RERAのウイスキーブログ

40代のロスジェネおっさんが、世界各地のウイスキーを飲み、独断で評価していきます。 Whisky reviews and informations

カテゴリ:ウイスキー > モルトウイスキー

miyagikyo_ms_今回は、ニッカのシングルモルト宮城峡 モルティ&ソフトを飲んでみます。

モルティ&ソフトは、ニッカウヰスキー 宮城峡蒸溜所限定のシングルモルトウイスキーの一つです。

このボトルでは、ノンピートモルトとライトピートモルトを使っていると言われ、スチームを通るパイプを使ってむらなく加熱するポットスチルを使って蒸溜され、余市蒸溜所の原酒とは異なるスモーキーさの少ない香りを持つと言われます。

早速ストレートから飲んでみます。

グラスに注ぐと、液色は少々淡い黄金色、香りはナシとマスカットのフレッシュさがあります。

口に含むと、先にマスカットの甘い香りが広がり、後からナシが追いかけます。奥からはウエハース、バニラ、モルトがやってきます。
やはりスモーキーさは感じ取れません。

味わいはアルコール由来の辛みが強いものの、その後は酸味が主体となります。

ロックにすると、ライムの香りが揮発します。後からマスカットと青リンゴが追いかけ、バニラとモルトが締める印象です。

味わいは酸味が一気に強まり、ビターが顔を出します。

最後にハイボールにすると、マスカット、青リンゴの香りが漂い、奥からバニラも得られます。
味わいは多少の酸味を伴いつつも、奥から甘さが表れてきます。

フルーティな感じがあるものの、同じ宮城峡のフルーティ&リッチが濃厚で甘みのあるフルーツがあるのに対して、こちらは酸味が強くフレッシュな印象があります。
かなりスペイサイドモルトっぽさが強い印象です。

500mL、アルコール度数55度、価格は6500円ほどです。

なお宮城峡蒸溜所の有料試飲所では、シェリー&スイート、フルーティ&リッチ、モルティ&ソフトの3種類の飲み比べセットを頼む事ができます。

別途用意されたグラスに、それぞれの配分を決めて、自分だけのオリジナルブレンドとして楽しむ事ができます。

また、有料のセミナー付きの見学でも、これに加えてカフェグレーン ウッディ&メロウの4種類をブレンドして香りや味わいを楽しむ事ができます。

<個人的評価>

  • 香り C: マスカット、青リンゴなどの爽やかなフルーツがメイン。奥からバニラ、モルト。
  • 味わい B: 酸味が主体。ロックではビターが目立つが、加水で甘みが出る。
  • 総評 B: スペイサイドっぽさがあるボトル。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニッカ シングルモルト 宮城峡 モルティ&ソフト 500ml
価格:18230円(税込、送料別) (2018/5/28時点)



miyagikyo_fr_今回は、ニッカウヰスキーの宮城峡蒸溜所限定ボトル、シングルモルト宮城峡 フルーティ&リッチを飲んでみます。

フルーティ&リッチでは、蒸溜前のもろみを造る段階、つまりは醸造の段階に工夫を行っているのが特徴です。

醸造の段階では、大麦麦芽をお湯に漬けて麦芽糖を抽出した麦汁に酵母を加え、酵母が麦芽糖を消化してアルコールを排出させることで、もろみを生み出します。

このフルーティ&リッチに使う酵母に、より多くのフルーティな香りを与える物を採用する事で、豊かなフルーティさをもたらしているとの事です。

では、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は明るい黄金色、香りは強いアルコール感の後に青リンゴがやってきます。

口に含むと、青リンゴが先に現れ、次にオレンジ、紅茶、バナナと続きます。ピートもそこそこ広がります。
味わいはアルコールからの辛さはあるものの、酸味が強く、後からビターが続きます。

ロックにすると、青リンゴとアルコールが揮発するように強い香りを発します。その後にパイン、オレンジ、桃、バナナ、マンゴーが顔を出します。
味わいはビターが表に出る物の、奥から甘みも感じ取れます。

最後にハイボールにすると、青リンゴと桃の香りがほのかに感じられ、後からオレンジの爽やかさも得られます。
味わいは酸味と苦みが半々で、刺激が強めです。

名前は伊達ではなく、比較的甘く濃厚なフルーツを感じられるボトルになっています。
一方で味わいではフルーツの香りに釣り合う甘さは少なく、ビターが表にある印象です。
後日紹介するモルティ&ソフトと組み合わせる事で、香りと味わいのバランスがとれるように思われます。

