RERAのウイスキーブログ

40代のロスジェネおっさんが、世界各地のウイスキーを飲み、独断で評価していきます。 Whisky reviews and informations

当ブログは独断と偏見でレビューやネタを書いてます。
異論、反論あるのは承知していますが、それによる訂正、謝罪は行いません。

 

今回は2018年10月末に発売されたジョニーウォーカーの新作、ブラックラベル12年 シェリーエディションを飲んでみます。

シェリー樽原酒の甘さをピックアップしたジョニ黒

jw_sherry_ジョニ黒の愛称で知られるジョニーウォーカー ブラックラベル12年は、29の蒸留所の原酒を使用し、スモーキー、甘さ、ウッディという香り、味わいを重点としてブレンドされています。

シェリーエディションでは、その中でも甘さに着目して、カーデュ、ストラスミル、ブレアソールの3つの蒸留所で作られたシェリー樽原酒を中心にしたブレンドに仕上げています。

もちろん、どの原酒も12年以上熟成されたものです。

甘みが強いがジョニ黒らしさも残すブレンド

早速ストレートから飲んでみます。

グラスに注ぐと、液色は少々濃いめの琥珀色、香りはラムレーズンとリンゴが感じられます。

口に含むと、まずレーズンの甘い香りが広がります。そのあとにピートのスモーキーさがほんのり訪れ、リンゴ、バニラ、紅茶が続きます。
味わいは、少々酸味が前に出てきますが、後味は甘く、アルコールからの辛みは少ないです。

ロックにすると、軽くライムのさわやかな香りが広がりますが、そのあとは軽いピート、ブドウ、ローズへと続きます。
味わいは、香りほどにビターは感じられず、甘みのほうが勝っている印象です。

ハイボールでは、ストレートに比べるとレーズンの香りを感じやすい印象になります。その後にリンゴ、紅茶、ライムが続きます。
味わいは、やはり甘みが強めに感じられ、飲みやすい印象です。

ジョニ黒を構成する要素の一つをピックアップしたようなボトルとしては、比較的的を射ているように思えますが、ほんのりスモーキーさもある点で、ジョニーウォーカーだよ、というサインも忘れてない気がします。

シングルモルトのように我が強く香りや味わいの幅が狭まることがない点は、ブレンデッドウイスキーならではの技術に思えます。

700mL、アルコール度数40度、価格は3000円ほど。
12年物の限定ボトルと考えれば、それほど高いとは言えないでしょう。

個人的評価

  • 香りB: シェリー樽原酒らしいレーズンがメイン。その後はリンゴ、ライム、紅茶が続く。最後にピートも。
  • 味わい B: ストレートでは酸味がメインだが、加水により甘みが増す。
  • 総評 B: シェリー樽原酒主体と分かりやすいものの、ジョニ黒だというスモーキーさも忘れさせない佳作。


 

今回は、ハイランドモルトの一つ ウルフバーンのノースランドを飲みます。

130年ぶりに復活した蒸溜所

wolfb_ウルフバーン蒸溜所は、スコットランド最北にある町、サーソーにあります。
最初のウルフバーン蒸溜所は、1821年に誕生したとされていますが、1877年にはすでに廃業したようです。

それから130年以上の月日が流れ、2012年に新しいウルフバーン蒸留所が誕生しました。

ウルフバーン蒸留所では、オロロソ・シェリー樽、バーボン樽、クォーターカスクの3種類の樽を使用しています。
ボトルは2種類で、今回飲むノースランドと、オーロラがあります。

白ブドウのさわやかな香りが印象的

では、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色はとても淡いホワイトゴールド、香りは白ブドウっぽさを感じます。

口に含むと、ほんのりとブドウの香りの後、燻製を思わせるピートが広がり、その後はバニラ、ナッツと続きます。

味わいは、アルコールからの辛みとともに、酸味が強く感じられます。

ロックでは、レモンの香りが一気に揮発し、ブドウの香りも強まって、さわやかな香りが広がります。
味わいは苦みが強く、後味として酸味が残ります。

ハイボールにすると、ブドウの香りが明確に感じられ、ピートからのスモーキーさもほんのり得られます。

味わいは、酸味が強くなり、かなりさっぱりした印象となります。

だいたい3年熟成というスコッチウイスキーとしてはぎりぎり売れる年数しか経過していないボトルと思われますが、白ブドウのような比較的さわやかな甘い香りが印象的で、奥からピートも感じられるなど、完成度の高さを感じます。

