RERAのウイスキーブログ

40代のロスジェネおっさんが、世界各地のウイスキーを飲み、独断で評価していきます。

カテゴリ:ウイスキー > バーボン、アメリカン

knob_今回は、クラフトバーボンのひとつ、ノブクリークを飲んでみます。

ノブクリークは、ジムビームを製造するビーム社が手がけるクラフトバーボンブランドの一つです。
その名称は、ケンタッキー州出身の第14代アメリカ大統領、リンカーンが幼少期に住んでいた土地の小川の名称です。

ノブクリークのコンセプトは、禁酒法以前にアメリカ政府の品質管理法の下で作られた高品質のバーボンを再現することにありました。

19世紀の後半になると、多くの地でバーボンが作られていたものの、粗悪品も存在し、バーボン市場に混乱をもたらしていました。
そこで連邦政府は、適切な酒税獲得も目的として、「ボトルド・イン・ボンド法」が1897年に制定されました。

その条件とは、
  • 単一の蒸溜所で、1年の内の1シーズンだけ蒸溜した原酒を樽詰めすること。
  • 連邦政府の税官吏の監督の倉庫で、4年以上熟成させること。
  • アルコール度数50度(100プルーフ)以上で瓶詰めすること。
というものでした。この条件をクリアーしたバーボンは「ボトルド・イン・ボンド」あるいは「ボンデッド」の称号を名乗ることが出来ました。

ノブクリークでは、9年以上の熟成を行い、当時の法律同様に50度のアルコール度数のままボトリングを行っています。

ボトルの形状やラベルは、禁酒法時代にブーツに隠しやすいフラスクボトルを模し、警察などの目を盗むように新聞紙にくるんで飲んでいたことにちなんだものになっています。

まずはストレートから。
グラスに注ぐと、液色は茶褐色、香りはバーボン特有の接着剤、そしてレモンが香ります。

口に含むと、レモン、リンゴ、ハチミツ、ナッツ、バニラと続きます。
味わいはアルコールの辛みは少なく、甘さが前に来て、酸味が追いかける印象です。

ロックにすると、ナッツの香りが表に来るように揮発し、後からリンゴ、バニラ、カカオと甘い香りが続きます。
味わいは、ビターが目立ってきますが、それでも甘みと絡んで、複雑な印象になります。
加水が進むと、ビターは薄まり、さらに甘みが増してきます。

最後にハイボール。香りは接着剤がやっと現れ、続いてナッツ、リンゴ、バニラと続き、後には海藻を感じ取れます。
味わいは、ビターが優勢になり、苦みの利いたハイボールになります。

50度のアルコールを感じさせないほど、まろやかで甘みが強いバーボンと言えます。特にロックで飲むことで、その魅力を堪能できるでしょう。

一方でハイボールにすると、レギュラーのジムビームブラックのように、苦みが強いものになり、ビールが好きな人でない限り、あまり好んで飲むものとは言えないでしょう。

750mL、価格は4000円ほど。
バーボンとしては結構なお値段ですが、損をさせない見事な出来です。

<個人的評価>

  • 香り A: エステリーさは少なく、レモン、リンゴ、ハチミツ、ナッツ、バニラ、カカオと続く。
  • 味わい A: アルコールの辛さは少なくてまろやか。ただ、加水が進むとビターが目立つ。
  • 総評 A: ストレート、ロック、トゥワイスアップで甘い香りと味わいが楽しめる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ノブクリーク 750ml
価格:3720円(税込、送料別) (2018/2/25時点)


jb_black_今回はバーボンから、ジムビーム ブラックを飲んでみます。

現在、ジムビームはレギュラーが4年熟成、ブラックが6年熟成です。
以前のブラックは8年熟成でしたが、現在日本では正規販売されていません。
ただし、2種類の樽で4年ずつ熟成させるダブルオークがラインナップされています。

ではストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は中庸な琥珀色、香りはメロンを思わせます。

口に含むと、アルコールの刺激は少なめで、香りはメロン、レモン、ヨード、バニラと続きます。
味わいは辛さが少々強めですが、後から酸味が広がります。

ロックにすると、バニラの香りが一気に開きます。その後はバナナ、ナッツが追いかけてきます。後として、海藻のようなヨードを得られます。
加水されていくと、柑橘系の爽やかさも漂い始めます。
味わいは苦みを持ちつつも、奥から酸味が広がってきます。

