RERAのウイスキーブログ

40過ぎのおっさんが、ジャパニーズ、スコッチを中心にウイスキーを飲み、独断で評価していきます。

2015年01月

2015年、ニッカウヰスキーは設立80周年記念として1月、2月、3月と復刻版銘柄を限定販売することとなりました。
その第1弾が、初号ブラックニッカ復刻版です。

bn1stブラックニッカが誕生したのは1956年でした。その2年前に筆頭株主がアサヒビールとなり、彼らの営業アドバイスを受けて作った丸びんニッキーがヒットした年でした。
その丸びんニッキーを出す前に発売されたのが、初代のブラックニッカでした。

当時のボトルを見ると、ブラックニッカの象徴と言える髭のおじさんこと キング・オブ・ブレンダーのイラストがなく、キャップにまかれた紙の封印にさらに封蝋がされている厳重なパッケージングでした。

髭のおじさんが描かれたボトルになってからは1級ウイスキーで、原酒の使用率が2割未満と抑えられていたのに対し、初代は特級で、原酒の使用率の制限がありませんでした。
実際、初代ブラックニッカは2番目のランクで(フラグシップがゴールドニッカ)、当時の価格は1,500円ですが、大卒の新人サラリーマンの初任給が13,000円だった時代ですから、現在の価値にすれば23,000円ほどの高級酒だったわけです。

今回発売された復刻版は、ボトルは当時のものは再現されず、現行のブラックニッカスペシャルのボトルに、当時のラベル、封蝋がデザインされたステッカーが貼られています。

試してみるうえで比較として、 現行のブラックニッカスペシャルを対象として飲み比べてみたいと思います。ほかにしなかった理由は単純で、2代目のブラックニッカの味を継承しているであろうという予想と、4種類の現行品の中でも力強い余市モルトをしっかり感じ取れる銘柄だったとからです。
いつもはロックですが、今回はストレートで飲んで、そのあと1:1に加水して比べてみます。
bn_compare

まず初号を飲んでみると、意外にもリンゴ、ブドウ、ナシのようなフルーティな香りが強めで、スモーキーさは感じるものの、シングルモルト余市やG&Gなどと比べても控えめになっています。
味わいも甘さがメインで酸味が後に来る感じ。一方でアルコールからの辛味は少なくて熟成された原酒を使っている印象で、ストレートでも飲みやすくなっています。ボディは意外にも軽い感じです。

加水すると、穏やかさに拍車がかかり、ウイスキーを飲みなれていない人でもなじめるものとなり、食事と一緒に飲むにも料理の味を邪魔しない印象があります。

一方でスペシャルはというと、飲んですぐにアルコールの刺激が鼻を突き、ピートからのスモーキーな香りもグッときます。そのうえではちみつ、カラメルの甘い香りがついてきます。
味わいはアルコールからくる辛みが強めで、ボディも初号以上に強い印象があります。

加水しても、ピートのスモーキーさは衰えず、ガツンとした飲みごたえがある仕上がりになっています。

復刻すると考えると、1956年には宮城峡蒸溜所もなければ、アサヒビールの協力で手に入れたカフェ式蒸留器もなく、それを使ったカフェグレーンもない時代でしたから、余市モルトと一般的なグレーンだけでの再現を目指したと思います。
しかし、現行のスペシャルに継承されていると思った私の予想を大きく裏切り、びっくりするほど穏やかで飲みやすいブレンドになっていました。

実際に復刻版のベースになったのが、とある一般家庭の蔵にあった未開封のボトルなのですが、コルク栓が劣化していて多少の隙間ができていたようで、中のお酒も劣化していた可能性はあります。
それでも余市モルトらしいピートの強めなブレンドにしなかったのは、劣化していないと信じての判断なのか?と妄想を掻き立てられます。

現行のラインナップと比較しても、リッチブレンドほどシェリー樽原酒のもつレーズンのような華やかさは少ないし、8年のような熟成感とも異なっています。
かといって現行のスーパーニッカよりはフルーティな主張があるし、ザ・ブレンドやG&Gのしっかりしたものとも違っています。

シングルモルト余市の15年でもスモーキーさが読み取れることを考えても、余市モルトで穏やかなブレンドを作り上げたのには驚きました。別の形で製品化しても面白い気がします。

価格は720mL、43度で1600~1800円ほど。限定品ですので、飲みたいという人はお早めに買いましょう。
ちなみに私の発売日から1,2日、行きつけのお店を巡っても見つからず、店員さんには発注してもよこしてくれない、と嘆いていました。
結局amazonでポチッとせざるをえませんでしたが、3日後のドン・キホーテに出てきたときにはorz しました。
いくら北海道の到着が遅いからと言っても、どんだけぇ~!!と叫びたくなりましたよ。

