RERAのウイスキーブログ

40過ぎのおっさんが、ジャパニーズ、スコッチを中心にウイスキーを飲み、独断で評価していきます。

カテゴリ:ウイスキー > ブレンデッドウイスキー

個人的にサントリーのウイスキーには好印象を持っていません。
確かに日本人向けにスモーキーフレーバーを抑えた飲みやすい味に仕上げていることは理解できますが、どうしても物足りない感覚が抜けません。

premiumKakuその中で気になっていたのが、2013年に発売されたプレミアム角瓶です。
通常の角瓶が1000円台前半なのに対し、こちらは1900円前後と中堅どころの値段。少し上にはスペシャルリザーブ(お店によってはローヤルが買える)、ニッカにはスーパーニッカがどっしりと構えている価格帯です。

まずはストレートで飲んでみます。
グラスに注ぐと、香りはバニラが主体で、液色はミドルな琥珀色です。

ストレートで飲むと、アルコールの刺激が先に来るものの、後からレーズンの香りが強く表れます。
味わいにおいても、アルコール由来の辛さが強いものの、後から甘さが訪れます。

傾向はブラックニッカ・リッチブレンドで感じたシェリー樽由来のものかと思われます。

ロックで味わってみると、スモーキーな香りはそこそこで、サントリーらしく抑え込んだ感があるものの、ウイスキーファンでも不満がない程度に残しています。
アルコールの刺激も43度ならではのレベルはあるものの、レギュラーの角瓶ほどの臭みは感じられません。プレミアムの名は伊達ではありません。 

氷がだいぶ解けて加水が進んでも、香りが落ちることは少なく、水割りやハイボールで飲む人にも十分感じられるでしょう。

確かに、全体的には角瓶の上を行くプレミアムの名は伊達ではありません。
ただ、熟成感、まろやかさの点では一歩足りない印象を感じます。

この上となると、ローヤルを飛び越えて、山崎や白州、響を求める必要があるでしょう。

<個人的評価>
香り:B シェリー樽原酒由来のレーズン、さらにはバニラなどの甘い香りが鼻をくすぐる。
味わい:B どんな飲み方でも甘さが目立ち、多くの人に受け入れられる。
総評:B サントリーとしてはできのいいウイスキー。値段相応。続きを読む

glenRoy一般的に、スコッチウイスキーは安いブレンデッドでも1000円前後が最安値になりますが、今回の銘柄は、税込みで750円という格安の値段がついていました。

その名は「グレン・ロイ」というものです。

が、ネットでいろいろ調べてみても、その情報はほとんど見つからず、正直、怪しさプンプンです。

ともあれ、ストレートから飲んでみたいと思います。

グラスに注ぐと、液色は一般的な琥珀色、香りはアルコールの奥に青リンゴらしきものが何となく感じられます。
口に含むと、アルコールの刺激の奥に、ゴム、青リンゴ、バニラ、バナナ、ライム、モルトの香りがします。ただ、それほど強くはありません。
味わいは、アルコールからの辛さがあるものの、 奥から酸味と甘さを感じ取ることが出来ます。

ロックにすると、アルコールの刺激は柔らかくなり、香りも豊かに開いていきます。それでも、ゴムの香りが先に来るので、人によっては違和感を感じるかもしれません。
味わいは酸味と柑橘系の苦さが主体になり、奥から甘さを感じることが出来ます。

最後にハイボールにしてみると、飲み始めにゴムの香りを感じますが、それ以上の香りは消えてしまった印象があります。
味わいも炭酸の刺激で飛んでしまったようです。 

全体的に見ると、ロックが最も香りも味わいも楽しみやすいように思えます。
価格を考えてみると、同価格帯の国産よりも上で、晩酌用として飲むにもいいかと思います。

なお、容量は700mL、アルコール度数は40度となります。 

怪しい部分はあるものの、他の1000円スコッチと比較しても、決して見劣りはしないブレンドになっています。

なお、同名のブランドで、ブレンデッドモルトのボトルもあるようなので、見つけたらレビューしようと思います。

<個人的評価>

  • 香り C : ゴムの香りに違和感があるものの、ストレートではバナナ、加水してもバニラ、青リンゴ、 モルトの香りが心地よい。
  • 味わい C : ストレートではアルコールからの辛さが強いが、加水で酸味、甘みを感じ取れる
  • 総評 A: 値段を加味して、晩酌用として飲むにはうってつけ。
グレン・ロイの購入はこちらから

