Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

RERAのウイスキーブログ

40代のロスジェネおっさんが、世界各地のウイスキーを飲み、独断で評価していきます。 Whisky reviews and informations

公式Twitterアカウントを始めました。新しい記事を投稿すると、自動でツイートされます。
https://twitter.com/WhiskyBlog_RERA

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

今回は、本坊酒造が長野県限定で販売するウイスキー、軽井沢倶楽部を飲んでみます。

「3&7」と同じ?

_DSC3744_01軽井沢倶楽部は、2016年より長野県限定で販売されているウイスキーです。

軽井沢というと、かつてはメルシャンが蒸溜所を所有していたことでも有名ですが、特に軽井沢のモルトを使っているわけではないようです。

すでにネットでも飲んだ感想がいくつか載っているようですが、どうも一般向けの「3&7」と変わらないのではないか、という評価があるようです。

「3&7」は3年熟成のモルト原酒と7年熟成のグレーン原酒をブレンドしたボトルで、比較的安価で購入できます。


今年になって、地元のビックカメラで見つけたので手にしたのですが、本当にそうなのか試そうと思います。

ロックはNG

グラスからの香り、液色

グラスからはレモン、リンゴの香りが感じられます。
液色は少々薄い琥珀色です。

ストレート

アルコールからの刺激とともに軽くバーボンのような接着剤を思わせる香りの後、リンゴ、ハチミツ、樽からのウッディな香りが続きます。

味わいは、アルコールからの辛みが強めで、後から酸味が広がります。

ロック

先に石鹸を思わせる香りの後、レモンとライムの中間のような柑橘系の香りが続きます。

味わいは、苦みが強く、酸味や甘みはほとんど感じられなくなります。
加水が進むと苦みが抑えられますが、なんとも言えない雑味が感じられるようになります。

ハイボール

ナッツや接着剤の様な香りが広がり、その後にハチミツ、リンゴの香りが続きます。
味わいは、苦みを伴いつつも酸味がメインになります。

まとめ

加水した感覚は3&7に近い傾向にはありますが、それよりもバーボンっぽさが目立つ一方、ロックにしたときにとてつもない苦みがあり、氷が解けていっても違和感だけが残る香り、味わいになり、正直受け付けないものがありました。

ロックで飲るのが好きな方でも、ウイスキーと炭酸水を1:1で入れて、好みに応じてレモン果汁を入れた方が飲みやすいと思います。

720mL、アルコール度数40度、価格は2000円ほどです。

<個人的評価>

  • 香り C: 接着剤、リンゴ、ハチミツ、樽香が中心。ロックでは石鹸、レモンの香りが主体。
  • 味わい D: 苦みが強い。ロックでは特にきつい。
  • 総評 D: ハイボールでないと満足に飲めない。ロックは不味さを感じる。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

今回は南ハイランドモルト、ロッホローモンド クラシックを飲みます。

エントリーモデルのノンエイジボトル

DSC_9253_01ロッホローモンド蒸溜所はローランドとハイランドの境界にあり、ローモンド湖の湖畔にあります。
同じローモンド湖の南にあったリトルミル蒸溜所の第二蒸溜所として、1814年にローモンド湖の北に蒸溜所が建設されました。しかしこの蒸溜所はしばらく後に閉鎖されてしまいます。

その後1966年に、リトルミル蒸溜所に近い場所に再建され、現在まで稼働しています。

ロッホローモンド蒸溜所の特徴としては、釜の形状がタマネギ型では無く、クビが太くまっすぐ上に伸びた形状を持つ蒸溜釜、ローモンドスチルを設けている点です。
これは、リトルミル蒸溜所で行われた3回蒸溜方式を2回で行えるよう考案された独自の釜になっています。
これ以外にも、たの蒸溜所でも一般的なタマネギ型のポットスチルも設置されています。

また、グレーンウイスキーも製造しており、使用しているのはニッカの宮城峡蒸溜所にもあるカフェ式蒸留器です。ここからシングルグレーンウイスキーもオフィシャルでリリースされています。

今回飲むクラシックは、ラインナップの中でもエントリーモデルに位置するノンエイジのボトルになります。
このボトルに使われる原酒も、ローモンドスチルとポットスチルでそれぞれ蒸溜された原酒を、選び抜いたオーク樽に貯蔵、熟成させたものになっているそうです。

程良くスモーキーなウイスキー

グラスからの香り、液色

グラスからはリンゴの甘い香りが先立ち、ブドウも追いかけるように感じられます。また軽くピートからのスモーキーさも得られます。
液色は少々濃いめの琥珀色です。

ストレート

先にピート由来のスモーキーさが感じられ、その後にカカオ、そしてリンゴ、ブドウの香りが続きます。
味わいは、アルコールからの辛みはそこそこで、後からほろ苦さが広がります。

