RERAのウイスキーブログ

40過ぎのおっさんが、ジャパニーズ、スコッチを中心にウイスキーを飲み、独断で評価していきます。

カテゴリ:ウイスキー > バーボン、アメリカン

今回はバーボンの中からメーカーズマークを飲んでみます。

makersmark01ボトルの蓋の部分に赤いろうで封印されていることが象徴的なメーカーズマークは、1780年に北アイルランド系のロバート・サミュエルズが自家製のウイスキーを作り始めたことがきっかけとなっています。

1840年に蒸溜所を設立して本格的なウイスキーづくりを始めるものの、禁酒法によって製造が止められてしまいます。
禁酒法が撤廃されてから製造を再開するも、十分な利益を得られる状況にはなりませんでした。

1951年に、ロバートから数えて6代目となるビル・サミュエルズ・シニアが、ケンタッキー州のロレットにあったバークス・スプリング蒸溜所を買収しました。当時は使用されていなかったものの、近くから良質な水が湧き出ていたことが決め手となりました。
蒸溜所自体は小さかったものの、プレミアムなバーボンを作りたいというビル・シニアの思いから、ここで手作りによるスモールバッチ(少量生産)のバーボンづくりが始まりました。

1959年に、メーカーズマークは誕生しました。そのプレミアム感のあるボトルデザインには、ビル・シニアの妻、マージョリーのアイデアによるものでした。その後蒸溜所の名前もメーカーズマークと改められました。
現在ではロバートから数えて8代目のロブ・サミュエルズがウイスキーづくりの責任を担っています。

メーカーズマークでは、小麦の使用量を多くすることで、柔らかく繊細な香りを加える工夫がされています。原料としての割合も、バーボンのメインであるトウモロコシに次いで小麦が多く含まれています。 

ではいつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は黄色みの強い琥珀色で、香りはバーボンならではの接着剤のような香りとバニラが混じっています。

口に注ぐと、まずヨードのような香りが先に来て、あとからエステリーな香りとゴムのようなものが追いかけます。そして奥からバニラ、オレンジの香りが湧き出してきます。
味わいはアルコールからくる辛さが強めで、酸味があとから来ます。

ロックにすると、香りはストレートと大差はないですが、追いかける香りにナッツが加わり、舌にはビターが目立つようになります。

加水されると、ビターが抑えられ、その奥から甘さを感じ取れるようになります。
普通にロックにするよりも、多少加水したり、ハーフロックにしたほうが飲みやすいように思えます。

次にハイボールにしてみると、ストレートのようにヨードの香りが先に来ますが、エステリーさは抑えられ、バニラの甘い香りが目立つようになります。

味わいもアルコールの辛さが抑えられ、甘さを感じやすくなります。 

全体的に見ると、 メーカーズマークの柔らかさを堪能するには、ストレートよりも加水するほうがわかりやすいように思えます。
加水することで香りが華開くという例えがありますが、メーカーズマークはそれが当てはまるボトルです。

750mL、アルコール度数が45度と少々高めで、価格は2500円ほどです。

スモールバッチのバーボンだけに少々値が張りますが、比較的手軽に飲まれるハイボール用のバーボンとしてはうってつけに思えます。
逆にストレートではきつく、あまりお勧めできません。

<個人的評価> 
・香り C : バーボンらしいエステリーさ。先にヨードとゴム、あとからバニラ、オレンジ、ナッツ。 
・味わい B: ストレートでは辛くて飲みにくい。加水することで甘さが目立つようになる。
・総評 B : ハイボール用として、香りが豊かで飲みやすいボトル。


iw01今回は久しぶりのバーボンとして、I.W.ハーパーを飲んでみます。

I.W.ハーパーは、1877年に、ドイツからの移民であったアイザック・ウォルフ・バーンハイムが手がけたバーボンです。名前の由来は、アイザックの名前のイニシャルであるI.W.に、彼の親友であったフランク・ハーパーの名字を加えたものです。
1885年にニューオリンズで行われた万博に出品すると、5つの金メダルを獲得したことから、ボトルにその5つのメダルのイラストが加えられ、ゴールドメダルの名称も加えられました。

