RERAのウイスキーブログ

40代のロスジェネおっさんが、世界各地のウイスキーを飲み、独断で評価していきます。

カテゴリ:ウイスキー > その他地域

roze_今回は、フランス産のウイスキー、ロゼリュールを飲んでみます。

フランスには20を超えるウイスキーを製造する蒸溜所がありますが、その多くがフランスで古くから作られているブランデーの製造も兼ねています。
一方でフランスでの消費も比較的多く、ジャパニーズウイスキーも人気を得ています。

ロゼリュールは、フランスのロレーヌ地方北部にある村の名前で、そこに設立しているグラレット・ドゥピック蒸溜所で作られるシングルモルトのブランドになっています。

グラレット・ドゥピック蒸溜所は、元々プラムのブランデー、ミラベルを製造していましたが、2002年にウイスキーの製造を開始しました。

ロゼリュールのブランドで発売されているボトルは三種類あり、スモークドのほかに、オリジナル、ピーテッドがあります。

スモークドは、20ppmのピートを使ってモルティングされた麦芽を使用し、蒸留後に、フィノ、オロロソ、ペドロヒメネスの3種類のシェリー酒の樽にそれぞれ熟成、計6~7年の熟成を行った原酒を使用しています。

ではストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は少し濃いめのアンバー、香りはレーズンがしっかり鼻に届きます。

口に含むと、アルコールの刺激は少なく、すぐさまレーズン、ゴム、バニラ、カカオと続きます。
味わいは酸味がメインで、後からビターが追いかけます。後味には甘さも存在します。

ロックにすると、レーズンにラムの香りが加わり、甘い雰囲気が強まります。また、レモンの爽やかさも加わってきます。
味わいは、ビターが控えめになり、酸味がより前面に押し出されます。また、香りに釣られるように甘みを感じやすくなってきます。

最後にハイボールにすると、やはりレーズンの香りは強くしっかり広がります。その後にはシナモンのようなスパイシーな香りが続いてきます。
味わいは一転してビターが目立ち始め、甘さは消えた印象です。

ピーティなモルトを使っている割にはスモーキーさは殆どなく、むしろシェリー樽によるレーズンの香りがしっかりした印象があります。
ただ、ザ・マッカランほどの濃厚さ、香りの強さはなく、比較的すっきりした印象があります。

約6,7年と熟成期間は短いものの、スコッチやジャパニーズと比べても遜色のない出来であることは確かで、将来的にフレンチウイスキーが代表的なウイスキーの一つに数えられる可能性も十分あるでしょう。

700mL、アルコール度数46度、価格は5000円ほどです。そうした仕様を見ると、アルコールの刺激を感じられないのはちょっとした驚きです。

<個人的評価>

  • 香り B: レーズンがしっかり。ストレートではバニラ、カカオ、加水されてレモン、シナモンが現れる。ピーティなモルトと言えるほどのスモーキーさはない。
  • 味わい C: ビター、酸味が支配する。香りほど甘さは感じられない。
  • 総評 B: さほど長くない熟成期間ながら、アルコールが丸められている。将来が興味深いボトル。



21c今回はインドのウイスキーを飲んでみます。

インドはスコッチウイスキーの消費量で世界5位に入るほどの消費大国ですが、一方でモルトウイスキーの本格的な販売は 21世紀に入ってからと日が浅いです。

そもそも、ウイスキーの製造自体は19世紀、植民地支配されていた時期に蒸溜所が作られていましたが、貧困層の多いインドにおいては穀物を使用することが嫌悪される風潮があり、大半のボトルでは甲類焼酎のように廃糖蜜を使用し、モルト原酒を1割ほどしか使わない、かつて日本における2級ウイスキーのような物が出回っていました。

1990年代になってからウイスキーの品質向上の動きが始まり、イギリスの酒造メーカーの買収などで技術を吸収していきました。

今回飲む21stセンチュリーを手がけるのは1994年に創業したSOM社で、インド中部、マディヤ・プラデーシュ州の州都、ボーパールにあります。ボーパールにはアッパー湖という湖があり、周辺を山々で囲まれた土地です。
21stセンチュリーは、この山々からの天然水を使用し、2年熟成をしたウイスキーと言われています。 

ご丁寧に成分表が記載されていますが、ラベルには"PURE MALTED WHISKY"と書いているものの、実際にはグレーン原酒、さらには香料、グリセロール、酸化防止剤が含まれているとなっています。
親切だけど怪しさも満点です。

ではいつものようにストレートから飲んでみます。と思ったのですが、なんとキャップをひねっても開かない!

