RERAのウイスキーブログ

40過ぎのおっさんが、ジャパニーズ、スコッチを中心にウイスキーを飲み、独断で評価していきます。

<おことわり>
当ブログは当方の道楽のもとで独断と偏見でレビューっぽいものを垂れています。
こんなことを言い訳にしても大目に見てくれる人を歓迎します。
それ故に、ご覧になっている方からのリクエストには一切お応えしておりませんのでご容赦ください。
また、自腹でボトルを買い、なるべく1本しっかり飲むことを基本としていますので、その点はお察しください。

 

jw_green今回は、ジョニーウォーカーのグリーンラベルを飲んでみます。

グリーンラベルのボトルを見ると、「15」の文字が見えるため、一見するとブラックとプラチナの中間なのか、と思ってしまいます。
しかし、グリーンラベルは「ブレンデッドモルト」に属します。

グリーンラベルではキーモルトとして、スカイ島のタリスカー、スペイサイドのリンクウッドとクラガンモア、そしてアイラ島のカリラの4種類を使用しています。
私はリンクウッド以外はすでに飲んでいるので、ある程度の手がかりはつかめそうな予想をしました。

日本では2012年に一度販売が終わってしまいましたが、2016年8月に改めて販売が再開されました。

ということで行きつけの酒屋さんに行って購入したのですが、正規品が700mLなのに対して、ボトルを見ると750mLと書いているではありませんか!?
どうやら日本での販売終了後もイギリスで売られていたものではないかと推測されます。裏を見ると輸入業者が書いていて、並行輸入品だというのがわかります。

ではストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色はニュートラルな琥珀色、香りはカラメルと紅茶、そしてほどよいピートがします。

口に含むと、まず軽くピートの香りがした後で、紅茶、青リンゴ、カラメル、奥からラムレーズンが広がります。
味わいは先に辛さがありますが、その後は酸味がメインで、奥から甘さを得られます。

ロックにすると、意外にも香りが沈み、ピート、黒こしょうが目立つようになりました。その後、青リンゴ、硫黄が続きます。
味わいは、ストレート以上にスパイシーになり、奥から酸味が追いつき、甘さはさほどに感じ取れなくなりました。

最後にハイボールにすると、香りはほのかに抹香のような華やかさが出てきます。飲み終わりの後香としてカリラから来るヨードを思わせるピートが残ります。
味わいは酸味と甘さが半々となり、飲みやすさが出てきます。

全体的に見ると、確かにキーモルトそれぞれの特徴が感じられるブレンドになっていて、趣のあるウイスキーに仕上がっています。
ただ、レギュラーのブラックラベルに比べると癖は多少強めなので、初心者向けとは言えないでしょう。

正規品は700mL、43度で価格は4000円ほど。
一方で、私が買った並行輸入品は4500円でした。

<個人的評価>

  • 香り B: 飲み方によって、4つのモルトの特徴が別々に感じられる豊かさ。
  • 味わい B: ストレートは酸味と甘さ、ロックではスパイシーに。
  • 総評 A: 癖はあるが、飲み方で主役が変わる飽きにくいボトル。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ジョニーウォーカー グリーンラベル 15年 43度 700ml 正規品
価格:4297円(税込、送料別) (2016/9/19時点)


 

clear2改めてレビューし直してみる「おかわり」の第二弾です。
ネタ切れ、というより、予算がきつい、安いボトルをどんどん飲んで高いものになっていくので、買いにくくなっているのも事実です。

今回はお手頃ウイスキーのブラックニッカ クリアです。
前回飲んだのは2年半以上前なので、だいぶ評価も変わるかも知れません。 

ブラックニッカ クリアは、ノンピートモルトを使うことで、癖を抑えてすっきり飲めるウイスキーを目指して1997年に作られました。
居酒屋でもハイボールをはじめとしたウイスキーとして出されることも多く、コンビニでも置かれるほどメジャーです。
ドラマ「マッサン」を見てウイスキーに興味を持った方が最初に飲んだのがこれ、という人も少なくは無いでしょう。

では、いつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、 液色は平均的な琥珀色(カラメルの着色をしていると思われ)、香りはアルコールの刺激がメインで、それ以上の香りが漂いません。

口に含むと、アルコールの刺激が強く訪れ、後からカラメル、ウッディ、ほのかにレーズン、青リンゴと続きます。
味わいは辛さがメインで、奥に甘さが秘められた印象です。ただ、若い原酒が多いせいか飲みにくいです。

ロックにすると、アルコールの刺激は消え、代わりにナシ、ナッツ、バニラの香りが立ち上がります。
味わいはビターが先に訪れ、後から酸味、最後に甘みが追いかける印象です。