ブラックニッカは4種類のラインナップがありますが、今回は元祖、というか2代目のDNAを引いたスペシャルを採り上げます。

bnspブラックニッカは、1956年に特級ウイスキーとして誕生しました。
初代はボトルが黒いことはスペシャルと同じですが、ラベルにはひげのおじさん、ローリー卿は描かれていませんでした。

1965年に、二代目のブラックニッカが1級ウイスキーとして発売されました。この時初めて、ローリー卿の肖像画が大きく描かれているのが特徴的なボトルです。 

ブラックニッカは、2級ウイスキーとして販売したハイニッカとともにニッカの人気を引っ張ってきました。

そして1985年、宮城峡のモルトを含めてリニューアルしたのが現行のスペシャルになります。

私が初めてスペシャルを手にしたのは2013年の時ですが、当時はクリアやリッチブレンドがメインで、一般的なスーパーやディスカウントストアでもお目にかかれず、何とか酒屋まで行ってやっと入手できました(ハイニッカはペットボトルのみで、700mlのボトルはありませんでした。なぜかG&Gの北海道限定ボトルがありましたけどね)。 

しかし、ドラマ「マッサン」が放送されると、ニッカが竹鶴政孝の信念を継承した本格的なウイスキーを消費者に提供しようと、ハイニッカとともにスーパーなどにも出回るようになりました。

まずストレートで。液色は少々濃い琥珀色、グラスからの香りはリンゴを思わせるものがあります。
口に含むと、アルコールの刺激が表に出ますが、その後はカラメル、ウエハース、バニラ、リンゴ、レーズンの香りが続きます。
味わいはアルコールからの辛さが強めに出ます。

ロックで味わってみると、最初は当たり障りのなくスモーキーな香りも抑え気味ですが、シェリー樽原酒から来るであろう香りはリッチブレンドよりも濃厚。
しかし後味にスパイシーな刺激が加わって、リッチブレンドよりも癖を持った味になっています。
味わいは甘みを持ちつつもアルコール由来の辛みもあり、なかなかに飲みごたえのあるボディになっています。

最後にハイボールにしてみると、ほのかにモルト、青リンゴの香りが前に来ます。
味わいは、ビターが前に出るようになり、後味として甘さを感じ取れます。

リッチブレンドに比べるとウイスキーらしい癖が強いものの、ディープブレンドほどの強烈なピートの香りはなく、飲みやすい部類に入るでしょう。 

価格は700ml、42度で1400円ほど。リッチブレンドよりも少々お高いですが、ウイスキーらしいしっかりした味を楽しむうえでは十分なコスパでしょう。
当たり障りのないウイスキーから、個性の強いものへステップアップするにはうってつけかもしれません。

<個人的評価>

香り B: シェリー樽原酒からの華やかな香りと、程よい余市モルトならではのスモーキーな香りが絶妙に絡み合う。
味わい A:他のブラックニッカと比べてもボディが重厚で飲みごたえがあります。アルコール由来の辛みがあるものの、濃い甘みもあとからやってくる。
総評 A:1000円台前半としてはしっかりとした味わいがあり、リッチブレンドよりお勧め。ノンエイジのブレンデッドスコッチにも対抗できるほどの個性。


new_kakubin2016年4月に、角瓶と白角がリニューアルされました。

角瓶においては、見た目の大きな違いとして、「角瓶」の名に沿うかのように、より角張ったボトルとなったほか、創業者である鳥井伸治郎のサインも前のラベルに記されました。

