RERAのウイスキーブログ

40過ぎのおっさんが、ジャパニーズ、スコッチを中心にウイスキーを飲み、独断で評価していきます。

カテゴリ:ウイスキー > モルトウイスキー

ardbeg_ud今回はアイラモルト、アードベッグ ウーガダールを飲んでみます。

ウーガダールとは、ゲール語で「暗くてミステリアスな場所」と言う意味で、アードベッグ川の水源となる湖(ロッホ・ウーガダール)を指します。
この湖からの水をアードベッグの仕込み水として使います。 

熟成に使用する樽も、他のラインナップでは使われないシェリー酒樽を採用していて、甘さも追求したボトルになっています。 

いつものように、ストレートから飲みます。
グラスに注ぐと、液色は中庸な琥珀色 、香りは正露丸を伴うピートにレーズンが重なります。

口に含むと、意外にもアイラモルトらしい正露丸、ヨードを伴うスモーキーさは少なく、レーズンの香りが強く鼻を刺激します。その後はナシ、ライム、ゴムと続きます。
味わいは酸味がメインで、あとはアルコール由来の辛さ、ビターと続きます。 

ロックにすると、アイラモルトらしいピートが顔を出しますが、それでも10年ものやコリーヴレッカンほど強く感じられません。その後はレーズン、ドライマンゴー、カラメル、ウッディと続きます。
味わいは、アルコールの辛さが消えて、酸味が柔らかくなり、甘さが表れてきます。

最後にハイボールにすると、香りはヨードのあとでほのかにライム、レーズンが追いかけます。
味わいは、酸味と甘味が交互にやってきて、比較的飲みやすいです。

現行のアードベッグのラインナップは三者三様で面白いです。
アイラモルトならではのピートが強くで爽やかな10年、燻製のようなスモーキーさと強烈なスパイシーさのあるコリーヴレッカン、そしてスモーキーさが抑えられて甘さのあるウーガダール。

ウーガダールは、アイラモルトならではの正露丸、ヨードのようなスモーキーさが少なく、 ボウモアに寄ったような印象があります。
むしろボウモアよりも抑えられているので、初めてアイラモルトを飲むのであれば、ウーガダールを選ぶのもいいでしょう。

ただ、 アルコール度数がカスクストレングス並みなので、飲みやすさにスイスイ進んでしまうと一気に酔いつぶれてしまいますので、注意が必要です。

700mL、アルコール度数54度、価格は7000円ほど。

<個人的評価>

  • 香り A: アイラモルトらしい正露丸のようなピートは少なめ。レーズン、ナシ、ドライマンゴー、カラメルと甘い香りが主体。
  • 味わい AA: ストレートでは酸味とビターが主体。加水で甘さが感じられる。
  • 総評 A: アイラモルトとしては飲みやすく、初心者向け。値段が高いのがネック。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アードベッグ ウーガダール 並行品 54.2度 750ml
価格:6680円(税込、送料別) (2017/1/22時点)


今回は初の台湾のウイスキー、カバラン コンサートマスターを飲んでみます。

kava_cmカバランは、台湾の北東部、宜蘭(ぎらん、ギーラン)県 にすんでいた先住民族の名前で、2005年に同地に本社を置く食品メーカー、金車(キングカー)が建設した蒸溜所です。

沖縄に近く、亜熱帯気候の台湾ではウイスキー作りが無理だと思いますが、カバランではそれを逆手にとって、空調管理を整えつつも、温暖な気候によって早める熟成方法を採用しています。
それによって、建設からたった5年でISC、WWA などで賞を獲得し、ジム・マーレイが手がけるウイスキーバイブル2011でも、ソリスト フィノが95点を獲得し、世界中を驚かせました。

使用する水は、富士山よりも標高が高く、日本が統治した時代には次高山と呼ばれていた雪山を中心とした、雪山山脈からの水を使用しています。 

カバランは、銘柄によって異なる性格の樽を使用していますが、コンサートマスターはポートワイン樽を使って熟成をしています。

では、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は濃い琥珀色、香りはバニラ、マンゴーが漂います。

口に含むと、先に青リンゴ、マンゴー、バナナ、レーズンと濃厚な果実の香りが口に広がります。
味わいはアルコール由来の辛さはほとんど感じられず、甘さが主体で、果実の酸味が追いかける印象です。
ピート由来のスモーキーさはほとんど感じられません。