最後にハイボールにすると、先にヨードが訪れて、その後にバニラの甘い香りが続いてきます。
味わいは苦みが強めで、すっきりと飲めるとは言い切れません。

全体的には、レギュラーのホワイトに比べて一段濃厚な香りと味わいがあると言えます。
しかし、味わいは全体的にビターが強めとなっていて、甘さが前に出るホワイトに比べると癖が強めです。

700mL、アルコール度数40度、価格は2000円です。

<個人的評価>

  • 香り B:レモン、メロン、バニラ、ヨードと、バーボンのスタンダードな香りが広がる。
  • 味わい C:ビターが強め。飲みやすいとは言いがたい。
  • 総評 C: レギュラー以上に濃厚だが、癖が強く、じっくり飲むタイプ。



henly_今回は、バーボンからヘンリー・マッケンナを飲んでみます。

ヘンリー・マッケンナとは、アイルランド出身のディスティラーで、地元の蒸溜所で働いた後、1839年にケンタッキー州フェアフィールドへ移住しました。

そして1855年に自らの手によるウイスキーを生み出しました。
その製造工程の殆どが手作業によるもので、当初は1日に一樽作れるかどうかの少量生産でした。そのために「幻のバーボン」と呼ばれていました。

製法にはいくつの特徴がありますが、特に貯蔵においては、オープンリック方式と呼ばれる、窓を広く開けて風通しを良くした貯蔵庫において熟成を行う点にあります。

今回飲むボトルは、並行輸入品になります。キリンから発売される正規品では、ボトルに直接プリントされたものになりますが、並行輸入品はラベルを貼り付けたものになります。

まずはストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は中庸的な琥珀色、香りはバーボンらしい接着剤がしっかり通ります。

口に含むと、先にメロン、その後にバナナ、ナシ、締めにバニラが訪れます。
味わいはアルコール由来の辛さがそこそこありつつも、その後に酸味をしっかり感じられます。

ロックにすると、ナシの香りが先に立つようになり、その後にバニラ、バナナ、生クリームへと続きます。
味わいはビターが強くなります。

最後にハイボールにすると、メロンの香りがほのかに漂い、あとからウッディ、バニラと続きます。
味わいはロックとは一転して甘さが前に出てきます。

全体的に見ると、バニラのようなの甘さはあまり感じられず、エステリーさやフルーツの香りが前に来た印象です。
苦みを持ちつつもさっぱりした印象ですが、幻のバーボンと言えるほどの熟成感は希薄です。

750mL、アルコール度数40度、価格は2000円ほど。一方で正規品は3000円を超えます。

<個人的評価>

  • 香り C: メロン、バナナ、ナシが主体。バニラ、クリームの香りはあるが薄め。
  • 味わい B: ストレートでは酸味が少々、ロックはビターメイン、更に加水すると甘みが出る。
  • 総評 C: 比較的さっぱりしていて、幻のバーボンとは言えない印象。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【並行】 ヘンリーマッケンナ 40度 750ml
価格:1799円(税込、送料別) (2017/12/17時点)


gentle_今回は、ジャックダニエルの1グレード上のボトル、ジェントルマンジャックを飲んでみます。

テネシーウイスキーとして知られているジャックダニエルと、ケンタッキーストレートバーボンとの大きな違いの一つとして、サトウカエデの炭に蒸溜した原酒を通して濾過を行う、チャコールメローイングが挙げられます。

このジェントルマンジャックは、このチャコールメローイングを2度行うことで、さらなる香り付けを行っている特徴があります。

ではストレートから飲んでみます。今回は比較のため、レギュラーのOld No.7も飲んでみます。

グラスに注ぐと、液色は濃厚な琥珀色、香りはメロンを強く感じ取れます。

口に含むと、メロンとともにヨードが一気に広がります。その後、バニラ、カスタードプリンと甘い香りが続きます。
味わいは、アルコール由来の辛さが先に来るものの、続いて酸味、最後に甘さが後を引きます。

