ニッカウヰスキーは、北海道の余市のほかに宮城県仙台市に宮城峡蒸留所を持っています。
ここでもモルトウイスキーのほかにカフェ式蒸留器を使ったカフェグレーンウイスキーを作っています。

miyagikyoシングルモルトとしても、余市とともに宮城峡が売られていて、こちらもノーエイジの500mlが2000円以下で手に入ります。

実際に飲んでみると、まずスパイシーな刺激と香りが最初に展開され、その後華やかな香りが鼻を突き抜けていきます。
反面、余市のようなどっしりとした味わいは少なく、スモーキーな香りも抑えめになっているようです。 

同じシングルモルトで飲み比べても、両者の違いはかなり明確にわかります。両者とも熟成年数の少ない原酒を使っているものの、若い原酒特有のアルコールの刺激も、宮城峡は上へ昇華する感じで、余市は下へ重厚感を与えているように思えます。
飲み口も、宮城峡は軽めで、余市は重めです。
これだけ個性が対照的であれば、ブレンデッドウイスキーを自社の原酒だけで作る上でもバラエティに富んだものを作れるわけだ、と思います。

個人的には宮城峡がシングルモルトの入門用、初心者向けで、余市はスコッチなども飲む上級者向けという感じがします。
癖のある点では余市の方が上のように思えます。 

<個人的評価>(A~E)
香り:A
味わい:B
総評:A 余市に比べれば飲みやすく万人向け。