RERAのウイスキーブログ

40過ぎのおっさんが、ジャパニーズ、スコッチを中心にウイスキーを飲み、独断で評価していきます。

カテゴリ:スコッチウイスキー > ハイランド

今回は、東ハイランドのモルト、ザ・デヴェロン12年を飲んでみます。

deveronザ・デヴェロンを販売するのは、東ハイランド地方にあるマクダフ蒸溜所です。
マクダフはスペイサイド地方よりも東側にあり、デヴェロン川の河口を中心としたバンフ湾に面した港町です。
蒸溜所はデヴェロン川の河口付近に立地し、潮風を受ける場所にあります。

同蒸溜所のシングルモルトは、ボトラーから出されているもののほか、オフィシャルでも免税店限定のグレンデヴェロンがリリースされている程度でした。

しかし、同蒸溜所を所有するバカルディ社が、2016年に一般向けのオフィシャルボトルとして、ザ・デヴェロンをリリースしました。
ラインナップは今回の12年のほか、18年があります。 

いつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は中庸な琥珀色、香りはオレンジがほのかにします。

口に含むと、軽い潮の香りがするピートの後 、オレンジが追いかけます。最後にカカオ、バニラが訪れます。
味わいはほんのりとしょっぱさがあり、その後に柑橘系を思わせるビターと酸味が続きます。 

ロックにすると、ピートが一気に開き、潮の香りが強くなります。その後ライム、ナシと続きます。
味わいもしょっぱさが強く、その後でビターもそこそこの強さを感じます。

最後にハイボールにすると、ピートは抑えめになり、オレンジの香りがほのかに感じ取れます。
味わいも酸味が主体になり、ビターが柑橘系の雰囲気を演出しています。

海から近いこともあり、潮風の影響を強く受けた印象を持ちます。
しかし、単にしょっぱいウイスキーでは終わらず、オレンジのような香りがうまくマッチし、心地よく仕上がった感じです。

700mL、アルコール度数40度、価格は4500円。
値段は高めですが、潮風を感じられるウイスキーがほしい人向けと言えます。

<個人的評価>

  • 香り B: 潮の香りのするピートが先行、後からオレンジ、最後にカカオ、バニラ。
  • 味わい C: しょっぱさが主体だが、あとから柑橘系の酸味、ビターがあってつらくはない。
  • 総評 C: 潮風を感じたい人にとってはうってつけのボトル。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザ・デヴェロン 12年 700ml
価格:4190円(税込、送料別) (2017/3/2時点)


今回はハイランドモルト、トマーティンからク・ボカンを飲んでみます。

cu_bocanク・ボカンとは、トマーティン蒸溜所のあるインバネス地方に伝わる魔犬の名前で、同地方を守る番犬と言われています。
容姿はとても恐ろしいですが、住民を襲うことはなかったと言われています。その代わり、走り去って大地へと消えた場所では、極上のピートが採れたと言われています。

その伝説になぞらえ、15ppmのミディアムピートを効かせた8年以上熟成の原酒を使用したボトルとして、2014年に発売が開始されました。

早速ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は黄金色、香りは青リンゴの奥にスモーキーさが潜んでいるのを感じます。

口に含むと、アルコールっぽさを感じつつも、青リンゴ、 バニラ、ピート、黒こしょうの香りが続きます。
味わいはビターな感じがありつつも、スパイシーさがあり、奥から甘さがあふれてきます。

ロックにすると、アルコールらしさは消え、軽いスモーキーさの上に青リンゴと黒こしょう、の香りが引き立つ印象です。 
味わいはスパイシーになり、パンチの効いたものになります。

最後にハイボールにすると、スモーキーさが表に出て、青リンゴと黒こしょうが後に続きます。
味わいはほろ苦さを持ち、あまり甘さは感じられません。

レギュラーの12年、レガシーが爽やかでライトな印象なのに対して、ク・ボカンはスパイシーかつスモーキーで、なかなかにパンチが効いたボディの重さもある印象です。

700mL、アルコール度数46度。並行輸入品で5300円ほど、正規品は定価7500円です。
ちなみに、ク・ボカンにおいても限定ボトルがいくつかあり、新樽のみを使ったヴァージンオーク、バーボン樽のみを使ったバーボンカスクなどがあります。