ロック

ストレートに比べるとスモーキーさは薄めになり、代わりにライムのような爽やかな香りが先に訪れます。その後は黒こしょうのようなスパイシーな香り、石鹸を思わせるフローラルな香りが続き、フルーティさは影を潜めます。

味わいは、ビターな感じを持ちつつも軽い酸味を感じる程度になります。

ハイボール

先にピート、ライム、ブドウの香りがひとまとめに感じられます。奥からはリンゴの香りも得られます。
味わいは、苦みは弱めで、その後は軽い甘みが全体を支配します。

まとめ

ノンエイジのシングルモルトながら、豊かな香りと味わいがあり、飲み方によっても変化がしっかり感じられ、癖があるものの飽きの来ない仕上がりになっているように思えます。
複数のスチル、複数のモルトを使ってこそのボトルのように思えます。

近年ではスコッチウイスキーでもノンピートモルトを使う傾向がありますが、ピートから得られるスモーキーな香りがあってこそウイスキーを飲んでいる実感があり、シングルモルトでこれだけ豊かな香りを楽しめるのは有難いです。

700mL、アルコール度数40度、価格は2900円です。

<個人的評価>

  • 香り B: スモーキーさが先に訪れる。その後リンゴ、ブドウ、カカオ。加水でライム、黒こしょう。
  • 味わい C: ほろ苦さがメイン。加水が進むと酸味、甘さが強くなっていく。
  • 総評 B: ノンエイジのシングルモルトながら、豊かな香りが楽しめる。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

今回は、ブレンデッドウイスキーから、グランツ トリプルウッド スモーキーを飲みます。

ピーテッド原酒を使った限定ボトル

_DSC3630_01グランツは、ウィリアム・グラント・アンド・サンズ社が手がけるブレンデッドウイスキーのブランドです。
レギュラーボトルとしてトリプルウッド(以前はファミリーリザーブ)が有名です。



そのグランツから、2021年2月に、トリプルウッド スモーキーが新発売されました。

トリプルウッドの名の通り、アメリカンオーク、ヴァージンオーク、リフィルバーボン樽の3種類の樽でそれぞれ熟成させることに変わりは無いですが、レギュラーに比べてピーテッドモルトを多く使用することで、スモーキーな香りを強めているようです。

なお、このボトルは限定販売のようです。

「ウイスキーらしさ」がしっかり感じられるボトル

グラスからの香り、液色

グラスからは、ラムレーズンと少々の煙たさを感じます。
液色は中庸な琥珀色です。

ストレート

早速、口にピートからのスモーキーな香りが一気に広がり、奥からレーズン、リンゴ、バニラの香りが広がります。

味わいは、アルコールからの辛みは少々少なめで、その後はほろ苦さが全体を支配します。後味として、甘みと柔らかい酸味が残ります。

ロック

ピートの香りが先立ち、続いてレモン、ブドウ、リンゴ、シナモンの香りが訪れます。
味わいは、スパイシーさにほろ苦さが加わり、パンチの効いた印象になります。その後は酸味が広がります。
<h3>ハイボール スモーキーさと共に、栗、ブドウ、リンゴ、バニラの香りが広がります。
味わいは、多少の苦みがあるものの、後から甘みが主体になります。
炭酸からの酸味はあまり感じられず、甘さを十分感じられます。

まとめ

最近だとスコッチウイスキーでもピートからのスモーキーな香りが少なくなり、飲みやすいもののウイスキーらしさ、特徴が少なくなっている傾向にあるように思えます。

その中でこの「スモーキー」は、その名に恥じないほどしっかりしたピートの香りがして、ウイスキーを飲んでいる感覚がしっかり伝わるボトルのように思えます。

また、アルコール感もノンエイジとしては比較的少なく、ストレートでも比較的飲みやすいのもメリットがあるように思えました。

700mL、アルコール度数40度、価格は1700円。
少々お高いですが、その値段以上の満足感が得られるでしょう。

<個人的評価>

  • 香り B: しっかりしたスモーキー感。その後にレーズン、リンゴ、バニラ、加水で栗、シナモンも。
  • 味わい B: 先にほろ苦さが出るが、その後は酸味、甘みが主体に。ロックだとスパイシーさが目立つ。
  • 総評 A: ウイスキーらしさをしっかり感じられる。どんな飲み方でも不満がない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

今回は格安のスコッチウイスキー、サー・エドワーズを飲みます。

フランスのメーカーが手がけるブレンデッドスコッチ

_DSC3624_01サー・エドワーズは、フランスの酒造メーカー、バルディネット社が手がけるスコッチウイスキーブランドです。
同社は1857年に創業し、1934年に会社が設立されました。

