今回は、山都酒造のシングルモルトウイスキー 山都を飲んでみます。

熊本初の地ウイスキー?

yamato_wi_山都酒造は、熊本県山都町にある酒造メーカーです。山都町は農業用水を送る水道橋、通潤橋で有名な町です。

山都酒造は様々な本格焼酎と日本酒を造っていますが、ウイスキーの製造免許は2017年に取得したばかりです。

そんなこのメーカーが出したシングルモルトウイスキーが山都です。

ラベルを見ると、いかにも某有名なシングルモルトを思い起こさせますが、元々パロディ商品を出すメーカーであるため、半分ジョークなのかもしれません。

新樽を使って熟成したとありますが、そもそも免許取得から2年ほどしか経っておらず、モルトウイスキー用のポットスチルを入れたという情報も無いため、おそらくはスコットランドから買い付けたバルクウイスキーではないかと思われます。

オリエンタルな香りが広がる

では、ストレートから飲みます。
グラスに注ぐと、液色は少々濃いめの琥珀色、香りは樽からのウッディさが強く表れています。

口に含むと、ホワイトオークの木材の香りが先に訪れ、後からシナモン、ブドウ、クローブが続きます。
味わいは、アルコールの辛みは少なく、ほろ苦さが主体になっています。

ロックにすると、ウッディさは影を潜め、シナモンやクローブなどのスパイシーな香りが主体になります。奥からはブドウの香りも感じ取れます。
味わいは、引き続きほろ苦さが先立ちますが、後から甘みが広がってきます。

ハイボールでは、ウッディな香りがさらに引き立つようになり、スパイシーさもストレート以上に強まる印象になります。
味わいは、渋みが強いものとなり、甘みはあまり感じられません。

ネタに走ったといわれますが、オリエンタルなスパイシーさと木の香りが印象的で、人によってはエグい香りに感じられるかもしれません。そのあたりは、新樽を使ったことが影響しているかもしれません。

700mL、アルコール度数43度、価格は5000円ほど。地ウイスキーというエクスキューズをつけても、この値段はいささか高いように思えます。

<個人的評価>

  • 香り B: ウッディな香りが主体。奥からクローブ、シナモンのスパイシーさ、ブドウの香りが続く。
  • 味わい C: 苦みが強め。甘みは加水とともに消えていく。
  • 総評 C: 個性的だが、癖が強すぎる上に熟成感が薄い。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

山都 シングルモルト ウイスキー 43度 750ml
価格:6006円(税込、送料別) (2020/2/10時点)