Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

RERAのウイスキーブログ

40代のロスジェネおっさんが、世界各地のウイスキーを飲み、独断で評価していきます。 Whisky reviews and informations

公式Twitterアカウントを始めました。新しい記事を投稿すると、自動でツイートされます。
https://twitter.com/WhiskyBlog_RERA

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

今回は清洲桜醸造のウイスキー「愛知クラフトウイスキー キヨス2016」を飲みます。

清酒酵母で醸造したもろみを使用

_DSC4366_01清洲桜醸造は愛知県清須市にある酒造メーカーで、日本酒として「清洲城信長 鬼ころし」や「祥鳳」、本格焼酎として「天下泰平」、「ええなも」を製造、販売しています。
地元愛知県周辺ではテレビCMも放送されていて有名なメーカーになっています。

そんな同社が2016年に「クラフトキヨス」のブランドを立ち上げ、ウイスキー、ジン、ウオッカの製造に着手し、2021年に5年熟成のブレンデッドウイスキーを限定販売しました。

最大の特徴は、麦汁をもろみへと発酵させる際に、日本酒用の酵母を使っていることです。これにより、ウイスキー用の酵母とは異なる香りが出ることを目論んでいるようです。

ただし、蒸溜釜についてはウイスキー用のポットスチルを使っている文言がないため、おそらくは本格焼酎向けの単式蒸留釜を使っているかと思われます。

また、熟成に使う樽についても新樽、バーボン樽、シェリー樽の記載が無いため、この辺りは飲んで推測するしかなさそうです。

テイスティング

グラスからの香り、液色

グラスからはナシや日本酒を思わせる香りが感じられます。
液色は少々薄めの琥珀色です。

ストレート

カラメルのような甘い香りが先立ち、ナシ、エステリーさ、ゴム、ブドウの香りが続きます。
味わいは、アルコールからの辛みが強めで、後から苦みが広がり、奥から酸味も感じられます。

ロック

アルコールとライムの香りが先立ち、その後バニラ、バナナの香りが続きます。

味わいは、アルコールからの辛みが残り、ビターな味が先に訪れ、後から軽い甘味が追いかける印象です。

ハイボール

先にゴム、リンゴ、バナナの香りがやってきて、奥からバニラの甘い香りが続きます。

味わいは軽い酸味が感じられた後、甘味が全体を覆います。

薄っぺらさが気になる

ブレンデッドウイスキーであるものの、使用している樽の種類が1,2種類くらいで、蒸溜釜も単一のものを使っているようで、シングルカスクのような癖の強い印象を受けました。
また、比較的温暖な場所での5年熟成とみても熟成感が少なく、アルコールのとげとげしさが目立ちました。

肝心な日本酒酵母を使った点においても、グラスからの香りでかろうじて特徴を得たものの、アドバンテージを得られる印象はありませんでした。
数種類のウイスキー用ポットスチルや、バーボン樽やシェリー樽など複数の樽での熟成を行うなど、もっと原酒のバリエーションを増やさないと、大手メーカー先発の中小メーカーに対抗するのは難しいでしょう。

救いようがある点であれば、ハイボールにすることでアルコールの刺激が少なくなり、甘味が前に出て飲みやすい点にあるでしょうか。

500mL、アルコール度数は45度、価格は3500円ほどです。

<個人的評価>

  • 香り C: 日本酒を思わせるフルーティさ、ナシ、ゴム、ブドウ、バニラ。
  • 味わい C: アルコール由来の辛みが目立つ。苦みの後酸味。加水で甘味が出る。
  • 総評 C: 5年熟成としては物足りなさが感じてしまう。原酒の種類が足りてない。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

ウイスキーについてまともに知識が無く、気まぐれでウイスキーでも飲んでみるかとスーパーなどに行き、適当に安いものを選んだら、とびっきり不味くて放置してしまった、と言う人がいるでしょう。

このブログをよく読んでいる人であればそんなことはないと思いますが、友人や知人にそんなしくじりをしてしまった人に教えられるようなネタとして、そうしたまずいウイスキーをどうやって飲むべきかを私なりに考えてみました。