日本でも、ジムビーム、ワイルドターキー、フォアローゼズ、アーリータイムズと並んで有名なブランドになっています。特に都会派のスタイリッシュなバーボンとして1990年代に大々的にCMが流されています。


iw02ではいつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液の色は標準的な琥珀色、香りはバニラの香りが強く立ちます。
口に含むと、バーボンならではのエステりーな香りとナシのさわやかさが先にやってきて、後からバニラ、バナナの香りが追いかけてきます。
味わいはアルコール由来の辛さとビターが中心で、甘さは控えめです。

iw03ロックにすると、バニラやバナナの香りが沈んだ感じでエステリーさが却って目立つ印象です。
一方で味わいでは酸味が先に訪れ、後から甘さが浮き出る印象です。

個人的にバーボンはあまり好きではありませんが、I.W.ハーパーは独特のエステリーさが抑えられていて軽く、ロックやハイボールで甘さが目立つものの癖は少なく、都会的でスタイリッシュというキャッチコピーは大体的を射ていると思います。

700mL、アルコール度数は40度で、価格は1800円。ノンエイジのバーボンとしては高めですが、比較的甘くてあっさりしているので、損しないでしょう。
なお、このほかに12年物もあるので、機会があれば飲んでみたいと思います。

<個人的評価>
・香り C : バーボンらしいエステリーな香りは抑えめ。ナシ、バニラ、バナナの香りが追いかける。
・味わい B : ロックやハイボールでは甘さが立ち上がり、比較的飲みやすい。
・総評 B : ハイボールで飲むには比較的適したボトル。


wt_rbバーボンが苦手な私ですが、以前飲んだワイルドターキー8年が結構マイルドで飲みやすかったので、今回はカスクストレングスのレアブリードを飲んでみます。

レアブリードは、6年、8年、12年熟成の原酒をそれぞれブレンドし、加水せずにボトリングしたものになっています。
クラスでいえば、13年に次ぎます。

まずはストレートで。 
飲み口は、ヨード、昆布のような 香りが先に来ます。加水されるとバニラ、ナッツの香りが浮き出てきます。

味わいは、最初は酸味がメインであるものの、あとから甘さがついてきます。 

ロックにすると、アルコールからの辛さが強く出ます。香りは青リンゴのようなさわやかさが引き立つようになります。
氷が解けていくと、アルコールの辛さは抑えられ、ストレートで感じられたヨードの香りが現れ、バニラ、ナッツも感じ取れるようになります。
味わいは甘味よりも酸味が強い感じになります。奥からは塩味も感じ取れます。

いずれにしても、8年と同様にバーボンならではの接着剤を思わせるエステリーな香りは薄く、その香りが苦手な人でも比較的飲みやすいでしょう。 

8年に比べて熟成感が強くなったものの、カスクストレングスであるため、よほど飲み慣れている人でないとストレートやロックはお勧めしません。
むしろトゥワイスアップにしてから氷を入れるハーフロックにするほうが、初心者にも受けがいいかもしれません。

700mL、アルコール度数56.4度で、価格は3800円ほど。
バーボンにしては結構値段の張るボトルですが、損はさせないでしょう。

<個人的評価> 
・香り A: エステリーな香りは少なく、ヨード、バニラ、ナッツ、青りんごと豊かな香り。
・味わい B: 酸味と甘みがメイン。 わずかにしょっぱさもあり。
・総評 A: しっかり作りこまれた印象。


個人的にバーボンが苦手ですが、今回はあえてその定番の銘柄、ワイルドターキーの8年を試します。

wt8ワイルドターキーは、1869年にトーマス・リピーが蒸留所を建設したのが始まりで、1940年に、七面鳥狩りの際に持参したバーボンがハンターたちの人気となり、七面鳥にあやかってワイルドターキーのブランドが生まれました。
現在は60年以上にわたって蒸留所に勤めるジミー・ラッセルが責任者となって作られています。

