RERAのウイスキーブログ

40過ぎのおっさんが、ジャパニーズ、スコッチを中心にウイスキーを飲み、独断で評価していきます。

カテゴリ: ウイスキー

et_brown今回は久しぶりのバーボン、アーリータイムズ ブラウンラベルを飲みます。

一般的に市販されているイエローラベルとの違いは次の通りです。
  • イエローラベルがバーボンの基準ギリギリの79%ものコーンを原料として使用、その他ライ麦が11%、 モルトを10%使用しているのに対し、ブラウンラベルはコーンを72%、ライ麦を18%使用している。
  • 糖化の工程で、イエローラベルよりも加えるサワーマッシュ(蒸留後に残った、乳酸菌によって酸味のある残滓)の量を減らしている。
  • ボトリングの手前での濾過工程を2度行っている。1度目はイエローラベル同様にココナッツの皮から作った活性炭を使用、2度目はピートから作った活性炭を使用する。
原料の比率や製造工程に違いがあり、ライトなイエローラベルよりも濃厚になっていると言われています。

では、いつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は褐色、香りはビネガーのような酸っぱさと接着剤が感じ取れます。

口に含むと、まず昆布のようなヨード感が漂います。そのあとに接着剤、バナナ、ナッツと続きます。
味わいはアルコールからの辛さはそこそこ、その上に甘さが被さってきます。

ロックにすると、ヨードの香りは控えめになり、エステリーさも鳴りを潜めた印象です。その後から、うっすらとドライフルーツ、バニラが顔を出します。

味わいは多少の酸味があるものの、全体的に甘みが勝っています。

最後にハイボールにすると、引き続き軽いヨードのあとに、バナナやマンゴーなどのドライフルーツの濃厚な香りが訪れます。
味わいは少々ビターが感じられますが、ほどよく酸味、甘さが感じられます。

イエローラベルも比較的飲みやすい部類に入りますが、ブラウンラベルでは濃厚な香りとまろやかさが増し、ストレートやロックでもきつい感じが少ない印象です。

700mL、アルコール度数40度、価格は1500円。
お手軽な価格で買える分、お値打ち感が高いと思います。

<個人的評価>

  • 香り B: 初めに昆布。後からバナナ、接着剤、ナッツ。加水されるとバニラが顔を出す。
  • 味わい B: 全体的に甘みがあり、とても飲みやすい。
  • 総評 B: イエローラベル以上にまろやかで、ストレートでも気兼ねなく楽しめる。


rch今回は1000円スコッチ、リチャードソンを飲んでみます。

リチャードソンはスペイサイドモルトをキーに、3年以上熟成された原酒を使用しているそうです。

早速ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は中庸な琥珀色、香りは...アルコール以外にはあまり感じ取れません。

口に含むと、先にゴム、レーズン、後からカラメル、ナッツと続きます。
味わいはアルコールからの辛さが先に訪れ、後から酸味が追いかけます。甘さはほとんど感じられません。

ロックにすると、香りは硫黄が表に出て、後からライム、チョコレートと続きます。
味わいは、アルコールからの辛さがまだ強く、その後に酸味、ビターと続きます。

最後にハイボールにすると、香りは軽くゴムが香り、後からレーズンと続きます。
味わいは多少の甘みが感じられるようになります。

スペイサイドモルトをキーにしているといっても、マッカランやグレンファークラスのようなシェリー樽原酒ならではの香りがメインになっています。
ただ、レーズンのような濃厚なフルーツという感じは薄く、雑味が目立つ印象です。

700mL、アルコール度数40度、価格は1000円ほど。

値段を考えると、薄っぺらい安物の国産に比べればマシでしょうか。

<個人的評価>

  • 香り C: ゴム、レーズン、カラメル、ナッツ。加水でライムっぽさが出る。
  • 味わい D: ストレート、ロックでアルコールの辛さが目立つ。
  • 総評 C: 1000円の値段を考えると、驚きは特にない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リチャードソン 40度 700ml
価格:864円(税込、送料別) (2017/4/16時点)


cameron今回はシングルグレーンウイスキーのキャメロンブリッジを飲んでみます。

キャメロンブリッジ蒸溜所は、ローランド地方ファイフにあり、1824年にジョン・ヘイグが設立しました。世界で初めてグレーンウイスキーを作った場所とも言われています。