500mL、アルコール度数55度、価格は6500円ほどです。

<個人的評価>

  • 香り A: 青リンゴがメイン。オレンジ、バナナ、マンゴー、パイン、桃、紅茶と豊か。
  • 味わい C: 酸味が前にあり、その後にビター。甘さは少ない。
  • 総評 B: 香りを楽しむボトルと割り切るべきか。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

宮城峡 フルーティ&リッチ 500ml
価格:16980円(税込、送料別) (2018/5/23時点)


miyagikyo_ss_今回は、ニッカウヰスキーの蒸溜所限定ボトル シングルモルト宮城峡 シェリー&スイートを飲んでみます。

ニッカでは余市、宮城峡それぞれで異なるタイプの原酒を貯蔵していますが、宮城峡では蒸溜所限定ボトルとして、シェリー&スイート、フルーティ&リッチ、モルティ&ソフトの3種類の原酒をカスクストレングスの形で販売しています。

以前は12年熟成の原酒を私用していましたが、ウイスキーブームなどによって長期熟成原酒が不足したため、現在ではノンエイジの原酒が使用されています。

では、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色はシェリー樽原酒らしい濃厚なアンバー、香りはエステリーさが目立つ中にレーズンをほのかに感じます。

口に含むと、アルコールからの刺激が強く通った後、レーズンとレモン、奥からカカオが香ってきます。
味わいはアルコールからの辛さが強いものの、後から酸味と甘みが追いかけます。

ロックにすると、接着剤のような香りが鼻を突き、レモンやライムなどの柑橘系の香りが広がります。一方でレーズンはかなり控えめになります。奥の方からはカカオ、モルトが顔を覗かせます。
加水が進むと柑橘系やエステリーさは抑えられ、レーズンが前に出てきます。

味わいはビターが前に来た後、酸味が追いかける印象です。甘みは後味として残ります。

最後にハイボールにすると、レーズンというよりもブドウの香りが目立ちます。
味わいはビターは抑えられ、甘みが目立つ感じです。

以前に飲んだ、シングルモルト余市 シェリー&スイートと比べると、ゴムやナッツの香りはなく、それほど濃厚な印象ではありません。
反面、アルコールやエステリーさが強く、ストレートやロックの飲み始めは厳しい感じです。
加水をした方がいいでしょう。

500mL、アルコール度数55度、価格は6500円ほどです。

<個人的評価>
  • 香り B: シェリー樽原酒ならではのレーズンがしっかり。先にレモン、後にカカオ。アルコールの刺激、エステリーさが強い。
  • 味わい B: 酸味、ビターが前。加水で甘さが目立ち始める。
  • 総評 B: 加水する事で甘くて飲みやすく変身する。



miyagikyo2000_今回は、ニッカ 宮城峡蒸溜所限定のシングルモルト宮城峡 2000'sを飲んでみます。

シングルモルト宮城峡 2000'sは、従来のシングルカスク宮城峡に代って2014年から発売されました。
これと並行する形で1990's、1980'sも発売されましたが、ドラマ「マッサン」の影響で売れすぎた事でたった1年で姿を消しました。
しかし2017年に2000'sのみが復活しました。

2000'sは、その名の通り、2000~2009年までに貯蔵された原酒を使用しており、最低でも9年の熟成が行われているウイスキーとなっています。

ではストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色はやや明るめの琥珀色、香りはリンゴ、ライムが感じ取れます。

口に含むと、口の中にリンゴの香りがいっぱいに広がります。奥からはレーズン、ライムが続き、ピートもほのかに香ります。最後にはビターチョコレートも得られます。

味わいはアルコール由来の辛みが強く、その後は酸味が感じられます。

次にロックにすると、リンゴとピートの香りが揮発して鼻を一気に突き通してきます。加水が進むとライムの爽やかな香りが目立つようになります。
味わいは辛みが若干残るものの、酸味がメインになり、奥から柑橘系特有の苦みが追いかける感じです。