また、サントリー側ではブレンドの変更もしたと言うことで、ではではと試してみました。

いつものように、最初はストレートで。
液色は少々薄い琥珀色、香りはカラメルの甘さが強く出ています。

口に含むと、アルコールの刺激は強くないものの、ふわっとした香りは感じ取れません。
味わいも、アルコールから来る辛さの後に、砂糖のような甘さがあります。

ロックにすると、シェリー樽原酒から来る レーズンの香りはするものの、それほど強さは感じられず、後からほのかにウッディ、モルトが感じ取れます。
味わいは刺激が少なくなったことで甘さがありますが、それほど強くはありません。

白角と比べても、なんとなく薄っぺらいイメージはそれほど変わらず、多少香りが濃くなったか、という感じでした。
そして、不明の頭痛が私を襲いました。やっぱり何かよからぬものでも入れてないか、と疑問に思いました。
これを買うくらいなら、もっと安くてそこそこ飲めるトリスクラシックか、ホワイトを選んだ方がいいです。

やはり、今の角瓶は割って飲まないと耐えられないことに、変わりはありませんでした。
kakubin_ba
比較として、購入した酒屋さんでまだ売られていた復刻版の角瓶も入手したので、それも改めて飲んでみます。

ストレートではピートのスモーキーさが強く、樽の熟成によるウッディさが強く感じ取れます。
香りの深さに釣られる形で、味わいの甘さがあるものの、現行品以上の深さがあります。

ロックにすることで、さらに香りが広がり、飲んで楽しめるものになっています。

改めて比較しても、今の角瓶は名ばかり、といえるほどの雲泥の差です。

もしご年配の方で角瓶を愛しているのであれば、酒屋さんで偶然にでも復刻版を見つけたら、是非飲んでほしいです。
本当の角瓶の思いがよみがえることでしょう。

現行品は値上げされ、700mL、アルコール度数40度で、価格が1500円になっています。
ちょっとお金を出せばオールドが買えますが、私であればオールドにします。
同じ味で、というなら、トリスクラシックがベストでしょう。

<個人的評価>

  • 香り D: ストレート、ロックともに「薄い」。 
  • 味わい D: 全体的に甘いものの、それ以上に訴える味がない。
  • 総評 E: 全体的に薄っぺらく、トリスとの価格差が適切でないと思える。リニューアルの方向が間違っている。あと、変なもの入れてない?? 


復刻版 サントリー 角瓶 43度 700ml
価格:1674円(税込、送料別)


サントリー響は、創業90周年を記念して発売された銘柄で、最高級ブランドとして1989年に誕生しました。

名前の由来は、長期熟成した様々な原酒をブレンドすることによって、豊かな響きあい(ハーモニー)を奏でるウイスキーにしたい思いから来ています。また、当時のコーポレートスローガンであった「人と自然と響きあう」というのにもあてはめられています。
当時のチーフブレンダーがイメージしたのが、ブラームスが作曲した交響曲第一番の第四楽章でした。

特に4分30秒後のフレーズは様々なアレンジで広く知られています。このあたりの響きあいはイメージを想起させてくれるかもしれません。

bhibiki17響17年は、ラインナップの中で最初に登場したもので、17年物のモルト、グレーンを30種類もブレンドしています。スコッチであればさまざまな蒸留所から買い付けていかないといけませんが、山崎とサングレインが所有する知多でいろいろな原酒を試し続けたことが甲斐となっているのでしょう。

特に山崎のミズナラ樽原酒は、海外からも独特の香りがあるとして高い評価を得ています。

ではいつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は濃い琥珀色、香りは梅、接着剤で、強く感じ取れます。奥を探ると、ミズナラ樽ならではの白檀の香りもほのかに感じ取れます。

口に含むと、アルコールの刺激がほのかに感じ取れた後、カラメルの香りが感じられ、グラスからかいだ梅の香りは思ったほど口からあふれてきません。
ただ、時間を経過すると、ピート、青リンゴ、プラム、レモンなど、様々な香りが後を追うように感じられます。いずれもかなり濃厚喝強さのある香りです。
味わいはアルコールから来る辛さはあるものの、思ったほど強くはなく、多少の甘さ、柑橘系の酸味とビターを感じます。しばらく経つと、後味に昆布のようなヨード感も現れます。

