RERAのウイスキーブログ

40過ぎのおっさんが、ジャパニーズ、スコッチを中心にウイスキーを飲み、独断で評価していきます。

<おことわり>
当ブログは当方の道楽のもとで独断と偏見でレビューっぽいものを垂れています。
こんなことを言い訳にしても大目に見てくれる人を歓迎します。
それ故に、ご覧になっている方からのリクエストには一切お応えしておりませんのでご容赦ください。
また、自腹でボトルを買い、なるべく1本しっかり飲むことを基本としていますので、その点はお察しください。

 

jimbeam_w人間の記憶は結構いい加減なところがあって、今までジムビームはレギュラーのホワイト、プレミアム、ブラックの3種類を飲んで記事にした気がしたのですが、改めて一覧を調べるとプレミアムしか無い(しかもプレミアムが公式サイトのラインナップから外されている)!

夢を見ていたのか、誤って削除したのかわかりませんが、改めてジムビームのホワイトを飲むことにしました。

ジムビームは、ケンタッキー州のクラーモントに蒸溜所を置き、200年以上の伝統を持っています。
1788年に、ドイツ移民のヨハネス・ヤーコプ・ボーム(ジョアネス・ジェイコブ・ビーム)が蒸溜所を設立、自らの農地で栽培したトウモロコシを原料にしたウイスキーを1795年に販売し、好評を得るようになりました。

ビーム家のバーボンは「オールド・タブ」という名前で売られていましたが、禁酒法を超え 、1943年に、禁酒法の苦難を乗り越えた四代目に当たるカーネル・ジェームズ(ジム)・B・ビームの名を採って「ジム・ビーム」と改められました。

ビーム家の直系は5代目で途絶えてしまいましたが、その後、ジムの娘が嫁いだノー家でジムの孫に当たるブッカー・ノーが後を継ぎました。彼はブッカーズをはじめとするクラフトバーボンの製造、販売を手がけました。
現在は7代目のフレッド・ノーが伝統を守っています。

企業としてのビーム社は、2014年にサントリーが買収、ビーム・サントリーとなっています。

現行(2016年)のラインナップとしては、レギュラーのホワイトラベルが4年熟成、ブラックが6年、そのほかにライ麦ウイスキーを使ったライ、樽の中にしみこんだウイスキーまでも取り出したデビルズカット、異なる2つの樽で二度熟成させたダブルオーク、それ以外にリンゴ、蜂蜜を合わせたリキュールがあります。
今回はレギュラーのホワイトボトルです。

いつものようにストレートから飲みます。
グラスに注ぐと、液色は比較的濃いアンバー、香りは接着剤が強く感じられます。

口に含むと、まず柿の香りが先に訪れ、その後にバニラ、アーモンド、リンゴの香りが続きます。
味わいはアルコールの刺激が多少あるものの、酸味、ビターはほのかで、むしろ甘さが勝った印象です。

ロックにすると、グラスから薫っていた接着剤の香りが強くなり、 後からバニラ、ナッツの香りが追いかけます。
味わいはビターが強くなり、甘さが退いた感じで、少々飲み辛くなっています。

最後にハイボールにしてみると、接着剤っぽさは薄くなり、ストレートで感じられた柿の香りが復活、そしてバニラ、ナッツと、豊かな香りが持続しています。
味わいは再び甘さが表に現れ、飲みやすくなります。

個人的に、バーボンは苦手な方ですが、前に飲んだホワイトラベルに比べて、「あれ?こんなに飲みやすかったっけ?」と首をかしげてしまいました。

おそらく、以前はロックしか飲まず、ジムビームのまずい部分しかとらえてなかったのかもしれません。今までにより多くのボトルを飲み、ストレート、 ハイボールでも楽しむようにしたことで、新たな発見が出来たのかもしれません。
冒頭の忘却も、物怪の幸いだったのかもしれません。

アルコール度数は40度、700mLで、価格は1100円ほど。
スーパー、コンビニでも見かけるメジャーなバーボンですので、最初はハイボール、あとはチェイサーを添えてストレートで飲むといいでしょう。