最後にハイボールにすると、やはりリンゴの香りが前に出てきて、後からブドウとハチミツの香りがついてきます。奥からは樽からのウッディな香りも得られます。

味わいは酸味と共に甘みが顔を出すようになり、とても飲みやすいハイボールになります。

若い原酒のとげが残っているかもしれませんが、ストレートだとアルコールの刺激がかなり強くて飲みにくいため、加水した方が甘みが得られて飲みやすいかと思います。

500mL、アルコール度数57度、宮城峡蒸溜所での価格は6500円ほどです。
レギュラーに比べると割高に感じるのは否めないですが、加水されていないだけ濃厚な原酒を味わえるというメリットはあるでしょう。

<個人的評価>

  • 香り B: リンゴが主体。奥からブドウ、ライム、ハチミツが続く。
  • 味わい C: ストレート、ロックではアルコールの刺激が強い。加水で甘さが目立ってくる。
  • 総評 B: まろやかさに欠ける。加水で飲みやすいボトルに変身。


kanosuke_今回は、新たに誕生した蒸溜所 嘉之助蒸溜所から発売された、カノスケニューポットを飲みます。

嘉之助蒸溜所とは、鹿児島県日置市にあるメーカー、小正醸造が2017年にウイスキーの製造免許を取得し建設された新しいウイスキーの蒸溜所です。

小正醸造は明治16年に創業した焼酎のメーカーとしても知られ、昭和32年に樽熟成させた焼酎「メローコヅル」をリリースしています。長期熟成焼酎は各メーカーから出ていますが、メローコヅルはその嚆矢となりました。

蒸溜所は小規模で、ポットスチルは3基設置されているとの事です。初溜用に1基、再溜用に2基を使い、異なる性格の原酒を造る工夫がされています。
蒸溜所は2018年4月に公開されています。

建設を記念して、ネット通販限定でニューポットが3000本限定で発売されました。
早速、私も入手しました。
入手したボトルにはロットナンバーが書いていて、私は3000本中1555番目のボトルでした。

ではストレートで飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は無色透明(ニューポットなので当然ですが)、香りはアルコールの刺激の奥にパインやドライマンゴーの香りがします。

口に含むと、グラスから香ったドライマンゴーの香りが口に広がります。奥からはカラメルがやってきます。
味わいはアルコールからの辛みは少なく、甘みとうま味が双方訪れます。ただ、そのまま飲み込むとアルコール度数59度の刺激が喉の奥に響きます。

1:1で加水すると、パインやライムの爽やかさを持った香りが前に出てきます。
味わいは、酸味が現れるものの、やはり甘みが支配的で、ニューポットとは思えないほど香りが豊かに感じられます。

この原酒がどのような樽に入れられるかはわかりませんが、そのポテンシャルは十分高く感じられます。

本格的な製品の出荷は2021年頃を予定しているとの事です。

<個人的評価>
  • 香り B: パイン、ドライマンゴー、カラメルが主体。加水でライムの爽やかさが加わる。
  • 味わい B: アルコール由来の辛さは少なく、甘みがメイン。
  • 総評 A: 3年後が楽しみになるポテンシャルの高い原酒。
嘉之助蒸溜所 オンラインショップ

necter_今回はハイランドモルトから、グレンモーレンジィ ネクタードール12年を飲んでみます。

ネクタードールでは、オリジナル同様にアメリカンオークのファーストフィル、セカンドフィルの樽で10年熟成させた後、ソーテルヌワイン樽で2年以上熟成された原酒を使用している事が特徴です。

ソーテルヌワインとは、フランス南西部のソーテルヌで作られる貴腐ブドウを使ったワインで、世界三大甘口ワインと言われるほど、とても甘いワインとして知られています。

ではストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は中庸な琥珀色、香りはリンゴとブドウの香りが漂ってきます。

口に含むと、グラスから香ったリンゴ、ブドウの香りが口いっぱいに広がります。奥からはハチミツ、バニラが続きます。

味わいは、アルコールからの辛みがあるものの、その後は軽い酸味を伴いつつも甘さがしっかり伝わります。

ロックにすると、ブドウの香りが一気に突き抜け、リンゴやハチミツの香りも更に広がります。加水が進むとフローラルな香りが奥から感じ取れるようになります。
味わいはビターが顔を覗かせるものの、甘みもそれなりに得られます。