<個人的評価>

  • 香り B: しっかりピートが効いている。青リンゴ、黒こしょう、奥からバニラ。
  • 味わい B: ビターかつスパイシー。ストレートでは甘さが後ろで支える。
  • 総評 B: しっかりしたボディにパンチの効いた味わい。シングルモルトながらバランスがとれている。

今回はハイランドモルトの中から、オーバン14年を飲みます。

oban14オーバンはゲール語で小さな湾という意味を持つ土地で、スコットランドの南西部にある町です。
港町で漁業が盛んで、その名の通り小さなオーバン湾の先は島嶼が並ぶ大西洋が開けます。

そこに1794年、スティーブンソン兄弟によって蒸溜所が建設されました。その後オーナーが次々と変わった末、現在はディアジオ社が所有しています。

原酒はその土地柄から、ハイランド的側面とアイランズ的側面を両方兼ね備えるものと言われています。 

では、いつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は中庸な琥珀色、香りはみかんと紅茶を感じます。

口に含むと、先にオレンジ、ライムの柑橘系が現れ、後からクリーム、ハチミツと続きます。
味わいは、先に柑橘系の酸味が訪れ、後から甘さが追いかけます。アルコールからの辛さは控えめです。

ロックにすると、ストレートで感じられたクリーム、ハチミツと言った甘ったるさが潜み、柑橘系の酸味がさらに前に出た印象になります。 その代わりに奥から潮の香りとシナモンのような趣のある香りが漂い始めます。

味わいは酸味が先に来るものの、後からビター、そしてほんのりしょっぱさも加わります。 

最後にハイボールにすると、柑橘系の香りがほのかに漂い、爽やかで心地よいものになります。
味わいは酸味にしょっぱさが絡み合い、 さっぱりした印象になります。

全体的に見ると、それなりの癖はあるものの丸く収めている印象があり、ストレートでも甘みがあって飲みやすいです。また、香りや味わいにも幅があり、それなりのボディもあります。

700mL、アルコール度数43度で、価格は5500円ほど。14年熟成のウイスキーとしては高いとは言い切れませんが、 初心者でもとっつきやすく、ウイスキーファンにとっても不満のないボトルに仕上がっているでしょう。

<個人的評価>

  • 香り A: 柑橘系の爽やかさ、クリームやハチミツの甘さ、潮の香りが絶妙に絡み合う。
  • 味わい A: ストレートでも辛さが抑えられて飲みやすい。加水でビター、しょっぱさも表れる。
  • 総評 A: 多少の癖はあるが、初心者からファンまで納得できるボトル。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オーバン 14年 700ml 43度 kawahc
価格:4854円(税込、送料別) (2017/2/15時点)


daru15今回はハイランドモルトから、ダルウィニー15年を飲んでみます。

ダルウィニー蒸溜所は、ハイランド地区の中央部にあり、近くにグランピアン山脈がある標高の高い場所にあります。

ゲール語で集会所、中継所という意味を持つこの蒸溜所は、1897年に創業しました。
当初はストラススペイという名前でしたが、1905年にアメリカ人が買収後、現在の名前となりました。
現在はディアジオ社の傘下にあります。

設置されているポットスチルは2基だけで、いずれもストレートヘッドタイプ。 
使用される水はグランピアン山脈からの雪解け水です。

では、いつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は黄金色、香りはナシ、青リンゴ、ブドウ、紅茶と続きます。

口に含むと、まずナシ、青リンゴの香りが口に広がります。その後レーズン、紅茶、カラメルが追いかけます。
味わいは酸味がメインで、あとからフルーツの甘さが広がります。

ロックにすると、お香、フローラルな香りが開き、ストレート同様にナシ、青リンゴ、レーズンも香りを強めます。
味わいは甘さが増して、酸味が逆に後を追いかける形に変わります。 そのあとにスパイシーさがほんのり加わります。

