CANDLEブログ

緊急事態宣言が解除されたとはいえ、まだまだ予断を許さない新型コロナ。
各事業所においても少しずつ通常に戻りつつあり、CANDLEもいいのか悪いのか連日お客様がご来店くださっており、いい感じに分散しているので特に入店制限を設けるわけでもありませんが、店頭がわいわいにぎわっているのを大手を振って喜べるようになってほしいと思っています。



さてさて、いろいろと入荷が制限されているとは言え、ここは普段のフットワークの軽さを見せるところ。連日卒業が続く店頭にはちょこちょこと新着さんが来ていますよ!
まずは本当にリクエストが多かったフトアゴ!!




IMG_20200530_121956
IMG_20200530_122004
IMG_20200530_122011
IMG_20200530_122022
IMG_20200530_122030
IMG_20200530_122041
IMG_20200530_122041_1


ノーマルカラーとして入荷していますが、よくよく探せば綺麗な子も選べます。


IMG_20200530_122222
IMG_20200530_122226
IMG_20200530_122239
IMG_20200530_122248
IMG_20200530_122447
IMG_20200530_122450
IMG_20200530_122454


ハイカラー。
全頭撮影するのはとてもとてもできませんが、今日は総勢60頭ほどの入荷になり、近日また同じくらいかそれ以上の数が到着予定です。

見た目は綺麗でもお値段控えめシリーズを揃えましたので、是非お気に入りの一頭を見つけてください。





IMG_20200529_105739


バルバータスカメレオンモドキ。
しっかりと育てられております飼い込み個体。今や入手困難種になりつつあるカメレオンモドキ。フルアダルトの流通は非常にまれです。見つけたときにどうぞ。



IMG_20200529_105647
IMG_20200529_105640


こちらもでかい!パンサーカメレオン“アンタラハ”

何気にCANDLEが国内に初めて紹介したローカリティの一つでありますアンタラハ。大柄でベビーも大きくすくすく育つ印象です。
見事なまでに育成された飼い込み個体です。


→ 一瞬で売約済みとなりました。ありがとうございます。






あとは写真が撮れませんでしたが国内CBのメルテンスヒルヤモリが入荷しています。
ヒルヤモリも年々入荷しにくくなっている印象です。見つけたときにどうぞ。




以上よろしくお願い致します!

IMG_20200528_131551
IMG_20200528_134351
IMG_20200528_140203
IMG_20200528_132013
IMG_20200528_131953
IMG_20200528_131521
IMG_20200528_131603_1
IMG_20200528_131644
IMG_20200528_131654



毎日本当にたくさんのお問い合わせを頂いておりますパンサーたち、2週間前に60数頭入荷しましたパンサーたちですが、気が付けばもう20頭ほどになってしまいました。


あの『頑固オヤジ』のもとでしっかりと栄養管理、育成されたパンサーカメレオンたちはまさに健康そのもので、国内でも繁殖を視野に入れて飼育される方が増えてきたことを象徴するかのように「産地の正しいメスをゲットしておきたい!」というお客様がいつにも増して多く、個人的にメスはいくら残っても…と目論んでいたのですが、見事に裏切られる結果になりました(笑)



例のコロナパニックのせいでいつもより観察する時間が増えたことと、今年よりいつもと違った管理方法を試してみることで、マイペットで育成している子たちもメキメキと大きくなり、本当に今更ですが「パンサーの育成って面白い」を身に染みて感じています(笑)


売り場の子たちも同様で、厳しい目でチェックを行ってもどの子も非常に安定しており、それを示すかの如く大きなフンを落としています(笑)

コロナの影響で本当にいろいろと大変な思いをしたり、輸入がうまくいかなかったり消毒に予算を思い切り持っていかれたりと踏んだり蹴ったりではありましたが、慌ただしい日常の中で改めて動物たちとじっくりと向き合い、一歩も二歩も進んだ管理ができるようになったと実感しています。販売個体たちにもそれが反映され、より魅力的に写っているからこそこの卒業の勢い……だと思いたい(笑)


世界情勢も本当に少しずつではありますが動き始めていますので、新たに入荷を予定している種類についても明らかに全身しています。お知らせしておりましたアレやコレなんかも準備していますのでお楽しみに。





パンサーについては次回は六月末を目途に準備をするつもりで、何とか7月の頭には入荷したいと思っています。でないとまた店頭がスッカラカンに……。ローカリティのリクエストもある程度は受付可能ですので、ご希望のお客様はご相談ください。

もちろんマイペット組も増設すべく準備中です!!