最後にハイボールにすると、リンゴ、ブドウの香りはまだ鼻へと通ってくる事を感じられます。更に奥からは石けん、紅茶といったオリジナルでも得られた香りも現れてきます。
味わいは多少苦みがあるものの、甘さも伴っていて、比較的飲みやすい感じです。

オリジナルでは石けんや紅茶の香りがほのかに得られる印象でしたが、ネクタードールではワインらしいフルーティな香りがしっかり感じられるようになっています。

たった2年の後熟でこれだけ印象が変わるとなると、最初からソーテルヌワイン樽で10年熟成させると、くどいほどのブドウ、リンゴの香りのする原酒になるかもしれません。

700mL、アルコール度数46度、価格は6500円ほど。
12年ものとしては割高、10年オリジナルと比べると倍以上、オリジナルに加えて2年のポートワイン樽熟成を経たキンタルバンと比べても割高ですが、オリジナルよりもしっかりした香りと飲みやすさを考えると悪くないと思います。

<個人的評価>

  • 香り A: リンゴとブドウが主体。奥からハチミツ。加水されると石けん、紅茶も現れる。
  • 味わい B: ストレートでは辛み、ロック、加水ではビターがあるが、奥から甘さが得られる。
  • 総評 B: どんな飲み方でも甘みがあり、比較的万人受けの印象。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グレンモーレンジ ネクタードール 700ml(34-6)
価格:6175円(税込、送料別) (2018/4/21時点)



balblair_03今回はハイランドモルトから、バルブレア2003を飲んでみます。

バルブレア蒸溜所は、ハイランド地方北部、ドーノック湾の中程に位置し、そばにクレイグロイバーンが流れる場所に存在します。
創業は1790年と、ハイランド地方では3番目に古い蒸溜所になります。

一般的に長期熟成されたウイスキーには熟成の年数を表記する事が多いですが、バルブレアはワイン同様に蒸溜、貯蔵した年、ヴィンテージを記載している事が大きな特徴です。

今回の2003では、蒸溜と貯蔵が2003年、ボトリングされたのが2015年となっており、実質12年ものと言って良いです。
使用している樽はバーボン樽になります。

では、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は淡いシャンパンゴールド、香りは青リンゴの爽やかさがあります。

口に含むと、真っ先に青リンゴの香りとピートからのスモーキーさが口いっぱいに広がります。その後はオレンジ、バニラが続きます。
味わいは酸味が主体で、後々からビターへと続きます。

ロックにすると、やはりピートと青リンゴの香りがしっかり広がります。オレンジの爽やかさは抑えられ、バニラから繋がるクリーミーな香りが目立ちます。
味わいは苦みの方が前に来ている印象で、酸味は抑え気味です。

最後にハイボールにすると、ピートは潜み、オレンジと青リンゴの香りがほのかに漂います。
味わいはビターが先にやってきて、奥から酸味を若干得られる程度です。

全体的には、フレッシュなフルーツとピートが絡み合った興味深い香りが楽しめます。ロックや加水によってバニラの甘い香りも得られます。

700mL、アルコール度数46度で、価格は7000円ほど。12年もののシングルモルトとしてみるとかなり値が張りますが、すでに希少なボトルと考えると仕方ないところがあるでしょう。
ちなみに、2018年現在では2005がリリースされ、価格も4000円弱で購入可能です。こちらはだいたい10~11年ものになります。

<個人的評価>

  • 香り B: ピートのスモーキーさがあるものの、青リンゴ、オレンジの爽やかな香りが主体。奥からバニラ
  • 味わい C: ストレートでは酸味が前にあるが、加水でビターが勝る。
  • 総評 C: あっさりした中にスモーキーさも兼ね備え、興味深い。



an_oa_今回は、アードベッグの最新のラインナップ、アン・オーを飲みます。

アン・オーの名は、アイラ島の最南端にあるオー岬を由来としています。
岬の崖は、長年の雨風によって丸みを帯びた形状になっています。
その形状になぞらえ、アードベッグならではの強烈なピートにまろやかさを同居させたヴァッティングを行っているということです。