現在はディアジオ社が所有するこの蒸溜所は、近代化が進み、現代的な建物の中に張り巡らされたプラント状のパイプ類が窓から覗けます。

このキャメロンブリッジ蒸溜所では、ジョニーウォーカーをはじめとするディアジオ社のブレンデッドウイスキー向けのグレーン原酒を製造しています。
そのほかに、ジンのタンカレーやゴードンズ 、ウォッカのスミノフの原酒も製造されています(ただし、日本で売られているスミノフは韓国産)。

ではストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は中間調の琥珀色、香りは青リンゴが漂ってくる印象です。

口に含むと、軽くゴムの香りから始まり、奥から青リンゴ、麦チョコ、バニラと続きます。
味わいは、アルコールの辛さが先に来るものの、後からフルーツのような甘さ、酸味が広がります。 

ロックにすると、柑橘系の爽やかさとエステリーさが立ち、後からはちみつ、青リンゴと続きます。
味わいはビターが強く現れ、 酸味が後に続きます。ストレートほどの甘みは感じなくなります。

最後にハイボールにすると、ほのかにハチミツ、青リンゴ、バニラが香ってきます。
味わいは柑橘系のビターが前に来て、甘さや酸味はあまり感じられません。

シングルグレーンというと、個性がないように思われる人もいますが、ストレートでは十分単体で楽しめる仕上がりになっています。また、シングルモルトと割ることで、自己流なんちゃってブレンドを楽しむことも出来ます。

国内でも、知多、カフェグレーン、カフェモルトといったグレーンウイスキーが発売されていますが、特に香りのしないスピリッツで割るよりも、ブレンデッドウイスキーの脇役として引き立てていることを実感できるでしょう。

700mL、アルコール度数40度、価格は3000円ほどです。

<個人的評価>

  • 香り C: ストレートではゴムの香りが立つ。メインは青リンゴ、ハチミツ、バニラ。
  • 味わい C : ストレートでは甘さがあるが、加水されるとビター、酸味が前に出る。
  • 総評 C : ストレートなら単体でもいける。シングルモルトの割り材に持ってこい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【最安値挑戦中】キャメロン ブリッジ 700ml 40度
価格:2358円(税込、送料別) (2017/4/15時点)


fujisan今回は、サン.フーズの「ウイスキー富士山」を飲んでみます。
 
サン.フーズは、山梨県韮崎市にあるメーカーで、ワイン、梅酒、みりん、焼酎を製造、販売しています。親会社は、山梨県を創業の地としながら、現在はタイに本社があるアサンサービスという会社になります。
会社概要ではスピリッツの類いとしてラムなども製造しているそうですが、ウイスキーについては公式サイトでも記載されていません。

しかし同社からは、コンチネンタルウイスキーというブランドで、イエローラベル、御勅使(みだい)というボトルをリリースしています。

その中で、「富士山」は2016年12月にリリースされた比較的新しいボトルになります。

ボトルを見ると、表面には地層水仕込みと書いていますが、そもそも蒸溜所の存在もわからず、自前でもろみを醸造しているのも不明ですので、おそらくはボトリングで富士山の水を使っていると推測されます。

いつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は濃い琥珀色、香りはアルコールが前に出ています。

口に含むと、先にほんのりとラムレーズンの香りがやってきて、後からカラメル、ウエハースと続きます。

味わいはアルコールからの辛さが先に来て、後からほんのりと酸味、甘み、ビターと続きます。

ロックにすると、硫黄のような刺激が立ち、プルーンのような濃厚な香りが続きます。また、スモーキーさも多少に感じ取れます。
味わいは、辛みが先に来て、後から強い酸味、ビターと続きます。

