RERAのウイスキーブログ

40過ぎのおっさんが、ジャパニーズ、スコッチを中心にウイスキーを飲み、独断で評価していきます。

カテゴリ: ウイスキー

winche今回は、ブレンデッドスコッチのウィンチェスターを飲んでみます。

情報が少ないのであれですが、発売しているのは、フランスのラ・マルティニークイーンズ社で、同社が所有するグレンマレイの原酒をキーモルトにしている、ということしかわかりません。
1000円でおつりが来るほど安いので、怪しさが結構します。

いつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は少々淡い琥珀色、香りはほのかにレーズンがする感じです。

口に含むと、アルコールの刺激の後でナシ、青リンゴ、モルト、クリームの甘い香りがほのかにします。 
味わいは辛さの後に、 フルーツの酸味と甘みが来ます。しかしそれほどしっかりは感じられません。

ロックにすると、アルコールの刺激は抑えられたものの、そこから何かしら開いてくるものがなく、なしや青リンゴの香りも何だかくすんだ感じになります。 
よくよく嗅いでいくことで、やっとウッディさが顔を出しますが、これもいまいちパッとしません。

味わいもまだアルコールの辛さが残っていて、 奥で酸味とビターがほのかに感じ取れます。

最後にハイボールにすると、なんと香りがそっくり消えます!
味わいとしては、多少の甘さが来る感じです。

正直、トリスやブラックニッカクリアといい勝負です。まぁ、値段を考えると大敗ですが...。
スモーキーな香りがすると謳われていますが、ちっともしません。
空気を含ませて寝かせてやれば変わるかもしれませんが、値段相応というか、スコッチとしては買ってはいけないボトルだと思います。 

700mL、アルコール度数40度、価格は900円ほどです。
値段につられると痛い目を見ます。

<個人的評価>

  • 香り E: ストレート、ロックではアルコールの刺激が目立つ。ナシ、アオリンゴ、モルトなどの香りもパッとしない。
  • 味わい D: ストレートやロックでは辛い。加水すると甘さが来るのが救い。
  • 総評 E: トリスと渡り合っている時点でひどすぎる。値段につられると馬鹿を見る。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウィンチェスター 700ml
価格:924円(税込、送料別) (2017/2/10時点)


ardbeg_ud今回はアイラモルト、アードベッグ ウーガダールを飲んでみます。

ウーガダールとは、ゲール語で「暗くてミステリアスな場所」と言う意味で、アードベッグ川の水源となる湖(ロッホ・ウーガダール)を指します。
この湖からの水をアードベッグの仕込み水として使います。 

熟成に使用する樽も、他のラインナップでは使われないシェリー酒樽を採用していて、甘さも追求したボトルになっています。 

いつものように、ストレートから飲みます。
グラスに注ぐと、液色は中庸な琥珀色 、香りは正露丸を伴うピートにレーズンが重なります。

口に含むと、意外にもアイラモルトらしい正露丸、ヨードを伴うスモーキーさは少なく、レーズンの香りが強く鼻を刺激します。その後はナシ、ライム、ゴムと続きます。
味わいは酸味がメインで、あとはアルコール由来の辛さ、ビターと続きます。 

ロックにすると、アイラモルトらしいピートが顔を出しますが、それでも10年ものやコリーヴレッカンほど強く感じられません。その後はレーズン、ドライマンゴー、カラメル、ウッディと続きます。
味わいは、アルコールの辛さが消えて、酸味が柔らかくなり、甘さが表れてきます。

最後にハイボールにすると、香りはヨードのあとでほのかにライム、レーズンが追いかけます。
味わいは、酸味と甘味が交互にやってきて、比較的飲みやすいです。

現行のアードベッグのラインナップは三者三様で面白いです。
アイラモルトならではのピートが強くで爽やかな10年、燻製のようなスモーキーさと強烈なスパイシーさのあるコリーヴレッカン、そしてスモーキーさが抑えられて甘さのあるウーガダール。

ウーガダールは、アイラモルトならではの正露丸、ヨードのようなスモーキーさが少なく、 ボウモアに寄ったような印象があります。
むしろボウモアよりも抑えられているので、初めてアイラモルトを飲むのであれば、ウーガダールを選ぶのもいいでしょう。

ただ、 アルコール度数がカスクストレングス並みなので、飲みやすさにスイスイ進んでしまうと一気に酔いつぶれてしまいますので、注意が必要です。

700mL、アルコール度数54度、価格は7000円ほど。

<個人的評価>

  • 香り A: アイラモルトらしい正露丸のようなピートは少なめ。レーズン、ナシ、ドライマンゴー、カラメルと甘い香りが主体。
  • 味わい AA: ストレートでは酸味とビターが主体。加水で甘さが感じられる。
  • 総評 A: アイラモルトとしては飲みやすく、初心者向け。値段が高いのがネック。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アードベッグ ウーガダール 並行品 54.2度 750ml
価格:6680円(税込、送料別) (2017/1/22時点)