加水すると、柔らかいピート、ナシ、青リンゴ、ブドウの香りが立ち上がり、フルーティな印象に変わります。
味わいは酸味と苦みが少々強くなった感じです。
さらに1:3の水割りにすると、香り自体は薄くなってしまいますが、酸味と多少のしょっぱさを持った不思議な味わいとなります。

次にロックにしてみます。
香りは一転してわさび、次に接着剤、青リンゴ、奥からチョコ、バナナ、モルトのコクのある香りが追いかけます。
味わいは、酸味が落ち着き、甘さを感じやすくなってきます。
しかし氷が解けてくると、最初に感じ取れた梅の香りをやっとかぐことが出来ます。

最後にハイボールにすると、水割りとは異なり、モルトの甘さが強調された味わいになります。
ただ、フルーティな香りを楽しみたいのであれば、響1に対して、炭酸水は2~2.5のかなり濃いものにする必要があります。

全体的に見ると、エントリーモデルたる(といっても5000円クラスの)JAPANESE HARMONYと比べると、全体的な香りは格段に上で、飲み方によって印象が変わる意味でも、一見穏やかでありながら飽きの来ないブレンドになっています。

一方で、残念ながら販売終了した12年と比べると、12年ものでは梅酒樽原酒の仕様や30年熟成の原酒を香り付けに使う工夫があって、濃厚な香りと日本らしい味わいがありましたが、17年ものは安価な銘柄にも使う原酒を17年熟成させてブレンドした印象があり、12年ものほどの傾いた印象はありません。サントリーらしい、日本人好みの香り、味わいを考えたものになっているように思えます。
この点では、人によってどちらがいいか、評価が分かれる点だと思います。

価格は700mL、43度で12,000円ほど。なかなか手を出しにくい値段です。
ちなみにベビーボトルは1,500円ほど。2ショットほどしかないですが、お店で頼むよりは安いかもしれません。

これ以上になると、21年、30年がありますが、庶民が手を出す代物ではないのは間違いありません。

<個人的評価> 
・香り A: ストレートと加水で別の顔を見せる。
・味わい B: 深みがあるが酸味がメインで、多少の癖を持つ。
・総評 A: 最高級ブランドを謳うだけの格式がある。ジャパニーズウイスキーらしい逸品。



久しぶりにオールドボトルを飲んでみたいと思います。

今回取り上げるのは、 サントリークレスト12年です。
1989年に、サントリーの創業90周年を記念して、響(17年)とともに発売されました。

その名の通り、12年ものの原酒を使ったブレンデッドウイスキーで、発売当時の価格は5000円でした。

ご多分に漏れず、発売当初からCMにも力を入れていました。
今でこそ角瓶のCMソングになっている「ウイスキーがお好きでしょ」も、元々は1990年にクレスト12年のCMソングとして作られ、演歌歌手の石川さゆりが歌っていました。
 

このほか、発売当初は映画監督の黒澤明、初代007役のショーン・コネリーと、十分に顔になる人物をイメージキャラクターに起用していました。

残念ながら、2006年に販売は終了しました。

crest12今回、行きつけの酒屋さんでたまたま見かけて購入しました。
調べたところ、ボトルのデザインとマークから、1992年以降に発売されたものと思われます。

では、ストレートから飲んでいきます。
グラスに注ぐと、液色は少々濃いアンバー、香りはメロン、ラムレーズン、青リンゴと、かなりフルーティです。

口に含むと、アルコールの刺激はそこそこで、メロン、ラムレーズン、青リンゴのほかに、ゴム、バニラ、ほんのりとした接着剤の香りも伴ってきます。
今まで飲んだウイスキーと比較すると、グレーンウイスキーの知多や山崎のノンエイジに近いものを感じ取れます。

