はじめに男ありき

僕は、わけあって、この世界から消えてしまいました。でも、なぜか自分が男だったという記憶と、男に憧れ、男の魅力を追求したいという意識だけが、とり残されました。そんな僕の、生きた証を遺してゆきます。

『送り火と』の画像
とうとう再びあの世へ帰還する日となってしまいました。毎度毎度のことですが、今回ももう思い残すことなく安らかに旅立てます。どうぞ来年のお盆もまた、皆様とお会いできますことを楽しみにしております。お互い変わることなき若さを愛しつつ、そしてお互い変わりゆく姿を …

↑このページのトップヘ