レギュラーのOld No.7では、メロンやヨードの強烈な香りは少なく、バニラやカラメルのほうが前に来ている印象です。

ロックにすると、メロンの香りは落ち着き、代わりにライムのような柑橘系の爽やかさが感じ取れるようになります。海藻のような香りが間に挟まれつつ、バニラ、カラメル、カスタードが続いてきます。
味わいはビターが前に出て、酸味がそれに絡んで来ます。甘みはストレートに比べると控えめになります。

Old No.7だと、アルコールが揮発した印象が強く、ジェントルマンジャックよりもメロンのようなエステリーさが強い印象です。
味わいもビターは控えめで、酸味の方が前に来ています。また、相対的に甘さも強めです。

最後にハイボールにすると、ヨードの香りが前に出てきます。後々からメロン、バニラ、メープルシロップの甘い香りも堪能できます。
味わいは、海藻っぽさがあるせいか、昆布のようなうまみを感じられます。冷やしただし汁というと語弊があるかもしれませんが、それに若干の甘さがあって、なんとも不思議なハイボールになります。

Old No.7では、ヨードの香りは控えめになります。後から来るメロン、バニラ、メープルシロップも弱めです。
味わいにしても、うまみは確かに感じ取れるものの、酸味が相まってきます。

チャコールメローイングを1回追加しただけで、レギュラーとジェントルマンジャックは印象の異なるボトルへと変化しているのがわかります。
単に香りが増した、という表現ではなく、海に面していないのに海藻のヨードっぽさが強く感じ取れるものになっていて、海の幸を肴にできるような印象を受けました。

700mL、アルコール度数40度、価格は3000円ほど。ノンエイジとしては高めの設定ですが、それに見合うほどの濃厚な香り、味わいが楽しめるボトルになっています。

ちなみに、この上位にはシングルバレルがあるほか、ゴールドも加わりました。
ゴールドでは、2度のチャコールメローイングに加え、後熟としてサトウカエデの樽を使っている特徴があります。

<個人的評価>

  • 香り A: メロン、ヨードが前に出て、後からバニラ、カスタード、メープルシロップが追いかける。
  • 味わい B: ストレートでは辛さがあるが、全体的に酸味、甘みがメイン。加水が進むとうま味も得られる。
  • 総評 A: アルコールの辛さが許容できれば、ストレートがおすすめ、苦手ならトゥワイスアップも一興。



ezra_black01_今回はバーボンの中から、エズラ・ブルックス ブラックラベルを飲んでみます。

エズラ・ブルックスは、19世紀初頭にケンタッキー州オーエンズボロに蒸溜所を設立、バーボンを製造していたメドレー家によって、1950年代に誕生したブランドです。

蒸溜所は小さいながらも高い評価を得て、1966年にはアメリカ連邦政府によって小規模蒸溜所として最も優れていると評されたほどです。

エズラ・ブルックスでは、一般的なバーボンに比べてコーンの割合が多く、蒸留も比較的低温でアルコールの抽出純度が低いながらも、なめらかで芳醇な香りを持っていると言われています。

ラインナップとしては、今回採り上げるブラックラベルが4年、他にオールド・エズラとして7年、12年、15年がラインナップされています。

ezra_black02_まずはストレートから。
グラスに注ぐと、液色は少々明るい琥珀色、香りはバーボンならではのエステリーな香りが広がります。

口に含むと、アルコールの刺激の後でメロンやナッツの香りが口に広がります。その後はナシ、バニラが後に続きます。
味わいは比較的辛いですが、後からビターが続き、最後に甘みを得られます。

ロックにすると、アルコールの刺激は抑えられ、メロンの香りも穏やかとなり、相対的にバニラの香りが前に出てきます。
味わいはアルコールからの辛さが取れて、酸味が前に出る印象です。

最後にハイボールにすると、ナッツや樽のような香りがほのかに漂います。
味わいは炭酸由来の酸味を感じつつもほのかに甘さもあります。

全体的にもバーボンらしいバーボンの印象があり、先に香るメロンのようなエステリーさと、奥から現れるバニラの甘い香りがあり、個性はそれほどないものの、バーボンの王道を通った印象を受けます。