最後にハイボールにすると、軽くゴムっぽい香りが 先に立ち、カラメルがほんのりと続きます。
味わいは、未だにアルコールの辛さが目立ち、癖の強いものになります。

端々にウイスキーらしい香り、味わいはあるのですが、色の割にアルコールがきつく感じられ、原酒自体はそれほど熟成していないように思われます。
1,2年程度の原酒にカラメルをふんだんに加えたようにも思えます。

これを5年くらい熟成させれば、かなりマシになると思いますので、尚更メーカーの姑息な考えには遺憾の意を表明せざるを得ません。

そもそも、原酒はどういう過程を経たのか、自社サイトで明確にすべきでしょう。
それが出来ないのであれば、スコットランドから樽ごと原酒を購入して、それにカラメルを加えてそのままボトリングしたように邪推します。

日本の消費者をなめてもらっては困ります。

700mL、アルコール度数40度、価格は2200円ほど。
この価格帯ではもっとうまいウイスキーはいくらでもあるので、残念以外の言葉が出ません。

<個人的評価>

  • 香り D:ラムレーズン、プルーンが主体。加水するとゴム(硫黄)の香りが加わる。
  • 味わい E : アルコールからの辛さがハイボールになっても止まらない。
  • 総評 E : ウイスキーブームに便乗した感が否めなく、イミテーションに思えてしまう。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウイスキー富士山 地層水仕込 40度 700ml
価格:2376円(税込、送料別) (2017/4/4時点)



今回は、東ハイランドのモルト、ザ・デヴェロン12年を飲んでみます。

deveronザ・デヴェロンを販売するのは、東ハイランド地方にあるマクダフ蒸溜所です。
マクダフはスペイサイド地方よりも東側にあり、デヴェロン川の河口を中心としたバンフ湾に面した港町です。
蒸溜所はデヴェロン川の河口付近に立地し、潮風を受ける場所にあります。

同蒸溜所のシングルモルトは、ボトラーから出されているもののほか、オフィシャルでも免税店限定のグレンデヴェロンがリリースされている程度でした。

しかし、同蒸溜所を所有するバカルディ社が、2016年に一般向けのオフィシャルボトルとして、ザ・デヴェロンをリリースしました。
ラインナップは今回の12年のほか、18年があります。 

いつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は中庸な琥珀色、香りはオレンジがほのかにします。

口に含むと、軽い潮の香りがするピートの後 、オレンジが追いかけます。最後にカカオ、バニラが訪れます。
味わいはほんのりとしょっぱさがあり、その後に柑橘系を思わせるビターと酸味が続きます。 

ロックにすると、ピートが一気に開き、潮の香りが強くなります。その後ライム、ナシと続きます。
味わいもしょっぱさが強く、その後でビターもそこそこの強さを感じます。

最後にハイボールにすると、ピートは抑えめになり、オレンジの香りがほのかに感じ取れます。
味わいも酸味が主体になり、ビターが柑橘系の雰囲気を演出しています。

海から近いこともあり、潮風の影響を強く受けた印象を持ちます。
しかし、単にしょっぱいウイスキーでは終わらず、オレンジのような香りがうまくマッチし、心地よく仕上がった感じです。

700mL、アルコール度数40度、価格は4500円。
値段は高めですが、潮風を感じられるウイスキーがほしい人向けと言えます。

<個人的評価>

  • 香り B: 潮の香りのするピートが先行、後からオレンジ、最後にカカオ、バニラ。
  • 味わい C: しょっぱさが主体だが、あとから柑橘系の酸味、ビターがあってつらくはない。
  • 総評 C: 潮風を感じたい人にとってはうってつけのボトル。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザ・デヴェロン 12年 700ml
価格:4190円(税込、送料別) (2017/3/2時点)