味わいはアルコールの辛さが前に来ていて、甘さ、酸味がほのかに感じ取れる感じです。
それでも、香りは比較的強く、味がそれに釣られてくる印象です。 

ロックにすると、アルコールの刺激は消えて、バニラの香りが前に出てきて、ウッディさやモルトの香りが追いかけてきます。
一方で、ストレートで感じたフルーティな香りは、奥でひっそりとほのかに薫る感じです。
味わいも、アルコールから来る辛さが抑えられ、ほんのりと甘さと酸味を感じ取れるほどで、穏やかな印象になります。
この辺りは、響 JAPANESE HARMONYと現行のローヤルと中間の印象があります。 

加水が進んでも、飲み始めの香り、味わいが薄れることがなく、しっかりと続いてきます。

最後に1:3のハイボールにしてみます。 
腰砕けになるかな、と思いましたが、なかなかにオイリーで燻製のごときスモーキーさが現れ、炭酸に負けない個性を感じ取れました。
ただし、事前にしっかりボトルをシェイクすることをおすすめします。

最近になって終売した響12年は、梅酒樽原酒と30年熟成原酒を使って香りに工夫を凝らしましたが、クレスト12年は、レギュラーの山崎、白州、知多の12年原酒を使って、これがサントリーウイスキーの12年ものです、という主張が強い気がします。

それでも、響 JAPANESE HARMONYに比べればストレートでも香りが豊かで、十分5000円の価値がつくものになっています。 

おすすめできる飲み方は、ロック、トゥワイスアップ、ハーフロックでしょうか。ストレートでもいけますが、少々アルコールの刺激が来ることは認識した方がいいでしょう。
ただ、水割り、ハイボールでしか飲めない人であっても、味気なさを感じなくてすむでしょう。
この発売当時は、まだウイスキーが飲まれている時期であり、水割りやロックが主体となっていたので、それを計算したブレンドになっているのかもしれません。

終売となっていますが、今でもオールドボトルが通販、オークションでも出回っていますので、是非飲みたい方はチャレンジしてもいいでしょう。

<個人的評価>

  • 香り B: ストレートでメロン、ラムレーズン、青リンゴ、バニラ。ロックだとウッディに。
  • 味わい C: ほのかな甘さと酸味。全体的に穏やか。
  • 総評 B: 食中酒としていただくにも、あまり料理を殺さない。サントリーらしいウイスキー。



cs_proh今回はカティサークの中からプロヒビションを飲みます。

プロヒビションとは、英語で「禁酒法」のことで、アメリカで1920年から1933年まで施行されていました。

カティサークが誕生したのは1923年ですから、その当時はアメリカで販売することも出来なかったわけです。

そんな状況で、カティサークを密輸していたのが、「ウィリアム・フレデリック・“ビル”・マッコイ」 という一人の船乗りでした。
彼はバハマを経由して、東海岸へと輸送していました。

しかし、禁酒法時代においては粗悪な模造品も出回っていた中で、マッコイは本物のウイスキーを提供し続けたことで、正真正銘という意味で「The Real McCoy」という慣用句が生まれるほどの伝説を生み出しました。

禁酒法が廃止されると、カティサークはアメリカでも人気のスコッチとなりました。

そんなマッコイの業績をたたえ、2015年にリリースされたのが、今回のカティサーク プロヒビションです。

早速ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は少々薄めの琥珀色、香りはラムレーズンのような芳醇さが有ります。

口に含むと、まずレーズンの香りがふんだんに広がりますが、後から黒胡椒の香りが後にやってきます。

味わいもスパイシーが前に来ていて、50度のアルコールの刺激も正面から当たってきます。ボディもあり、かなりのパンチ力です。

ロックにすると、アルコールの刺激に加えてピートの香りも強くなり、より癖が強くなります。

味わいもスパイシーさがメインになり、ストレート以上に強烈なパンチが浴びせられます。

レギュラーとは打って変わって、甘さは殆ど感じられず、とてもスパイシーで刺激的なボトルになっています。
ですので、レギュラーの気分で買ってしまうと、とても面食らってしまうでしょう。