750mL、アルコール度数45度で、価格は1500円ほど。

<個人的評価>

  • 香り C: 先にメロン、ナッツの香りが揮発。後からバニラ、ナシ、ウッディ。
  • 味わい B: ストレートでも後から甘さを感じ取れる。
  • 総評 C: 強い個性はないが、バーボンのスタンダードとして安心して飲めるボトル。


harpar12_今回は、I.W.ハーパー12年を飲んでみます。

レギュラーボトルに比べると、独特の模様が施されたデキャンタボトルに入っています。

早速ストレートから飲んでみます。

グラスに注ぐと、液色は濃厚なアンバー、香りはメロン、バナナ、バニラの香りが強く訪れます。

口に含むと、エステリーさが強く訪れ、後にメロンの香りが濃く口の中を広がっていきます。
その後にバナナ、バニラ、ナッツが続いてきます。

味わいはアルコール由来の辛さと苦みが強くやってきますが、それが落ち着くと酸味、そして甘みが追いかけます。

ロックにすると、接着剤のような香りがより前に出てきます。しばらく経つと、ナッツ、バニラの香りが口に広がります。

味わいはビターが強めで、あとで酸味、締めに甘さが口に残ります。

最後にハイボールにすると、しっかりとナッツ、メロン、バナナの香りが濃く感じられます。
味わいは酸味が前に出る印象で、後味で甘さがあります。

一般的には3~5年で出荷されるバーボンで、12年ともなれば結構な熟成がされると思いますが、意外にもアルコールの刺激が残されつつ、レギュラーのゴールドラベルの香りや味わいを濃縮した印象にあります。

ゴールドメダルがあっさりしつつも甘みが目立つ印象でしたが、12年はバーボンならではのエステリーな香りが濃厚で、バーボンが大好きな人にはたまらないかもしれませんが、私のように接着剤のような独特な香りが苦手な人には向いていないでしょう。

しかし、ハーパーソーダにしたときの香りはしっかりしていて、甘みも強めになるので、バーボンが苦手な人でも受け入れられると思います。

750mL、アルコール度数43度で、価格は4600円ほど。
12年もののプレミアムバーボンとなると、この値段になりますが、バーボンが好きな人であれば損をしないと思います。

<個人的評価>

  • 香り B: 12年ものながら、ストレートでのアルコールの刺激が強い。その後メロン、バナナ、バニラ、ナッツが続く。
  • 味わい C: ストレートではアルコール由来の辛みが強い。ロックではビターが強い。加水によって酸味、甘みが前に出る。
  • 総評 C: 12年ものにしては若さが目立ち、全体的に濃厚な香りが感じられる。バーボンが好きな人なら好められるボトル。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハーパー 12年 700ml 正規品_[リカーズベスト]
価格:4097円(税込、送料別) (2017/8/14時点)


old_crow_今回はバーボン、オールドクロウを飲んでみます。

1830年ごろに、スコットランドから移民してきたジェームズ・クロウ博士はケンタッキー州フランクフォートにてウイスキーの製造を開始、1835年に現在のオールドクロウが登場しました。
クロウ博士は、バーボンの品質を一定にするサワーマッシュ工程を開発した人として有名で、当初のオールドクロウも博士オリジナルのサワーマッシュ工程を採用していました。

1856年にクロウ博士が亡くなった後、蒸留所はW.A.ゲインズ社が買収し、製造が続けられました。
禁酒法を乗り越えながらも、一時期は最も売れているバーボンでありましたが、20世紀後半に入ってサワーマッシュの工程で誤ったまま製造を続けたことで品質が落ち、人気は凋落しました。

1987年にビーム社に買収されると、製造工程や原料はジムビームに倣ったものに変えられました。現在はビーム・サントリーの傘下になっています。

先に書いたように、一時期はNo.1バーボンの位置にいたために、アメリカでは政治家、軍人、小説家などにも愛飲されました。トムソーヤの冒険で有名なマーク・トウェインもその一人でした。

日本では、かつての名優、松田優作が愛飲していたことでも有名です。ただし彼が愛飲した時には品質が落ち、現在のレシピとは異なるものになるので、思いを込めて飲むには今のボトルでは正しいとは言えないでしょう。

では、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は少々濃いめの琥珀色、香りはむせ返るほどのエステりーさがあります。

口に含むと、アルコールの刺激とともに接着剤の香りが先に立ちます。その後はすだち、奥からナッツが感じ取れます。
味わいは、アルコールの辛さと強い酸味があり、後味は苦さがあります。