ニッカウヰスキーから、5月23日に新しいブラックニッカの限定品を出すという情報がリークされました。
crossover-blacknikka

名称は「ブラックニッカ クロスオーバー」で、余市のヘビーピートモルトと、宮城峡(?)のシェリーモルトをベースにブレンドしたものになるそうです。
ブレンダーズスピリットと同様に、こちらも数量限定での販売になります。

私もレビュー用で、amazonにてポチッとさせてもらいました。
レビューは到着後に速報レベルで出そうと思いますが、待ちきれない方はご予約をされた方がいいでしょう。

21c今回はインドのウイスキーを飲んでみます。

インドはスコッチウイスキーの消費量で世界5位に入るほどの消費大国ですが、一方でモルトウイスキーの本格的な販売は 21世紀に入ってからと日が浅いです。

そもそも、ウイスキーの製造自体は19世紀、植民地支配されていた時期に蒸溜所が作られていましたが、貧困層の多いインドにおいては穀物を使用することが嫌悪される風潮があり、大半のボトルでは甲類焼酎のように廃糖蜜を使用し、モルト原酒を1割ほどしか使わない、かつて日本における2級ウイスキーのような物が出回っていました。

1990年代になってからウイスキーの品質向上の動きが始まり、イギリスの酒造メーカーの買収などで技術を吸収していきました。

今回飲む21stセンチュリーを手がけるのは1994年に創業したSOM社で、インド中部、マディヤ・プラデーシュ州の州都、ボーパールにあります。ボーパールにはアッパー湖という湖があり、周辺を山々で囲まれた土地です。
21stセンチュリーは、この山々からの天然水を使用し、2年熟成をしたウイスキーと言われています。 

ご丁寧に成分表が記載されていますが、ラベルには"PURE MALTED WHISKY"と書いているものの、実際にはグレーン原酒、さらには香料、グリセロール、酸化防止剤が含まれているとなっています。
親切だけど怪しさも満点です。

ではいつものようにストレートから飲んでみます。と思ったのですが、なんとキャップをひねっても開かない!

どうもスクリューキャップをはめ込む工程で失敗し、根元の締め付け部分までもが回っていることが原因でした。さすがインド品質...。
強硬手段で根元をペンチで押さえながらひねり、やっと開栓できました。

ちなみにキャップの作りも雑で、いざ閉めようとしても閉まりません。別のボトルが空いたら注ぎ直して保管することにします。

グラスに注ぐと、 液色は中庸な琥珀色、香りは甲類焼酎のような廃糖蜜の香りがします。

口に含むと、アルコールの刺激はそこそこで、ほんのりナシとカラメルの香りがします。しかしほこりっぽさがあって、違和感があります。
味わいはアルコールからの辛さがあり、奥から軽く甘みがある程度です。

ロックにしても、特に開く香りはなく、ストレートよりもアルコールが強く感じられます。
味わいは引き続きアルコールの辛さから始まり、続いてビターが大きく出てきます。甘さは奥で閉じこもった印象です。

ハイボールにすると、アルコール自体の刺激はなくなるものの、カラメルとウッディさも感じられるかわからないレベルになります。
味わいはビターが表に来ます。

おそらく、インドで一般的売られているレベルのもののように感じます。ジャパニーズで言えばトップバリュウイスキーやサントリーレッドくらいの品質です。正直、おいしいとは言えません。

750mL、アルコール度数42.8度で、価格は1800円ほど。
インドで作られる一般的なウイスキーはこうなんだ、と見聞を広める程度にした方がいいです。
シングルモルトとしてはアムルットが有名ですので、いずれはこれを飲んでみようと思います。

<個人的評価>

  • 香り E: アルコールの刺激はストレートでは少なめ。ナシ、カラメル、ウッディさが希薄。
  • 味わい E: アルコールの辛さが前に出る。甘みがあるが薄い。
  • 総評 F : 一般的なインドのウイスキーとはどうなのか、と知識を広める目的以外には買うべきではない。

mackinlay今回は1000円スコッチから、マッキンレーを飲んでみます。

マッキンレーは、19世紀初頭に、チャールズ・マッキンレーによって ブレンド、販売されたスコッチウイスキーです。
ただ、当初売られていたのはブレンデッドモルトで、グレーンウイスキーを加えた物は1960年代になってから販売されたと言われています。