700mL、アルコール度数50度で、価格は3000円ほど。

<個人的評価>

  • 香り B: ストレートではシェリー樽原酒由来のレーズンの香りが強いが、黒胡椒、ピート、アルコールが後に控える。
  • 味わい C: スパイシー。ストレート、ロックでも辛さがメインで、パンチが効いている。
  • 総評 B: レギュラーとは異なるアイランドモルトのような荒々しいボトル。


bn_rich012013年3月にニッカから新しく出たのが、「ブラックニッカ リッチブレンド」です。

シェリー樽で熟成されたモルト原酒をメインにした新しいウイスキーです。

ブラックニッカには、元祖を継承するスペシャル、初心者向けのクリア、熟成を重ねた8年(2014年8月で終売)がすでにありますが、リッチブレンドは8年やスペシャルとほぼ並ぶ形の価格に設定されています。

まず、ストレートで味わってみます。
グラスに注ぐと、液色は淡い琥珀色、香りはラムレーズンが主体になって漂います。

口に含むと、最初はかなり穏やかですが、段々とレーズン、バニラ、ウエハースの香りが浮かび上がってきます。

味わいは酸味が主体ですが、それもおとなしく、アルコールの刺激はそこそこのレベルに有ります。

ロックにしてみると、若干ピートの持つスモーキーさがほんのり加わり、ストレート以上にレーズンの香りが強まります。

味わいはビターが若干目立つようになり、後々になって甘さがゆっくりと訪れます。
加水が進むにつれて、ビターと甘さの度合いは逆転していきます。

全体的に見ると、リッチブレンドの名の通り、同じ価格帯のジャパニーズウイスキーとしては香りを重視したブレンドに仕上がっています。

同じブラックニッカでも、クリアに比べれば香りが豊かで、スペシャルに比べると癖が抑えられてスムーズに感じられます。

ストレートやロックでも飲めますが、ウイスキーが慣れていない人が頼む水割りやハイボールにすることで、甘く香りもよくいただけるでしょう。

700mL、アルコール度数40度で、価格は1200円ほど。

<個人的評価>(A~E)
香り B: ストレートでは薄いものの、ロックや加水でレーズン、バニラ、ウエハースの香りとスモーキーさが現れる
味わい C: ストレートでは酸味、ビターがメインだが、加水されるごとに甘さが増してくる。
総評 C: あまりクセのあるウイスキーに手が出ない人にはピッタリ。水割りなどで甘く豊かな香りが得られる 


続きを読む

old私の両親の世代、団塊の世代にとって日頃飲むサントリーのウイスキーがトリスやレッドであれば、オールドは贅沢な銘柄、バーやスナックでボトルキープしたお酒ではないでしょうか。

1950年に発売以来、サントリーのメインストリームとして売られ続けています。その形状から、ダルマという愛称もあります。

テレビCMも長らく行われていて、「人間みな兄弟(夜が来る)」は、40年近くCMのBGMとして愛され続けました。
CMにおいては、多くの名優、開高健などの作家も出演するなど、長らく力を入れ続けた銘柄です。

現在のブレンドは2008年に改められ、昔ながらの味に回帰しつつ、アルコール度数を43度に上げています。

かつては高嶺の花だったオールドも、酒税の改正などを経て、2000円でおつりが来る手頃なお酒になりました。

まず、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は少々淡い琥珀色。香りは多少のピートとナシの香りがします。

口に含むと、多少のアルコールの刺激があるものの、先にレーズン、その後にバニラ、ナシ、カラメル、モルトの香りが追いかけます。

味わいは酸味が主体で、甘さが奥からゆったり追いかけるイメージです。

ロックにすると、一気にアルコールが立ち上がってくるイメージで、ストレートで感じられた香りが潜んでしまいます。代わりにピートのスモーキーさが目立ってきます。

味わいも、辛さが前に出た後、ビターも伴っていて、甘さはさほど感じ取れません。

最後に1:3の割合で水割りにしましたが、辛さは消えてロックほどのビターはなくなり、甘さを感じ取れるようになります。
香りもレーズン、バニラがほのかに香り、柔らかいピートも感じ取れます。

