はじめに男ありき

僕は、わけあって、この世界から消えてしまいました。でも、なぜか自分が男だったという記憶と、男に憧れ、男の魅力を追求したいという意識だけが、とり残されました。そんな僕の、生きた証を遺してゆきます。

『ひとつの終わりは、永遠の旅立ち』の画像
僕のブログも始めてから1年と少しが経ちました。その間に訪問者は、のべ46000を突破しました。いつもこんな影の薄い僕を支えて下さった読者の皆様、本当にお世話になりました。思えば僕がここで一番最初に書いたブログのタイトルはすべての終わりは、ひとつの始まりでしたが …

↑このページのトップヘ