RERAのウイスキーブログ

40代のロスジェネおっさんが、世界各地のウイスキーを飲み、独断で評価していきます。

当ブログは独断と偏見でレビューやネタを書いてます。
異論、反論あるのは承知していますが、それによる訂正、謝罪は行いません。

 

hibiki21_1今回は、サントリーの響21年を飲みます。

響自体が、多くの原酒をブレンドすることによるハーモニーを重視した銘柄ですが、響21年においては、そのキーになるのが山崎のシェリー樽原酒になります。

この響21年においては、国際的なコンテストで多くの賞を獲得しています。
ワールド・ウイスキー・アワードは2010年より5度のワールド・ベスト・ブレンデッドウイスキーを獲得、インターナショナル・スピリッツ・チャレンジに至っては、最高賞であるトロフィーを2013年から5年連続で獲得、さらには2017年にすべての蒸留酒の頂点に輝く、シュプリーム・チャンピオン・スピリットを獲得しました。

現時点でジャパニーズウイスキーとして最も評価されたボトルだ、と言っても過言ではないでしょう。

いつものように飲んでみますが、今回は比較として、ノンエイジのJAPANESE HARMONYと、すでに販売終了した12年も飲みます。
hibiki21_2

まずはストレート。
21年をグラスに注ぐと、かなり濃厚なアンバー、香りはドライマンゴーが得られます。

口に含むと、アルコールの刺激は殆どなく、先にレーズン、続いてマンゴー、ハチミツと続きます。
味わいは酸味がほんのり通った後、軽くビターが追いかけます。

JAPANESE HARMONYの場合、アルコールの刺激が強めなれど、香りはとてもフローラルです。さらには白檀の芳しさも付いてきます。
味わいはアルコール由来の辛さが目立つものの、その後は酸味が支配します。

一方で12年の場合、ほんのり梅の香りがした後、軽くピートのスモーキーさが続き、その後はシナモンのスパイシーな香りが続きます。
味わいは多少の辛みがあるものの、後になるとビターが追いかけます。

続いてロック。
21年では、オレンジの爽やかさの後に白檀の香りが咲き開き、その後にピート、マンゴー、ナシ、黒こしょう、シナモンが続きます。ストレートで感じたレーズンは跡形もなくなっていました。
味わいはビターが強めになるものの、後になるほど甘みが増します。
加水が進むとフローラルさが増し、味わいも酸味が支配していきます。

JAPANESE HARMONYは、カスタードクリームの香りが前に出てきて、白檀が後ろを支えるように感じ取れます。
味わいは、21年以上にビターが真っ向から得られ、他の味わいが消えてしまうほどです。

12年では、ナシとピートが強くはじけるように香り、後からナシ、カカオ、ウッディと続きます。
味わいは軽くビターの後、ほんのり甘みが得られます。

最後にハイボールで。
21年では、ナシ、レーズン、マンゴーの香りがしっかりと伝わります。
味わいはビターがメインで、甘くて飲みやすいというものではないです。

JAPANESE HARMONYは、軽く白檀が香り、その後にナシなどのフレッシュなフルーツを感じられます。
味わいは、21年同様にビターがメインです。

12年になると、梅、ナシが先に訪れ、次にピートからのスモーキーな香りへと続きます。
味わいは、やはりビターが主体で、後から酸味を得られます。

興味深いことに、この3つの響は、味わいにおいては総じてビターがメインで、決して甘さを売りにしたウイスキーではない、という共通点があります。

しかし香りは三者三様で、JAPANESE HARMONYは華やかでライト、12年はピートと梅の香りが個性的、そして21年はレーズン、ドライマンゴー、バニラ、カカオ、黒こしょう、シナモンなど、多彩で濃厚な香りを醸し出します。

正直に言うと、パッと飲んで第一印象で選ぶとなると12年です。
しかし何度も飲むたびに、21年はその奥深さが垣間見られるようになり、実に奥が深いウイスキーだと感じます。

響21年は700mL、アルコール度数43度、実売価格は4万円を超えます。
中古のボトルですら同じ価格で売られているのですから、異常です。
原酒不足が深刻になっている上に、海外での極めて高い評価を得ていることから考えても、これほどのプレミアが付くのは仕方ないでしょう。

