RERAのウイスキーブログ

40過ぎのおっさんが、ジャパニーズ、スコッチを中心にウイスキーを飲み、独断で評価していきます。

カテゴリ:ウイスキー > ジャパニーズ

gotenba_pure_今回はキリンの富士御殿場蒸溜所 ピュアモルトウイスキーを飲んでみます。

この富士御殿場蒸溜所 ピュアモルトウイスキーは、御殿場蒸溜所とキリンの通販サイト、DRINX限定で販売されています。

使用している原酒のメインとなるのは、本来はグレーン原酒を蒸溜するのに使われる「ケトル」と呼ばれる蒸留器を使ったモルト原酒を使っている所です。

あれ?ニッカでこれに該当するのは「カフェモルト」だと思いますが、これはニッカではグレーン原酒としていたはずです。

どうもこの部分の定義が、ニッカとキリンで食い違っているようですが、この点ははっきりしてほしいですね。

このモルト原酒をベースに、複数の原酒をヴァッティングして作ったと言うことです。
ピュアモルトと標榜すると言うことは、御殿場以外の原酒を使っているかもしれません。
その点では、キリンシーグラム時代からスコッチモルトなどをブレンドしたボトルを出しているので、まだコネクションが残っているかもしれません。

当初は600mLのボトルで売られていましたが、現在は500mLにサイズダウンして売られています。

ではストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は少々赤みがかった琥珀色、香りはメロンのようなエステリーさがあります。

口に含むと、アルコールの刺激がすぐに訪れ、直後に青リンゴとライム、後からバニラ、ウッディさが付いてきます。

味わいはアルコール由来の辛さがメインで、多少のビター、酸味があります。

ロックにすると、ナシとオレンジピールを先に感じられ、後はレーズン、リンゴ、ナッツ、樽の香りがしっかり鼻を通っていきます。残り香として、バナナとピートを得られます。

味わいは苦みまず訪れますが酸味が伴っていて、加水が進むと奥から甘みをほのかに感じられます。

最後にハイボールにすると、リンゴにメロンが加わったようなフルーティさが香りとして訪れ、後にバナナが加わってきます。
味わいは、苦みがメインに来ますが、その後に酸味も感じ取れます。しかし、ある程度飲んでからの後味は甘さがしっかり伝わってきます。

ここ最近のキリンは、限定ボトルなどで攻めてきている印象です。3年くらい前に、ウイスキーのブームに乗れていないと思っていた時期とは大きく進んでいます。

富士御殿場蒸溜所 ピュアモルトウイスキーは、全体的に苦みが表にある印象ですが、香りが豊かで、これまでのキリンのラインナップとはかなり異なった印象です。

500mL、アルコール度数40度、価格は2980円です。

<個人的評価>

  • 香り A: 青リンゴ、ライム、ナシ、メロンが先に訪れる。後からバニラ、バナナ、ウッディ、ピート。
  • 味わい B: ストレートではアルコールの刺激が強く、加水すると苦みが増す。その後は酸味が柔らかく伝わり、後味は甘い。
  • 総評 B: 多少の癖はあるが、フルーティで楽しめる。
DRINXサイトはこちら


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キリン 富士山麓 ブレンデッド18年 2016  700ml
価格:26244円(税込、送料別) (2017/12/4時点)




komagatake_tanpopo_今回は、マルスウイスキーから、シングルモルト駒ヶ岳 ネイチャーオブ信州 ~信濃蒲公英~を飲んでみます。

シングルモルト駒ヶ岳は、マルスウイスキーの中でも信州マルス蒸溜所のモルトのみを使った上級ブランドに位置しています。
基本的に本数限定で、それぞれに様々な試みが行われていて、ウイスキーファンの楽しみになっていると言えます。

2015年から、ネイチャーオブ信州というシリーズがスタート、最初は竜胆、翌年は小彼岸桜をリリースしました。いずれも2011年に再稼働して以降に蒸溜された3年熟成の原酒と、1985~1992年までに蒸溜された長期熟成原酒をヴァッティングしています。

そして2017年に、第三弾となる信濃蒲公英をリリース。
こちらも、2014年に蒸溜され、バーボン樽、アメリカンオークの新樽で熟成されたモルト原酒を主体に、20年以上熟成されたシェリー樽原酒を加えています。