今回のウイスキー

例に挙げるウイスキーとして、世間的にもトップを争うほどまずいウイスキーとして知られる2つの銘柄を出しました。
_DSC4351_01


合同酒精 香薫


宝酒造 キングウイスキー 凜 セレクト


ロックで飲んでみる

まずは実際にロックで飲んでみたらどうかを確認します。

香薫は、カラメルからの甘い香りと味わい、ほんのりとウッディな香りがありますが、それ以外には何もなく、あとはアルコールからの刺激と辛みが感じられるだけです。

凜は、バーボンを思わせる接着剤の香りが多少感じられ、ナッツ、レモンの香りが続き、苦みが主体で多少甘味があるかな、程度の味わいがあります。
ただ全体的に人工甘味料のような雑味が強く、気持ち悪さが強いです。

どちらも単体で飲むには厳しいです。

激安コース 焼酎甲類と混ぜる

_DSC4360_01最初の方法として、どちらも焼酎に毛が生えた程度のレベルでしかないので、いっそのこと熟成種を加えた焼酎甲類と混ぜて、多少ましにしてしまおうと思います。

使うのは、宝酒造のレジェンドです。この焼酎は、糖蜜の他にコーン、大麦、ライ麦を使った原酒を採用し、全体の20%程を樽熟成した原酒を使うことで、樽からの熟成香、ウッディさが加わってまろやかさがプラスされたボトルになっています。

アルコール度数が20度なので、更に薄まった印象になりますが、ハーフロックで飲む感覚でいた方がいいでしょうね。
ということで、ロックで飲んでみます。

香薫は、巧い具合にレジェンドの麦や樽香に隠れるようになっていて、フィルタリングされたように思われます。

凜は、人工甘味料の雑味が残るものの、レジェンドの持つ樽香と甘味が加わって、多少飲めるほどに改善しました。

ちょい安コース レモンコーラハイで飲む

_DSC4357_01まずいウイスキーになると、ハイボールでも不味さが変わらないので、味を加えてごまかそうと、コーラとレモン果汁を使おうと思います。

使用するコーラは、個人的に好みである「ペプシ BIG〈生〉 ゼロ」です。
ペプシNEX時代からコカ・コーラよりも甘味があり、糖質制限せざるを得ない私にとっては数少ない甘味ものとして重宝しているコーラです。

またレモン果汁については、ポッカサッポロの「お酒にプラス レモン」を使います。同社のポッカレモン100に比べると酸味は抑え気味になっています。

ただ、どちらも味の悪さが目立つので、レモンは二絞りくらいの量を入れた方がいいでしょう。

香薫の場合、アルコールからの辛みがなくなり、元々のカラメルの香りがうまく残り、コーラ、レモンの香りによってうまくフィルタリングされた印象です。

一方で凜だと、違和感のあった人工甘味料の雑味が薄くなり、これもコーラの甘味、レモンの酸味でごまかせている印象です。

高めコース 旨いウイスキーに混ぜる

_DSC4363_01最後に、それなりのお値段で巧さが保証されているウイスキーに混ぜることでごまかす方法を考えます。

使用するウイスキーは2000円台で不満がそれほど来ない、スーパーニッカを使います。
これとまずいウイスキーを1:1で入れる形でロックにして飲んでみます。

香薫の場合、スーパーニッカの香りや味わいを香薫側が持つアルコールの香りや人工甘味料の雑味が殺してしまい、気持ち悪さが残ってしまいました。
もっとスーパーニッカの割合を増やさないと厳しいです。

凜の場合だと、不自然な砂糖の香りが目立って、こちらもスーパニッカの良さを消してしまいます。
これもスーパーニッカの割合が増えないと厳しいですね。

改めて、2つのウイスキーの不味さがすさまじいことを証明したように思えます。

番外編 果実酒ベースに使う

今迄については、何かしらで混ぜたり割ったりして飲むことを考えましたが、それでもどうしても飲みきれないという人もいるでしょう。
そういう場合は、梅やフルーツをつけ込んで梅酒や果実酒にする方法があります。

梅酒の場合、仮にウイスキーが300mL残っていたとすると、梅の量は200gほど、氷砂糖は100g程になります。
これを広口のボトルに梅と氷砂糖を均等に混ざるように先に入れ、そこにウイスキーを注ぎ、蓋を閉めて冷暗な場所に3ヶ月おいておくことで梅ウイスキーができあがります。

他の果実を使う方法もありますが、ブドウ類については酒税法で作ることが禁止されていますので注意しましょう。

まとめ

以上でまずいウイスキーを買ってしまって飲めない状況で、どうやって飲みきってしまうかをまとめてみましたが、どの方法も追加の出費を余儀なくされて、1000円以上のウイスキーを買った方がよかった、ということになるでしょう。