ロックにすると、青リンゴ、ナシ、マスカットの香りが一気に開きます。その後にマンゴ、バナナ、バニラ、レーズンの香りが追いかけます。
味わいは、辛さが先に立ち、その後に酸味、甘さ、ビターの順にやってきます。

最後にハイボールでは、先にビネガーのような酸っぱさがありますが、その後バナナやマンゴーの香りがほのかに訪れます。
味わいは酸味が前にあるものの、すぐに甘さがカバーする形で、スイートなハイボールに感じます。 

正味、熟成が3~5年でしょうけれども、ジャパニーズではアルコールからの刺激、辛さがしっかり来るのに対して、コンサートマスターではほとんど感じられず、豊かな香りもあって、倍以上の熟成期間を経たような印象があります。
ただ、コクは少なめで全体的に軽い印象です。

700mL、アルコール度数40度、価格は9000円ほど。
これ以外のボトルも軒並み1万円を超えるものばかりで、シングルモルトのみ、ブレンデッドは発売されていませんので、簡単に入手できるものではありませんが、50mLのミニチュアボトルが1000円台で購入できますので、2,3ショット試してみるのもいいでしょう。

今後10年を超える原酒が増えてくることを考えると、スコッチ、ジャパニーズともに脅威になることは間違いないでしょう。

<個人的評価>

  • 香り AA: 若いのにアルコールの刺激がなく、マンゴー、バナナ、ナシ、青リンゴ、レーズンと豊富。
  • 味わい A: 甘さがメインで、フルーツのような酸味がおいかけて、飲みやすくて軽い。
  • 総評 B: 価格が高いのがネックだが、今後の熟成された原酒の動向次第では恐ろしくなる。


monkey_sh今回はブレンデッドモルトスコッチのモンキーショルダーを飲んでみます。

モンキーショルダーは、グランツやグレンフィディックを発売するウィリアム・グラント&サンズ社が2005年に発売したボトルです。

フロアモルティングの作業によって凝り固まった肩の症状をモンキーショルダーと言いますが、ボトルには三匹の猿があしらわれています。
これは実際に使われているモルトを供給している蒸溜所の数から来ています。

使用されているモルトは同社がスペイサイドに持つグレンフィディック、バルヴェニー、キニンヴィーの各蒸溜所から27種類が使用されています。
特にキニンヴィーは、シングルモルトとしての販売がほとんど無い幻のモルトと言われています。

ワールド・ウイスキー・アウォード2007に於いては、ベスト・スコッチ・ブレンデッドモルトウイスキーに輝いています。

では、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は中庸な琥珀色、香りはナシ、レモンがします。

口に含むと、アルコールとエステリーさの刺激のあとで、ナシ、青リンゴ、レモンが先に訪れ、次にウエハース、バニラ、カカオが追ってきます。
味わいはビターが先行し、酸味が後を追う形です。 

ロックにすると、レモンやライムの香りが立ち、青リンゴ、ナシの香りが追いかけます。しばらく経ってからカカオ、樽からのウッディさが殿を務めます。
味わいは酸味とビターが交互にやってきます。

最後にハイボールにすると、ナシとレモンの香りがほのかに立ちます。
味わいは酸味がしっかりしていて、爽やかな印象です。

スペイサイドらしさを出しつつも、ノンエイジながらも濃厚で豊かな香りを持つボトルになっています。
ただ、甘さはほとんど無く、酸味とほろ苦さが前に出ているので、甘いお酒でないとついて行けない人には厳しいかも知れません。

とはいうものの、深くて広い香りに惹かれてしまい、ホイホイと進んでしまう魅力もあります。この点にはWWAを獲得しただけの力があると言えるかも知れません。

700mL、アルコール度数40度、価格は3500円ほど。ノンエイジとしては高めですが、特にスペイサイドが大好きな人にはたまらないでしょう。

<個人的評価>

  • 香り A: ストレートではアルコールが強いが、ナシ、青リンゴ、レモン、バニラ、ウッディ、カカオと香り豊か。
  • 味わい B: ビターと酸味がメイン。甘さはほとんど無い。
  • 総評 B: スペイサイドならではの香りを堪能できるボトル。

daru15今回はハイランドモルトから、ダルウィニー15年を飲んでみます。

ダルウィニー蒸溜所は、ハイランド地区の中央部にあり、近くにグランピアン山脈がある標高の高い場所にあります。

ゲール語で集会所、中継所という意味を持つこの蒸溜所は、1897年に創業しました。
当初はストラススペイという名前でしたが、1905年にアメリカ人が買収後、現在の名前となりました。
現在はディアジオ社の傘下にあります。