IMG_20200522_171200




憎き新型コロナに対抗すべく、動物から人間まで幅広く使用できて無害、かつ安心のパワーを誇るKガード。店頭の入り口はもちろんスタッフ全員自宅にて使用しています。

感染症予防対策の一環としてこちらのKガードの50mlミニボトルを無料で配付しておりましたが、緊急事態宣言が終了しましたタイミングにて(ボトルもなくなってしまったので)いったん終了とさせていただきます。



売れ残っていた…いや、たくさん在庫していました50mlボトルもすっかりなくなりました。たくさん配付させていただきましたが、お役に立ったでしょうか??

引き続き500mlは販売しておりますので、配付ボトルが空になってしまったかたはこちらから詰め替えて頂いてもOKです。
ただしKガードは別の容器には移し替えないでください。紫外線に反応してたちまち水に戻ってしまいます。無料配布しておりましたミニボトルは小さいながらもしっかりとUVカット仕様になっています。



緊急事態宣言が解除されたとは言ってもまだまだ油断は大敵。使えるアイテムはしっかりと使って対策を怠らないようにしましょう!!



SNSではカメレオンやカエルネタが多く、前回の記事でアオカナヘビをご紹介しましたので今回は現在販売中の店内のカナヘビたちをささっとご紹介したいと思います。





IMG_20200521_135622
IMG_20200521_135627


ポーラーカベカナヘビ。
カナヘビマニアの方ならもう嫌ってほど眺めていますよね(笑)
入門種シクラカベカナヘビ(Podarcis siculus)の亜種にして他にはないクリアブルーな発色があまりにも美しいカベカナヘビです。

極小の孤島に極地分布するのがカベカナヘビあるあるですが、本種もまたその例にもれず、イタリアのサント・イアンニ島(Santo Ianni)にのみ生息するというウルトラレア級のカベカナヘビ。

参考までに生息地

もう本種含めこのクラスのカナヘビを飼育するときに値段を気にするようなら最初から諦めた方がいい(極論ですが)とさえ感じてしまうほど、本当に長い年月をかけて調べて調べて調べまくって、ようやく手にできた個体が極小ベビーで、本当にそんな発色になるのかと疑いながら一年以上誰にも言わずにこっそり育て上げ、ようやく昨年満を持して公表しました思い入れのあるカナヘビ。
飼育してしまえばそこはカベカナヘビなので恒例の鬼の如く丈夫さと成長速度で飼い主を楽しませてくれます。

イベント等でアダルト参考個体として連れていった子が各雑誌やSNSなんかでも取り上げてくださっており、多くの方に質問を受けたのですが、特別綺麗な子を参考展示しているわけではなく、自分用に一頭育てている子です。育て上げたどの子も同じようになっていますので、安心して楽しんでください。
現在まだペアの販売可能です。ベビーからかなり大きくなり、今年はもう無理ですが来シーズンにはブリード狙えそうな子がいますよ。







IMG_20200521_135653
IMG_20200521_135659


次にまた凄いの来ました。ムラリスカベカナヘビ“メラニスティック”

詳細を書くとめっちゃ長くなりますので割愛しますが、こちらも超超極地分布と言われています鬼レアカナヘビ。
通常個体は所謂ナミカベカナヘビと言われる種類なのですが、メラニズム化が進むことによってまるっきり別種のような雰囲気に。こちらもペア取り可能です。
あ、カナヘビのことしか考えていないドマニアの皆様(誉め言葉)は鋭い推理で本種は孤島に分布しているのではと推理されるでしょうが、本種に限っては違います。






IMG_20200521_135554
IMG_20200521_135605


フォルメンテーラカベカナヘビ“Cap de Barbalia”

性根がマニアなのでローカリティがついているものはしっかりとローカリティ付きで販売したいんです(笑)
フォルメンは他にLa mola産が一頭のみ販売可能です。
カメリアーナカベカナヘビを繁殖させ始めてからいつかお目に掛かりたいと思っていたフォルメンテーラカベカナヘビが選べるようになるなんて……最近の飼育者さまは幸せです。






IMG_20200521_135530


リルフォードカベカナヘビ。

亜種の話をしだすと長くなるのでそれはまた次の機会に…。
帝王リルフォードも若いペアが販売可能です。





IMG_20200521_135540


チレニアカベカナヘビ“サルディーニャ”蛍光グリーン血統。

サルディーニャ産のチレニアは他にもイエロータイプのペア、そして亜種違いのContii亜種が販売可能です。



IMG_20200521_135420


ダルマチアトガリハナイワカナヘビ

数年前は見向きもされなかったカナヘビ(笑)しっかり飼い込めばシルバーブルーが発色し、本当に美しいカナヘビになります。
見た目の華奢さに反してとてつもない強権種で、繁殖も狙いやすいので、今後爆発的に人気が出るかも???