最後にハイボールにすると、香りがめっきり消えてしまい、物足りなくなります。
味わいも、ほんのりとした甘さと酸味があるものの、ウイスキーを飲んでいる印象が薄くなります。

前回飲んだときには、ウイスキーとして最低限の香りと味を残していると思いましたが、サントリーがプライム、トリスクラシックと、ストレートでも刺激が少なく香りや味わいを残す商品を出したことで、それらよりも見劣りする印象になりました。

原酒不足が解消されていないのは重々承知していますが、まもなく発売から20年を迎えるクリアには、ブレンドの見直しが求められているでしょう。

700mL、アルコール度数は37度で、価格は800円ほど。今回飲んだ180mLは300円ほどです。

<個人的評価>

  • 香り C: ストレートではカラメル、樽香。ロックにするとナシ、ナッツ、バニラが開く。
  • 味わい C: ストレートでは辛くて飲みにくい。ロックで豊かになる。
  • 総評 D: ライバルの肉薄に、コスパの点でも低くなってしまった。ブレンドの見直しが求められている。


 

prime久しぶりにお安いウイスキーを採り上げようと思います。
今回はセブンアンドアイ限定のサントリーウイスキープライムです。

プライムは、イトーヨーカドーなどのセブンアンドアイのスーパーなどで限定販売されているプライベートブランドのウイスキーで、1.8Lのみがラインナップされています。
ボトルもペットボトルで安っぽさが否めないところです。

早速、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は少々明るめの黄色が強いアンバー、香りはアルコールの刺激が強く若い印象です。

口に含むと、カラメルの香りが先に届き、後からほのかにバニラ、レーズン、ナシ、青リンゴがやってきます。
味わいは 思ったほど辛さは少なく、甘さが前面に出ています。

ロックにすると、アルコールからの刺激が立ち上がり、後からウッディな樽の香りが追いかけます。その後、バニラ、カラメルと甘い香りがしんがりを務めます。ただし、奥の奥で若い原酒らしいアルコールの香りが残り、違和感を覚えるかも知れません。
味わいは酸味が表立つものの、甘さも衰えず、フルーティになります。 

最後にハイボールにすると、香りはカラメルの甘さが伝わりやすく樽の香りはほのかに感じ取れます。
味わいは甘さが引き続き感じ取れて、飲みやすくなっています。

全体的に見ると、安っぽいイメージからすると結構うまいウイスキーで、トリスクラシックやブラックニッカクリアと同等もしくは少し上の印象です。 
むしろ、トリスクラシックよりもプライムの方が先に発売されているので、このボトルでつかんだものをナショナルブランドとしてトリスクラシックをリリースしたかも知れません。

1.8L、アルコール度数が37度で、価格は 1831円です。
700mL換算をすると、712円ほどになるので、トリスクラシックと同等です。

とはいえ、同じプライベートブランドである、イオン トップバリュ ウイスキーに比べれば格段に上で、これより上でちょっと贅沢をしたいなら、1000円スコッチを選んだ方がいいほどです。
個人的には角瓶を選ぶならこっちを勧めたいほどです。サントリーに嫌悪感を持つ人でも、値段の割にいい仕事をしていると驚くかも知れません。
晩酌用として、ストレート、ロック、水割りでもいけるし、友人などを家に招いて、ハイボールでわいわい楽しむにも適していると思います。

<個人的評価>

  • 香り C: バニラ、カラメルの香りがほのかに感じられる。後からレーズン、青リンゴ。加水するとウッディ。
  • 味わい C :  甘さが主体。アルコールの刺激は意外に少ない。加水すると酸味も出る。
  • 総評 B: コストパフォーマンスに優れたボトル。晩酌用としては悪くない印象。
ネットでの購入はこちらから

 

yamazakiNA13年前にすでに飲んで書いていたのですが、いろいろ飲んだ末にどう変わっているかを確認するため、改めてサントリーの山崎をおかわりとして飲んでみます。

山崎、白州ともに、かつては10年もののボトルがありましたが、2009年辺りにハイボールブームが到来し、原酒が足りなくなってきたことで2012年に終売し、同年5月にノンエイジが新たに加わりました。

ノンエイジの山崎では、他のラインナップでは使われていなかったワイン樽原酒を使用し、ミズナラ樽原酒など複数の原酒をヴァッティングしています。

早速ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は中庸な琥珀色、香りは白ワインから香るブドウ、奥からモルトの香りを感じ取れます。

口に含むと、意外にアルコールの刺激は少なく、先にラムレーズン、後からドライマンゴー、バニラ、モルトが続きます。
味わいはダークチョコレートのようなビターが先に訪れ、後味として甘さ、酸味が追いかけます。