和食に合うウイスキーとして研究し、多くの割烹、料理屋に売り込んだだけのことはあり、和食の繊細な味わいを損なわない程度の穏やかな香り、味を堪能できます。

オールドは、ストレートでは華やか、ロックでは荒々しく、水割りでは上品で甘い香り、味わいを楽しめるようになっています。
そういう意味では、ウイスキーとしての幅をちゃんと確保していて、角瓶以下との格の違いを感じ取れます。

ただ、角瓶の復刻版に比べると華やかさに欠けるイメージがあり、もしオールドの復刻版が出たら、響 JAPANESE HARMONYすらもかすむような香り、味わいがあったのかもしれません。

価格は700mL、アルコール度数43度で、1700円前後です。

角瓶がリニューアルによって1500円になりましたが、200円出せば確実にワンランク上の銘柄を手にできますから、角瓶ファンこそ改めて飲んでほしいと思います。
また、現役バリバリの時には高嶺の花だった世代の方々には、改めて今だからこそ手軽に入るオールドを飲んでもいいと思います。

<個人的評価>(A~E)
・香り B: ストレートでレーズン、バニラ、ナシ。加水するとピートが感じ取れる。
・味わい B: 甘さは控えめ。ストレートは酸味、ロックは辛さとビター。
・総評 B: 角瓶よりもウイスキーらしさがしっかりしている。水割りだと和食との食中酒に適する。


togochi今回は、日本の地ウイスキーから、中国醸造の戸河内ウイスキーを飲んでみます。

戸河内ウイスキーとは、広島県廿日市市にある中国醸造が販売しているウイスキーで、同じ広島県安芸太田町戸河内(旧戸河内町)にある貯蔵庫にウイスキーを熟成させたものになります。

この貯蔵庫は、かつての国鉄が387mにわたる試掘トンネルとして掘られたもので、年間14℃ に保たれていることから、ウイスキーを熟成させるのに都合が良いと再利用されたものです。

使用されている原酒を調べてみると、中国醸造で自前で蒸溜しているという記載はなく、蒸溜所やポットスチルの写真もありません。
おそらくはスコットランドからニューポットのモルト原酒とグレーン原酒を樽ごと輸入して、そのまま貯蔵庫で熟成させたのではないかと思われます。

先行して限定販売された18年も、元はスコッチのモルト原酒と4年熟成のカナディアンのグレーンをブレンドしてから18年マリッジさせる形で貯蔵したものだったそうで、ジャパニーズウイスキーという定義では「?」がつきます。

何はともあれ、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色はなんととても淡いメッキをかける前のホワイトゴールド。着色でカラメルを使っていない感じです。香りはアルコールがメインにあります。

口に含むと、メロン、バニラ、クリームの香りが口に広がります。

味わいは酸味が主体で、後から甘さがついてきます。

ロックにすると、エステリーさが強くなり、青リンゴ、ナシの香りが強くなります。
味わいも酸味の後にビターが感じ取れるようになります。

全体的にふと感じられるのは、ウイスキーというよりも熟成された本格焼酎に似た雰囲気でした。
中国醸造は日本酒、焼酎の製造もおこなっていますが、ウイスキーを熟成する貯蔵庫には、日本酒、焼酎も熟成のために貯蔵しているようです。
それとは関係あるかがわかりませんが、以前に飲んだ樽熟成された麦焼酎に似た香りを感じました。

ただ、ウイスキーとしての出来においては悪いとは言えず、大手のウイスキーを飲んだ人には興味深い香りと味わいに思えるでしょう。

しかしながら、ジャパニーズウイスキーを語るのであれば、モルト原酒、グレーン原酒も自前で醸造、蒸留して仕込んでほしいと心から思います。

700mL、アルコール度数40度、価格は2500円ほど。

<個人的評価>
・香り B: 若いながら、メロン、バニラ、青リンゴ、ナシと豊富な香り。
・味わい C : ストレートでは甘さ、加水すると酸味とビターがメイン。
・総評 C: 悪くはないが、ジャパニーズウイスキーを名乗るのはどうかと...



このページのトップヘ