では、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は少し濃い琥珀色、香りはブドウ、接着剤の香りが強く鼻をくすぐります。

口に含むと、赤ワインのような独特のアルコール臭の後、ナシ、ブドウ、リンゴ、カラメル、樽香が口の中にしっかり広がります。
味わいは酸味が少々強めですが、後から果物のような甘みもあって、52度のアルコールを感じさせません。

ロックにすると、エステリーさが一気に現れ、マスカットやバニラ、樽が持つ木の香りも目立ってきます。後味にレーズンをはじめとするドライフルーツのような濃厚な香りが訪れ、加水されるとこちらが主体になっていきます。
味わいは、多少ビターがでるものの、ほどよく酸味、甘さとのバランスがとれている印象です。

最後にハイボールにすると、ナシ、レーズン、ウッディさが香ってきます。
味わいは、多少フルーツを思わせる酸味がある印象です。

全体的に見ても、長期熟成されたシェリー樽原酒が強く印象づけられていて、高い度数にもかかわらず、アルコールの刺激をあまり感じずにまろやかで飲みやすくなっています。

ロックにしても加水しても、その香りが失われることが少なく、十二分に楽しめる印象で、サントリーやニッカとも十分対抗できるほどのできばえです。

700mL、アルコール度数52度、価格は9000円ほどです。
ただし、11000本限定のため、購入の際は在庫に気をつけましょう。

本坊酒造においては、2016年に鹿児島県で津貫蒸溜所が建設され、サントリー、ニッカ同様に2つの蒸溜所で幅広い原酒を造れるインフラを手に入れました。
これらを使った本格的なブレンデッドは2020年代のお楽しみになりますが、今後も期待できるメーカーであることに間違いはありません。

<個人的評価>
  • 香り AA: 20年以上熟成されたシェリー樽原酒からのレーズンの香りが主体。ナシ、リンゴ、カラメル、接着剤、バニラ、そして樽の香りが訪れる。
  • 味わい AA: 52度を感じさせないほどまろやか。酸味がメインで、甘さが後押しする印象。
  • 総評 AA: マルスウイスキーの本気を堪能できるボトル。




reserve_silky_今回は、サントリーリザーブの古酒、シルキーを飲んでみます。

サントリーリザーブは、1969年に発売されました。

1961年に、鳥井信治郎から社長の座を引き継いだ次男、佐治敬三は、1970年に開催される大阪万博を前に、外国人にも見劣りのしない素晴らしいウイスキーを作りたいとの一心で手がけたボトルです。

当初は山崎のモルトのみをキーにしていましたが、1973年に白州蒸溜所が出来ると、徐々に白州モルト主体へとスイッチしていきました。

今回採り上げるシルキーは、1984年に発売されました。従来のリザーブが黒いボトルとラベルをつけていましたが、このシルキーは白いラベルとクリアーなボトルを採用しており、繊細な香り、味わいをPRしたものとなっています。

終売年は不明ですが、今回入手したボトルには、ネック部分に特級と表記されていますので、酒税法改正で等級表示が廃止される1989年4月以前のものとみられます。

では、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は中庸な琥珀色、香りはアルコールの奥にブドウを強く感じます。

口に含むと、ラムレーズンが主体となり、奥からレモン、バニラ、ウッディと続きます。
味わいはアルコール由来の辛さがあるものの、その後は酸味がメインになります。

ロックにすると、レーズンの香りが更に引き立ち、奥からモルトの甘い香りも追いかけます。
味わいは酸味がかなり強くなります。

最後にハイボールにすると、ほのかにブドウ、バニラ、樽香を感じ取れます。
味わいは酸味がほのかに存在します。

フレッシュな印象のある現行品と比べると、シェリー樽モルトの影響があり、比較的濃厚な印象を感じます。
シルキーと標榜しますが、それほどに繊細なイメージは感じられません。むしろ当時のレギュラーのリザーブが骨太だったのではと想像されます。