設置されているポットスチルは2基だけで、いずれもストレートヘッドタイプ。 
使用される水はグランピアン山脈からの雪解け水です。

では、いつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は黄金色、香りはナシ、青リンゴ、ブドウ、紅茶と続きます。

口に含むと、まずナシ、青リンゴの香りが口に広がります。その後レーズン、紅茶、カラメルが追いかけます。
味わいは酸味がメインで、あとからフルーツの甘さが広がります。

ロックにすると、お香、フローラルな香りが開き、ストレート同様にナシ、青リンゴ、レーズンも香りを強めます。
味わいは甘さが増して、酸味が逆に後を追いかける形に変わります。 そのあとにスパイシーさがほんのり加わります。

最後にハイボールにすると、香りはロックでのフローラルさがほんのり残ります。
味わいも炭酸も伴って酸味が強めになり、かなりさっぱりした印象になります。

ハイランドモルトとしても、かなり香りが華やかで、ピートのスモーキーな癖がなく、15年熟成によるアルコールからの刺激も少なくてまろやかなので、女性に受けるシングルモルトのように感じました。

700mL、アルコール度数43度、価格は4800円ほど。
15年ものと考えれば比較的お買い得な値段ですが、 癖が少なく華やかさを感じられるボトルなので、女性に勧めてもいけるように思えます。

<個人的評価>

  • 香り B : 青リンゴ、ナシ、紅茶、レーズン。あとからカラメル。加水するとフローラルさが増す。
  • 味わい A: 甘さと酸味が主体。癖がなくて初心者向け。
  • 総評 A : 15年もののシングルモルトとしては妥当。女性にも受ける華やかなボトル。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダルウィニー 15年 ( 正規品) 43度 700ml
価格:4980円(税込、送料別) (2017/1/8時点)


ileach_cs今回はアイラモルト、アイリーク カスクストレングスを飲んでみます。

アイリーク(イーラッハ)は、ボトラーが手がけるノンエイジのアイラモルトで、シングルモルトと書いているのでどこかの蒸溜所の原酒だけのはずですが、公表されていません。

2年前にアルコール度数40度のボトルを飲みましたが、今回はカスクストレングス、加水をしていないボトルとなります。

 では、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は茶褐色、香りはヨードがほのかに感じ取れるほどです。

口に含むと、強烈なアルコールの刺激のあとで、アイラモルトらしい正露丸の香りを伴ったスモーキーが一気に訪れます。そのあとでレモンもやってきます。

味わいはアルコールの刺激よろしくとても辛く、 そのまま飲むにはとても厳しいものがあります。チェイサーは必須です。

ロックにすると、レモンの香りが開き、口に広がります。そのあとでシナモン、バニラ、モルト、カカオと続きます。スモーキーさはだいぶ落ち着きます。
味わいはストレートとは異なるスパイシーさのあと、酸味、ビターと繋がっていきます。

最後にハイボールにすると、灰とヨードが入り交じったようなスモーキーな香りが先に来て、ややバニラを感じるほどです。
味わいは意外にも甘さが前に出て、飲みやすさを演出しています。

人によって意見は様々ですが、ラフロイグにしてはピートが強くなく、カリラよりも荒々しく、ラガヴーリンっぽさを感じました。

ノンエイジのカスクストレングス故に、ストレートではアルコールの刺激、辛さが強く、チェイサーなしには辛いものがあります。
しかしロックや加水することによって、アルコール度数ほどの辛さは落ち着き、むしろスイスイ飲めてしまうほどになります。
とはいえ、1:3のハイボールでも15度近くですから、辛口の日本酒並みです。飲み過ぎるとすぐに酔いつぶれてしまうでしょう。

700mL、アルコール度数58度で、価格は4200円。
40度のノンエイジボトルよりも割高ですが、手軽にカスクストレングスを楽しむにはいいかもしれません。

<個人的評価>

  • 香り B: ストレートではアルコールの刺激が強い。レモン、シナモン、バニラ、カカオ。アイラモルトならではの正露丸、ヨードを伴ったスモーキーさは少なめ。
  • 味わい C: ストレートでは辛すぎてつらい。ロックでスパイス、酸味、ビターが並立。さらに加水で甘さが出てくる。
  • 総評 B: 癖は強めだが、カスクストレングスながらも比較的飲みやすい。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイリーク カスクストレングス 58度 700ml
価格:3850円(税込、送料別) (2017/1/22時点)



musashi今回は、東亜酒造のゴールデンホース武蔵を飲んでみます。

以前は、同社の武州を飲みましたが、武蔵はモルト原酒のみとなっていて、いずれもスコットランドから輸入したもの、熟成年数もまちまちとなっています。年数として言えばノンエイジとなります。