最後にハイボールにすると、香りはロックでのフローラルさがほんのり残ります。
味わいも炭酸も伴って酸味が強めになり、かなりさっぱりした印象になります。

ハイランドモルトとしても、かなり香りが華やかで、ピートのスモーキーな癖がなく、15年熟成によるアルコールからの刺激も少なくてまろやかなので、女性に受けるシングルモルトのように感じました。

700mL、アルコール度数43度、価格は4800円ほど。
15年ものと考えれば比較的お買い得な値段ですが、 癖が少なく華やかさを感じられるボトルなので、女性に勧めてもいけるように思えます。

<個人的評価>

  • 香り B : 青リンゴ、ナシ、紅茶、レーズン。あとからカラメル。加水するとフローラルさが増す。
  • 味わい A: 甘さと酸味が主体。癖がなくて初心者向け。
  • 総評 A : 15年もののシングルモルトとしては妥当。女性にも受ける華やかなボトル。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダルウィニー 15年 ( 正規品) 43度 700ml
価格:4980円(税込、送料別) (2017/1/8時点)


ancnoc12今回は、ハイランドモルト、アンノック12年を飲みます。

アンノックが作られているのは、スペイサイドよりも東にあるノックドゥ蒸溜所です。
スコットランドで最も小さな蒸溜所と言われているノックドゥは、1894年に、ヘイグのキーモルト原酒を造るために生まれました。

3度にわたって操業停止に追い込まれましたが、1988年にインバーハウス系の企業が買収、操業を再開しました。

元々はノックドゥの名前でシングルモルトを出していましたが、ノッカンドゥと名前が紛らわしいため、1993年からはアンノックの名前でリリースしています。

いつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は少し淡い琥珀色、香りは青リンゴの爽やかな香りが広がります。

口に含むと、やはり青リンゴの香りが先に立ちます。後からハチミツ、バニラ、モルトと広がっていきます。
味わいは酸味がメインで、後から甘さが感じ取れます。最後には少々ビターを感じます。

ロックにすると、ライム、ピートの香りが強く感じられ、爽やかさとスモーキーが絡み合います。
味わいも、スパイシーさが強く出てきて、後から酸味、最後に甘さが追いかけてきます。
しかし加水が進むと、スパイシーさとスモーキーさは薄まって、ストレートで感じられたハチミツ、バニラの甘い香りが表に出てきます。

最後にハイボールにすると、青リンゴの香りが先に立ち、後からライム、モルト、バニラと続きます。
味わいは炭酸の力も加わって酸味が増しますが、後味として甘さが続きます。

全体的には甘くて飲みやすいのですが、ロックにすると飲み始めがスパイシーかつスモーキーなので、ストレートではきついけどあまり加水したくなければ、ハーフロックにしたほうがいいでしょう。
逆に癖のある方が好みであれば、ロックにした状態で一気に飲んでしまうか、ボトルごと冷凍庫に入れてとろとろの状態でストレートまたはちょっと加水する程度でいただくといいかもしれません。

700mL、アルコール度数40度で、お値段は4000円ほど。

<個人的評価>

  • 香り B : ロックだとライム、ピートが強く感じられるが、それ以外は青リンゴ、ハチミツ、バニラと甘い香り。
  • 味わい C : ロックにしてすぐではスパイシーかつスモーキー。それ以外は酸味がメインで後から甘さが付いてくる。
  • 総評 B : ピンポイントなれど2面性を感じられる銘柄。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アンノック 12年 平行品 700ml
価格:3650円(税込、送料別) (2016/10/12時点)


glengarioch今回はハイランドモルトからグレンギリー12年を飲んでみます。

「谷間の荒れた土地」という意味を示すグレンギリー蒸溜所は、アバディーンの北西にあるオールドメルドラムという村にあります。
創業は1797年(一説には1785年)と、ハイランド地方としてはもっとも古い蒸溜所です。 周辺が大麦の産地だったこともあり、ウイスキー作りも自然と行われたと言えます。
しかし、ほかの蒸溜所に漏れず、オーナーの交代、操業停止などを幾度も繰り返してきた歴史を持ちます。