IMG_20200521_135434


クロハラカベカナヘビ。

上で紹介しましたムラリスカベカナヘビの亜種の一つ。
こちらも数年前は見ることすらままならなかった珍しいカナヘビでした。今や一般種くらいに思っている方も多いかと思いますが、かなーーりレアなカナヘビなんですよ(汗)
成長すると背中にシルバーグリーン、そしてクロハラの名の如くブラックベースの腹部のわき腹にブルースポットと幾何学模様が交錯する、めちゃくちゃ格好良いカナヘビになります。これは飼育している人にしか伝わらない格好良さかも(笑)



IMG_20200521_135443

ひっそりと長い間いますイビサカベカナヘビ。

超人気種カメリアーナカベカナヘビや上記フォルメンテーラカベカナヘビ、そして最高峰の名を欲しいままにしているあのヴェドラカベカナヘビたちの基亜種に当たるカナヘビ。
まるで別種のようにグリーンやオレンジ、脇腹にお馴染みのブルースポットが発色し、見た目に派手とは言えませんが通好み、わかる人にはわかるといったカナヘビ。本種の良さが語れる人は本物のマニアかも??





IMG_20200521_135456


また別属きました。ベドリアガイワカナヘビ
和名が正しいのかどうがまったくわからず、名前を出すたびに突っ込まれるんじゃないかと怯えています(笑)

イワカナヘビについても語ると長くなるので、とりあえず飼育面ではカベカナヘビに準ずると思ってもらってよいかと。また違った魅力のある属種ですよ。





IMG_20200521_163301



最後はみんな大好きミドリガストロカナヘビ。

もう本当にいいところしかないんじゃないと思うくらいに、美しく、飼いやすく、ある程度慣れてくれ、サイズも存在感もいい感じ、かと言ってデカすぎないといういいところだらけのカナヘビ。強いて言うならセーブしないと殖えすぎる…(汗)

かつてはサキシマカナヘビと同じような感じでサイズが違う、なんて表現をされていましたが、飼育してみればわかりますがまったくの別物です。







まだ撮影できていない種類や自宅組のカナヘビはまったく紹介していませんので、機会があればまたご紹介します!!!












カナヘビと言えばCANDLEの大多数のお客様がヨーロッパのカベカナヘビのことだと思われるでしょうが、カベカナヘビについてのことはいずれ某雑誌にでも……なんて考えていますので、今日は国産のカナヘビです。



身近に見られるニホンカナヘビを捕まえて飼育したことのある方も多いかと思います。
南西諸島にはタイトル通り、日本が世界の誇れる美カナヘビが三種生息しています。
一つが昨今新規の飼育が全面禁止になってしまったサキシマカナヘビ。国内最大のカナヘビとしても有名で、全身がエメラルドグリーンに輝く本当に美しいカナヘビです。


石垣島や西表島、竹富島などに主に分布しており、全面禁止になる前は国内CBでしたら売買譲渡可能だったのですが、法改正によって今や新規の飼育が禁止に……かと言って現地で見ると言っても向こうは人の気配を感じると素早く逃げてしまいます。

かつて南国ファームを運営していたころはよく現地に観察にいきました。最終圧というよりも現地の開発の方が本種の減少に拍車をかけているような…とは思っていますが、非常に繁殖しやすいこともあって今ではかなり個体数が回復しているかも…??なんて思っていますので、コロナが落ち着いたらまた現地で見てみたいと思っています。



もう一つは宮古島に固有分布しているミヤコカナヘビ。こちらも数年前に新規の飼育が禁止になってしまいましたね。

IMG_20200519_122600


CANDLEでは飼育禁止以前より継続して累代繁殖を行っており、詳細は書けませんが本種における国の調査の際には繁殖資料を提供したりしていたこともあるんですよ。

種類ごとの特徴、性質などは書き出すと長くなるのでまた次の機会に……(笑)