<個人的評価>
・香り B: 現行のスペシャルとは異なり、スモーキーさは少なく、フルーティな香り。
・味わい A: とても穏やかでしっかり熟成されたモルトを使った印象。
・総評 A: 香りがよくて飲みやすい。ドラマで飲みたいと思う初心者にもおすすめ。



 

ngザ・フェイマスグラウスのシリーズとして2013年に発売されたのが、ザ・ネイキッドグラウスです。
「裸の雷鳥」という名前がつくように、ボトルにはラベルがなく、雷鳥のレリーフが象られたボトルが目印になります。

ザ・フェイマスグラウスとの違いは、ハイランドパーク、ザ・マッカランのモルトなどをブレンドするところまでは同じですが、さらにファーストフィルのシェリー樽に4年以上マリッジさせるところにあります。
それによって、シェリー樽から来る華やかな香りが原酒にさらにしみこんでいくのです。

ロックで飲んでみると、飲み口からシェリー樽原酒由来のレーズンの香りが強く出てきます。そのあとでカカオのような苦みを伴った香ばしさも出てきます。雰囲気は、キーモルトの一つであるザ・マッカランのシェリーオークに近いですが、それよりも重みを感じます。

味わいもダークチョコレートのようなビターがメインで、ほんのり甘味が来るかというところです。 

加水されていくと、元来の香りに加えてモルト、ウッディな香りも顔を出してきます。味わいもビターが薄くなって飲みやすさがアップしてきます。

全体的には、ザ・フェイマスグラウスを濃厚にしたイメージで、ブラックグラウスのようなスモーキーさはそれほど感じません。 

価格は700mL、40度で2900円ほど。シェリー樽原酒の香りが好きであれば、十分堪能できる一本だと思います。また、初心者でも水割りやハイボールで飲んでもすんなりと飲めるものになっています。

<個人的評価> 
・香り A: レーズン、カカオがメイン。加水されることでナッツ、モルティになっていく。 
・味わい B: ビターがメインで、甘さは控えめ。
・総評 B: 3000円のブレンデッドとしては及第点を与えられるレベル。割って飲むことで初心者にも受ける。 


以前にも紹介したデュワーズの12年物を飲んでみます。

dw12デュワーズはアメリカの鉄鋼王となったカーネギーが、当時の大統領へのプレゼントとして、デュワーズをたるごと贈ったことで、アメリカでもっとも有名なスコッチウイスキーのブランドとなりました。

今回の12年物では、アバフェルディをキーにした12年熟成のモルトとグレーンをブレンドした後、6か月の後熟(マリッジ)を行って仕上げています。

まずストレートで飲んでみると、ナシや柿のようなほんのりとした甘い香りが現れ、後からはちみつ、カラメルも加わってきます。
味わいは全体的に酸味が目立っていて、甘さもほんのりついてくる感じです。

加水すると青リンゴのさわやかな香りが顔をだし、甘い香りは鳴りを潜めます。
味わいも酸味がさらに強調され、辛みも後にやってきます。1:2くらいの割合まで加水することで、やっと甘く飲みやすい味になります。

全体的にピートの持つスモーキーさは抑えられているものの、それほど加水しない場合は酸味がメインになります。
しかし水割りやハイボールくらいであれば甘さが認識できるほどになり、飲みやすいものになります。

価格は700mL、40度で2300円ほど。ウイスキー初心者に対しては、12年物のスコッチとしては及第点をあげられるほどですが、本格的に飲むにはボディが弱く感じられます。

<個人的評価>
・香り C: 甘さとさわやかさが水の加え方で変わってくる。
・味わい B: 酸味がメイン。甘さを出すには加水が必要。
・総評 C: 12年ものスコッチとして、ハイボールや水割り向け。ストレート、ロックでは穏やかすぎる。


 

最近では、NHKの朝の連続テレビ小説「マッサン」の影響で、ウイスキーを飲んでみようという人が増えているようで、実際にウイスキーの売り上げが伸びており、特にニッカでは竹鶴ピュアモルトが7割以上のアップに達していて、生産が追い付かない、さらには原酒が足りなくなっているというほどになっています。