一般的なバーボンは、法律によって、蒸留時のアルコール度数は80度まで、樽詰め時には62度まで下げないといけません。
しかしワイルドターキーでは、蒸留時は60~65度、樽詰め時は55度程まで下げています。
あまり蒸留時の度数をあげてしまうと、アルコール以外の成分がより多く失われ、原材料の香りも逃げてしまうからです。さらにボトリングでも加水量が増えてしまうために、さらに香りが薄くなってしまいます。
ワイルドターキーでは豊かな香りを得るために、効率が悪いこの方法を採用しています。

今回飲む8年はワイルドターキーのオリジナルで、ノンエイジであるスタンダードに比べてアルコール度数が50度と高く、ボトリングでの加水量も少なくなっています。

まずはストレートで飲んでみます。
グラスからはバーボンならではのエステりーな香りが強く漂います。
口に含むと、接着剤のような刺激は強くなく、奥からナッツ、バニラ、ナシ、ライムの香りが追いかけてきます。
味わいは酸味と苦みが強く、 甘さは控えめです。

次にロックにしてみると、エステりーさは弱くなり、ストレートと同じバニラや柑橘系、ナッツの香りが鼻を通っていきます。最後にはアイラモルトにもあるヨードのような独特の香りがフィニッシュとなります。
味わいも、ストレート以上にレモンやグレープフルーツを思わせる酸味と苦みが来ます。 

個人的にバーボンの中でも癖があると思っていますが、意外にもスムーズで面喰ってしまいました。
やはりレギュラーよりも長い8年の熟成がまろやかにしているのかもしれません。 

アルコール度数が高いため、ハイボールにしても香りが消えずに飲めるでしょう。
私も、ゼロカロリーのペプシで割ってみたり、ノンアルコールビールでボイラーメーカー風にして飲んでみましたが、なかなかのものでした。

価格は700mLで2500円ほど。少々お高いですが、 最近のスタンダードなバーボンが苦手な人でも受け入れられるでしょう。

<個人的評価> 
・香り A: バーボンならではのエステりーな香りは控えめ。ナッツ、バニラ、ナシ、ライムと香りが豊富。後からヨード。 
・味わい C: 柑橘系のような酸味と苦みがメイン。加水することで抑えられる。
・総評 A: 8年熟成で、50度のアルコールも感じられないほどまろやか。バーボンが苦手でも勧められる。 


evan12久しぶりのバーボンです。
今回はバーボンで2番目に売れているエヴァン・ウィリアムスの12年です。

ブランドの由来は、1783年にケンタッキー州のルイビルで石灰岩から湧き出る水を使い、コーンウイスキーを作った人物から採られています。

スタンダードのブラックラベルは5から8年熟成の原酒を使っていますが、このレッドラベルは12年熟成の原酒を採用しています。
スコッチに比べて温暖な気候のバーボン郡では、3,4年熟成でスタンダードなウイスキーを出していることを考えると、12年熟成のバーボンとなると18年熟成のスコッチに匹敵するレベルといっても過言ではないでしょう。

いつものようにロックで飲んでみると、バーボンならではの接着剤のようなエステリーな香りは少なく、バニラやカラメルの香りが前に出て心地よさが出ています。 
味わいも、50度という度数の割にアルコールの刺激が少なくて、甘さが前に来るまろやかなものになっています。 
飲んだ後の残り香には海藻、ヨードのようなものが漂ってきます。

価格は750mL、50.5度で2200円ほど。12年熟成のバーボンにしてはお値打ちかと思います。

私は独特の香りを持つバーボンが苦手ではありますが、このエヴァン・ウィリアムス12年はその香りが抑えられていてとても気に入りました。

<個人的評価> 
・香り A: バーボン独特のエステリーさが抑えられていて、バニラ、紅茶、カラメルの香りが前に出てくる。
・味わい A:  アルコールの刺激が少なく、甘さが前面に出る。
・総評 AA: バーボンが苦手な人でも飲みやすく、初心者にも勧められるほど甘さが強く感じられる。ただしアルコール度数が高いので飲みすぎに注意。 