今後、10年、15年と熟成が進んだ時に、どういう化け方をするのかも楽しみになります。

700mL、アルコール度数46度、価格は6000円ほど。さすがに割高であることは否めないですが、飲んで損はしないと思います。

<個人的評価>

  • 香り B: 白ブドウが先に訪れ、ピートのスモーキーさもそこそこ。その後はバニラ、ナッツ。
  • 味わい C: 全体的に酸味がメインでさっぱりした印象。若いためストレートではアルコールが目立つ。
  • 総評 C: 若い原酒としては悪くないが、値段が高すぎるのが傷。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウルフバーン ノースランド 700ml 46% 20181203
価格:5378円(税込、送料別) (2018/12/4時点)

楽天で購入


 

今回は、サントリーのオールドボトル、エクセレンスを飲んでみます。

ウイスキー自由化に対抗したボトル

excellence_エクセレンスが発売されたのは1971年でした。
この年、スコッチウイスキーの輸入が自由化され、翌年には関税も引き下げられました。
これまで、高根の花というにはあまりにも高額だったスコッチウイスキーが、頑張れば手に入るようになったことで、日本のメーカーにとっては、利益率の高い高額なウイスキーの競争が激しくなることに脅威を抱いていたようです。

そんな中でサントリーは、この自由化の年に合わせ、品質で勝負をかけたのが、サントリー エクセレンスでした。

エクセレンスは、その後も長くラインナップとして売られ、2004年で販売が終了しました。
その間にも、様々な形状の限定ボトルが存在しています。

今回入手したボトルは、「ウイスキー」表記で750mLのため、1989年以降のものと思われます。
状態は良くはなく、コルクの栓は劣化しており、輸送などの間に量が減っています。

まろやか、スイートなボトル

ともあれ、まずはストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は少々濃いめの琥珀色、香りはラムレーズンのような甘さを感じます。

口に含むと、ラムレーズン入りのチョコレートのようなとても甘い香りが広がります。その後はバニラ、軽くピートが続きます。

味わいは、アルコールからの辛さは少々あるものの、その後は甘みが舌に広がります。

ロックにすると、バニラとリンゴが揮発し、ピートのスモーキーさもそこそこ鼻をくすぐります。
味わいは、多少のビター、酸味があるものの、後味は極めて甘いです。

ハイボールでは、軽く燻製のようなスモーキーさがありつつも、その後はレーズン、リンゴといったフルーティな香りが追いかけてきます。
味わいは若干ビターを帯びた酸味を感じます。

状態の悪さを危惧していましたが、実際にはそれほど劣化した印象はありませんでした。

全体的にみると、1980年代のサントリーオールドのように、シェリー樽原酒由来のブドウの香りが目立ち、最近のサントリーにはないスモーキーさもありますが、ノンエイジながらもアルコールの刺激は比較的少なく、まろやかに感じました。

また、味わいも甘みが強い印象で、食事と一緒に飲むよりも、軽いおつまみと一緒に飲むほうが適しているように思えます。

750mL アルコール度数43度。

オークションでは特級時代も含めてかなりの数が出品されているため、比較的入手しやすいかと思います。

<個人的評価>

  • 香り B: ラムレーズン、チョコレート、バニラの香りが主体。後からピートも感じる。
  • 味わい A: 全体的に甘い後味が印象的。アルコールの刺激は少なめ。
  • 総評 B: スコッチウイスキーに対抗するだけのまろやかさ、香りを持つボトル。

 

今回は雑談として、なぜ当ブログにコメント欄がないか、ということについて書いていきます。
内容はかなり長文で、猛毒を吐く箇所がありますので、そういうのは好きではない方は、今回の話はスルーして構いません。

なぜコメント欄があるか

当ブログは、ライブドアブログを利用していますが、その他ブログサービスや、WordPress、XOOPSなどのブログ生成システムでも、コメント欄は標準で搭載されています。