一方でサントリーにおいても追い風が吹いており、加えてシングルモルト山崎が海外でも売れていることで、こちらも原酒が足りなくなる状況になっているそうです。

さて、いざウイスキーを飲んでみようと思っても、種類が多すぎて何を買えばいいのかがわからない人が多いかと思います。
そこで、マッサンの劇中にも出てくる銘柄、あるいはモデルとなった竹鶴政孝にちなんだ銘柄をいくつか紹介します。 

サントリーホワイト
white2元となったのは、サントリーウイスキーの第1号である白札です。
ただし現在のブレンドでは、マッサンの劇中で語られるようなスモーキーなものではなく、ある程度抑えつつもそれなりのスモーキーさとレーズンなどの甘い香りも楽しめるブレンドとなっています。
また、数量限定で、当時の白札のラベルが貼られたボトルもまだ売られているようです。
価格は1100円ほどですが、酒屋さんでないと手に入らないかもしれません。






サントリー角瓶
kakubin01竹鶴政孝が現在のサントリーを退職後、創業者の鳥井信治郎が日本人向けでありつつもある程度のスコッチらしさを追求した銘柄で、初のヒットを記録しました。
また、当時の日本海軍にも納品され、当時の軍人を通じて普及をしていきました。
今やハイボールブームによって広く飲まれている銘柄です。
2015年初頭には、当時のブレンドを再現した復刻版の発売が予定されていますので、こちらも試すといいでしょう。





ハイランドパーク
hp「マッサン」で、亀山政春が目指していたウイスキー、「ハイランドケルト」のモデルになったと思われるウイスキーです。
スコットランド北部にあるオークニー諸島にある蒸留所のシングルモルトで、燻製のようなスモーキーさが特徴となっています。
値段は張りますが、劇中で語られるスモーキーなウイスキーを体験したいのであればぜひとも試していただきたいと思います。










シングルモルト余市
single_yoichi01竹鶴政孝が目指したウイスキーを作った成果として、どういうものができたのかを知りたいのであれば、シングルモルト余市を飲むのがいいでしょう。

ピートからくる強めのスモーキーさと、石炭を使った直火蒸留ならではのガツンと来るボディ、そしてバニラのような香りとクリーミーな味わいを堪能できるでしょう。
さらに熟成されたものを飲みたいのであれば、10年、12年、15年、20年があります。5年経過するごとに価格は倍になります。




ハイニッカ
hinikka晩年の竹鶴政孝は、単にウイスキーづくりにこだわるのではなく、多くの人が手に入れる安い価格帯のものであっても、ウイスキーとして妥協しない味づくりを目指していました。
その最たるものがハイニッカです。

以前は酒屋さんでも手に入りにくい銘柄でしたが、ドラマの開始に伴って比較的手に入りやすくなっています。
1000円以下のウイスキーの中では、トリスやレッド、ブラックニッカクリアに比べても香りや味わいが1段以上上に感じられるでしょう。

 

今回はタリスカー以来のアイランドモルト、ハイランドパークを飲んでみます。

hpハイランドパークは、スコットランドの北部にあるオークニー諸島のカークウォールに蒸留所があります。
この近所にはスキャパ蒸留所もあります。

ハイランドパークでは一部の麦芽をフロアモルティングしており、オークニー諸島独特のピートの香りが原酒に付与されます。
使用されるポットスチルはストレートヘッド型で、重厚な原酒が作られます。
著名なウイスキー評論家のジム・マーレイが掲げた世界6大モルトの一つとしても数えられています(その中には、日本の余市も含まれています)。

なお、NHKの連続テレビ小説「マッサン」に出てくる、亀山政春が理想とする「ハイランドケルト」というウイスキーは、このハイランドパークが元ではないかと思われます。

いつものようにロックで飲んでみると、飲み始めから強烈なピート香が鼻をくすぐります。
ただ、アイラモルトのように海藻やヨード、正露丸のような香りは少なく、燻製のようなストレートな煙の香りがします。
そのあとには蜂蜜のような甘い香りがやってきます。

味わいにおいては、甘さと酸味が半々にやってくる感じで、最初のスモーキーさからすると意外に飲みやすくなっています。

加水されると、ピート香は鳴りを潜め、はちみつ、青リンゴの香りが強く感じられます。ただしその奥に、何かしらの薬っぽさを感じます。
味わいも比較的甘味が強くなるものの、強烈なほどではなく、 落ち着いて飲める雰囲気があります。

確かに、純粋な燻製のようなスモーキーさと甘さ、酸味は余市のモルトに近いものがあり、これにバーボン樽原酒からくるバニラの香りが加われば、余市との区別はつきにくいかもしれません。
ドラマの劇中で、理想をハイランドパークだとする演出は案外的を射ているし、これだけのスモーキーを追求したら、当時の日本人はついていけなくても仕方ない気がしてきます。
ここら辺は脚本家のリサーチの勝利に思えます。