これを教訓にして、下手に値段に惹かれて安いウイスキーを買わないよう気をつけた方がいいですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

今回は、キリンのウイスキー、ロバートブラウン、特級時代のボトルを飲んでみます。

原酒のみで構成されたキリンのウイスキー第一号

_DSC4276_01ロバートブラウンは1974年に発売され2022年現在も販売されています。

キリンは1971年に、シーグラム社とシーバスブラザーズ社と合弁で「キリンシーグラム」を設立、御殿場に蒸溜所を建設しました。

しかしそこで造られる原酒が熟成されるまでには時間がかかってしまうため、最初に販売するウイスキーは、スコットランドなど海外の蒸溜所で造られたウイスキー原酒をブレンドしたものになりました。

1970年代においては、特級ウイスキーであってもモルトとグレーンのみで構成されたものは少なく、ロバートブラウンは醸造アルコールやスピリッツを一切使わないことを売りにしていました。

それでも当時の値段は2000円台に収まっていたので、高い関税によって高嶺の花だったブレンデッドスコッチウイスキーよりも割安で、コストパフォーマンスが高かったウイスキーと言っても過言ではなかったでしょう。

それでも現在の貨幣価値でいえば3000円台後半くらいですから、お手軽に買えるものではなかったですね。

1980年代には、1級ウイスキーとしてロバートブラウンJr.が、1990年代にはスーパークリーン、スペシャルブレンドが発売されました。
2022年現在では何れも販売が終了し、レギュラーのロバートブラウンのみとなっています。

テイスティング

今回は、現行品と飲み比べてみます。
_DSC4282_01

グラスからの香り、液色

特級ボトルは、レーズンの香りと共にアルコールからの揮発した香りが感じられます。
液色は中庸な琥珀色です。

現行品は、柿を思わせる香りがやってきます。液色は特級ボトルより濃いめの琥珀色です。

ストレート

特級ボトルの場合、ラムレーズンの香りが強く、奥からカラメルの香りが続く印象です。また、奥から燻製のようなスモーキーさも得られます。
味わいは、アルコールからの辛みが強く、奥から酸味、甘味が続きます。

一方で現行品では、柿、栗、接着剤、メロンの香りが先に来て、奥からバニラ、生クリームの香りが続きます。

味わいは、特級ボトルよりアルコール感は弱く、軽い渋味の後で甘さが広がります。

ロック

特級ボトルでは、ラムレーズンの後にライム、バニラの香りが続きます。
味わいは、軽く苦みがあった後、甘味が全体を支配します。

一方で現行ボトルだと、白木の香りからナシ、接着剤、柿、バニラの香りが次々にやってきます。
味わいは、甘味が強く感じられ、薄く酸味とほろ苦さがあります。

ハイボール

特級ボトルでは、レーズンの香りが全体に広がり、奥からはスモーキーさも感じられます。
味わいは、苦みが多少あるものの、その後は酸味が広がり、後味に甘さも得られます。

一方で現行品は、柿の香りが先にやってきて、奥からリンゴ、バニラの香りが続きます。
味わいは、ほろ苦さがあるものの、酸味が中心的で、甘さは控えめの印象です。

シェリー樽原酒を感じさせる現行と全く違うブレンド

今回飲んだ特級ボトルは、細かい澱が見えるなど状態が少々悪く、ヒネ臭を感じるものでしたが、それでも現行ボトルとはブレンドが全く異なり、シェリー樽原酒が持つレーズンっぽさと、スモーキーな香りが強めに感じられました。
おそらくは、まだ御殿場のモルトやグレーンの比率は低く、スコッチの原酒の比率が高いブレンドなのかも知れません。

現行品では、約8割を御殿場のモルト、グレーンで占めているため、比較的新しいボトルに感じられるバーボンっぽさが目立ちます。
そういう意味でも、現行品のほうが本来の御殿場モルト、グレーンを使った目指すべきゴールだったのかも知れません。

いずれにしても、現行品と特級時代ではブレンドが全くの別物で、当時ロバートブラウンを飲んでいた人がひさしぶりに現行品を飲んだら「あれ?」と思われても仕方ないと思います。

特級時代のボトルについてですが、発売当時は2800円ほどでしたが、ネットオークションなどで1500円程から落札が出来るようになっていて、それほどプレミアがついていません。
ただ、40年近く前のボトルになってしまうため、状態が悪いものを手にしてしまう恐れがあることは気をつけないといけません。

