い前置きの後、本当に言いたかったのはここからです。

CBのパンサーカメレオンでブリードを狙う際、どうもオスのやる気がそこまで出ない……と感じられた方は多いかと思います。そこがCBパンサーの弱点でもあるわけなのですが、どうにかもっとやる気を出してもらえないかとあれこれ試してみました。


個人的に思う最も有効な手段は、「イケイケのオス」とメスを巡って喧嘩させること(汗)
もちろん絶対におススメできません。あとは外で日光浴をさせたり、雨に当ててみたり、夜中のうちにコッソリオスのケージにメスを入れて、朝起きたらご対面もなかなか有効でした。

国内で知っている方はまだまだ少ないと思いますが、ローカリティによっても繁殖の難易度が若干異なります。
ダントツで繁殖しやすいのはやはりアンビローブでしょう。お客様にはお伝えしていますが個人的はアンタラハも上位に入ります。メスが発情やすくわかりやすく、オスがいつでもやる気満々の子が多い、そしてベビーも小さくなく育てやすいと感じたのが大きな理由です。


逆に難しいとされているのが東のローカリティに多く、ノシボラハ、マソアラ、ソアニエラナをはじめとする所謂「白い系」に発情しにくい子が多いように感じています。
これまでの経験則をベースに、あの『頑固オヤジ』に聞いてみました。非常に有効な返事が返ってきたので、原文を翻訳ソフトに書けてちょっと習性を加えたものを貼り付けますね。




---------一部のパンサーカメレオンのオスについては発情させにくい子がいると思うけれど、どうやって発情を促しているの???



あなたの習慣の返答は次のものです:パンサーのすべてのモルフ(海外ではローカリティをモルフと呼ぶことが多い)は特別な繁殖サイクルを持っています:11月から4月は繁殖シーズンです。
これはマダガスカルの夏であり、多くの食べ物の昆虫や水分が多く、高い気温があります。 6月から10月までは冬、わずかな食物と水と低温で代謝がかなり遅いです。 Ambilobe、Antalahaなど、あまり変化のないところもあります。これらはこの気候の傾向に従わないものです。しかしパンサーの西海岸Masoala、Boraha、Cap Estは非常に厳密にこのような状況に従います。これは遺伝的情報であり、このメカニズムは捕獲された状態で働いています。成功した繁殖のためにこのメカニズムを模倣する必要があります:6月から一時的に減らす必要があります。食物と水の量は漸進的である。 10月からは、温度、食糧、水を増やす必要があります。
私の他の観察:これらの環境変化なしでは低い性欲を有する。交配する最年少の男性に使用する必要があります。



ちょっとわかりにくい表現も多いですが、毎回質問に対して非常に細かく返答をしてくれています。
彼の探求心は留まるところを知らず、非公開にしてくれと言われていますが、例えばパンサーカメレオンに最適なサプリ、ミネラルの値は水1リットルに対して各栄養素が〇%だとか、そんな数値もすべて定義化してしまっています。
そして常時1000頭を超えるパンサーカメレオンを飼育、繁殖をしているにも関わらず、毎日4時間以上かけて毎日一頭ずつ手作業で給水を行っているそうです……恐るべし世界的ブリーダー……。







まだまだ国内では多いとは言えないパンサーカメレオンの繁殖個体。
当店はせっかく世界レベルのブリーダーとコンタクトを取ることができる強みを活かして、少しでも多くの情報を発信していこうと思います。

もちろん、ご質問などありましたら直接先方に聞くこともできますので、お気軽にお願いします。





















今週末のイベントはハードですよ!!


header



4月8日(日) 

ブラックアウト大阪に出店させていただきます。
いつものあの会場ではなく、かなり会場にゆとりのある京セラドームでの開催です。


ブラックアウト大阪の詳細はこちら



ここ最近の卒業ラッシュでカメレオンをはじめとして生体が減ってきてはいますが、予定では滑り込みであの便が間に合うはず……??ご期待ください!!!




そして…!!


アミーゴ高松



4月7日(土)8日(日)  アミーゴ高松店

ときを同じくして今週の土日、激熱の四国での即売会再び、いや三度(笑)
三週連続の四国での即売会、今回はアミーゴ高松店で開催させていただきます!!!



アミーゴ高松店の詳細はこちら



早くもリクエストを頂いております高松での即売会!回を重ねるごとに勢いが止まらない即売会シリーズですが、今回も熱い週末になりそうです!!




というわけで今週末は二か所同時の即売会への参加ということで、店頭の方は………開いています(笑)
エサをお求めのお客様も多いですので、一応通常通り店頭は営業させていただきますが、さすがに生体はちょっと少な目になっていると思いますので、「見に行きたいからこれは連れていかないで!!」という逆リクエストがありましたらそちらもガンガンお願いします!!!

最近の傾向としまして、おひとりの方が欲しいと思っている子は皆さん欲しいと思っています。いち早く一歩を踏み出した方がゲットされており、また、店頭に見に来たのはいいけど即売会でリクエストがあったので連れていってしまってゲットできなかった、という光景も非常に良く目にします。買う買わないは自由ですので、とりあえず気になる子はリクエストください。





Twitterではちょこちょこアップしていますが、ブリードの方もシーズンが始まり、ぼちぼちと進んでいます。


IMG_3134
IMG_3126
IMG_3132
IMG_3116
IMG_3079
IMG_3064



カナヘビたちのハッチが始まるとまた忙しくなりますので、この時期くらいはちょっと楽させてもらいます(笑)































IMG_3053

そろそろカナヘビたちがシーズンイン。
今年は期待の血統もいくつかいるので楽しみにしています。


IMG_3055
IMG_3056
IMG_3057


例年通りマイペースに楽しみます。



このページのトップヘ