使用される原酒は、甘みをもたらすペドロ・ヒメネス樽、スパイシーさをもたらす新樽、そしてレギュラーのTENにも使われるファーストフィルのバーボン樽の3種類です。

まずはストレートから。
グラスに注ぐと、液色は明るい黄金色、香りはアイラモルトらしい正露丸のようなピートと、レモンの爽やかな香りがします。

口に含むと、グラスで香った正露丸とレモンが一気に広がり、スモーキー感もしっかり広がります。
その後はレーズン、バニラが後を追うように感じ取れます。

味わいは酸味がメインで、アルコール由来の辛さは思ったほど強くありません。

ロックにすると、ピートが鼻を一気に突き抜けるように感じられます。加水が進むとピートが抑えられ、シナモンのスパイシーな香りが目立ってきます。
ストレートで香ったレーズンやバニラは、飲んだ後の残り香として刻まれてきます。
味わいはストレート以上に酸味が強まった印象です。

最後にハイボールにすると、スモーキーな香りが口に一気に広がり、奥からレモン、シナモン、ブドウが付いてきます。
味わいは若干の酸味と共にビターが目立ちます。

全体的に、レギュラーのTENと比べると、シェリー樽原酒のレーズンの香りが加わり、幅が広がった印象を受けます。
一方で強烈なピートは健在で、ハイボールにしても砕けません。
それでもTENよりは角を丸めた印象があり、若干ながらソフトかな、と言う印象です。

700mL、アルコール度数46度、価格は7000円ほど。
ウーガダール、コリーヴレッカンとほぼ同じ価格ですが、十分それらに匹敵する価値はあると言えます。

<個人的評価>

  • 香り A: 独特のピートはTENよりちょっと抑えめか。その後にレモン、レーズン、バニラが続く。加水することでシナモンも訪れる。
  • 味わい A: 全体的に酸味がメイン。46度の割にアルコールの辛みは少ない。
  • 総評 A: アードベッグとしては少々まろやか。だがウイスキー全体から見れば十二分にスモーキー。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アードベッグ アン・オー 700ml 46.6度 正規 箱付
価格:7400円(税込、送料別) (2018/3/17時点)



port_sc_sp_今回は、ブルイックラディがリリースする、ポートシャーロット スコティッシュ・バーレイを飲んでみます。

ポートシャーロットとは、ブルイックラディより南に1km進んだところにあるアイラ島の街で、かつてはロッホ・インダールという蒸溜所がありました。

1929年に閉鎖された蒸溜所の跡に、ブルイックラディが倉庫、ボトリング工場を設立しました。
ここで熟成された原酒が、ポートシャーロットの名で販売されています。

実はブルイックラディは、ポットスチルを持ち込んで蒸溜所にする計画もありましたが、残念ながら頓挫してしまいました。

ノンピートモルトを使って、アイラモルトならではの正露丸の香りのするスモーキーさが少ないブルイックラディに対し、ポートシャーロットは スコティッシュ・バーレイは40ppmのヘビーリーピートモルトを採用しています。

では、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は黄金色。香りは正露丸の香りが強く鼻へ届きます。

口に含むと、強い正露丸の香りが広がり、その後は黒こしょう、シナモンのスパイシーな香りが続きます。
味わいはアルコールからの辛みがしっかりしており、後から酸味が追いかけます。

ロックにすると、正露丸と共に灰をしっかり感じるほどのスモーキーな香りが現れ、あとからライムのような苦みを伴った爽やかな香りがやってきます。
味わいは、ビターが表に立ち、酸味はひっそりと訪れる印象です。

最後にハイボールにすると、スモーキーさは軽減され、ライム、黒こしょう、シナモンの香りが前面に出てきます。
味わいはほんのりと苦みがあります。

ヘビーリーピートモルトを採用していることと、アルコール度数が50度と濃いことから、ストレートやロックでは強烈な癖を実感できるでしょう。
700mLで、価格は6000円ほど。

<個人的評価>

  • 香り B: 強い正露丸の香り、後に黒こしょう、シナモン。加水でライム。
  • 味わい C: ストレートではアルコールの辛さが目立つ。加水ではビターが前に出て、裏から酸味が続く。
  • 総評 C: アイラモルトらしい癖を味わえるが、ラフロイグやアードベッグよりも割高なのが玉に瑕。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポートシャーロット スコティッシュバーレイ 50% 700ml
価格:5594円(税込、送料別) (2018/3/21時点)



このページのトップヘ