IMG_20200519_113135


そして今回入荷のアオカナヘビです。

現在飼育できる唯一の国産で緑色のカナヘビ(変なくくりですが・笑)。
サキシマカナヘビ、ミヤコカナヘビと同様に繁殖も容易で、今回もブリーダー様による繁殖個体がどさっと到着です。


IMG_20200519_113140
IMG_20200519_113159



今現在は飼育がフリーですが、いつまた規制が厳しくなるかわかりません。
これ以上規制が厳しくならないようにするためにも、現地で捕まえたりせずに繁殖個体を飼育し、各飼育者さまがしっかりと繁殖させてほしいと思っている種でもあります。



もちろんペアも取れますので繁殖を狙って飼育してみてください。












緊急事態宣言も徐々に解かれてきてはいるものの、依然として海外輸入事情は厳しいモードが続いており、この業界だけでなく海外からの輸入に頼っている部分は非常に厳しい状況が続いていると思われます。

思ったようにフライトが取れなかったり、スペースが空いていなかったり、はたまたその便自体が欠航になってしまったりと、踏んだり蹴ったりでしたが、隙間の隙間を縫うように調整を続け、ようやく待望のパンサーカメレオンがどっさり到着しました!!

いつも通りとても全頭の撮影は無理ですが、写真が撮れた分だけでもご紹介します!!




パンサーカメレオン“アンビローブ”


IMG_20200514_023719
IMG_20200514_023750
IMG_20200514_023828
IMG_20200514_023905



怒涛のリクエストを頂いておりましたアンビローブ!!

到着直後ながら今回も相変わらずの仕上がり、そして着状態です!!!


IMG_20200514_025917
IMG_20200514_025959
IMG_20200514_030048
IMG_20200514_030125


もちろん産地の間違いのない正真正銘のメスも到着!!ブリードを狙う上では絶対にこだわりたいメスの産地。ワイルド個体のメスの産地の信ぴょう性はご存知の通り……ですので、CANDLEでは自分でオーダーした便以外のワイルド個体のメスは一切販売しないこととしました。そこまでこだわらなくても売ればいいじゃない…というご意見も頂きますが、そこはカメレオン屋としてマニアとして譲れません(笑)





ブルーアンバンジャ

IMG_20200514_024322
IMG_20200514_024235
IMG_20200514_024409


頑固オヤジだ大好きなローカリティでありますアンバンジャ。今回も拘りの種親から生まれたブルーアンバンジャが到着していますよ。


IMG_20200514_024504
IMG_20200514_024637


もちろんメスも。ペアでのゲットも大変おすすめです。





アンキフィ。

IMG_20200514_024021
IMG_20200514_024050
IMG_20200514_024125



こちらもオヤジが大好きなローカリティだけあって、開封直後ながら良くなりそうなのが見て取れます。
成長した姿を見たいものですが、毎回残せないのが悔しいところ…。

IMG_20200514_024705
IMG_20200514_024740



もちろんメスもいますよ。次世代狙ってみてください。





ノシミチオ

IMG_20200514_025103
IMG_20200514_025137


ご存知蛍光イエローに激変する人気のローカリティ。
もう少し大きい子の予定だったのですが、オヤジ曰く『少し小ぶりだが絶対のこっちにしておけ』という子をお任せチョイスで。確かにこのサイズなのに蛍光に近いグリーンに時折イエローに変色しており、ポテンシャルを感じ取ることができます。


→ あっという間に残り1ペアになりました。


IMG_20200514_025208
IMG_20200514_025243


こちらはメス。
繁殖を狙う方なら喉から手が出るほど欲しい間違いないノシミチオのメス。上記の通り残り一頭ですので気になる方はお早めに!!!





マロアンツェトラ

IMG_20200514_023118
IMG_20200514_023245
IMG_20200514_023301


最近パンサーを始められたお客様は『何それ!!??』かと思いますが、実はずっと昔から日本に紹介されていましたローカリティ。
成長すると淡いグリーンからオレンジやファイアーレッドに激変する子が多く、「一粒で二度おいしい」と表現されていました(笑)
パンサーカメレオン中最大のローカリティであるとも言われており、もう20年以上前になりますが個人的にブリードしていた時には50センチ近い子がいたのを今でも覚えています。


→ 残りオスのみ!!!


