RERAのウイスキーブログ

40代のロスジェネおっさんが、世界各地のウイスキーを飲み、独断で評価していきます。 Whisky reviews and informations

当ブログは独断と偏見でレビューやネタを書いてます。
異論、反論あるのは承知していますが、それによる訂正、謝罪は行いません。

 

bowmoreNo1_今回は、ボウモアNo.1を飲んでみます。

No.1の由来は、ボウモア蒸溜所にある第一貯蔵庫に由来しています。
第一貯蔵庫は、最も海に面した場所に立地しており、モルトの熟成に於いて潮風の影響を受けやすいとされています。

ボウモアNo.1では、その第一貯蔵庫で、ファーストフィルのバーボン樽の原酒だけで構成されています。
それとともに、ボウモアの中でもNo.1だという意味合いも込められています。

では、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は少々淡い琥珀色、香りは煙たさを伴ったフルーツに近いです。

口に含むと、燻製と海藻が入り交じったスモーキーさが先に現れ、あとから青リンゴ、バニラ、マスカットと続きます。
味わいは酸味がメインにあり、後からフルーツの甘さが追いかけます。

ロックにすると、以外にもピートは余り前に現れず、バニラの甘い香りが支配します。あとから青リンゴの爽やかさもありますが、全体的にはクリーミーです。
味わいも、酸味はほのかなレベルに止まり、甘さが主体になります。

最後にハイボールにすると、ほのかに海藻の香りを感じつつも、青リンゴ、バニラが後を追ってきます。
味わいは少々ビターで、暑い季節にシャンとさせる印象があります。

レギュラーのボウモアがシェリー樽原酒を主体にしている事もあり、バーボン樽メインのNo.1は性格が異なっています。
しかし、同じバーボン樽メインのラフロイグ、アードベッグに比べればピートは控えめで、特にロックでは甘みが引き立ち、アイラモルトが苦手な人でも受け入れられるでしょう。

700mL、アルコール度数40度、価格は3500円です。

<個人的評価>
  • 香り B: アイラモルトならではのピートは控えめ。青リンゴ、バニラ、マスカットが主体。
  • 味わい B: ストレート、ロックでは酸味と甘さが目立つが、ハイボールではビターになる。
  • 総評 B: アイラモルトとしては比較的飲みやすい。アイラモルト入門としても良いかと。



 

wh_new_今回は、ホワイトホース ファインオールドを改めて飲みます。
前回飲んだのが4年前、まだまだ多くの銘柄を飲んでなかった時期でしたので、評価も変わるかも、と思いながら飲みたいと思います。

ホワイトホースの名は、スコットランドのエディンバラ上の近くにあった、スコットランド軍の酒場付きの宿「白馬亭(White Horse Celler))」に由来します。

1881年に、ブレンダーのピーター・マッキーが、当時の住まいの近くにあった白馬亭の名を借りて、ホワイトホースセラーとして発売されました。現在のホワイトホースと略されるのは1960年になってからです。
1926年に、従来のコルク栓からスクリューキャップに切り替えた最初のボトルと言われています。

日本でも、輸入元が古くから広告宣伝を行っている事で、日本人にもなじみのあるブランドとなっています。


キーモルトにはアイラ島のラガヴーリンを使用し、そのほかにグレンエルギン、オルトモア、クライゲラキを使っていると言われています。

whitehorse現在はこのファインオールドの他、日本限定の12年もラインナップされています。
また、ファインオールドのボトルも一時期は釣り鐘形の形状でしたが、現在は12年同様のスリムボトルに変わっています。

では、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色はミドルな琥珀色、香りは青リンゴの爽やかさとほのかにピートを感じ取れます。