どうもスクリューキャップをはめ込む工程で失敗し、根元の締め付け部分までもが回っていることが原因でした。さすがインド品質...。
強硬手段で根元をペンチで押さえながらひねり、やっと開栓できました。

ちなみにキャップの作りも雑で、いざ閉めようとしても閉まりません。別のボトルが空いたら注ぎ直して保管することにします。

グラスに注ぐと、 液色は中庸な琥珀色、香りは甲類焼酎のような廃糖蜜の香りがします。

口に含むと、アルコールの刺激はそこそこで、ほんのりナシとカラメルの香りがします。しかしほこりっぽさがあって、違和感があります。
味わいはアルコールからの辛さがあり、奥から軽く甘みがある程度です。

ロックにしても、特に開く香りはなく、ストレートよりもアルコールが強く感じられます。
味わいは引き続きアルコールの辛さから始まり、続いてビターが大きく出てきます。甘さは奥で閉じこもった印象です。

ハイボールにすると、アルコール自体の刺激はなくなるものの、カラメルとウッディさも感じられるかわからないレベルになります。
味わいはビターが表に来ます。

おそらく、インドで一般的売られているレベルのもののように感じます。ジャパニーズで言えばトップバリュウイスキーやサントリーレッドくらいの品質です。正直、おいしいとは言えません。

750mL、アルコール度数42.8度で、価格は1800円ほど。
インドで作られる一般的なウイスキーはこうなんだ、と見聞を広める程度にした方がいいです。
シングルモルトとしてはアムルットが有名ですので、いずれはこれを飲んでみようと思います。

<個人的評価>

  • 香り E: アルコールの刺激はストレートでは少なめ。ナシ、カラメル、ウッディさが希薄。
  • 味わい E: アルコールの辛さが前に出る。甘みがあるが薄い。
  • 総評 F : 一般的なインドのウイスキーとはどうなのか、と知識を広める目的以外には買うべきではない。

今回は初の台湾のウイスキー、カバラン コンサートマスターを飲んでみます。

kava_cmカバランは、台湾の北東部、宜蘭(ぎらん、ギーラン)県 にすんでいた先住民族の名前で、2005年に同地に本社を置く食品メーカー、金車(キングカー)が建設した蒸溜所です。

沖縄に近く、亜熱帯気候の台湾ではウイスキー作りが無理だと思いますが、カバランではそれを逆手にとって、空調管理を整えつつも、温暖な気候によって早める熟成方法を採用しています。
それによって、建設からたった5年でISC、WWA などで賞を獲得し、ジム・マーレイが手がけるウイスキーバイブル2011でも、ソリスト フィノが95点を獲得し、世界中を驚かせました。

使用する水は、富士山よりも標高が高く、日本が統治した時代には次高山と呼ばれていた雪山を中心とした、雪山山脈からの水を使用しています。 

カバランは、銘柄によって異なる性格の樽を使用していますが、コンサートマスターはポートワイン樽を使って熟成をしています。

では、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は濃い琥珀色、香りはバニラ、マンゴーが漂います。

口に含むと、先に青リンゴ、マンゴー、バナナ、レーズンと濃厚な果実の香りが口に広がります。
味わいはアルコール由来の辛さはほとんど感じられず、甘さが主体で、果実の酸味が追いかける印象です。
ピート由来のスモーキーさはほとんど感じられません。

ロックにすると、青リンゴ、ナシ、マスカットの香りが一気に開きます。その後にマンゴ、バナナ、バニラ、レーズンの香りが追いかけます。
味わいは、辛さが先に立ち、その後に酸味、甘さ、ビターの順にやってきます。

最後にハイボールでは、先にビネガーのような酸っぱさがありますが、その後バナナやマンゴーの香りがほのかに訪れます。
味わいは酸味が前にあるものの、すぐに甘さがカバーする形で、スイートなハイボールに感じます。 

正味、熟成が3~5年でしょうけれども、ジャパニーズではアルコールからの刺激、辛さがしっかり来るのに対して、コンサートマスターではほとんど感じられず、豊かな香りもあって、倍以上の熟成期間を経たような印象があります。
ただ、コクは少なめで全体的に軽い印象です。

700mL、アルコール度数40度、価格は9000円ほど。
これ以外のボトルも軒並み1万円を超えるものばかりで、シングルモルトのみ、ブレンデッドは発売されていませんので、簡単に入手できるものではありませんが、50mLのミニチュアボトルが1000円台で購入できますので、2,3ショット試してみるのもいいでしょう。

今後10年を超える原酒が増えてくることを考えると、スコッチ、ジャパニーズともに脅威になることは間違いないでしょう。

<個人的評価>

  • 香り AA: 若いのにアルコールの刺激がなく、マンゴー、バナナ、ナシ、青リンゴ、レーズンと豊富。
  • 味わい A: 甘さがメインで、フルーツのような酸味がおいかけて、飲みやすくて軽い。
  • 総評 B: 価格が高いのがネックだが、今後の熟成された原酒の動向次第では恐ろしくなる。


このページのトップヘ