価格は700mL、40度で3800円ほど。12年物のシングルモルトとしては平均的な値段です。 
ストレートであれば骨太のモルトを体感できますし、水割りやハイボールにすれば初心者でも楽しめるでしょう。

<個人的評価> 
・香り AA: ストレートなスモーキー。加水するとはちみつ、青リンゴが香る。
・味わい A: 甘さと酸味が自然体で押し寄せてくる。加水すると甘味が強め。
・総評 AA: 飲み方によって多様に変化するので、飽きさせないウイスキー。初心者のステップアップにも最適。


今回も1000円スコッチです。取り上げるのはマッカーサーです。

macArthurマッカーサーは、ジェイ・マッカーサー社で作られているブレンデッドウイスキーで、1877年に発売されました。
同社はインバーハウスに買収され、同社の持つ蒸留所(ノックドゥ、スペイバーン、オールドプルトニーなど)をキーモルトにしたブレンドになっています。 

まずストレートで飲んでみると、香りはメロンやバナナに近いものがあり、味わいも全体的には甘めです。 
スモーキーな香りはそれほどありませんが、アルコールの刺激がしっかり来るので、舌には辛さが出てきます。

加水してみると、メロン、バナナっぽさは少なくなり、少々モルトやカラメルっぽい香りに代わります。一方で味わいはほのかに甘い程度です。

全体的にライトかつスムーズで甘さが目立つので、ウイスキーを飲みなれていない初心者には向いているように思えます。癖がない分、水割りやハイボールにすることで、食事と一緒に飲むのもいいかもしれません。
逆にガツンとボディのしっかりしたものを求めている場合だと、物足りなさを感じるでしょう。 

価格は700mL、40度で1000円。下手に角瓶やトリスを飲むくらいであれば、こちらのほうが格段に上だと感じました。

<個人的評価> 
・ 香り B: ストレートではメロンやバナナのような甘い香りが強い。
・味わい C: ウイスキーらしい癖はないが、甘くて飲みやすい。
・総評 B: 1000円という価格もあるが、初心者がとっつきやすく、食事にも合う仕上がり。 


マッカーサー

マッカーサー
価格:937円~(税別、送料別)

主な日本のウイスキーの生産地には下記の場所があります。ここに挙げられた場所以外にも、地ウイスキーを作る地域があります。

1.サントリー
  • 山崎蒸溜所
    大阪府島本町。日本初の蒸溜所。後にニッカウヰスキーを創業する竹鶴政孝が選定を行い、サントリー本社のある大阪に近い、名水のある場所として選ばれ建設されました。
  • 白州蒸溜所
    山梨県北杜市。1973年に第二のサントリー蒸溜所として竣工。ここで採取される水は南アルプスの天然水(現:サントリー天然水 南アルプス)として販売されている。
  • 知多蒸溜所(サングレイン所有)
    愛知県知多市。グレーンウイスキーを専門に作っている蒸溜所。見た目は他の蒸溜所のようなたたずまいとは異なり、パイプが張り巡らされたプラントといっても過言ではなく、ロマンは感じられない。
    サングレインでは、シングルグレーンウイスキーを市販している。
2.ニッカウヰスキー
  • 余市蒸溜所
    北海道余市町。ニッカウヰスキー創業の地でもある。世界でも珍しい石炭を使ったポットスチルを採用している。国の有形文化財に登録され、ザ・スコッチ・モルト・ウイスキー・ソサエティによる日本初(イギリス以外で初)の認定蒸溜所に登録されている。
  • 宮城峡蒸溜所
    宮城県仙台市青葉区。1969年に竣工。モルトウイスキーのほかに、カフェ式蒸溜器を使ったカフェグレーンウイスキーも生産している(元々は西宮工場に設置)。 
3.キリンディスティラリー
  • 富士御殿場蒸溜所
    静岡県御殿場市。1972年竣工。富士山の麓にあり、そこからの伏流水を使用している。熟成させる樽は小さめで、樽の香りを多く取り込む目的がある。
    最近ではキリングループに入ったメルシャンが発売していたオーシャンウイスキーの生産、販売を開始している(同社が所有していた軽井沢蒸溜所は閉鎖)。 

