RERAのウイスキーブログ

40過ぎのおっさんが、ジャパニーズ、スコッチを中心にウイスキーを飲み、独断で評価していきます。

カテゴリ:スコッチウイスキー > キャンベルタウン

longrow今回はキャンベルタウンのシングルモルト、ロングロウを飲んでみます。
が、このボトルを出しているのはスプリングバンクなんです。

ロングロウとは、かつてキャンベルタウンにあった蒸溜所で、スプリングバンクの隣にあったと言われています。
1824年に創業したものの、1896年には閉鎖されたとされています。

かつての隆盛から一気に衰退したキャンベルタウンの蒸溜所の中で、唯一安定的に経営を続けているスプリングバンクでは、当時の蒸溜所の名を冠したボトルとして、ロングロウ、そしてヘーゼルバーンをリリースしています。

ロングロウ ピーテッドでは、ヘビーピートモルトを使いつつも、2回の蒸溜を行っています。

ではいつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は淡いゴールド、香りは潮気を感じる強いスモーキーさです。

口に含むと、先にナシや青リンゴの爽やかな香りが広がり、次いでラムレーズンの芳醇な香り、奥からピートの香りがついてきます。
味わいは酸味がメインで、ほのかなビター、辛さが追いかけ、最後に甘さが締めくくります。 

ロックにすると、ストレートで感じられた香りに衰えがなく、むしろ花開くように広がっていく印象です。
味わいにおいては、しょっぱさが表に出てきて、酸味、ビターが後押しし、最後に甘さを感じ取ることが出来ます。
ただ、スプリングバンク10年ほどの強烈な塩辛さではなく、塩を加えることで甘み、うまみなどを引き立たせるような最近の スイーツや飲料のような塩梅の良さを感じます。

最後にハイボールにすると、表にピートが感じ取れ、ストレートやロックで感じられた青リンゴなどの香りはかなり消えてしまいます。少々濃いめにしないと爽やかな香りが出てきません。
味わいも、ほんのりとした塩気がメインで、後味として甘さをほのかに得られます。 シーフードの料理には合いそうな雰囲気です。
ただしコーラで割ってみると、意外にレーズンの香りのようなものが浮き出て、趣のあるクーバ・リブレになります。

全体的には、スプリングバンクほどの強烈な塩辛さがなく、ストレートやロックでは酸味や甘さが感じ取れて、バランスのよいボトルに仕上がっています。 
ピートの香りはヘビーピートモルトを使っている割にはそれほど強くはなく、他の香りとのバランスがとれている印象です。

700mL、アルコール度数46度で、価格は5600円ほど。
ノンエイジのシングルモルトとしては高いですが、長期熟成ものに負けない豊かな香り、味わいがあって、 あまり損とは思わないでしょう。

<個人的評価>

  • 香り A: スプリングバンクとは一転して、ナシ、青リンゴ、ラムレーズンのフルーティさが目立つ。ピートは強すぎない。
  • 味わい A: 酸味、ビター、甘さがメイン。加水すると塩気が出るが、ほかの味を潰さず引き立てる。
  • 総評 B:  ノンエイジとは思えないほどエッジが丸く、香り、味わいが豊か。
 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ロングロウ スタンダード 700ml
価格:5162円(税込、送料別) (2016/8/21時点)


今回は数少ないキャンベルタウンの銘柄、スプリングバンクの10年を飲んでみます。

sb10キャンベルタウンはスコットランドの南西部、キンタイア半島の先端部にあり、近くにはアラン島、アイラ島があります。
キャンベルタウンは北米への航路の拠点となっていて、かつては34もの蒸留所がある一大産地で、アメリカなどへの輸出で繁栄をしていきました。
ニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝が、スコットランド留学中に実習に訪れた蒸留所の一つが、この地にあったヘーゼルバーン蒸留所でした。

しかし、ウイスキーが売れなくなると品質を落としてまでも低価格で大量に売る方法に切り替える蒸留所が増え、徐々に評判は悪くなってきました。
さらにアメリカの禁酒法が施行されたことで得意先を失ったことで、ほとんどの蒸留所がなくなってしまいました。
ただ一つ、品質を落とすことを良しとせずにかたくなにこだわりを続けたスプリングバンクだけが、現在も生き残っています(2004年にはグレンガイル蒸留所が再興されました)。

スプリングバンクでは、数少ないモルトの生成からボトリングまでを行う蒸留所で、原酒は2.5回という蒸留を行う特殊な方法を採っています。

いつものようにロックで飲んでみると、飲み始めはとてもピーティで潮の香りが強く感じられます。その奥からは青リンゴやナシのようなさわやかな香りが訪れます。最後により深遠な部分にウッディ、レーズン、カラメルの香りがひっそりとやってきます。

味わいも塩辛さとスパイシーが混ざっていて、後から酸味が押し寄せてきます。

アイラモルトが海藻(ヨード、正露丸)のような磯の香りが漂うのに対し、スプリングバンクは純粋な海水、塩水というしょっぱさがあります。

加水されても、潮の香りとピートの香りは収まらず、十分な癖を残してくれます。しかしストレート状態に比べると酸味、甘さが表に出やすくなり、シングルモルトとは思えないほどの複雑でありながらもハーモニーとして調和される不思議なバランスを楽しめます。 

もともとアイラモルトやアイランズに慣れている人であれば楽しめる香りと味わいとなっていますが、初心者がいきなり飲むと、あまりの塩辛さに驚いてしまうでしょう。
むしろ初心者には1:3くらいの水割りのほうが却ってバランスの良いウイスキーだと感じられるのではないでしょうか。
飲みなれている人ならストレート、ロックでしょっぱさをダイレクトに感じる醍醐味を感じるのがいいかもしれませんね。

価格は700mL、46度で4600円ほどです。10年物と考えると割高ですが、複雑ながらも調和のとれた仕上がりを考えると十分ではないでしょうか。

<個人的評価> 
・香り A: 強烈な潮の香り。あとから青リンゴのようなさわやかさ。最後にレーズン、カラメルの甘い香り。
・味わい B: 塩辛さとスパイシー、あとから酸味。甘さはストレートでは目立たないが、加水されて感じられる。
・総評 A: ストレートやロックの飲みはじめでは初心者には向いていない。癖が強く、アイラモルトが好きな人なら飲めるかも。 むしろ初心者は水割り、トゥワイスアップがおすすめ。


このページのトップヘ