<個人的評価>

  • 香り B:  ストレートでは柿、アーモンド、バニラの香りが広がる。ロックでは接着剤の香りが強まる。
  • 味わい B: ストレート、ハイボールで甘さが目立つ。ロックだとビターが強い。
  • 総評 B: 比較的手に入りやすく、バーボンを理解するにはうってつけ。
 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ジム ビーム ホワイト 700ml
価格:1152円(税込、送料別) (2016/8/6時点)


 

kurayoshi今回は、鳥取にある松井酒造合名会社が出しているウイスキー、倉吉を飲んでみます。

あれ?鳥取でウイスキーって作っていたっけ?と思ったあなたは鋭いです。
実は、原酒自体はスコットランドや国内某所から樽ごと買い付けて 、それを自社内でヴァッティングして後熟、大山からの伏流水で加水してボトリングしたものです。
このあたりは札幌酒精のサッポロウイスキーや、広島の戸河内ウイスキーに似ています。

ラベルには堂々と「倉吉蒸溜所」と書かれていますが、実際にはそんな蒸溜所はありません。 ラベルも山崎をパクったデザインでとても胡散臭いです。

サイトには社長か担当ブレンダーと思われる人物の「文句」が掲載されています(現在はトップページからのリンクを外している状態)が、だからといって、存在しない蒸溜所で自前で作りましたと誤解されるようなラベルを付けるべきではないし、詐欺と言われても仕方ないでしょう。
サントリーから意匠権の侵害などで民事訴訟でも起こされたら、勝ち目がないのは目に見えています。全部回収した上で、正直な文言に代えるべきではないでしょうか。

まぁ、「松井」という名字を聞いて、ばれてから子供じみた言い訳をするところやラベルのパクリっぷりからしても、社長は在日コリアンだろうという憶測はしています。

今回飲むノンエイジは、オーク樽で3年以上熟成させた(恐らくは後熟用)と書かれています。

いつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は少々薄い琥珀色、香りはアルコールの刺激が強く、それ以外の香りはあまりしません。

口に含むと、 まずアルコールの刺激の後でラムレーズンが追いかけます。その後後味としてモルト、バニラがほのかに香ります。
味わいはアルコールから来る辛さが強く、酸味が付いてきます。一方で甘さは大人しいものです。 

ロックにすると、ストレート同様にアルコールの刺激、ラムレーズンの香りが引き続き訪れます。一方でモルトやバニラは鳴りを潜め、加水されるとトーストの香りとともにゆっくり現れてきます。
味わいは辛さ、酸味の後にビターが訪れ、後味として甘さを感じ取れます。

最後にハイボールにすると、さすがにアルコールの刺激はなくなり、香りはバニラとレーズンが半々に感じられます。
味わいは甘さが増すようになり、比較的飲みやすいです。

全体的に、3年+α熟成のブレンデッドモルトと考えればこんなものかな?という程度で、格段にうまいとは言えません。
自分のバカ舌、バカ鼻を頼りにすると、スコッチモルトはスペイサイドのどこか、ジャパニーズモルトは明石っぽさを感じます。

若い原酒を使っているだけに、ストレートやロックではきつく、水割りやハイボールなど加水した方がいけます。

700mL、アルコール度数は43度で、価格は4000円。ちなみに行きつけのお店では7000円で出していて、後で公式の値段を見て、してやられました (日頃からひいきにしているから、今回は礼金として許したる)。

いずれにしても、 ありもしない蒸溜所をラベルに標榜して自社製ウイスキーだと豪語するのは言語道断です。
さしずめ、「マッサン」ブームに便乗して儲けようという、あちらの国の人間が考えるような安直な詐欺で、ウイスキー飲みとしては許すことは出来ません。

<個人的評価>

  • 香り D: アルコールの刺激が強い。加水することでレーズン、バニラ、モルトを感じ取れる。
  • 味わい C:  ストレートでは辛くて飲みにくい。加水することで酸味、甘さが現れてくる。
  • 総評(評価に値せず: 悪質なパクリっぷり。買ってはいけない。松井酒造は真っ当に作る日本のメーカーに謝れ!
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

