今回はカナディアンウイスキー、カナディアンミストを飲みます。

特殊な3回蒸溜で仕上げるウイスキー

cam_カナディアンミスト蒸溜所は、カナダのオンタリオ州コリングウッドにあります。
コリングウッドは、アメリカの五大湖の一つ、ヒューロン湖の東側、ジョージア湾という地域に面しています。

1967年に誕生したこの蒸溜所で作られるカナディアンミストの原料は、ライ麦とトウモロコシです。
これらからもろみを醸造後、3回の蒸溜を行います。

1回目は連続式蒸留器で60度のアルコールを抽出しますが、カナディアンミストではここで、ヒューロン湖の水(塩分を抜いた水)を加えて15度に薄めて2回目の蒸溜を行います。

この特殊な蒸溜によって、エタノール以外のアルコール類などフーゼル油と呼ばれる成分を除去することで、よりクリアな原酒に仕上げるそうです。

そして3回目の蒸溜でふたたび60度の原酒として抽出、ホワイトオークの樽で熟成されます。

スッキリしながらも甘みを得られる でも国産の安物に似ている...

まずはストレートから飲みます。
グラスに注ぐと、液色は少し赤みがかった琥珀色、香りは薄く、ほんのりバニラが感じられるか、というレベルです。

口に含むと、アルコール感が目立ちますが刺激としてはそれほど強くはありません。その後はバナナ、バニラの香りがほんのり感じられ、アーモンドが追いかけます。

味わいは、アルコールからの辛みが目立ちますが、それを過ぎると甘みが全体を覆います。

ロックでは、グレープフルーツの渋みの強い香りが揮発し、しばらくの後にバニラの甘い香りが続きます。
味わいは、苦味がとても強く、ストレートで感じられた甘さは目立たなくなります。

ハイボールにすると、アーモンドと接着剤のエステリーな香りがほのかに漂います。
味わいは、苦味が残りつつも酸味の方が前に来て、さっぱりした印象になります。

バニラやバナナ、アーモンドの甘い香りがするものの、スッキリしすぎて希薄に感じられます。
個性はあるものの香りがしっかり伝わりにくく、へたをすると1000円以下で買える、トリスなどのジャパニーズとの差を見分けるのが難しく感じられる人も居ると思います。

水とカナディアンミストを1:1で割り、氷を加えてハーフロックで飲むか、ハイボールや割物を加えてカクテルにする方がいいでしょう。

750mL、アルコール度数40度、価格は1500円ほど。

<個人的評価>

  • 香り D: バニラ、バナナ、アーモンドと来るが、全体的に薄い。加水でグレープフルーツ。
  • 味わい C: ストレートではアルコールの辛みの後に甘さが出る。ロックでは苦味が強い、加水が進むと酸味が勝る。
  • 総評 D: 香りが希薄で、国産の安物と勘違いされそう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カナディアン ミスト 750ml 40%
価格:1298円(税込、送料別) (2019/11/12時点)