IMG_20200514_023505


参考までにメス。





サンバーバ

IMG_20200514_025419
IMG_20200514_025456
IMG_20200514_025531
IMG_20200514_025554
IMG_20200514_025625
IMG_20200514_025723


上記マロアンツェトラと同じく、一気に体色を激変させるタイプのパンサーカメレオン。

個人的に昔初めて繁殖させたパンサーカメレオンということもあって、やや贔屓にしているローカリティ(笑)
昔から思っていたのですが、なぜか繁殖個体になるとカラーにバラツキが出るようで、頑固オヤジも同じことを感じていたらしく、昔話したときに「そこに気が付くとは君はマニアックだね」と言われたことを覚えています。

とにかく派手派手なローカリティで、上記マロアンツェトラと同様に国内では最近ほぼ流通しておらず、めったにお目に掛かれないパンサーになってしまいました。


IMG_20200514_030251
IMG_20200514_030346
IMG_20200514_030426



メスも良い状態で間違いのない子たちが到着していますので、今や国内CBがめったに見られないサンバーバを繁殖を是非狙ってみてください。






今回到着していますローカリティは以上です!!!

毎度おなじみの大量入荷ではありますが、現在お問い合わせが集中砲火状態ですので、気になる子がいましたらお気軽にお問い合わせください。










多くの海外便が例の影響によってストップもしくは延期になってしまっている影響で、以前ほど海外の荷物がガンガン到着するということがなく、店内の生体はTwitterにていろいろと発信していますので、ついついブログの更新頻度が下がりがちですが、今日はまたまたあのカナヘビが新着さんとして登場です!



IMG_20200510_110610


ミドリガストロカナヘビ・国内CB

みんな大好きガストロさん、ありがたいことにしっかりと殖やしてくださっているブリーダーさまのおかげで新入荷です!
意見が分かれるところですがCB特有の青みの強い発色も単純に美しく、サイズ感といい本当に良いカナヘビです。


IMG_20200510_110814
IMG_20200510_110759
IMG_20200510_110625



ご覧の通りわらわらっと入荷していますので、選びたい方にもおすすめ。
以前は価格的にも本当に手が出ない種類でしたが、最近では価格帯も落ち着いてきて手が出しやすくなってきました。初めての樹上性トカゲとしても非常におすすめ。




ちなみに店内では……


IMG_20200510_110906
IMG_20200510_110903



マイペット組からベビーが誕生しており、産まれたベビーもご覧いただくことができますよ。
自分でも殖やしているくせにまたまた多めに入荷しちゃうという『気に入った種類はやたら入荷する現象』再びなのでした(笑)


IMG_20200507_175735




相変わらず消毒消毒の毎日が続いています。
緊急事態宣言も延長され、ますます我慢の方も多いかと思います。

ここ最近非常に多いお問い合わせが「今日は営業してますか??」や、「何時まで開いていますか??」といった営業状況に関するお問い合わせ、ちょこちょこ記載したり発信したりしていますが、今一度明記しておきますね。



・営業時間は原則10-20時で、通常と変わりません。
・定休日は水曜日です
・ご来店時にはマスクの着用と入り口にて消毒、お帰りの際にも消毒をお願い致します。
・ご来店目的に特に制限は設けていませんが、大勢でのご来店、長時間の滞在はご遠慮ください。
・混雑時には入店を制限させていただく場合があります。
・体調不良の方、熱のある方はご来店をご遠慮ください。
・目的のものが見当たらない場合はお早めにスタッフにお声がけください。



特に今までと変わりませんが営業ルールはこんな感じです。
一部後述のお願いの部分に被っているような気もしますが、要は常識の範囲内でご来店OK、目的があればなるべく素早く済ませましょうといスタンスです。

ご不便をお掛けして申し訳ありませんが、スタッフ一同店内の消毒体制も緩めることなく引き締めてまいりますので、よろしくお願い致します。




続きましてお客様へお願いです。

毎日たくさんお問い合わせを頂きまして大変ありがたい限りで、中には少しお返事をお待たせしてしまったりしていて申し訳ありません。

お問い合わせ媒体は基本的に店頭へのお電話かPCへのメールでお受けしています。
情報発信のツールとしてSNSを三種類(Twitter、インスタグラム、フェイスブック)を利用し、日々の情報を発信していますが、こちらのSNSのダイレクトメールにてお問い合わせを送ってくださるお客様がかなりの確率でおられます。