今回はジャックダニエルを飲みます。

jdよくバーボンだといわれますが、それには属しません。なぜなら、蒸留所はテネシー州のリンチバーグにあるからです。
バーボンを名乗るためには、最低でもケンタッキー州バーボン郡に蒸留所がある必要があるのです。
ジャックダニエルはテネシーウイスキーと言われます。

 ジャックダニエルでは、トウモロコシをメインにしたグレーンウイスキーを主体にしていて、蒸留の後にサトウカエデの炭に一滴ずつ垂らして濾過を行い、新樽に詰められて熟成されます。今回のブラックでは5年間熟成されます。
はっきり言えば、ジャックダニエルとバーボンとの違いはわずかで、生産地とフィルタリングの2点だけです。

ちなみにジャックダニエルの蒸留所のあるリンチバーグおよび属するムーア郡では、禁酒法が廃止されてもなお禁酒条例が施行されている地域で、

今回は1:1のハイボールにして飲んでみます。
まずグラスにジャックダニエルを注ぐと、メロンのような甘い香りが先にやってきます。

炭酸水を注いで飲んでみると、先ほどのメロンの香りの後で、メープルシロップ、接着剤、ウッディな香りがついてきます。サトウカエデの炭を使っているせいか、カラメルというよりもメープルに近い気がします。 

味は、酸味が強めで、ナシ、リンゴに近い感覚があります。一方で香りにつられるようにメープルシロップのような甘さもあります。

全体的にはバーボンの傾向を持ちつつも、甘さと香りに特徴があります。

一般的な1:3比率のハイボールにすると、独特のエステリーな香りが抑えられ、初心者でも飲みやすくなります。

価格は700mL、40度で1800円ほど。一般的なバーボンに比べると高めですが、香り豊かで甘みのある味わいは十分な価値があるでしょう。

<個人的評価>
・香り B: メロン、メープルシロップの香りが目立つ。
・味わい B: アメリカン独特の癖の上に甘みがあり、単純ではない。
・総評 B: バーボンに非ずの精神は健在。ハイボールでもいける。 

サントリーが買収したことで驚きをもたれたジムビームですが、それに合わせるかのごとく登場したのが、ジムビーム プレミアムです。

jbpスタンダードなホワイトラベルが4年熟成に対して、プレミアムは5年で、6年熟成のブラックとの中間に位置します。
その上で、フィルタリング時に1滴ずつ丁寧に濾過を行うことで、雑味をより多く取り除く工夫がされています。
このプレミアムは日本限定で、アメリカでも売られていません。

ロックで飲んでみると、バーボンならではのエステリーな香りは比較的少なめで、ほんのり樽から来るウッディな香りがついてくる感じ。
味わいは、アルコールの刺激はそれなりで、酸味が強く、甘さは控えめです。 

加水されていくと、アルコールの刺激とエステリーな香りは抑えられ、ほのかにカラメルのような甘い香りがやってきます。
味もアルコールによる辛みが少なくなって、飲みやすくなってきます。

確かにホワイトラベルよりも雑味が少ないのがわかりますが、ロックで飲むよりも、ハイボールやカクテルベースとして飲む方がいける気がします。

価格は700ml、アルコール度数40度で1700円ほど。ブラックとホワイトの中間としては、なんだか中途半端な気がします。

<個人的評価>
・香り C:ホワイトラベルほどのきつさは抑えられているものの、バーボンの癖は健在。1年分熟成されたメリットは薄い。
・味わい D:甘さが足りず、酸味が強い印象。ハイボールにしてさっぱり飲める感じか。
・総評 C:バーボンやカクテルベースならいいかもしれないが、ジャパニーズやスコッチのみにとっては、そのまま飲むにはやはりきつい。