<個人的評価>

  • 香り B: ラムレーズンとカラメルの香りが主体。奥からはピート由来のスモーキーさも。
  • 味わい C: 軽いほろ苦さの後に酸味が続き、奥から甘味がやってくるが控えめ。
  • 総評 C: ピーティなシェリー樽原酒のスコッチの印象が強いが、悪くはない。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

今回はハイランドモルトから、ディーンストンの12年ものを飲んでみます。

紡績所から蒸溜所へ

_DSC4270_01ディーンストンは、南ハイランド地区のティース川のほとり、スターリングから川を上った場所にあります。
1965年にディーンストン蒸溜所が設立されましたが、それ以前は水力を使った紡績機を持つ紡績工場でした。

蒸溜所を建設するに当たって、この紡績工場の建物をそのまま流用したことで、外観からは蒸溜所とは思えない雰囲気を醸しています。
しかしこの建物の湿度が、ウイスキー作りに適していました。

蒸溜所の近くにはティス川が流れていて、仕込み水として使うだけで無く、水力発電の動力としても利用しています。

原料となる大麦は、蒸溜所近くの農家で栽培されたものに限定していることも特徴です。

現在は12年、18年の長期熟成ボトルの他、新樽を使ったバージンオークがレギュラーボトルとしてラインナップされています。

テイスティング

グラスからの香り、液色

グラスからは、リンゴの甘い香りが比較的強めに感じられます。
液色は少し薄めの琥珀色です。

ストレート

香りはアップルパイのようなリンゴの甘い香りに焼きたてのパイの芳醇な香りが一緒にやってきて、ブドウの香りが続きます。奥からは軽いミントの爽やかな香りとカラメルの甘い香りが訪れます。

味わいは、アルコールからの辛みはそこそこ来るものの、その後はフルーツの酸味と軽い苦みが舌の上に広がります。甘味はそれほど感じられません。

ロック

ミントのような爽やかな香りが先立ち、その後リンゴ、シナモン、黒胡椒、ブドウ、ライムと香りが続きます。
味わいは、酸味が前に来て、軽い苦みとスパイシーさが感じられます。

ハイボール

リンゴ、ミントの香りと共にハチミツの甘い香りが続き、シナモン、ブドウの香りが後を追いかけてきます。

味わいは、スパイシーさと苦みが半々にやってきて、軽く酸味も感じられます。
結構ドライな印象です。

リンゴの香りからスパイシーさへ

全体的にリンゴとミントの香りが続きますが、加水することで黒胡椒のスパイシーな香りが目立つようになり、とてもパンチが効いていて、他にはない独特な個性を感じられます。

アルコール度数が46.2度と高めですが、ストレートではアルコールの辛みは度数ほどに感じられず、そこそこの熟成感を持っています。

あまりメジャーではない蒸溜所ですが、今迄のボトルにマンネリ感を持っている人は飲んでみる価値はあると思います。
700mLで、価格は5000円ほどです。

<個人的評価>

  • 香り A: リンゴが主体。ミントの後、ハチミツ、シナモン、ブドウ、ライム、黒胡椒と続く。
  • 味わい B: スパイシーさが強い。酸味が先立ち、ほろ苦さも見え隠れする。
  • 総評 B: パンチの効いた仕上がりで、ハイボールでも楽しめる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ディーンストン 12年 46.3% 700ml
価格:4880円(税込、送料別) (2022/4/29時点)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

今回は、ニッカウヰスキーの看板ブランドであるブラックニッカについてまとめてみます。

ヒゲのおじさんのウイスキー

現在、ブラックニッカは、クリア、リッチブレンド、ディープブレンド、スペシャルの4種類のボトルがラインナップされています。
クリアは1000円以内、それ以外は1000円台と、比較的購入しやすい価格帯になっています。

2010年代の「マッサン」ブームによってニッカの販売が急上昇したことで、原酒不足により、ニッカはラインナップを大幅に減らさざるを得なくなっている状況で、やりくりが難しくなっている中でも看板ブランドとして現在も売られています。

bn1st

初代は特級

て、ブラックニッカは1956年に特級ウイスキーとして発売されました。
しかし当時はヒゲのおじさんの肖像画はなく、羊皮紙柄にロゴとエンブレムだけが掲載されたものでした。

さらにリボンがボトルに巻かれ、それを止める形で封蠟がつけられ、印璽が施された手間のかかったボトルデザインをしていました。
当時の価格は1500円。普及を狙って発売された2級ウイスキーの丸瓶ニッキーが500円だったので、簡単に買えなかったと言えます。