元々はサトウキビを使ったシロップを製造、販売する事業から始まったようですが、その後はラム酒などの酒造事業に進出し、1983年にウイスキーの製造、販売も手がけるようになったようです。
この時に誕生したのが、サー・エドワーズです。

現在は、今回飲むファイネストのほか、12年、スモーキー、ビール樽で仕上げたビア・リザーブがラインナップされてます。

キーモルトについては明記されていませんが、一応は3年以上熟成された原酒を使っているようです。

晩酌用でも悪くない出来

グラスからの香り、液色

グラスからはラムレーズンの香りがしっかり感じられます。
液色は中庸な琥珀色です。

ストレート

ラムレーズン、ガムシロップ、わずかながらにカカオの香りが広がります。
味わいは、思っているほどアルコールからの辛みは少なく、ほろ苦さを伴いつつも甘さが全体に広がります。

ロック

ラムレーズンとライムの香りが揮発します。その後にリンゴの香りも顔を出し、スモーキーさも感じ取れます。
味わいは、苦みが少々目立つものの、酸味を経由して甘さが広がります。

ハイボール

リンゴ、ブドウ、シナモンの香りが広がります。
味わいは軽く酸味、苦みがありますが、甘さの方が少々上待っている印象です。

まとめ

特別うまい、というわけでは無いですが、かといってとげとげしさが少なく、ストレートでもそこそこ飲めるので、晩酌用としても悪くはないと思います。

700mL、アルコール度数40度、価格は1200円ほどです。1000円スコッチのカテゴリーとしてみても中の上、という印象です。

<個人的評価>

  • 香り C: ラムレーズン、ガムシロップが主体。加水でライム、リンゴ、シナモン。スモーキーさも垣間見られる。
  • 味わい B: アルコールからの辛みが少なく、ストレートでも飲める。苦みの後甘さが広がる。
  • 総評 C: 晩酌用としても悪くないボトル。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

今回は格安のブレンデッドウイスキー、ウィリアム・ピールを飲んでみます。

ヨーロッパで結構売れてるウイスキー?

_DSC3621_01ウィリアム・ピール、フランスのパリ市にあるMarie Brizard社が販売するブレンデッドウイスキーブランドです。
ブレンドを行ったのは、グラスゴーにあるウィリアム・ピール社です。

日本ではなじみの薄いブランドですが、ヨーロッパでは広く流通しているようです。

現在は、レギュラーであるイエローラベルの「ブレンデッド・スコッチ・ウイスキー」のほかに、シングルグレーンの「ディスティラリー・セレクション」、ホワイトオーク樽とバーボン樽で2度熟成を行う「ダブル・マチュレーション」、蜂蜜やコーヒーを加えたリキュールボトルがラインナップされています。

正直、それ以上の情報が無いので、早速飲んでみます。

ハイボールでしか飲めない地雷

グラスからの香り、液色

グラスからはアルコールの刺激が先にやってきて、後からカラメル、リンゴの香りが続きます。

液色は、少々濃いめの琥珀色です。

ストレート

アルコールの刺激の後にカラメルとリンゴの香りが続き、奥から若干カカオっぽい香りも感じられます。

味わいは、アルコールからの辛みが強く、その後も苦みが広がり、若干酸味が得られます。
正直、ストレートでは飲むに耐えられません。

ロック

先にライムと石鹸の香りが広がり、後からシナモン、リンゴの香りが続きます。

味わいは、アルコールからの辛みがまだ残りつつ、苦みが強く感じられます。甘さや酸味は感じられず、ただただつらいです。

氷が解けていくことで苦みが抑えられてきますが、薄い石けん水を飲んでいる印象で、気持ち悪さが続きます。

ハイボール

先にレーズンの香りが広がり、後からリンゴ、カラメルが続きます。

味わいは、引き続き苦みが前に出ますが、炭酸に伴った酸味が目立つようになり、そこそこ飲めるようになります。
レモン果汁を加えることでサッパリ感が強くなり、やっと心地よく飲めます。

まとめ

700mL、アルコール度数40度、価格は900円です。
1000円でおつりが来るウイスキーと考えれば、こんなものか、とも思えますが、それでもハイボール以外では石けん水を飲んでいるような不快感しか無く、ブラックニッカクリアを買う方が幸せになれます。

あまりの不味さに、評価する気を失せさせるほどです。一応は全部飲む主義ですが、本気で捨てたくなります。

<個人的評価>

  • 香り D: アルコールの刺激が強い。リンゴ、カラメル。加水で石鹸。
  • 味わい E: ストレートではアルコールの辛みが強い。全体的にとても苦い。炭酸を加えて酸味が出る。
  • 総評 E: ハイボール以外はまともに飲めない。安物買いの銭失い。 


このページのトップヘ