ロックにすると、ナシ、マスカットの香りが立ち上がり、後からナシ、ライム、ピート、モルトが追いかけてきます。後にはバターのようなオイリーでまろやかな香りが残ります。
味わいは柑橘類のようなビターに変わり、ほのかな酸味が爽やかさを与えてくれます。

最後にハイボールにしてみると、ワインやレーズンといった香りがほのかに広がり、ほどよい酸味が口に広がることで、芳醇なフルーティさを楽しめるものになります。

10年や12年と比べてみると、それぞれに見られるスモーキーな香りがあまりなく、従来の山崎が好きな人には違和感を感じることは否定できません。
しかし別物のヴァッティングと認識して飲むことで、ノンエイジとしては比較的アルコールの刺激が少なく、香りもそれなりに豊かで、1000円台のブレンデッドウイスキーに比べれば十分堪能できるボトルに仕上がっています。

700mL、アルコール度数43度で、価格は5000円ほど。量販店によっては4000円台前半でも手に入るでしょう。
それ以外にも、180mLのミニボトルもコンビニで売られていることがあり、こちらは1000円台で入手できます。 

<個人的評価>

  • 香り B: ワイン樽から来るブドウの香りが主体、後からドライマンゴー、バニラ。加水するとナシ、ライム、ピートも感じ取れる。
  • 味わい B: ビターが主体だがえぐい感じはなく、酸味、甘みがフォローしてくれる。
  • 総評 B: 比較的まろやかで芳醇。ノンエイジのシングルモルトとしては悪くない。


 

longrow今回はキャンベルタウンのシングルモルト、ロングロウを飲んでみます。
が、このボトルを出しているのはスプリングバンクなんです。

ロングロウとは、かつてキャンベルタウンにあった蒸溜所で、スプリングバンクの隣にあったと言われています。
1824年に創業したものの、1896年には閉鎖されたとされています。

かつての隆盛から一気に衰退したキャンベルタウンの蒸溜所の中で、唯一安定的に経営を続けているスプリングバンクでは、当時の蒸溜所の名を冠したボトルとして、ロングロウ、そしてヘーゼルバーンをリリースしています。

ロングロウ ピーテッドでは、ヘビーピートモルトを使いつつも、2回の蒸溜を行っています。

ではいつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は淡いゴールド、香りは潮気を感じる強いスモーキーさです。

口に含むと、先にナシや青リンゴの爽やかな香りが広がり、次いでラムレーズンの芳醇な香り、奥からピートの香りがついてきます。
味わいは酸味がメインで、ほのかなビター、辛さが追いかけ、最後に甘さが締めくくります。 

ロックにすると、ストレートで感じられた香りに衰えがなく、むしろ花開くように広がっていく印象です。
味わいにおいては、しょっぱさが表に出てきて、酸味、ビターが後押しし、最後に甘さを感じ取ることが出来ます。
ただ、スプリングバンク10年ほどの強烈な塩辛さではなく、塩を加えることで甘み、うまみなどを引き立たせるような最近の スイーツや飲料のような塩梅の良さを感じます。

最後にハイボールにすると、表にピートが感じ取れ、ストレートやロックで感じられた青リンゴなどの香りはかなり消えてしまいます。少々濃いめにしないと爽やかな香りが出てきません。
味わいも、ほんのりとした塩気がメインで、後味として甘さをほのかに得られます。 シーフードの料理には合いそうな雰囲気です。
ただしコーラで割ってみると、意外にレーズンの香りのようなものが浮き出て、趣のあるクーバ・リブレになります。

全体的には、スプリングバンクほどの強烈な塩辛さがなく、ストレートやロックでは酸味や甘さが感じ取れて、バランスのよいボトルに仕上がっています。 
ピートの香りはヘビーピートモルトを使っている割にはそれほど強くはなく、他の香りとのバランスがとれている印象です。

700mL、アルコール度数46度で、価格は5600円ほど。
ノンエイジのシングルモルトとしては高いですが、長期熟成ものに負けない豊かな香り、味わいがあって、 あまり損とは思わないでしょう。

<個人的評価>

  • 香り A: スプリングバンクとは一転して、ナシ、青リンゴ、ラムレーズンのフルーティさが目立つ。ピートは強すぎない。
  • 味わい A: 酸味、ビター、甘さがメイン。加水すると塩気が出るが、ほかの味を潰さず引き立てる。
  • 総評 B:  ノンエイジとは思えないほどエッジが丸く、香り、味わいが豊か。
 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ロングロウ スタンダード 700ml
価格:5162円(税込、送料別) (2016/8/21時点)


このページのトップヘ