なおこのボトルは、2016年に復刻版が発売されました。

1級ウイスキーとしてリニューアル

bn1_1965年に、1級ウイスキーとしてブラックニッカがリニューアルされました。
モルト原酒の比率が下がり、アルコール度数が42度に引き下げられた代わりに、カフェグレーンウイスキーを採用することで香りや味わいに深みを与えられるようになりました。

そしてボトルにヒゲのおじさんこと、W.P.ローリーの肖像画がラベルにつけられるようになりました。
このW.P.ローリーという人物は、キング・オブ・ブレンダーズの異名を持ち、19世紀にウイスキーをブレンドして販売する事業を始めた一人だとされています。

それ以前においては、スコッチウイスキーは現在でいうシングルモルトで製造、販売するのが当たり前でしたが、グレーンウイスキーが開発された後、それらをブレンドすることで安定した香り、味わいを保ちながら製品として出せるようになりました。
W.P.ローリーはブレンデッドウイスキー製造の先駆者として、方々にそのメリットと説いたとされています。

この2代目ブラックニッカを作るに至って、今迄はアルコールやスピリッツで代用していたものを、スコッチウイスキー同様にグレーウイスキーでブレンドできるようになったことで、ブレンダーの神様とも言えるW.P.ローリーの肖像画をラベルに入れたと言えるでしょう。


そしてブラックニッカは1985年に「ブラックニッカ スペシャル」へリニューアルされました。
宮城峡蒸溜所のモルト原酒が潤沢になったことを契機にブレンドを一新しました。

現在のラインナップ

その後ブラックニッカはバリエーションを増やし、近年では限定ボトルを出すなど、ニッカウヰスキーの看板ブランドへと成長しました。

ブラックニッカ スペシャル

先述したように、ブレイクを果たした2代目ブラックニッカを継承するボトルであり、余市、宮城峡のモルトと、カフェスチルを使って蒸溜されるカフェグレーンで構成されています。

余市モルトならではの燻製を思わせるピートを感じながらも、リンゴ、ブドウ、紅茶、バニラの香りとほどよい甘味があり、ウイスキーらしさを持ちながらも癖が強くならないよう抑え込んだ印象があります。

一時期は流通が少なかったものの、ドラマ「マッサン」の放送前後から、比較的入手しやすくなっています


ブラックニッカ クリア

ラインナップの中では唯一1000円以下で入手できるボトルです。

1997年にクリアブレンドとしてリリースされ、2011年にクリアとしてリニューアルしました。

発芽した大麦麦芽の成長を止めるために加熱するモルティングという工程において、従来はピートを燃やしていたものを、ピートを使わずに加熱する方法で加工する「ノンピートモルト」をニッカとして初採用しました。

それによって、ピートから来るスモーキーな香りが無くなり、フルーティさと樽からの香りが主体となったウイスキーにすることが出来ました。
現在はスーパー、コンビニでも広く流通し、ブラックニッカのエントリーモデルとして広く売られています。

ブラックニッカ リッチブレンド

2013年に、より香りが広がるウイスキーを目指してリリースされました。
スペシャルに比べて香りが華やかなブレンドを目指していて、特にロックで飲むことを主眼にしていました。

2022年にリニューアルが行われ、香りの華やかさを更に引き上げたようなブレンドに改められました。

ブラックニッカ ディープブレンド

2015年に発売されたボトルで、アルコール度数を45度に引き上げ、濃厚な香り、味わいを追求したものでした。

当初はピートの香りも強めで癖のある味わいのするブレンドでしたが、2018年にリニューアルされて、より熟成感の高い、まろやかさを追求したブレンドに改められました。

しばらく看板を維持し続けることになりそう

これらのように、ブラックニッカがニッカウヰスキーの看板ブランドを担っていますが、ニッカ自身が増産に対して慎重になりすぎてしまったため、10年以上熟成された原酒が潤沢になるのは2030年代に入ってからになりそうです。

かつて販売されていた竹鶴12年、余市や宮城峡の10年が飲めるのはまだまだ先になりそうです。
それまではブラックニッカのラインナップが支えざるを得ないでしょう。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラックニッカ クリア 37度 箱なし 700ml
価格:748円(税込、送料別) (2022/4/25時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラックニッカ リッチブレンド 40度 箱なし 700ml
価格:1100円(税込、送料別) (2022/4/25時点)



このページのトップヘ