こちらのツールは基本的に発信専用で、メールは見ていないことが多いので、ふとした拍子になんだこれ??とクリックしてみると数か月前のお問い合わせメールが出てきたり……もう気分は見てはいけないパンドラの箱を開けてしまったようなもので(笑)、何も見なかったことにしてそっと閉じたり………はしませんが(汗)相当効率が悪いのは間違いありませんので、お問い合わせメールは公式メールアドレスの方にお願い致します。こちらは基本営業日は毎日チェックしています。




もう一つお願いです。
お問い合わせの際にはせめてお名前、ご住所、お電話番号(最低お名前だけでも…!)の記載をお願い致します。結構あるのですが、新着生体がきたときなんかは同様の内容のお問い合わせが一気に届くことも多く、
頑張って個別のお客様との内容を記憶しているつもりなのですが、少ない脳みそのキャパがすぐにいっぱいになってしまい、以前のメール内容を確認してからのお返事になりますので、その分お時間が取られてしまいます。
また、返信の際には同様の理由から当方からのメール文面を残したまま引用返信いただけると大変助かります。
嘘みたいなお話ですが、中には同姓同名、なんなら漢字も同じのお客様が数組いらっしゃいます。不思議とまったく面識のないお二人に限ってメールアドレスが似ていたりするので、実を言うと過去に間違ってメールを返信してしまったことが数件あります(汗)

お問い合わせ件数が非常に多くなってきたのは大変ありがたいことなのですが、少しでも早く正確に返信メールがお客様のもとへ届きますように、ご協力頂ければ幸いです。




以上、今日はお願いばかりの内容になりましたが、少しでもこの状況が好転しますように、CANDLEも精一杯取り組んでいきますのでお付き合いよろしくお願い致します。










お出かけ自粛モードの時は引きこもって観察が楽しいです。


現在は特にドカンと入荷があるわけではなく、店内では片付けや掃除を進めています。
バックヤードのマイコーナーも増設計画を着々と進めていて、なんだかんだで楽しく過ごすことができています。



IMG_20200504_174822
IMG_20200504_120005_094
IMG_20200421_153623_433
IMG_20200418_123433_300
IMG_20200418_153906_296
IMG_20200422_122055_044
IMG_20200419_095010_982




カエルたちも5月の産卵モードに入り、ちょこちょこと産卵が続いてます。
お客様のところでは狙ってアカメアマガエルが産卵しているとのことで、次の機会では自分でもアカメアマガエルを狙ってみようと考えたり、増設したケージでどの種類を狙おうかと考えたり、カメレオンは今までとはちょっと違う方法で育成していますが、パンサーの成長スピードが凄まじく、ケージの増設も計画していますので、同じ方法でしっかり種親を育成しようと考えています。



自宅組はカナヘビたちがちょこちょこと産卵したり、楽しませてくれています。
観察はもともと大好きなので、時間が許す限り誰とも会わずに一言もしゃべらずに微動だにせずに生き物を眺める時間を作りたいと思います(笑)





相変わらず緊急事態宣言真っ最中ですので、必要のない外出は控え、極力自宅で過ごしましょう!!が浸透してきたのか、店頭もご来店の波が非常に激しくなってきたように思います。

本来なら嘆くべきことですが今はそれが正しい判断。
せっかくなら店頭もノーゲストの時間を楽しもう!ということで構想だけ持っていたマイペットコーナーの改装をしたり、ここぞとばかりに店内の掃除をしたり、そう思っていたら発送業務が多かったりと、なんだかんだで忙しく過ごさせていただいています。


自宅で引きこもっているときもそうですが、せっかく時間があるので毎日店でも自宅でも生体を眺めています。
店頭の子たちは仕上がり具合をまじまじと確認したり、様子見の子たちはかわったところはないか、環境に不備はないかなど、日々の観察が非常に重要なことこ気付かせてくれたりすることはよくありますので、もともと眺めるのが好きなのですが最近は輪を掛けて眺めています(笑)



IMG_20200501_144058
IMG_20200501_144103
IMG_20200501_144118
IMG_20200501_144217
IMG_20200501_144229
IMG_20200501_144249
IMG_20200501_144308
IMG_20200501_144324
IMG_20200501_144342
IMG_20200501_144356






皆様も是非ケージの前で微動だにせず数時間観察してみてください。きっと今まで見たことのない表情が見られたり新たな発見があると思います。




このページのトップヘ