今回はバーボンの定番の一つである、アーリータイムズを採り上げます。

eralyTimesYellow1860年、リンカーンが大統領に就任、南北戦争が勃発する前の年にアーリータイムズが産声を上げました。来年で誕生から155年経過する歴史の長い銘柄です。
1920年に禁酒法が施行されるも、アーリータイムズは医療用として例外的に販売を認められ、生きながらえることができただけでなく、1950年代になるまでアメリカでナンバーワンの銘柄へとのし上がりました。

現在はレギュラーのイエローラベルと、原酒を厳選したブラウンラベルの2種類が売られています。
今回はイエローラベルを試します。

ロックで飲んでみると、バーボンならではのエステル香は抑えめ(でも一般から見ればそれなり)で、代わりに海藻やヨードのような香りがやってきます。アイラモルトのそれと比べると、昆布に近い香りがします。
そのあとはコーンの甘い香りが後からやってきます。

味わいはアルコールの刺激が強く、甘さはそれほどありません。 コーン独特の味と控えめな甘み、うまみが後々残ってくる感じです。

バーボンとしては比較的飲みやすい方で、 バーボンを初めて飲む人には向いているように思えます。

価格は700ml40度で、1500円ほどです。

<個人的評価> 
・香り C:バーボン独特のエステル香が少なく、ヨードっぽい香りがメイン。
・味わい C:昆布のような味わいのあと、コーンの甘みが後から来る。癖が少ない。
・総評 C:初めてバーボンを飲むにはうってつけ。それでもそれなりの癖がある。 

日本でもなじみのバーボンの銘柄はいくつかありますが、今回はその一つであるフォアローゼズを試します。

fourRosesフォアローゼズの名前の由来は、なかなか愛のあるエピソードでつづられているので、公式サイトで見てもらえればと思います

20世紀初頭にはアメリカで禁酒法が制定されましたが、フォアローゼズは薬用の酒という理由で製造を許された数少ないメーカーとなり、命脈を保つことができました。

日本には1971年に輸入され、日本人になじみの深いバーボンとなり、現在に至っています。
輸入元はキリンディスティラリーで、シーグラム社との合弁時代から輸入しています。

まずはストレートで飲んでみると、バーボンならではのエステル香とアルコールの香りがやってきます。
その奥から、樽から染み出たウッディな香り、さらには梨や青リンゴのようなさわやかさが後からついてきます。

味わいは、比較的酸味を持ったような形で、さわやかな香りと相まってさっぱりした印象を受けます。

トータルで見ると、前に味わったジムビームに比べると比較的上品に味を仕上げている印象があります。

価格は700mlで1000円ほど。気軽に飲めるバーボンですね。個人的にはあまりバーボンは好きではないのですが、このフォアローゼズはそれなりに飲みやすいほうです。それでも独特のエステル香を敬遠する人はいるでしょう。

このほか、よりクリアに仕上げたブラック、より熟成された原酒を使ったプラチナ、1種類の原酒を選んでボトリングしたシングルバレルがあります。

<個人的評価> 
・香り C:比較的強いエステル香が気になるが、そのあとからはウッディ、フルーティな香りがやってくる。
・味わい C:癖は少ないものの、うまいと印象に残るものも少ない。
・個人的評価 B:安価なバーボンとしては合格ライン。ハイボールで飲むのが適しているか。 

サントリーは今年、ジムビームなどを販売するアメリカのビーム社を160億ドルで買収しましたが、5月1日で買収を完了させました。

このあとビーム社は「ビームサントリー」と名称を変え、サントリーはウイスキーなどの蒸留酒部門を同社に移転、アメリカをウイスキー販売の発信地にする予定です。

もともとビーム社では、バーボンだけでなく、カナディアンクラブやラフロイグなど、アメリカ以外のウイスキー販売も手掛けていて、これにサントリーが製造するジャパニーズウイスキーも加わる予定です。

またこの買収によって、サントリーはウイスキーを含めた蒸留酒の世界シェアで3位に飛躍しました。 

このページのトップヘ