ただ、個人的に飲んでみると、そのプレミアはあながち誤りとは言えない、という感想に落ち着きました。
2万円で売っているなら、個人的にNo.1に挙げてもいいと思いますが、プレミアが付いて4万円になると、相応に思えます。

<個人的評価>
  • 香り AAA: ストレートではレーズンとマンゴー、加水すると白檀、オレンジ、さらにカカオ、ピート。とても豊か。
  • 味わい B: 全体的にビターがメイン。後から酸味が来るが、甘さは殆どない。ただ、あまり味が強くない。
  • 総評 AA: 4万円オーバーのプレミアが付いているが、あながち伊達ではない。

 

singleton12_今回はハイランドモルト、ザ・シングルトン・グレンオード12年を飲みます。

ザ・シングルトン・グレンオードは、グレンオード蒸溜所で製造されています。
グレンオードは、ハイランド地方の都市、インヴァネスから西に10kmほどの場所にあり、1838年に設立されました。
周辺地域は大麦の生産地でもあり、蒸溜所の近くにはディアジオ社の精麦工場も存在します。
この蒸溜所の原酒は、デュワーズのキーモルトとしても使われています。

まず、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は濃いめのアンバー、香りはラムレーズンが目立ちます。

口に含むと、やはりラムレーズンの香りが先に訪れ、次にナシ、樽のウッディさが追いかけます。
味わいは、酸味が前にあり、後味に甘みが得られます。

ロックにすると、レモンのような爽やかな香りが揮発します。加水が進むと、さらに白檀のような香りやピートも加わり、表情が豊かになります。
味わいも、柑橘系の苦みを伴った酸味へと変化し、後味の甘みはかなり後退します。

最後にハイボールにすると、ラムレーズンの甘い香り、レモンの爽やかさがほんのり感じられます。
味わいも酸味がしっかりしていて、全体的にさっぱりした印象です。

スモーキーな印象は少なめですが、それでもシングルモルトながらもウイスキーの魅力的な香りを多く内包し、癖も出すぎずに仕上がったボトルに思えます。
特にロックやトゥワイスアップでは、とても香りが揮発して、豊かな香りと味わいを堪能できるかと思います。

700mL、アルコール度数40度、価格は3000円ほど。12年もののシングルモルトと見ても比較的手に入りやすいです。

<個人的評価>

  • 香り AA: ストレートではラムレーズンとナシ。加水で白檀、ピート、レモンが開く。
  • 味わい B: 酸味が支配する。加水で多少ビター。後味に甘みも見える。
  • 総評 AA: 表情豊かだが癖は少なく、初心者でも楽しめる。



 

snow_g_今回は、ザ・フェイマスグラウスのラインナップから、ザ・スノーグラウスを飲んでみます。

ザ・スノーグラウスは免税店向けのボトルとして販売されていますが、大きな特徴としては、ブレンデッドグレーンウイスキーということです。

また、スムース・チル・フィルターという冷却濾過を行うことで、冷やしても濁りが起こらない特徴も備えています。
メーカーでも冷蔵庫などで冷やして飲むことを勧めるほどです。

では、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色はシャンパンゴールド、香りはカラメルの甘さが鼻を通ります。

口に含むと、軽くゴムの後、ほのかにラムレーズン、追いかけるがごとくカラメル、バニラが続きます。
味わいはアルコール由来の辛さがあるものの、柔らかい酸味が後に続きます。

次にロックで飲んでみると、ラムレーズンの香りが更に強くなり、その後はカラメルが残ってきます。
味わいは酸味がメインとなり、後味に甘みが増してきます。

最後にハイボールにすると、やはりラムレーズンの香りが支配します。
味わいはそれほど酸味はなく、香りに釣られた甘さを覚える程度です。

グレーンウイスキーといえども、ラムレーズンの香りが全体的に強めで、ザ・マッカランほどではないにしろ、シェリー樽原酒のモルトウイスキーとも太刀打ちできるほどの出来です。