1994年に、サントリーがモリソンボウモアを買収したことに伴い、傘下にあったグレンギリーもサントリーがオーナーとなりました。 

では、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は赤みがかった琥珀色、香りは青リンゴとマスカットの香りがアルコールの刺激とともに訪れます。

口に含むと、まずグラスからした青リンゴとマスカットの香りが口いっぱいに広がります。その後、ウエハース、バニラ、ナッツの香りが後からついてきます。
味わいは酸味が強く、後から辛さ、ビターが追いかけます。甘さはそれほど感じません。

次にロックにしてみると、ストレート以上にアルコールの揮発した刺激が強く感じられ、後から青リンゴの香りが強く放たれます。あとからレーズンの香りが追いかけ、ストレート以上にフルーティになります。そして奥からはほのかにピートによるスモーキーさを若干感じられるようになります。
味わいは辛さ、ビターが落ち着き、香りとともにフルーツ由来のような酸味を楽しめるようになります。

最後にハイボールにしてみると、元々加水が少ない(度数が高い)にもかかわらず、ストレートやロックで感じられた香りがだいぶ消えてしまいます。 ほんのりと青リンゴやレーズンのフルーティさがあるので、ギリギリ救われた感じです。
味わいはほのかな酸味がありつつも、奥から甘みが出てきて、さっぱりと飲みやすい印象です。

全体的に見ると、比較的重さは感じられないものの、香りや味わいは豊かで、特にロックではフルーティさがメインで、後からスモーキーな香りも楽しめるボトルに仕上がっている印象があります。

700mL、アルコール度数が48度で、価格は3500円ほど。
12年もののシングルモルトとしては比較的お手軽かと思います。 

<個人的評価>

  • 香り B: ストレート、ロックではアルコールの刺激が強いが、青リンゴ、マスカット、バニラ、ウエハース、ナッツと豊富。
  • 味わい B: ストレートでは刺激が強いものの、ロック、ハイボールでは抑えられてすっきり飲める。
  • 総評 A: 価格を加味すると、豊かな香りを楽しめてお値打ちなボトル。
 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

グレンギリー 12年 700ml 48度 NEWボトル 正規品 ウィスキー kawahc
価格:2721円(税込、送料別) (2016/8/16時点)


ardmore今回は、ハイランドモルトから、アードモアを飲んでみます。

アードモア蒸溜所は、スペイサイド地域の東側、アバディーン州ケネスモントの郊外に立地しています。
ブレンデッドウイスキー「ティーチャーズ ハイランドクリーム」を生み出したウィリアム・ティーチャーの息子、アダム・ティーチャーが、1898年に設立しました。
現在は、ビーム・サントリーが所有しています。

原酒の多くは、ティーチャーズのキーモルトとして使われ、シングルモルトは限られた数しかリリースされませんでした。
しかし2016年6月に、 本格的に販売するシングルモルトのボトルとして、アードモア レガシーが新発売されました。

年数表記はなく、アルコール度数は40度と一般的な度数に調整されています。

ということで、ストレートから飲んでみます。

グラスに注ぐと、液色は淡いシャンパンゴールド、香りはピートの持つスモーキーな香りを感じ取れます。
口に含むと、ピートの香りが口に広がり、燻製、ヨードを強く感じます。
味わいは、アルコールから来る辛さがやってきます。

ロックにすると、強いレモンと香辛料のような刺激のある香りが現れ、 ピートと伴って強い癖を生み出します。
味わいは、辛さはそのまま続き、奥から柑橘系の酸味を感じます。

ハイランドモルトでありながら、アイラモルトやアイランド系の持つピート、スパイスが感じられるも、 ボディは比較的軽く、あまり後を引かないキレがあります。
傾向としては、現行のシングルモルト余市にも似たものがありますが、それに比べるとフルーティな香りが薄い感じです。