マツイピュアモルトウィスキー倉吉43度700ml瓶【鳥取県】
価格:3880円(税込、送料別) (2016/8/19時点)


 

100pipers今回は1000円スコッチの一つ、100パイパーズを飲んでみます。

100パイパーズは、元々はシーグラム社のブランドで、当時傘下にあったシーバスブラザーズ社のもとでブレンドされた、北米をターゲットにしたブレンデッドスコッチです。 

名前の由来として、「よいスコッチなら一人のバグパイパーの演奏、真のスコッチなら100人のバグパイパーの演奏に相当する」というスコットランドの詩から引用されたという説もあれば、かつてのイングランドとの戦争で、先頭に立った100人のバグパイプ演奏者が敵の攻撃を恐れずに勇猛に演奏しながら突き進んだ逸話から来ているという説もあります。

その後シーグラム社が酒造部門を売却し、今はペルノ・リカールが所有しています。

早速ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は少々淡い黄金色、香りはアルコールが強く、それ以上のものが感じ取れません。

口に含むと、シーバスリーガル同様にストラスアイラから来る甘い香りと味わいのある香りと味わいがあります。
香りはリンゴ、カラメルがメインで、味わいもアルコールの辛さがあるものの、後から甘さを感じ取れます。 

ロックにすると、リンゴの香りが強めで、奥からレモン、すだちの柑橘系を感じ取れます。
味わいはアルコールの辛さが薄れ、甘さが優位に立った感じです。

ハイボールにしてみると、香りは大きく薄れた感じではなく、リンゴや柑橘系をほのかに感じ取れます。
味わいも炭酸と相まって酸味が強めになりますが、さわやかさが出てきます。

悪く言えばシーバスリーガル12年の劣化版、と言ってしまえますが、癖は控えめで甘さがメインに感じられるスムーズなウイスキーと考えれば、癖のある香り、味に抵抗がある人でも受け入れられるでしょう。 

700mL、アルコール度数40度で、価格は1300円ほどです。

<個人的評価>

  • 香り B: リンゴ、カラメルの香りがメイン。
  • 味わい B: ストレートではアルコールからの辛さがあるが、加水されると甘さが強調される。
  • 総評 B: 2000円近くあればシーバスリーガル12年を買った方がいい。お金がないならこれでもいい。
 



 

pxcask今回は、ラフロイグのPXカスクを飲んでみます。
今までもラフロイグのいろいろなボトルを飲みましたが、今回は免税店向けの限定商品となります。

PXとは、シェリー酒の一種であるペドロ・ヒメネス(Pedro Ximénez) の略称です。一般的なフィノやオロロソのような辛口とは異なり、比較的甘さがあり、色も赤黒い濃厚なものになっています。

このPXカスクは、上記のPX樽のほかに、バーボン樽とクォーターカスクと言われる小さな樽で三段熟成を行っています。 
まず、メーカーズマークで使用されたバーボン樽で5~7年、続いてクォーターカスクで7~9ヶ月、最後にPX樽で1年熟成させます。 

ではいつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は中庸な琥珀色、香りは多少の正露丸の香りを伴ったピートの香りがします。

口に含むと、10年ものほどの正露丸の香りはせず、燻製に近いスモーキーさがあります。その後、ゴムの香り、レモン、 オレンジ、レーズンの香りが続きます。
味わいは柑橘系のような酸味が強く、後から香りに釣られたような灰のような苦さが追いかけます。 舌触りはオイルっぽい粘りを感じます。

次にロックにすると、ブドウの香りが開いていき、ストレートで感じたスモーキーとハーモニーを奏でるように感じ取れます。一方でレモンのような刺激のある香りは抑えられ、オレンジやみかんっぽさが強まります。
味わいも、ストレートほどの酸味が抑えられる一方で、甘さが感じられるようになって、全体的にマイルドになった印象があります。