モルトウイスキーに比べて、グレーンウイスキーは香りも味も落ちるとレッテルを貼る人ほど飲む価値はあるでしょう。

1L、アルコール度数40度、価格は4000円ほどです。
ノンエイジのグレーンウイスキーと考えて、700mL換算で2800円は少々高いと思えてしまいますが、穏やかで甘い香りが支配する特徴を考えると、妥当のように感じられます。

<個人的評価>
  • 香り B: ラムレーズンが主体。後味にバニラ、カラメルが感じられる。
  • 味わい B: ストレートではアルコールの辛みが目立つが、加水で酸味がメインとなる。後味は甘い。
  • 総評 B: ノンエイジのグレーンウイスキーとしては質が高い。シェリー樽原酒が好きな人にも呑んでほしい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スノーグラウス グレーンウイスキー 40度 1000ml
価格:3880円(税込、送料別) (2018/2/7時点)



 

厚岸蒸溜所の公式Facebookページより、初のウイスキーを出荷したとの情報が送られてきました。
akkeshi1

その名は、「厚岸NEW BORN FOUNDATIONS1」。
ノンピート麦芽の原酒をバーボン樽で5~14ヶ月熟成したものということです。
200mL、アルコール度数60度で、販売価格は3600円ほど、2月27日からリリースとなる予定です。

今後厚岸蒸溜所では、別の原酒ベースのボトルをあと3回リリースする予定だそうです。


 

roze_今回は、フランス産のウイスキー、ロゼリュールを飲んでみます。

フランスには20を超えるウイスキーを製造する蒸溜所がありますが、その多くがフランスで古くから作られているブランデーの製造も兼ねています。
一方でフランスでの消費も比較的多く、ジャパニーズウイスキーも人気を得ています。

ロゼリュールは、フランスのロレーヌ地方北部にある村の名前で、そこに設立しているグラレット・ドゥピック蒸溜所で作られるシングルモルトのブランドになっています。

グラレット・ドゥピック蒸溜所は、元々プラムのブランデー、ミラベルを製造していましたが、2002年にウイスキーの製造を開始しました。

ロゼリュールのブランドで発売されているボトルは三種類あり、スモークドのほかに、オリジナル、ピーテッドがあります。

スモークドは、20ppmのピートを使ってモルティングされた麦芽を使用し、蒸留後に、フィノ、オロロソ、ペドロヒメネスの3種類のシェリー酒の樽にそれぞれ熟成、計6~7年の熟成を行った原酒を使用しています。

ではストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は少し濃いめのアンバー、香りはレーズンがしっかり鼻に届きます。

口に含むと、アルコールの刺激は少なく、すぐさまレーズン、ゴム、バニラ、カカオと続きます。
味わいは酸味がメインで、後からビターが追いかけます。後味には甘さも存在します。

ロックにすると、レーズンにラムの香りが加わり、甘い雰囲気が強まります。また、レモンの爽やかさも加わってきます。
味わいは、ビターが控えめになり、酸味がより前面に押し出されます。また、香りに釣られるように甘みを感じやすくなってきます。

最後にハイボールにすると、やはりレーズンの香りは強くしっかり広がります。その後にはシナモンのようなスパイシーな香りが続いてきます。
味わいは一転してビターが目立ち始め、甘さは消えた印象です。

ピーティなモルトを使っている割にはスモーキーさは殆どなく、むしろシェリー樽によるレーズンの香りがしっかりした印象があります。
ただ、ザ・マッカランほどの濃厚さ、香りの強さはなく、比較的すっきりした印象があります。

約6,7年と熟成期間は短いものの、スコッチやジャパニーズと比べても遜色のない出来であることは確かで、将来的にフレンチウイスキーが代表的なウイスキーの一つに数えられる可能性も十分あるでしょう。

700mL、アルコール度数46度、価格は5000円ほどです。そうした仕様を見ると、アルコールの刺激を感じられないのはちょっとした驚きです。

<個人的評価>

  • 香り B: レーズンがしっかり。ストレートではバニラ、カカオ、加水されてレモン、シナモンが現れる。ピーティなモルトと言えるほどのスモーキーさはない。
  • 味わい C: ビター、酸味が支配する。香りほど甘さは感じられない。
  • 総評 B: さほど長くない熟成期間ながら、アルコールが丸められている。将来が興味深いボトル。



このページのトップヘ