ロックにすると、香りはすだち、ライム、接着剤が大きく立ち、そのあとからバニラ、ナッツ、はちみつ、バナナが続きます。
味わいは軽い酸味の後で甘さが追いかける印象です。

最後にハイボールにすると、香りはメロンのようなエステりーさが先に来た後、奥からナッツ、バニラ、バナナへと続きます。
味わいは、ビターが先に訪れたのち、甘さもそこそこ感じ取れます。

正直なところ、ストレートでは癖が強すぎて飲むのはとてもつらいですが、ロックあるいは軽く加水することでバーボンらしい甘さと香りが現れ、とてもソフトに変化します。
そしてハイボールだと、ビールやジントニックのようなビターなものになり、食事と一緒に飲むにも悪くはないでしょう。

700mL、アルコール度数40度で、価格は1300円ほど。
正直、これがアメリカで一番売れていたとは思えないですね。全盛期のオールドクロウというのも飲んでみたいものです。

<個人的評価>

  • 香り B: ストレートではアルコールとエステりーさが目立つ。加水でライム、すだちののち、ナッツ、はちみつ、バニラ、バナナがやってくる。
  • 味わい C: ストレートでは辛さが目立って飲みにくい。加水、ロックで甘さが現れ、ハイボールでビターが先に立つ。
  • 総評 C: 変化に富んでいることは評価できるが、飲み方を選ぶボトル。


et_brown今回は久しぶりのバーボン、アーリータイムズ ブラウンラベルを飲みます。

一般的に市販されているイエローラベルとの違いは次の通りです。
  • イエローラベルがバーボンの基準ギリギリの79%ものコーンを原料として使用、その他ライ麦が11%、 モルトを10%使用しているのに対し、ブラウンラベルはコーンを72%、ライ麦を18%使用している。
  • 糖化の工程で、イエローラベルよりも加えるサワーマッシュ(蒸留後に残った、乳酸菌によって酸味のある残滓)の量を減らしている。
  • ボトリングの手前での濾過工程を2度行っている。1度目はイエローラベル同様にココナッツの皮から作った活性炭を使用、2度目はピートから作った活性炭を使用する。
原料の比率や製造工程に違いがあり、ライトなイエローラベルよりも濃厚になっていると言われています。

では、いつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は褐色、香りはビネガーのような酸っぱさと接着剤が感じ取れます。

口に含むと、まず昆布のようなヨード感が漂います。そのあとに接着剤、バナナ、ナッツと続きます。
味わいはアルコールからの辛さはそこそこ、その上に甘さが被さってきます。

ロックにすると、ヨードの香りは控えめになり、エステリーさも鳴りを潜めた印象です。その後から、うっすらとドライフルーツ、バニラが顔を出します。

味わいは多少の酸味があるものの、全体的に甘みが勝っています。

最後にハイボールにすると、引き続き軽いヨードのあとに、バナナやマンゴーなどのドライフルーツの濃厚な香りが訪れます。
味わいは少々ビターが感じられますが、ほどよく酸味、甘さが感じられます。

イエローラベルも比較的飲みやすい部類に入りますが、ブラウンラベルでは濃厚な香りとまろやかさが増し、ストレートやロックでもきつい感じが少ない印象です。

700mL、アルコール度数40度、価格は1500円。
お手軽な価格で買える分、お値打ち感が高いと思います。

<個人的評価>

  • 香り B: 初めに昆布。後からバナナ、接着剤、ナッツ。加水されるとバニラが顔を出す。
  • 味わい B: 全体的に甘みがあり、とても飲みやすい。
  • 総評 B: イエローラベル以上にまろやかで、ストレートでも気兼ねなく楽しめる。


bt今回はバーボンからバッファロー・トレースを飲んでみます。
以前はニューポットに当たるホワイトドッグを飲みましたが、今回は8年以上の熟成を行った原酒を使ったボトルになります。

早速ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は濃厚な茶色、香りはパイン、メロン、接着剤と続きます。

口に含むと、アルコールの刺激の後でナッツ、オーク樽からのウッディさ、バニラが先に訪れ、後からグレープフルーツ、メロンが追いかけます。
味わいはアルコールから来る辛さが強く、 後味として酸味を感じます。

ロックにすると、アルコールの刺激が抑えられる反面、エステリーさが一気に開きます。後からレモン、ライム、パインと爽やかなフルーツの香りが追いかけます。
味わいも酸味がとても強くなります。

