今回はハイランドモルトの中から、オーバン14年を飲みます。

oban14オーバンはゲール語で小さな湾という意味を持つ土地で、スコットランドの南西部にある町です。
港町で漁業が盛んで、その名の通り小さなオーバン湾の先は島嶼が並ぶ大西洋が開けます。

そこに1794年、スティーブンソン兄弟によって蒸溜所が建設されました。その後オーナーが次々と変わった末、現在はディアジオ社が所有しています。

原酒はその土地柄から、ハイランド的側面とアイランズ的側面を両方兼ね備えるものと言われています。 

では、いつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は中庸な琥珀色、香りはみかんと紅茶を感じます。

口に含むと、先にオレンジ、ライムの柑橘系が現れ、後からクリーム、ハチミツと続きます。
味わいは、先に柑橘系の酸味が訪れ、後から甘さが追いかけます。アルコールからの辛さは控えめです。

ロックにすると、ストレートで感じられたクリーム、ハチミツと言った甘ったるさが潜み、柑橘系の酸味がさらに前に出た印象になります。 その代わりに奥から潮の香りとシナモンのような趣のある香りが漂い始めます。

味わいは酸味が先に来るものの、後からビター、そしてほんのりしょっぱさも加わります。 

最後にハイボールにすると、柑橘系の香りがほのかに漂い、爽やかで心地よいものになります。
味わいは酸味にしょっぱさが絡み合い、 さっぱりした印象になります。

全体的に見ると、それなりの癖はあるものの丸く収めている印象があり、ストレートでも甘みがあって飲みやすいです。また、香りや味わいにも幅があり、それなりのボディもあります。

700mL、アルコール度数43度で、価格は5500円ほど。14年熟成のウイスキーとしては高いとは言い切れませんが、 初心者でもとっつきやすく、ウイスキーファンにとっても不満のないボトルに仕上がっているでしょう。

<個人的評価>

  • 香り A: 柑橘系の爽やかさ、クリームやハチミツの甘さ、潮の香りが絶妙に絡み合う。
  • 味わい A: ストレートでも辛さが抑えられて飲みやすい。加水でビター、しょっぱさも表れる。
  • 総評 A: 多少の癖はあるが、初心者からファンまで納得できるボトル。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オーバン 14年 700ml 43度 kawahc
価格:4854円(税込、送料別) (2017/2/15時点)