口に含むと、アルコールのあとにアイラモルトならではの海藻の香りを伴ったピートが広がり、そのあとに青リンゴ、バニラ、ナシ、レーズンが続きます。

味わいはアルコールからの辛さがあるものの、その後は酸味が一気に広がります。後味として、カカオのようなほろ苦さもやってきます。

ロックにすると、正露丸のようなスモーキーさが鼻を突き、その後はナシ、青リンゴの爽やかさ、レーズン、ダークチョコの芳醇な香りが続きます。

味わいは酸味が先に訪れ、ほろ苦さもありますが、あとからしっかりとした甘みが付いてきます。

最後にハイボールにすると、ヨードの香りが先に現れ、あとからラムレーズンの甘い香りが続きます。
味わいも比較的甘みがあり、飲みやすい印象です。

アイラモルトならではの癖はありますが、それでも一般の人々がイメージするウイスキーのスモーキーなイメージにぴったりで、なおかつロックや水割り、ハイボールでも甘い香り、味わいを得られるので、とっつきやすいでしょう。

700mL、アルコール度数40度、価格は1000円。お手頃な価格でウイスキーらしさを堪能できるとなれば、晩酌用として常備するにはもってこいではないでしょうか。

同じ価格帯に於いて、ジョニーウォーカー・レッドラベルは比較的甘め、バランタイン・ファイネストはとげのある印象かと思います。
その点でホワイトホース・ファインオールドは中間にあると言えるでしょう。

<個人的評価>
  • 香り B: アイラモルトらしい海藻、正露丸のピートと、青リンゴ、ナシ、ブドウのフルーティさがハーモニーを奏でる。
  • 味わい A: ストレートでもアルコールからの辛さは少なく、酸味のあとに甘みがある。
  • 総評 A: 晩酌用ウイスキーにはうってつけ。



 

moshimoshi_今回は謎のウイスキー、Jp.もしもしウイスキーを飲んでみます。

このウイスキー、販売を手がけるのは大阪にあるウィズワンという会社で、飲食店や酒類販売をメインにする企業のようです。

一方で製造を手がけているのは本坊酒造、使用している原酒も信州マルス蒸溜所とラベルに明記されていました。

公式サイトもラベルに明記されているのですが、怪しさ満点です。
1872年から始まったと書いていますが、その時代はアルコールに色を付けただけのイミテーションの時代で、ジャパニーズウイスキーの歴史として数えるべきではないでしょう。

ボトル自体は2013年に海外のみで販売を始めた物ですが、国内でも少量ながら販売しているようです。

では、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は中庸な琥珀色、香りはメロンと青リンゴを感じ取れます。

口に含むと、バニラとナッツ、青リンゴの香りが交互に訪れます。
味わいはアルコールからの辛さは比較的少なく、酸味が主体に感じられます。

ロックにすると、若干ライムの爽やかな香りが立つようになり、青リンゴとバニラ、ブドウが追いかける印象です。
味わいは柑橘系のビターを得ながらも、引き続き酸味がメインに存在します。

最後にハイボールにすると、ロックで見え始めたブドウの香りが前にやってきます。その後はライム、青リンゴの香りが付いてきます。
味わいは、やはり酸味がほのかに訪れ、さっぱりしたハイボールになります。

700mL、アルコール度数40度。アメリカでの定価は148ドル、EU圏での実売は122.5ユーロだそうです。
私は近所の酒屋さんで4000円でGETしました。

端々にマルスっぽさを感じられるボトルで、香りや味わいにおいても悪くはないですが、正直、地ウイスキーのハンデを換算しても3000円ほどの価値で十分と思います。

そういう意味で4000円でも高いのに、海外で16000円は、関税や輸送費を差し引いても、ぼったくりと言っても過言ではありません。

海外のウイスキーファンが念願のジャパニーズウイスキーを手に入れたと喜んで飲んだら、失望というか微妙な気分になるように思えます。

公式サイトの怪しさも含め、海外でのジパング的なステレオタイプなアジアのイメージを持つ人々につけ込んだ商売に思えて、少々怒りを覚えてしまいます。

<個人的評価>

  • 香り C: ストレートではバニラ、ナッツ。加水で青リンゴ、ライム、ブドウが立ち上がる。が、全体的に弱め。
  • 味わい B: 全体的に酸味がメインだが、甘さが伴ってきつくはない。
  • 総評 D: 3000円程度のレベル。海外で16,000円は高すぎる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マルスウイスキー もしもし 700ml
価格:7948円(税込、送料別) (2018/7/4時点)