早速、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は武州同様に淡いシャンパンゴールド、香りはピートが主体になっています。

口に含むと、アルコールからの刺激が先に来ますが、あとからナシ、青リンゴ、ミカン、バニラ、カラメルと続きます。
味わいはアルコールからの辛さを感じますが、ノンエイジとしてはそれほど強くはありません。その後は酸味、甘さを得てきます。

ロックにすると、ピートからのスモーキーさが立ち上がりますが、比較的軽い印象です。 その後はライム、バニラが追いかけます。加水が進むとヨードっぽさも得られます。
味わいは 酸味が先に訪れ、その後は旨味が追いかけていきます。

最後にハイボールにすると、ピートの香りが先に立ち、あとから青リンゴ、ライム、カラメルと続きます。
味わいは酸味がメインで、後味として甘さも感じ取れます。

武州同様、従来の羽生で作られたモルトを使っているわけではないので、これをジャパニーズと言うには厳しいですが、ボトラーによるブレンデッドモルトと考えると、ローランド、ハイランド、スペイサイド、アイラをうまくバランスを考えてブレンドしているボトルだと言えます。

ストレートでも若さ故の強いアルコールの刺激は少なく、ノンエイジとは思えないほど豊かな香り、飲み方による表情の変化がしっかりしています。
それでありながら、初心者を敬遠させるほどの癖は少なく、取っつきやすいようにも思えます。
そう見ていくと、ブレンダーとしての東亜酒造の実力は侮れません。

700mL、アルコール度数43度で、価格は5000円。割高なのが玉に瑕ですが、ボトラーのブレンデッドモルトと考えれば高いとは言えないでしょう。

<個人的評価>

  • 香り B: ナシ、青リンゴ、ミカン、バニラ、カラメル。加水でピートが開く。
  • 味わい B: ストレートでのアルコールからの辛さは少なめ。あとは酸味、最後に甘味。
  • 総評 B: ノンエイジながら、ブレンデッドモルトとして取っつきやすく表情豊か。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東亞酒造 ゴールデンホース 武蔵 箱付き 43度 700ml
価格:5400円(税込、送料別) (2016/12/25時点)


明けましておめでとうございます。今年もウイスキーブログをよろしくお願いします。

hakushu122017年の1回目は、サントリーのシングルモルト白州12年です。
3年前にも飲みましたが、その際はミニチュアボトルで満足に飲みきれなかったため、今回はフルボトルを購入し、改めてストレート、ロック、ハイボールで飲んでみます。

白州は、山梨県北杜市にある白州蒸溜所のモルトだけで作られたウイスキーです。

南アルプスの甲斐駒ヶ岳の麓にあり、周辺は森林地帯となっていて、そこから採れる水は南アルプスの天然水としても売られています。

白州蒸溜所は、周辺の森林の伐採を最小限に抑え、施設自体も森に囲まれるように建設されました。

そこで熟成されるモルトは、そうした森の香りを吸収したような爽やかさを伴います。

まずはストレートから。
グラスに注ぐと、液色は少し緑がかった琥珀色、香りはメロン、すだち、ラムレーズンと続きます。

口に含むと、メロン、青リンゴ、マスカットの香りが先に訪れ、奥からピート、カラメルが続いてきます。
味わいは、アルコール由来の辛さがありますが、その後は酸味が主体で、続いてビター、最後に甘さが訪れます。 

ロックにすると、ピートとともにメロンなどのエステリーさが立ち上がり、その後はライム、ブドウ、青リンゴ、ナシと続きます。
味わいに於いては酸味よりもビターが強めになり、最後にほんのりと甘さを感じます。

最後にハイボールにすると、程よいピートとライム、メロン、 ナシの香りがしっかり感じ取れます。
味わいは酸味と甘さがほのかに伝わります。
ノンエイジではあっさりした爽やかさが主体でしたが、12年になると深みが増えた印象です。

一見するとスペイサイドモルトのように思えますが、軽くスモーキーなピートやメロンの香りと言ったスペイサイドモルトにはない癖、側面があり、独特の深みを持っています。
ハイボールや水割りにしても腰砕けはせず、十分に白州の香りを堪能できます。 