元々のブレンデッドモルトは、1907年に南極大陸の探検に出たアーネスト・シャクルトンが持ち込んだものの、その後行方不明になり、その後1世紀近く経過してから発見されたエピソードがあります。
現在もその発見されたボトルを元に、レア・オールド・ハイランド・モルトという製品が販売されています。 

オリジナルの方は、基本的には5年熟成のモルト、グレーンを使っていますが、使用されるモルト原酒は幾度か変わっていて 、当初はマッキンレーによって建設されたグレンモール、グレンアルビン、グレンアラヒーのモルトが使われていましたが、現在はアイル・オブ・ジュラ、タリバーディン、タムラヴーリンを使っていると言われています。

では、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は濃い琥珀色、香りはナシ、青リンゴを感じます。

口に含むと、アルコールの刺激はそこそこで、後からラムレーズン、青リンゴ、ナシ、バニラ、カカオと続きます。

味わいは先にアルコール由来の辛さはあるものの抑えられていて、その後に甘さ、酸味が続きます。若い原酒を使っているにしては、比較的ストレートでも飲みやすい印象です。

ロックにすると、ラム酒っぽさが強く表れ、その後にレーズン、バニラ、ウッディさが追いかけます。
味わいはビターが前に来て、後から甘みが訪れます。

最後にハイボールにすると、ロック同様にラムレーズンの香りが前に出て、後から樽香がやってくる印象です。
味わいもビターが比較的強めで、後から甘みがついてくる感じです。
軽くレモン果汁を足した方がいいかもしれません。

価格の割には、アルコールが前に出ないで落ち着いた印象で、ドライフルーツの濃厚な香りと甘さがあって、案外とっつきやすい方だと思います。
また、カクテルベースに使うにもちょうどいい価格帯ではないでしょうか。

700mL、アルコール度数40度で、価格は1300円ほど。

<個人的評価>

  • 香り B: ラムレーズンの香りがメイン。後からナシ、青リンゴ、バニラ、ウッディ、カカオ
  • 味わい A: アルコール由来の辛さは抑えめ。甘さが前に来る。
  • 総評 B: はまるほどではないものの、甘く濃厚で初心者でもいける。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マッキンレー 正規品 700ml
価格:1680円(税込、送料別) (2017/3/24時点)



今回はハイランドモルト、トマーティンからク・ボカンを飲んでみます。

cu_bocanク・ボカンとは、トマーティン蒸溜所のあるインバネス地方に伝わる魔犬の名前で、同地方を守る番犬と言われています。
容姿はとても恐ろしいですが、住民を襲うことはなかったと言われています。その代わり、走り去って大地へと消えた場所では、極上のピートが採れたと言われています。

その伝説になぞらえ、15ppmのミディアムピートを効かせた8年以上熟成の原酒を使用したボトルとして、2014年に発売が開始されました。

早速ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は黄金色、香りは青リンゴの奥にスモーキーさが潜んでいるのを感じます。

口に含むと、アルコールっぽさを感じつつも、青リンゴ、 バニラ、ピート、黒こしょうの香りが続きます。
味わいはビターな感じがありつつも、スパイシーさがあり、奥から甘さがあふれてきます。

ロックにすると、アルコールらしさは消え、軽いスモーキーさの上に青リンゴと黒こしょう、の香りが引き立つ印象です。 
味わいはスパイシーになり、パンチの効いたものになります。