最後にハイボールにすると、ピートの香りからアイラモルトらしい磯の香りが出てくるようになります。一方でフルーティさはかなり薄まります。
味わいは、ほのかな甘みを感じられ、柑橘系の香りに釣られた感覚が面影のように残っている印象です。

全体的に見ると、強烈なピートを堪能できる10年やクォーターカスクに比べて幾分マイルドになっているものの、ボウモアやブルイックラディほどの柔らかさはなく、 「マッサン」の影響でスモーキーなウイスキーが飲みたい人にはちょうどいいかもしれません。

ストレートでは酸味、ロックではマイルドな甘み、ハイボールでは海の幸と合いそうな磯の香りを楽しめます。

1L、アルコール度数48度で、価格は1万円ほど。
700mL、43度換算にしても6300円相当になりますので、気軽に買える代物ではないですが、ラフロイグ10年を飲んで面食らった人にとっては取っつきやすいでしょう。
逆にラフロイグファンからしても、香りが豊かになったこのボトルは十分楽しめるのではないでしょうか。

<個人的評価>

  • 香り B: アイラモルトらしい正露丸、ヨードは少ないがスモーキー。柑橘系、ブドウが広がる。
  • 味わい A: ストレートでは酸味が強いが、加水されるごとに甘くマイルドに。
  • 総評 A: ラフロイグらしい強烈さは抑えられ、より多くの人に楽しめるウイスキーに仕上がっている。
 


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ラフロイグ PX カスク 48度 並行 箱付 1000ml
価格:8980円(税込、送料別) (2016/8/13時点)


 

classicLad今回はアイラモルトの一つ、ブルイックラディを飲んでみます。

ブルイックラディは、アイラ島の西岸にある蒸溜所で、1881年に創業しました。
しかし、1994年に閉鎖されてしまいました。

2001年に有志が集まって再開を目指す中で責任者となったのが、ボウモアのブランドアンバサダーを務めていたジム・マッキュワンでした。
彼は蒸溜所を再建するほかに、アイラ島でそれまで作られていなかったウイスキー向け品種の大麦の生産を地元農家に依頼、 元々設置されている手動調整が必要なポットスチルをそのまま使うこだわりを持たせました。

今回飲むザ・クラシック・ラディは、ボトル全体がレイトンブルー(この表現で理解できる人は、モータースポーツが好きなおっさん以上確定ですw)に包まれた特徴的なボトルになっています。

ではストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は少々くすんだ感じの琥珀色、香りはアルコール由来のものを主に感じ取れます。

口に含むと、アイラモルトならではの正露丸の香りは少なめで、むしろ煙そのものの香りが感じ取れます。
奥からはライム、ナシ、青リンゴのさわやかな香りを感じます。

味わいは酸味が強めで、香りとともにさわやかさを得られます。グラスからの香りとは裏腹に、アルコールの辛さはそれほど感じません。ちなみに50度あります。

ロックにすると、ストレートほどのスモーキーさは抑えられ、むしろライムや青リンゴなどの香りが引き立っている印象です。
味わいは酸味の奥にビターも感じ取れて、柑橘系の雰囲気がさらに強くなります。しかしその後にしょっぱさが訪れて、海岸沿いのモルトだと言うことを思い出させてくれます。

他の名だたるアイラモルトと比べると大人しく、 独特の癖が苦手な人でも比較的受け入れやすいと思います。
全体的にもグレンフィディックなどのスペイサイドモルトのようなさわやかさがあるので、アイラモルト自体の印象も変わるかもしれません。

700mL、アルコール度数50度で、価格は5000円ほど。 ノンエイジと考えると高めではありますが、それにふさわしい、まろやかで飲みやすく、興味深い香りと味わいを楽しめるでしょう。

<個人的評価>

  • 香り B:  アイラモルト独特の正露丸のようなスモーキーさはなく、煙らしさがある。そしてライム、青リンゴ、ナシ。
  • 味わい A: ストレートでは酸味。ロックではビターが加わる。後味に塩辛さ。
  • 総評 B: アイラモルトらしさは薄いが、まろやかでさわやかな印象。



このページのトップヘ