サントリーの主流となるのは山崎のモルトで、白州は脇役のイメージが強いですが、白角、リザーブなど、白州モルトを生かした爽やかなボトルもあり、サントリーのウイスキーに広がりを与えていることに注目すべきだと思います。

700mL、アルコール度数43度、価格は8000円ほどです。ただし最近ではプレミアが付いて1万円近くなっている場合があるので気をつけましょう。

<個人的評価>

  • 香り AA: ストレートではメロン、青リンゴやマスカットがメイン、加水されるとピート、柑橘系、メロンが立つ。水割りやハイボールでも簡単に消えない。
  • 味わい A: 酸味が主体、後から柑橘系から感じられるようなビターがあり、とてもフルーティ。
  • 総評 AA: 単に爽やかではなく、ピートからの癖、メロンなどの深みがある香りが重なって、とても豊かに感じられる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

白州12年 43% 700ml
価格:8000円(税込、送料別) (2016/12/16時点)


o_bar今回はスペイサイドモルトのボトル、オールドバランテュランを飲みます。

オールドバランテュランとは、スペイサイドの蒸溜所、トミントールがリリースしているボトルで、同蒸溜所が使用している水源の名前 から名付けられています。

ライトなトミントールとは異なり、ヘビーピートモルトを使っていることが特徴となっています。

では実際にストレートから飲んでみます。
 グラスに注ぐと、液色は中庸なアンバー、香りは燻製のようなスモーキーさが漂います。

口に含むと、すぐにピートからのスモーキーさと潮の香りが一気に広がります。その後はライム、マスカット、ナシ、青リンゴと言った爽やかな香りが追いかけ、奥からバナナ、ゴム、カカオが漂います。 

味わいはアルコールからの辛さが強く、後から酸味、ビターがついてきます。 

ロックにすると、ピートと潮の香りがさらに沸き立ち、 あとからライム、ナシ、青リンゴと続きます。
味わいは、辛さが落ち着き、酸味が強く舌を刺激するようになり、しばらくするとビターが次の波のように訪れます。

最後にハイボールにすると、ピートの香りは抑えられ、ライムのような爽やかさが比較的目立つようになります。
味わいは酸味がそれなりに感じられ、多少の塩気もあります。

スペイサイドでありながらも強いピートからのスモーキーさを堪能できますが、アイラモルトの持つ正露丸のような独特の癖はなく、 多少の潮の香りを持つ感じはタリスカーに近いように思えます。
50度のアルコール度数とノンエイジであるせいか、ストレートではアルコールの刺激が強く感じられ 、かなりガツンと来る印象です。
ピートを堪能したければロック、奥からの深い香りを楽しむならストレートで飲むといいかもしれません。
700mL、価格は5000円ほど。お値段は高いですが、スペイサイドらしくない強いピートを味わうにはおもしろいと思います。
このほかに、10年物もラインナップされています。

<個人的評価>

  • 香り B: 潮の香りを伴う強いピート。後からライム、ナシ、青リンゴ、マスカット。最後にバナナ、ゴム、カカオ。
  • 味わい C: ストレートではアルコールからの辛みが強い。加水すると酸味、ビターがメイン。
  • 総評 C: しっかりしたピートを感じられるスペイサイドのボトルとしておもしろい存在。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オールドバランテュラン 並行品 700ml【ウイスキー】
価格:4780円(税込、送料別) (2016/11/29時点)


arran10今回は久しぶりのアイランズ系モルトから、アランモルト10年を飲んでみます。

グレートブリテン島本土と、キャンベルタウンのあるキンタイア半島に囲まれたクライド湾の中に、アラン島があります。

アラン島はかつて50近い蒸溜所があったとされてますが、1836年を最後にすべての蒸溜所が閉鎖されてしまいました。 
しかし1995年、シーバスブラザーズにて代表を務めた経験もあるハロルド・カリーの手によって、アラン島北部のロックランザにアラン蒸溜所を建設しました。

蒸溜所自体はそれほど大きくはなく、ポットスチルも小型の物を2基備え、ゆっくり蒸溜するために生産量も多くありません。
ほかの蒸溜所とは異なり、他社への原酒の供給は行っておらず、自社でのシングルモルト、ブレンデッドのボトルを製造、販売しているのに限られています。