1980年代のオールドにしても、このシルキーにしても、ストレートやロックでもしっかり飲める熟成度合いを持っていて、現行品とは雲泥の差に思えます。

760mL、アルコール度数43度で、発売当時の定価は3800円でした。酒税の違いから考えると、今だと2000円台後半というところでしょうか。

<個人的評価>

  • 香り A: ラムレーズンの香りが強く、後からバニラ、レモン、モルト、ウッディが続く。
  • 味わい B: ストレートではアルコールの刺激が強いが、酸味が主体の味。
  • 総評 B: 現行とは異なりシェリー樽原酒がメインで、濃厚な印象。




aromatic_今回は、ブラックニッカの限定品、アロマティックを飲んでみます。

ブレンダーズスピリット、クロスオーバーに続く限定品第三弾となるアロマティックでは、宮城峡モルトを中心に、同じく宮城峡で作られるカフェモルト、カフェグレーンと言ったグレーン原酒をブレンドしています。

このモルト原酒の構成は、宮城県限定のボトル、伊達に似ていますが、果たしてどうか?

公式サイトでは、飲み方としてここ数年でよく飲まれるハイボールを勧めています。

まずはストレートから。
グラスに注ぐと、液色は少々赤みがかった琥珀色。香りにおいてはリンゴをしっかり感じます。

口に含むと、ほのかにブドウが先に現れ、その後にパン、リンゴ、カカオと続きます。
味わいは多少のビターを伴いつつも、酸味がほのかに感じ取れる印象です。

ロックにすると、ナシやレモンの爽やかさが揮発し、樽からのウッディな香りも続きます。

味わいはフルーツの持つ酸味、甘みを持ちつつも、柑橘系のような苦さもあります。

最後にハイボールにすると、再びリンゴ、ブドウの香りが前に出てきます。

味わいは甘みの方が相対的に前にある感じで、かなり飲みやすいハイボールになります。

全く性格の異なるモルトを喧嘩させたクロスーバーとは対照的に、傾向の近い宮城峡モルトと、カフェモルト、カフェグレーンをブレンドすることで、和を持った全体的にも穏やかで飲みやすいボトルになっています。

しかし、似たようなブレンドになる伊達と比べても、香りの強さが総じて弱い印象です。
この点は値段の差が如実に表れている感じですね。

香りはブレンダーズスピリットやクロスオーバーに比べると薄いですが、フルーティな香りがメインで、味わいもビターが気になるものの、総じて甘さが得られます。

特にハイボールにすることで甘さが出て、ウイスキーを飲まない人でも受け入れやすいように思えます。

700mL、アルコール度数40度、価格は2000円ほどです。

確かに、レギュラーのブラックニッカのラインナップに比べれば、甘い香りを主体にスモーキーさを抑えたものになっているわけですが、2000円でリリースするのは微妙に思えました。

<個人的評価>

  • 香り C: ブドウ、リンゴが主体。奥からウッディ、カカオ。しかし少々薄い。
  • 味わい C: 酸味がメインで甘さが追う感じ。カカオ、柑橘系のビターを伴う。
  • 総評 B: 穏やかすぎるが、初心者でも受け入れられる甘いウイスキー。


zen_今回はジャパニーズウイスキーの古酒、サントリーの和イスキー 膳を飲みます。

和イスキー 膳は、1998年に発売され、2010年で終了しました。

すでに和食に合うウイスキーとして白角がでていましたが、膳ではさらに推し進めて「淡麗旨口」を標榜、一部に杉樽で熟成させたモルト原酒を使用し、竹炭を使って濾過をすることで杉材の癖を抑える工夫を凝らして作られました。

ノンエイジのブレンデッドモルトでありながらも、当時の定価は1200円と破格で売られ、和食店でも置かれるほど人気を誇りました。
それに拍車をかけたのが、真田広之が主演するユーモラスなCMでした。


しかし、角ハイボール人気に火が付くと、膳に使う原酒も不足する事態となり、2010年をもって生産終了しました。
ある程度潤沢な状況になった現在でも、復活は成し遂げられていません。

では、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は少々薄い琥珀色、香りはリンゴが比較的強めに感じられます。

口に含むと、アルコールの刺激の後で、モルト、バニラが先に訪れ、リンゴ、ミカンが後を追いかけます。
味わいはアルコールからの辛さがしっかり来るものの、後から酸味がほのかに訪れます。

ロックにすると、メロンのようなエステリーさが一気に現れ、モルトやウッディが続いていきます。
味わいは軽い酸味の後に甘さが付いてきて、なかなかに飲みやすく感じられます。