久々の1000円スコッチです。今回はVAT69です。

vat69発売しているのは、ウィリアム・サンダーソン・アンド・サン社で、現在はディアジオの傘下にあります。
1883年に、ウィリアム・サンダーソンが100種類のブレンドをためし、それぞれを桶(ブレンド、後熟用の樽?)にそれぞれ詰めた後、ウイスキーの評論家たちを集めて比較させました。
その結果、69番目のブレンドがもっともよかったことで、これを製品化しました。それがVAT69の由来です。

しかし、使用されるキーモルトは時代によって変わり、現在はロイヤルロッホナガーがキーモルトになっています。

ロックで飲んでみると、飲みはじめはそこそこのスモーキーとアルコールの刺激が先に来た後、 麦チョコ、柑橘系の皮を削った時のような爽やかな香りが漂ってきます。
味わいは酸味が主体で、甘さは控えめ、ビターはそれほどなく比較的飲みやすいかと思います。 

価格は700mL、40度で1200円ほど。 1000円スコッチとしては癖がありつつもそこそこ飲みやすく、今までの中では中の上くらいにあるように思えます。ただ、バランタイン ファイネストの領域までにはまだ旨さの点で足りていないように思えますね。

<個人的評価> 
・香り C: なかなかのスモーキー。後からモルト、柑橘系。
・味わい B: ライムっぽい酸味がメインで甘さは控えめ。 苦さはない。
・総評 B: 1000円スコッチとしては合格ライン。 


evan12久しぶりのバーボンです。
今回はバーボンで2番目に売れているエヴァン・ウィリアムスの12年です。

ブランドの由来は、1783年にケンタッキー州のルイビルで石灰岩から湧き出る水を使い、コーンウイスキーを作った人物から採られています。

スタンダードのブラックラベルは5から8年熟成の原酒を使っていますが、このレッドラベルは12年熟成の原酒を採用しています。
スコッチに比べて温暖な気候のバーボン郡では、3,4年熟成でスタンダードなウイスキーを出していることを考えると、12年熟成のバーボンとなると18年熟成のスコッチに匹敵するレベルといっても過言ではないでしょう。

いつものようにロックで飲んでみると、バーボンならではの接着剤のようなエステリーな香りは少なく、バニラやカラメルの香りが前に出て心地よさが出ています。 
味わいも、50度という度数の割にアルコールの刺激が少なくて、甘さが前に来るまろやかなものになっています。 
飲んだ後の残り香には海藻、ヨードのようなものが漂ってきます。

価格は750mL、50.5度で2200円ほど。12年熟成のバーボンにしてはお値打ちかと思います。

私は独特の香りを持つバーボンが苦手ではありますが、このエヴァン・ウィリアムス12年はその香りが抑えられていてとても気に入りました。

<個人的評価> 
・香り A: バーボン独特のエステリーさが抑えられていて、バニラ、紅茶、カラメルの香りが前に出てくる。
・味わい A:  アルコールの刺激が少なく、甘さが前面に出る。
・総評 AA: バーボンが苦手な人でも飲みやすく、初心者にも勧められるほど甘さが強く感じられる。ただしアルコール度数が高いので飲みすぎに注意。 


北海道のウイスキーの蒸留所といえば、昨年で80年を迎えたニッカウヰスキーの余市蒸留所が有名であり、唯一であります。

しかし最近、北海道に第二のウイスキー蒸留所を作ろうとする動きがあります。
それを目指しているのは、東京にある食品の卸売業者の堅展実業という会社で、社長がもともとスコッチウイスキーが大好きで、自らウイスキーの製造をしようと夢の実現に向けてい動いていました。ある意味21世紀の鳥井信治郎と言えるかもしれません。

北海道の各地にオファーを出したところ、唯一受諾したのが厚岸(あっけし)町でした。
厚岸町は、北海道の南東部、釧路市と根室市のちょうど中間にある町です。有名人としては、昭和中ごろに活躍したこまどり姉妹です。

その厚岸町で、堅展実業と2014年11月に調印し、蒸留所を建設して2016年秋に稼働させる目標です。同社では2019年に最初のウイスキーを出荷する予定です。

堅展実業の社長によると、厚岸町は霧が多く、ピートも多く取れるということで、スコットランドに近い場所だというのが決め手になったようです。さらに厚岸町はカキの生産地でもあり、アイラモルトにはうってつけという理由もありました。
実は北海道では開拓前には泥炭が多く存在しており、開拓の際には最大の障害になっていたようです。
さらに同社では、アイラモルトのような海藻の香りを伴ったスモーキーな厳守を求めていて、名産のカキに合うウイスキーづくりを目指すそうです。

地ウイスキーも出てはいますが、この厚岸のモルトも記憶にとどめておいていただきたいと思います。 

このページのトップヘ