ティーチャーズを飲んだ人にとっては、ブレンドに使われているモルトがアイラ由来ではないかと思ったら、このアードモアによるものだというのが実感できるでしょう。

ドラマ「マッサン」の影響で、スモーキーで癖のあるウイスキーに興味がある人が増えている中で、このアードモアはそれに応えられるボトルかもしれません。

700mLで、価格は3300円ほどです。

<個人的評価>

  • 香り C : ピートとスパイスがメイン。加水するとレモンが加わる。
  • 味わい C : 辛い。加水されると酸味がついてくる。
  • 総評 C : アイラモルトなどの癖の強いものが好きならいいが、万人受けではない。



deanston_na01今回はハイランドモルトの中から、ディーンストンのノンエイジ、ヴァージン・オークを飲んでみます。

ディーンストンは、南ハイランド地区のティース川のほとり、スターリングから川を上った場所にあります。

ディーンストンの蒸溜所は、元々は水力紡績機を使った紡績工場として建てられたため、見た目には蒸溜所らしくない建物になっています。

1965年に蒸溜所として改装されましたが、紡績工場時代に使用されていた水力施設を発電用に活用するなど、工場の遺産を有効利用しています。 

ディーンストンの大きな特徴としては、すべての原酒をノンピートモルトで作っていることが上げられます。

ディーンストンのオフィシャルボトルとしては、長期熟成の12年をはじめ、 トーステッドオーク、スパニッシュオーク、そして今回飲むヴァージンオークがラインナップされています。
 
ヴァージンオークではその名の通り新樽を使って熟成された原酒という意味で、冷却ろ過も行われていません。

それではストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色はシャンパンゴールドで、香りはさわやかなライムを髣髴とさせます。

口に含むと、まず柑橘系のような強い酸味が舌を刺激します。その後、レモン、ライム、トーストしてバターを塗ったパンの香りが追いかけます。奥からはカカオのような香ばしさが顔を覗かせます。

味わいは前述のように柑橘系の強い酸味がメインで、後からダークチョコレートの苦さを感じ取れます。

次にロックにしてみると、ストレートに比べて酸味は鈍るものの、柑橘系のような雰囲気は変わらず、爽やかさが持続します。

味わいはストレート以上に灰汁のような苦さが強まってきます。加水されてもその勢いは衰えません。

最後に試しとばかりにハイボールにしてみると、元々の柑橘系のような特徴がレモンを入れたような香りと味わいを生み出し、比較的すっきりと飲めるようになりました。

しかし、バターのような香りがほんのり塩の香りを残してくるため、別の癖が出ている感じです。 

全体的に見ると、ノンエイジならではの若さとはっきりした個性があり、ストレートやロックで飲む場合は人を選ぶように思えます。
ハイボールであれば比較的すっきりと飲めますが、それでも癖が残ることは否めません。

個人的には好みではありませんが、個性が強いぶん、趣がある、興味深い、というのが個人的な感想です。
むしろ特徴の異なるくせの強いシングルモルトと即席ヴァッティングして、自分なりのブレンデッドモルトを生むベースにすると面白いかもしれません。

700mL、アルコール度数が46.3度と少々高めで、価格は3000円ほど。これをシングルモルト入門と言うには厳しいですが、勝手にヴァッティングして楽しむベースにするなら面白いと思います。

<個人的評価>
・香り B: 柑橘名がメイン、奥からバターを塗ったトースト、フィニッシュはカカオ。加水されるとバター成分が明確になる。
・味わい D: 酸味がメイン、加水するごとに苦味が目立つ。バターの香りからくる塩の香りも感じ取れる。
・総評 C: 単体で飲むには辛い。ヴァッティング、カクテルなど、強烈な個性を利用する用途に向いている。


ディーンストン ヴァージンオーク 700ml

ディーンストン ヴァージンオーク 700ml
価格:2,894円(税込、送料別)

dalmore12_1久々のハイランドモルトを飲んでみます。今回はダルモア12年です。

ダルモアは、ハイランド北部、クロマティ湾の入江にあるアルネスという町の郊外に蒸溜所を構えています。
創業は1839年で、原酒は現在、ホワイト&マッカイのキーモルトとしても採用されています。