最後にハイボールにすると、ほんのりウッディとモルトが香る程度で、とてもあっさりしています。
味わいは少々のビターと甘さがあります。水割りだと甘みの方が強く感じられるでしょう。

CMを見ると、ロックで飲むことを主体に作られた印象がありますが、確かに日本酒に近いフルーティさがあり、和食と一緒に飲むことを主眼に苦心したことをうかがい知れます。
しかし水割りでもすっきりとしながらもほんのりとした甘みがあり、お酒があまり強くない人ならこちらでもいいかもしれません。

生産終了して久しいですが、ネットではまだ在庫を残している所もあるので、かつて愛飲していた方、これから飲んでみたい方も、探してみるといいでしょう。

仮に復活するにしても、2000円台になることは仕方ないですが、それでも相応の価値を得ることは可能でしょう。

<個人的評価>
  • 香り B: ストレートでモルト、ウッディ、バニラが目立つ。加水でメロン、奥からリンゴ。
  • 味わい C: ストレートではアルコールの辛さが目立つが、ロック、加水では甘さが引き立つ。
  • 総評 B: 白角以上に和食と合わせることを計算して作られたボトル。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【古酒】サントリー 膳 プラキャップ 40度 640ml【ウイスキー】
価格:2980円(税込、送料別) (2017/11/8時点)


nirasaki_malt_今回は、サン.フーズの甲州韮崎ピュアモルトを飲んでみます。

甲州韮崎は、サン.フーズが近年リリースしたウイスキーのブランドで、モルト、グレーン、スピリッツをブレンドしたオリジナル、モルトとグレーンのブレンデッドであるゴールドがあり、そしてこのピュアモルトが最上位と言えます。

自前でウイスキーの蒸溜所を持ち製造免許を持っているサン.フーズですが、シングルモルトではなく、ピュアモルトと書いている所を見ると、自前以外に国内、あるいはスコッチのモルト原酒もブレンドしている可能性があるでしょう。

まずはストレートから飲んでみます。グラスに注ぐと、液色は少し濃い琥珀色、香りはハチミツ、青リンゴが先にやってきます。

口に含むと、青リンゴの後にハチミツ、ライム、バニラ、モルトと香りが続いてきます。
味わいは、アルコールの辛さが少々強いものの、フルーツの酸味が前に来る印象です。

ロックにすると、燻製のようなピートが現れるようになり、その後ライムの爽やかさ、青リンゴやハチミツの甘い香りが続きます。

味わいは酸味と苦みが半々に訪れますが、舌に残る後味には甘さがあります。

最後にハイボールにすると、今まで感じられなかったレーズンの甘い香りが現れます。濃いめに作ってみると、ピートのスモーキーさや青リンゴの香りも見えてきます。

味わいはビターが先行しており、必ずしも飲みやすいとは言えません。

正直言って、結構いけます。
オリジナルも、スピリッツをブレンドした安いウイスキーとしては、ストレート、ロックでいける印象でしたが、このピュアモルトは飲み方によって性格がかなり異なり、個性がしっかり出たボトルになっています。

700mL、アルコール度数40度で、価格は2200円ほど。ニッカのピュアモルトブラックが2000円以下であるものの500mLですから、ブレンデッドモルトとしては最安値になるのではないでしょうか。

それを差し引いても、ウイスキーとしての出来は十分合格で、恥ずかしくない出来だと言って間違いはないです。

ゆくゆくは、自前の韮崎モルトが熟成された暁に、韮崎のシングルモルトをいただきたいなぁ、という期待を抱いてしまいます。

<個人的評価>

  • 香り A: ストレートでは青リンゴとハチミツ、ロックではピートが目立ち、ハイボールではレーズンが香る。
  • 味わい B: 酸味がメイン。加水でビターが表に出る。
  • 総評 A: 表情豊かで、コスパも高い。飲み方を変えていろいろ楽しめるボトル。

