RERAのウイスキーブログ

40過ぎのおっさんが、ジャパニーズ、スコッチを中心にウイスキーを飲み、独断で評価していきます。

カテゴリ:スコッチウイスキー > ローランド

なんだか12年物のウイスキーでローラー作戦を展開しているようですいません。(^^;
でも選んでしまったのがそうだったので仕方ないです。

ahts今回、本格的なローランドモルトとして、オーヘントッシャンを飲んでみます。

ゲール語で野原の片隅という意味を持つオーヘントッシャンは、スコットランドの商業都市、グラスゴーから北西に10kmほど離れた場所にあります。
モルトはそれほどピートの香りをつけないライトなものを使用し、蒸留は一般的なモルトウイスキーよりも1回多い、3回の蒸留を行います。
それによって、とても軽いボディを持つウイスキーへと仕上げられています。

まずはストレートで飲んでみます。 
グラスからの香りは甘く、はちみつやオレンジマーマレードを髣髴とさせます。

飲み口は比較的甘めで、オレンジのような柑橘系が中心の香りになります。その奥からはカラメル、麦チョコのような甘い香りがついてきます。
味わいも、アルコールの辛みがあるものの、クリーミーでほのかな甘みと酸味を持っています。

ただ加水すると、 ストレートでの香りや味わいが一気に薄れてしまい、何とも無味乾燥した印象になってしまいます。
香りと味わいを楽しむのであれば、2:1で加水は少なめにするほうがいいかもしれません。それでもアルコールの刺激や辛みが抑えられて、とても飲みやすくなります。

700mL、アルコール度数が40度で、価格は3500円ほど。12年物のシングルモルトとしては安い部類に入ります。

<個人的評価>
・香り B: ストレートではオレンジマーマレードやはちみつのような甘い香りが支配する。加水するとすぐ薄れる。
・味わい C: とても軽く、ほのかに甘みと酸味を感じられる。少量の加水でアルコールの辛みが消える。
・総評 B: とてもライトで、独特の香りがあるので、カクテルベースにすると面白いかも。


ノンエイジながら、安価でスコッチのシングルモルトを味わえるマクレランズの中から、今回はローランドを飲んでみます。

mcc_loローランド地方は、州都であるエディンバラや最大の都市であるグラスゴーがある地域で、かつては多くの蒸留所がありましたが、大量生産に切り替えた時に品質が悪化し、禁酒法がアメリカで施行されたことで供給過多に陥ったことで、キャンベルタウンとともに衰退、現在では3つしか蒸留所がありません(グレンキンチー、ブラドノック、オーヘントッシャン)
残念ながら、マクレランズでは蒸留所の名前が伏せてあるため、どこかは不明です。

ロックで飲んでみると、多少のアルコールの刺激があり、スモーキーさもそれなりにあるものの、全体的にナシのようなさわやかな香りがメインになっています。
味わいも比較的甘く、奥に酸味が秘められた感じです。

加水すると、酸味が表に出てきて、甘さは抑え気味になります。さわやかなハイボールを飲むのであればいけるかもしれません。 

若い原酒を使っているにしても、ストレートやロックの飲み初めにおいては香りが豊かで比較的甘みも感じられます。一方で加水すると一変し、酸味が前に出た味になります。
性格が一変するお酒ですが、それらを理解したうえで、好みになるのみかたで飲むのがいいでしょう。

価格は750mL 40度で1800円ほど。アイラ、ハイランド同様に、自分で買うシングルモルトの入門としては悪くないでしょう。

<個人的評価> 
・香り B: さわやかさが中心の香り。加水するとかなり薄くなる。
・味わい C: ストレートでは甘味が強いが、加水すると酸味が前に出る。
・総評 B: シングルモルトの特性を知る上では資料的価値がある。 

このページのトップヘ