最後にハイボールにすると、スモーキーさが表に出て、青リンゴと黒こしょうが後に続きます。
味わいはほろ苦さを持ち、あまり甘さは感じられません。

レギュラーの12年、レガシーが爽やかでライトな印象なのに対して、ク・ボカンはスパイシーかつスモーキーで、なかなかにパンチが効いたボディの重さもある印象です。

700mL、アルコール度数46度。並行輸入品で5300円ほど、正規品は定価7500円です。
ちなみに、ク・ボカンにおいても限定ボトルがいくつかあり、新樽のみを使ったヴァージンオーク、バーボン樽のみを使ったバーボンカスクなどがあります。

<個人的評価>

  • 香り B: しっかりピートが効いている。青リンゴ、黒こしょう、奥からバニラ。
  • 味わい B: ビターかつスパイシー。ストレートでは甘さが後ろで支える。
  • 総評 B: しっかりしたボディにパンチの効いた味わい。シングルモルトながらバランスがとれている。

maca_w12今回はスペイサイドモルト、マッカランから、ダブルカスク12年を飲んでみます。

2017年3月に、レギュラーのラインナップとしてダブルカスク12年が発売されました。

定番のシェリーオークでは北スペイン産のヨーロピアンオークの樽を使いますが、ダブルカスクではアメリカ東部産のアメリカンオークの樽も使用しています。

この樽を作るにおいても、伐採の後に1年ほど天日で乾燥させる手間をかけ、さらに専門のスタッフによる材木の選定を経ています。

これを南スペイン、ヘレス地方に持ち込んで、指定された方法でドライオロロソのシェリー酒を入れ、2年間熟成させます(シェリーオークでは3年熟成)。

こうしてやっと、原酒を仕込むのにふさわしい樽が生まれるのです。

そこから原酒を仕込んで12年以上熟成させるわけですから、材木の伐採から始まれば15年以上の時間をかけて誕生した新製品と言えます。

まず、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は少々濃いアンバー、香りはレーズン、紅茶、オレンジ、リンゴが漂います。

口に含むと、グラスから漂っていたレーズン、オレンジ、紅茶、リンゴの香りが口の中で広がります。その後はハチミツ、ウエハース、バニラと、甘い香りが追いかけてきます。
味わいはほんのり酸味があるほかはとても甘く、アルコールから来る辛さは抑えられています。

ロックにすると、レーズンの後にライム、ほんのりリンゴが現れてきます。
味わいも辛さと酸味が強くなり、後々から甘さが出てきます。 
加水が進むことで、辛さが落ち着き始め、甘さがさらに前に来ます。

最後にハイボールにすると、 思った以上にレーズン、リンゴのフルーティさが前に出てきて、奥からバニラ、ハチミツも加わっていきます。
味わいも甘さが前に出てきて、甘いお酒が好きな人にも十分楽しめます。

シェリーオーク12年ほどの強いレーズンの印象がないですが、辛さ、ビターな感じがほとんどなく、ストレートやハイボールでも甘い味わいを楽しめるボトルになっています。

ウイスキー初心者や、スモーキーな癖が嫌いな人でも非常にとっつきやすく、万人受けを狙っていると言えます。

700mL、アルコール度数40度で 、価格は6500円ほど。
12年物のボトルとして割高なのは否めないですが、その値段に納得できるほどの完成度の高さを持っています。この点では、イギリスの百貨店、ハロッズが「シングルモルトのロールスロイス」と謳うに相応しい出来です。

一方で350mLのハーフサイズも発売されますので、値段の高さに手が届かない方はこちらを選んでもいいでしょう。

<個人的評価>

  • 香り AA:シェリー樽原酒ならではのレーズンを筆頭に、オレンジ、ライム、リンゴ、紅茶。奥からバニラ、ハチミツ、ウエハースと甘い香りが豊か。ハイボールでもしっかり。
  • 味わい AA:ストレートでも甘くて飲みやすい。ロックでは辛さが出るが、加水が進むと甘みが増す。
  • 総評 AA:お酒、ウイスキーになれてない人でもとっつきやすい。値段だけが玉に瑕?
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新発売】ザ マッカラン ダブルカスク12年
価格:6458円(税込、送料別) (2017/3/14時点)


このページのトップヘ