※amazon、楽天ともに商品がヒットしませんでした。見つかり次第、リンクを追加します。

販売元ページ

1579159_originalニッカウヰスキーが、「ブレンダーズスピリット」「クロスオーバー」に続く、ブラックニッカの数量限定ボトルの第三弾を発表しました

その名は「アロマティック」です。

宮城峡モルトを主体に、カフェモルト、カフェグレーンをブレンドし、フルーティで甘い香りと味わいを追求したボトルだそうです。

ヘビーピート原酒とシェリー樽原酒を喧嘩させてエッジを効かせたクロスオーバーとは対照的に和みのあるものになりそうです。

一見すると、宮城県限定の「伊達」に似た原酒の構成ですが、伊達はモルトとバニラの香りを主体にしているので、どのような違いがあるか飲み比べてみたいと思います。

発売は11月21日、700mL、アルコール度数40度で、価格は2000円ほどになる予定です。


前回、1000円以下でコンビニで買えるウイスキーをピックアップしましたが、今回はジャパニーズウイスキーで、1000円以上の500mLからフルボトルまでの中からピックアップしてみます。

サントリー 白角

shirokaku_new700mL アルコール度数40度 1500円

1992年に、淡麗辛口を謳って誕生し、2016年にレギュラーの角瓶とともにリニューアルされました。

レギュラーの角瓶に隠れがちですが、ロックやトゥワイスアップで飲むと、青リンゴや柿のフルーティな香りがしっかりと出ていて、酸味のアクセントもあり、レギュラーの甘い一辺倒の味わいよりも豊かに感じられます。

実際、角瓶は山崎のバーボン樽原酒を主体にしていますが、白角は白州のホッグスヘッド樽を主体にしていて、キャラクターも異なっています。

水割りやハイボールにしてもさっぱりした印象になるので、食事と一緒に飲むのもいいです。

個人的にはレギュラーよりも推します。



ニッカ ブラックニッカ ディープブレンド

bn_deep700mL アルコール度数45度 1400円

ブラックニッカの中でも最も新しくリリースされたボトルです。

余市の新樽で熟成されたヘビーピート原酒を中心にしていて、ストレートでは強いスモーキーな香りが楽しめます。

それ以外の香りも、ストレートは青リンゴや柑橘系の爽やかさ、ロックではバナナ、バニラの甘い香りが広がります。

かつてのニッカが持っていたしっかりしたボディはないものの、ウイスキーならではのスモーキーさを感じるにはいいボトルかと思います。


ニッカ シングルモルト 宮城峡

miyagikyo_new500mL アルコール度数45度 3000円 

2015年にリニューアルしたシングルモルトです。

元々宮城峡のモルトはフルーティで甘さが主だって感じられるものでしたが、このボトルにおいては、リンゴ、ブドウ、ナシ、ライムの香りとともに、ピートのスモーキーさもそれなりに感じ取れるものになっています。特にロックでは顕著です。

ハイボールにしても、アップブランデーのような甘い香りの漂うものになり、癖のあるお酒が苦手な人でもとっつきやすいかと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シングルモルト 宮城峡 45度 500ml あす楽
価格:2646円(税込、送料別) (2017/10/30時点)



キリン 富士山麓 樽熟原酒50°

fujisanroku201700mL アルコール度数50度 1300円

富士山麓は、アルコール度数50度と高いものの、1000円ほどで買えるウイスキーとして知られていましたが、2016年にリニューアルし、値段が上がったものの、容量が増え、ノンチルフィルタードとなりました。

ストレートでも、50度と思わせない比較的マイルドな印象で、柿、マスカット、ウエハースと続きます。

ロックになると、バーボンに近いエステル系の香りが立ち上がり、後からバニラの甘い香りがついていきます。味わいも酸味も強調されます。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キリンウイスキー 富士山麓 樽熟原酒 50度 700ml
価格:1338円(税込、送料別) (2017/10/30時点)


rainbow_今回は、地ウイスキー、相生ユニビオのレインボーウイスキーを飲んでみます。

相生ユニビオは、愛知県西尾市に本社のある酒造メーカーです。
明治5年に、愛知県碧南市で相生みりんの製造を始め、1941年に焼酎、1954年に清酒の製造免許を取得し、酒造メーカーへと発展していきました。

