dalmore12_1久々のハイランドモルトを飲んでみます。今回はダルモア12年です。

ダルモアは、ハイランド北部、クロマティ湾の入江にあるアルネスという町の郊外に蒸溜所を構えています。
創業は1839年で、原酒は現在、ホワイト&マッカイのキーモルトとしても採用されています。

ボトルには立派な角を持つ雄鹿の顔のレリーフが貼り付けられています。
これは、創業者のマッケンジー氏の祖先が、狩猟中に雄鹿の角で怪我をしたスコットランド国王、アレグザンダー3世を救ったことで、お礼としてその雄鹿を模した紋章を与えたことが由来となっています。 

では、いつもの様にストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は琥珀色よりも濃い赤褐色に近い印象。香りはレーズンと食パンのような甘いモノがあります。

口に注ぐと、まずレーズンの香りが口いっぱいに広がります。その後ウエハース、バニラといった甘い香りが追いかけます。スモーキーさはわずかです。

味わいは酸味がメインで、後からにがりのようなビターへと変化していきます。 一方でアルコールからくる辛さも舌を刺激します。

次にロックで飲んでみます。

飲み口はストレートと大きな差はありません。しかし加水されていくごとに甘さが表に出るようになり、甘くてフルーティな香りとともに、初心者でも比較的とっつきやすくなります。 

さらに香りもフィニッシュにはカカオを感じられるようになり、味わいもダークチョコのようなビターに変わっていきます。

全体的に見ると、ストレートでもいけますが、進化を発揮するのは加水された時のように思えます。

薦められる飲み方としては、トゥワイスアップやハーフロックです。濃いアルコールが苦手な人であれば水割りでもいけるでしょう。

700mL、アルコール度数40度で、価格は4700円ほど。
12年もののシングルモルトとしては高めの部類ですが、加水されることによる甘さもあるので、飲み慣れていない人にも勧められると思います。

<個人的評価>
・香り A : レーズンが主体。奥からバニラ、ウエハース。加水されるとカカオも。
・味わい B :  ストレートでは酸味、塩に近いビター。加水されると甘く、ダークチョコのビターが現れる。
・総評 B : 加水によって甘く飲めるぶん、初心者にも出せるボトル。


ダルモア 12年 [700ml]

ダルモア 12年 [700ml]
価格:4,050円(税込、送料別)