最後にハイボールにすると、ほんのりとバニラ、ナッツ、ウッディさが香ります。
味わいは酸味が主体で、後からビターが追いかける印象です。

8年熟成のボトルですが、バニラからの甘い香りは控えめで、甘さも少なく、むしろ酸味が強い印象です。
ホワイトドッグと比べると、確かに傾向は受け継いでいることがわかりますが、熟成によって酸味が強いキャラクターが付けられた感じがします。

750mL、アルコール度数45度で、価格は3000円ほど。バーボンとしては割高ですが、ロック、ハーフロックで酸味をしっかり感じ取りたい人には向いているかも知れません。

<個人的評価>

  • 香り B: ストレートではナッツ、オーク、バニラ。加水することでレモン、ライム、パイン。
  • 味わい C: ストレートではとても辛い。加水で酸味が主体になる。甘さはあまり感じられない。
  • 総評 C: 柑橘系の酸味が主体となる興味深いキャラクターだが、推すべきほどではない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バッファロー トレース(トーレス) 45度 並行 750ml あす楽
価格:2052円(税込、送料別) (2016/12/27時点)


btwd今回は、バーボンの銘柄の一つ、バッファロー・トレースから、ホワイト・ドッグ マッシュ#1というボトルを飲んでみます。

バッファロー・トレースは、ケンタッキー州フランクフォートにある蒸溜所で、1775年にウイスキー作りを始めたアメリカで最も古い蒸溜所と言われています。
1857年にベンジャミン・ブラントンが買収、蒸溜設備を新しくしてバーボンの製造を始めました。

誕生から現在までに、この蒸溜所の名前はいくつも変わっていて、 リーズタウン、オールド・ファイヤー・カッパー、ジョージ・T・スタッグ、シェンレー、ブラントン、エンシャント・エイジと変遷し、1999年に、現在のバッファロー・トレースとなりました。

現在は、レギュラーボトルのバッファロー・トレースや、プレミアムボトルのブラントンを製造しています。

今回飲むホワイト・ドッグとは、いわゆるニューポット、蒸溜して樽に貯蔵する前の状態でボトリングされたものになります。
その中でマッシュ#1と呼ばれるものは、樽で熟成させることでバッファロー・トレースのレギュラーボトルとなるものです。

アルコール度数は62.5度と、実際にバーボンとして樽に貯蔵する際の上限に加水調整されていて、まさにこれから熟成させる直前の原酒を楽しめるものになっています。

早速ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は無色透明。香りはアルコールの刺激がもろにやってきます。

口に含むと、アルコールの刺激の奥からエステリー、メロン、バナナの香りがほんのりやってきます。
味わいはとても辛く、奥から甘味が通ってくるものの、見た目通りにウォツカ、スピリッツの類いに感じ取れます。

ロックにしても、アルコールの刺激は強烈で、あとからナッツ、バナナ、バニラの香りが続きます。
味わいはやはり辛さが強く、飲むには厳しいです。

最後にハイボールにすると、やっと刺激から解放され、コーン、バナナ、ナッツの香りが広がります。
味わいはビターが先に来た後、甘さが後を追うようになります。

正直言って、このボトル単体で飲んで楽しむ代物ではありません。樽で熟成されたバッファロー・トレースのレギュラーと飲み比べることで、熟成によってどれだけの香りと味わいが育まれるかを勉強する教材と思った方がいいです。

とはいうものの、普段から度数の高いウォツカを飲んでいるロシア人やポーランド人などであれば、ちょっとしたプレゼントとして送るのもいいかもしれません。

375mL、アルコール度数62.5度で、価格は2500円ほど。

<個人的評価>

  • 香り C : バーボンらしいエステリーさ、バニラ、ナッツ、バナナ、コーンの香りが漂う。しかしアルコールの刺激が強い。
  • 味わい D : アルコールからの辛さが強すぎて飲みにくい。水割り、ハイボールにすることで甘さ、ビターを楽しめる。
  • 総評 C: 単品で楽しむものではなく、熟成されたバーボンと比較して飲むための教材。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バッファロートレイス ホワイトドッグ マッシュ♯1 62.5度 375ml
価格:2980円(税込、送料別) (2016/10/21時点)


このページのトップヘ