従来のホームページでも、入力フォームを設けてコメントや感想などを送れる機能は備えることはできました。

では、なぜコメント機能があるのかを考えてみましょう。

1.多くの人々とのコミュニケーションを図るため

一番の理由はこれでしょうか。
ネットという特性上、不特定多数の人が閲覧するわけで、それによって普段の生活では会うことのない人たちとの交流を生み出せる土壌ができるわけです。

コメントに感想を書いてもらい、そこで返答をすることで関係を生み出し、それをもとにコミュニティや実生活での交流へと発展させる元にもなるでしょう。

2.問題点の洗い出し、改善のため

もう一つは、ブログ、サイト、内容について問題点がないかをコメントから吸出し、改善のために利用する目的もあります。

クレームをもらい、それを以て原因を探り、対策を行うことで、より多くの人々に見てもらうということは、商売をする上では一般的な手段と言えるでしょう。
続きを読む

 

今回は、アイラモルト、キルホーマンから2011 バーボンバレルを飲みます。

バーボン樽、ヘビリーピーテッドモルトのシングルカスクボトル

kil_cs_bc2011_キルホーマン蒸溜所は2005年に建設された、アイラ島でも比較的新しい蒸溜所です。

比較的小規模の蒸溜所で、ファームディスティラリーと呼ばれ、使用する大麦麦芽の一部を蒸溜所内の畑で栽培し、使用しているのも特徴となっています。

キルホーマンではまだ10年以上熟成された原酒の販売には至っていませんが、数多くの限定ボトルをリリースしています。

今回飲む2011バーボンバレルは、ヘビリーピーテッドモルトを使用し、ファーストフィルのバーボン樽で6年間熟成したものです。

このボトルはシングルカスク、単一の樽で熟成された原酒をボトリングしたものであり、取り出した樽によって香りや味わいに差が出ます。

購入したボトルの前面にあるラベルには、カスクナンバーとして"120/2011"、蒸溜したのが2011年3月10日、ボトリングが2017年7月27日と記載されています。
kil_cs_bc2011a_kil_cs_bc2011b_








また加水をしていない、樽からそのままボトリングをした、カスクストレングスになっています。

アイラらしさを持ちつつ、フルーティでマイルド

では、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は薄めのシャンパンゴールド、香りはアイラモルトならではの正露丸の後にレモンとナシが感じられます。

口に含むと、正露丸を思わせる香りと灰を伴う煙の香りが鼻を突き抜けます。その後はレモン、ナシのフルーティさの後にバニラの甘い香りが締めます。

味わいは、アルコールからの辛さはそこそこあるものの、思ったほど舌を強く刺激する感覚は少ないです。
その後は柑橘系の酸味の後で軽い苦味、最後に甘い後味がやってきます。

ロックにすると、スモーキーさがブーストされて鼻を更に強く刺激してきます。その後はレモンの爽やかな香りが広がり、その奥からカスタードクリーム、ウエハースが現れます。

味わいは灰のような苦味が強めになり、酸味は丸められて甘みと絡み合う印象です。

最後にハイボールでは、正露丸の香りはまだまだ健在で、奥からはほんのりとレモンとバニラが香ります。

味わいは酸味がメインとなり、比較的さっぱりした印象となります。

私が手に入れたボトルでは、確かにアイラモルトならでの正露丸を思わせる独特のピートを得られていますが、アードベッグやラフロイグほどの強さは無く、少々マイルドに思えます。
味については、煙を思わせる灰のような苦さがあるものの、その後は酸味、甘みも得られるので、まだ救われているようにも思えます。

700mL、アルコール度数58.7度、価格は11,000円ほど。

<個人的評価>

  • 香り B: 正露丸のようなピートがしっかり。その後はレモン、ナシの爽やかさ、バニラの甘い香りへ続く。
  • 味わい B: 酸味が前にくるが、加水でビターが目立つ。後味は甘い。
  • 総評 A: カスクストレングスながら、アルコールの刺激は強くなく、スモーキーさを除けば比較的飲みやすい。




このページのトップヘ