その後、みりん、清酒、焼酎の部門をそれぞれ独立した会社としてしばらく続いた後2004年に統合、相生ユニビオと社名を変更して今に至っています。

同社のウイスキー製造は古く、1948年からです。
その頃からのブランドがレインボーウイスキーで、現役です。
原材料を見ると、2級ウイスキー時代と大きく変わらない、モルト、グレーン原酒の他にスピリッツもブレンドしています。

以前は12年熟成したブレンデッドウイスキーのレインボー三州もありましたが、販売が終了しています。

では、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は少し淡い琥珀色、香りはアルコールの刺激が目立っています。

口に含むと、グラスから香ったときほどのアルコール臭は少なく、カラメルの甘い香りがほのかに感じられます。
味わいはひたすらに甘く、思ったほどアルコール由来の辛さは少ないです。

ロックにすると、シークワーサーのような青臭さと爽やかさが混濁した香りが開き、カラメルと言うよりもハチミツに近い甘い香りが後に続きます。
味わいはほろ苦さが表に出てくる印象です。しかし後味に甘さがあるので、つらいとは言い切れません。

最後にハイボールにすると、残念ながら香りはほとんど飛んで感じられなくなり、下に苦みを得るほどになります。
1:2くらいの超濃厚な配分にして、やっとウッディさを多少感じ取れるくらいです。

720mL、アルコール度数37度、価格は1100円ほど。
地ウイスキーという点で見ても、マルスウイスキーやホワイトオークあかしといった力を注いだメーカーと比べてもいまいちで、ロックや軽い加水で楽しみがちょっとあるかな、という程度にしかなりません。

12年ものの三州がなくなったのが残念ですね。

<個人的評価>

  • 香り C : ストレートでカラメルがメイン。ロックでシークワーサー、蜂蜜が現れるが、加水が進むと消える。全体的に香りは少なめ。
  • 味わい D: ストレートでは甘さがメインだが、加水されると苦みが増す。
  • 総評 D: 多少の楽しみがあるが、同じ価格帯のウイスキーに比べると物足りない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レインボーウイスキー 720ml瓶 ◆10P03Sep16
価格:1258円(税込、送料別) (2017/10/15時点)



nirasaki_r_今回は、サン.フーズの甲州韮崎オリジナルを飲んでみます。

山梨県韮崎市にあるサン.フーズという会社ですが、2014年にウイスキー製造免許を取得しており、同社の韮崎工場でもウイスキーの蒸溜を始められているかと思われます。

実際、この甲州韮崎のラベルにも堂々と韮崎蒸溜所を示す英文が記載されています。

この甲州韮崎は、オリジナルとゴールドの2種類があり、ゴールドがモルトとグレーン原酒でのブレンドに対して、オリジナルはスピリッツが加わっているという違いがあります。
なお、韮崎市へふるさと納税をすると、返礼としてこの2種類のウイスキーが手に入るそうです。

まずはストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は少々淡い琥珀色、香りはアルコールが強く感じられます。

口に含むと、ナッツ、キャラメルポップコーンがほとんどを占めます。しかし、注いだときのアルコールの香りは意外にしません。
味わいは甘さが前にあり、若干ながら酸味を感じ取れます。

ロックにすると、ナシやライムの香りが揮発し、ストレートでの甘い香りはかなり潜みます。
味わいはビターが前に来て、酸味が後押しする印象です。

最後にハイボールにすると、わずかながらに甘い香りがするものの、今まで現れたものはほとんど消えてしまいます。
味わいもちょっと甘いかな、という程度で終わっています。

700mL、アルコール度数37度、価格は700円ほど。

価格や成分からすれば、宝酒造のキングウイスキー凜やトップバリュウイスキーの範疇になりますが、それでもストレート、ロックで飲む分には悪くない印象です。
トリスクラシックやブラックニッカクリアと比べると、一歩足りないです。

ただ、本当に自前の原酒を使っているかはまだ疑問で、ウイスキーの免許取得後に蒸溜、貯蔵から3年以上が経過する2018年の時点でどのような変化があるか、見ておく必要はあるでしょう。

<個人的評価>

  • 香り D: ストレートではキャラメルポップコーンやナッツがメイン。加水するとフルーティに。
  • 味わい D: ストレートでは甘みがあるが、加水でビターが前に来る。しかし全体的に単調。
  • 総評 C: 700円台のウイスキーとしては及第点。しかし自前の原酒?


このページのトップヘ