では、いつものようにストレートから飲んでいきます。
グラスに注ぐと、液色は薄い琥珀色、香りは紅茶、ほんのりとヨード、ピートを感じ取れます。

口に含むと、アルコールの刺激は少なめで、香りは紅茶、マスカット、バナナ、ハチミツ、バニラ、バターと続きます。
味わいは甘さがメインで、あとからビター、フルーツのようなほんのりとした酸味がついてきます。

ロックにすると、アルコールとピートが揮発したかのように強く刺激し、スモーキーさが目立ってきます。
あとからナシ、グレープフルーツとフルーティさが続き、蜂蜜やバニラと言った甘い香りは鳴りを潜めます。

味わいもビターが真っ先に訪れ、そのあとに酸味が追いかけます。ストレートで感じられた甘さは陰に隠れます。 

しかし加水が進むと、スモーキーさは薄くなり、ストレートで感じ取れた甘い香り、甘味が表れるようになります。

最後にハイボールにすると、マスカット、グレープフルーツが先に現れ、あとからほのかにバニラ、バターが続きます。
味わいは柑橘系の酸味がメインであるものの、奥から甘さを感じ取ることが出来ます。

全体的には甘くて飲みやすさを感じるボトルですが、ロックでは飲み始めで強い癖が出てきます。
癖のあるウイスキーが好きな人ならロックで飲むといいですが、そうでもなければハーフロックにして最初から加水した方が飲みやすくなります。

湾内の穏やかな環境があってか、タリスカー、ハイランドパークなどのほかの島嶼系とは異なり、スペイサイドやハイランドっぽさを持つボトルになっています。

700mL、アルコール度数46度、価格は4300円ほど。
アランモルトとしては、ほかに14年、18年もあります。

<個人的評価>

  • 香り A: 紅茶、マスカット、バナナ、バニラ、最後にバター。加水するとピートが揮発する。
  • 味わい B: 全体的に甘くて飲みやすい。ただしロックの飲み始めは強いビター。
  • 総評 A: 10年物としては高いものの、初心者でも受け入れやすく飲みやすいモルト。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【限界特価に挑戦!】アランモルト 10年 46% 700ml
価格:3650円(税込、送料別) (2016/12/7時点)


bowmore_led今回はアイラモルト、ボウモアのレジェンドを飲んでみます。

レジェンドはノンエイジですが、正規輸入を手がけるサントリーでは販売せず、並行輸入品のみとなっています。

噂によれば8年熟成と言われており、12年ものの原酒が不足したときの代替品では無いかとも言われてましたが、現在は蒸溜所公式サイトからもラインナップから外されています。

いつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は少し濃い琥珀色、香りはアイラモルトらしいヨードを帯びたピートがやってきます。

口に含むと、アルコールからの刺激が強めで、あとから正露丸、ライム、オレンジ、ナシと続きます。
味わいはアルコールからの辛さが強く、奥から酸味、ビターが感じ取れます。

ロックにすると、先ほどの正露丸の香りとともに強いスモーキーさが現れ、あとから柑橘系、最後に生クリームとヨードが引きます。
味わいは酸味が強めとなり、後味として甘さも出てきます。 

加水が進むと、スモーキーさや爽やかさは落ち着き、クリーミーさが表に立つようになります。 
味わいはビターが目立つようになり、甘さと合わさって複雑になります。

最後にハイボールにすると、全体的にヨードがほのかに香ります。
味わいは、昆布のようなうまみと多少の甘味を感じ取れ、炭酸の効いただし汁を飲んでいる錯覚すら感じます。 

12年物に比べると、シェリー樽からの甘く熟成された香りは薄く、むしろラフロイグに近いエッジの効いたボトルになっています。
しかし加水することで、ヨードの香りの奥からうまみを感じ取れるようになり、魚介類の料理と一緒に水割り、ハイボール、ハーフロックの形で供されるといいかもしれません。

700mL、アルコール度数40度で、価格は3300円ほど。
ただ、積極的に選ぶほどではなく、ちょっと足して12年物を選ぶか、爽やかさのあるスモールバッチを選んだ方がいいでしょう。

<個人的評価>

  • 香り C: アイラモルトらしいヨード、正露丸のピートがあるが、レーズンは感じられず。加水でクリーミー。
  • 味わい B: ストレートでは辛いが、 加水で甘さ、うまみが引き立つ。
  • 総評 C: 興味深いところはあるが、ボウモアとして積極的に買うほどではない。


このページのトップヘ