ボトルには立派な角を持つ雄鹿の顔のレリーフが貼り付けられています。
これは、創業者のマッケンジー氏の祖先が、狩猟中に雄鹿の角で怪我をしたスコットランド国王、アレグザンダー3世を救ったことで、お礼としてその雄鹿を模した紋章を与えたことが由来となっています。 

では、いつもの様にストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は琥珀色よりも濃い赤褐色に近い印象。香りはレーズンと食パンのような甘いモノがあります。

口に注ぐと、まずレーズンの香りが口いっぱいに広がります。その後ウエハース、バニラといった甘い香りが追いかけます。スモーキーさはわずかです。

味わいは酸味がメインで、後からにがりのようなビターへと変化していきます。 一方でアルコールからくる辛さも舌を刺激します。

次にロックで飲んでみます。

飲み口はストレートと大きな差はありません。しかし加水されていくごとに甘さが表に出るようになり、甘くてフルーティな香りとともに、初心者でも比較的とっつきやすくなります。 

さらに香りもフィニッシュにはカカオを感じられるようになり、味わいもダークチョコのようなビターに変わっていきます。

全体的に見ると、ストレートでもいけますが、進化を発揮するのは加水された時のように思えます。

薦められる飲み方としては、トゥワイスアップやハーフロックです。濃いアルコールが苦手な人であれば水割りでもいけるでしょう。

700mL、アルコール度数40度で、価格は4700円ほど。
12年もののシングルモルトとしては高めの部類ですが、加水されることによる甘さもあるので、飲み慣れていない人にも勧められると思います。

<個人的評価>
・香り A : レーズンが主体。奥からバニラ、ウエハース。加水されるとカカオも。
・味わい B :  ストレートでは酸味、塩に近いビター。加水されると甘く、ダークチョコのビターが現れる。
・総評 B : 加水によって甘く飲めるぶん、初心者にも出せるボトル。


ダルモア 12年 [700ml]

ダルモア 12年 [700ml]
価格:4,050円(税込、送料別)

gm12qr今回はハイランドモルトのグレンモーレンジィから、キンタ・ルバンを飲んでみます。

グレンモーレンジィはオリジナルの10年の他に、様々な樽で熟成させた原酒をボトリングしています。
今回のキンタ・ルバンもその一つで、ポルトガルで作られるポートワインのひとつ、ルビーポートの醸造に使われた樽を使用しています。 熟成も12年以上となっています。

このほかに、ネクタードール、ラサンタといった異なる樽の原酒をボトリングしたラインナップもあります。







gm12qr02まずはストレートから。
グラスに注ぐと、液色は比較的濃い目の琥珀色で、ブドウの香りが目立ってます。
口に注ぐと、ブドウとアルコールの香りが強く広がります。あとからバナナ、バニラ、カラメルの香りが追ってきます。
味わいは、先に辛さが来たあと、ワインのような強い酸味がついてきます。あとになると甘くなり、あまり印象が悪くなくなります。










gm12qr03次にロックで。
口に含むと、ストレートに比べるとアルコールの刺激は少なく、ブドウの香りもマイルドに感じられます。奥からはカカオの香りが加わります。
味わいも酸味が抑えられて、甘さが目立ってきます。しかし後味はビターで、後を引きます。

オリジナルの10年では、柑橘系の酸味があるものの全体的に薄くぼんやりした印象がありましたが、キンタ・ルバンではポート樽原酒ならではの香りと味わいが加わり、個性のあるボトルに仕上がっています。

700mL、アルコール度数46度で、価格は5600円。12年もののシングルモルトとしては高めですが、比較的上品に仕上がっているため、高級感を得られるかもしれません。

<個人的評価>
・香り A : ストレートではブドウの香りが強い。あとからバナナ、バニラ、カラメル。加水するとカカオも。
・味わい A : 酸味、甘み、ビターの順で強く感じられる。ストレートのほうがすっきりしている。
・総評 B : 豊かな香りがあって申し分ないボトル。でも価格で躊躇するか?


このページのトップヘ