 

fin_org_今回はボトラー系のシングルモルト、フィンラガン オリジナルピーティを飲みます。

フィンラガンは、グラスゴーにあるザ・ヴィンテージ・モルト・ウイスキー社が手がけるブランドです。
アイラモルトを使用している事以外、どの蒸溜所の原酒を使っているかは明言されていませんが、一節にはカリラだと言われています。

ラインナップとしては、オリジナルピーティの他に、カスクストレングス、アイリーンモアがあります。

では、いつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は薄い琥珀色、香りはオレンジとアイラモルトらしい正露丸のようなピートが訪れます。

口に含むと、アルコールの刺激と共に正露丸、オレンジの香りが一気に広がります。最後にはバナナの甘い香りも得られます。
味わいはアルコール由来の辛さが強めで、後から酸味が追いかけます。

ロックにすると、オレンジが前に出るようになり、ピートは少々控えめになります。
味わいは、酸味が前に出た後、追いかけるようにほんのりとしてビター、そして甘みが追いかけてきます。

最後にハイボールにすると、オレンジの香りは継続され、奥から海藻が追いかけます。
味わいは多少のビターを含むものの、酸味が主体となります。

アイラモルトとしては中庸なスモーキーさで、ボウモアほどのレーズン感が少ない事を考えると、カリラっぽいように思えます。

700mL、アルコール度数40度、価格は2300円ほど。アイラモルトのボトルとして考えればお値打ちで、それほど若さが目立たない事を考えても優秀に思えます。

<個人的評価>

  • 香り B: アイラモルトらしい正露丸のようなピートとオレンジ。ただしピートは控えめ。
  • 味わい C: 酸味がメイン。ストレートは辛みを強く感じる。
  • 総評 C: アイラモルトの入門としては悪くない印象。




 

coffey_vodka_今回は、ニッカが発売するカフェウオッカを飲んでみます。

カフェウオッカは、ニッカウヰスキーの売りである連続式蒸留器、カフェスチルを使って作られたウオッカです。

原料はトウモロコシと大麦麦芽。これらを醸造したもろみをカフェスチルで蒸溜した上でブレンド、白樺の炭で濾過した物をボトリングしています。

まずはストレートから。
グラスに注ぐと、香りは殆ど感じられません。
口に含むと、穀物由来の甘い香りが広がります。
味わいはアルコールからの辛みがあるものの、奥から甘さも得られます。

ロックで飲むと、香りはアルコールの刺激から柑橘系の爽やかな香りが続きます。
味わいは、酸味が強く、後からビターが追いかけます。

最後に炭酸で割ると、柑橘系の香りはかなり抑えられ、再び穀物の甘い香りが見えてきます。
味わいは酸味、ビターは控えめで、甘みが目立ってきます。

ウオッカというと、甲類焼酎のように無味無臭のイメージが強いですが、素材の香りや味を残すカフェスチルを使う事で、ニューポットのグレーンウイスキーのような個性を持たせた印象があります。

特に個性を引き立たせたければ、ロックでやるのが良いでしょう。
また、冷凍庫で冷やして、とろっとさせて飲むのもいいかもしれません。

もちろん、オレンジジュースを加えてスクリュードライバーとして飲むなど、ウオッカベースのカクテルにも向いています。

700mL、アルコール度数40度、価格は4000円ほど。
一般的な物だと1000円台で手に入るので、かなり割高に感じるかもしれません。

<個人的評価>

  • 香り C: ストレートでは穀物の甘い香り。ロックで柑橘系が感じられる。
  • 味わい C: ロックでは酸味、ビターが目立つが、ストレート、ハイボールでは甘みが得られる。
  • 総評 C: ロックで飲むか、キンキンに冷やす方が個性を楽しめそう。



このページのトップヘ