今回は初の台湾のウイスキー、カバラン コンサートマスターを飲んでみます。

kava_cmカバランは、台湾の北東部、宜蘭(ぎらん、ギーラン)県 にすんでいた先住民族の名前で、2005年に同地に本社を置く食品メーカー、金車(キングカー)が建設した蒸溜所です。

沖縄に近く、亜熱帯気候の台湾ではウイスキー作りが無理だと思いますが、カバランではそれを逆手にとって、空調管理を整えつつも、温暖な気候によって早める熟成方法を採用しています。
それによって、建設からたった5年でISC、WWA などで賞を獲得し、ジム・マーレイが手がけるウイスキーバイブル2011でも、ソリスト フィノが95点を獲得し、世界中を驚かせました。

使用する水は、富士山よりも標高が高く、日本が統治した時代には次高山と呼ばれていた雪山を中心とした、雪山山脈からの水を使用しています。 

カバランは、銘柄によって異なる性格の樽を使用していますが、コンサートマスターはポートワイン樽を使って熟成をしています。

では、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は濃い琥珀色、香りはバニラ、マンゴーが漂います。

口に含むと、先に青リンゴ、マンゴー、バナナ、レーズンと濃厚な果実の香りが口に広がります。
味わいはアルコール由来の辛さはほとんど感じられず、甘さが主体で、果実の酸味が追いかける印象です。
ピート由来のスモーキーさはほとんど感じられません。

ロックにすると、青リンゴ、ナシ、マスカットの香りが一気に開きます。その後にマンゴ、バナナ、バニラ、レーズンの香りが追いかけます。
味わいは、辛さが先に立ち、その後に酸味、甘さ、ビターの順にやってきます。

最後にハイボールでは、先にビネガーのような酸っぱさがありますが、その後バナナやマンゴーの香りがほのかに訪れます。
味わいは酸味が前にあるものの、すぐに甘さがカバーする形で、スイートなハイボールに感じます。 

正味、熟成が3~5年でしょうけれども、ジャパニーズではアルコールからの刺激、辛さがしっかり来るのに対して、コンサートマスターではほとんど感じられず、豊かな香りもあって、倍以上の熟成期間を経たような印象があります。
ただ、コクは少なめで全体的に軽い印象です。

700mL、アルコール度数40度、価格は9000円ほど。
これ以外のボトルも軒並み1万円を超えるものばかりで、シングルモルトのみ、ブレンデッドは発売されていませんので、簡単に入手できるものではありませんが、50mLのミニチュアボトルが1000円台で購入できますので、2,3ショット試してみるのもいいでしょう。

今後10年を超える原酒が増えてくることを考えると、スコッチ、ジャパニーズともに脅威になることは間違いないでしょう。

<個人的評価>

  • 香り AA: 若いのにアルコールの刺激がなく、マンゴー、バナナ、ナシ、青リンゴ、レーズンと豊富。
  • 味わい A: 甘さがメインで、フルーツのような酸味がおいかけて、飲みやすくて軽い。
  • 総評 B: 価格が高いのがネックだが、今後の熟成された原酒の動向次第では恐ろしくなる。


2009年頃からハイボールが人気になり始めてから、スーパーやコンビニでもハイボール缶が出回るようになりました。

しかし、昨今の原酒不足によって、ラインナップも安い銘柄ベースになっており、古くからのウイスキー党の持つ「ハイボールは安酒を飲むための手段だ」というのを鵜呑みにしたような寂しいものになっています。

一方で居酒屋では、サントリー系ならトリス、角瓶、ジムビーム、アサヒ/ニッカ系ならブラックニッカクリア、ジャックダニエル、竹鶴がハイボールの定番ですが、お店によっては響、知多、山崎、白州のハイボール、さらにはチェーン店が独自に発注したシングルモルトのハイボールを出すところまであります。

ここで改めて、コンビニやスーパーで買えるハイボール缶を飲み比べたいと思います。

サントリー

トリスハイボール(アルコール度数7%)

トリスエクストラを炭酸水で割り、さらにレモンの果肉や皮をも漬け込んだレモン浸漬酒を加えて、レモンの香りとコクを最大限に引き出す作りになっています。

レモンの香りがほんのりしていて、樽のウッディな感じもそれなりに感じられます。 良くも悪くも居酒屋さんの飲み放題で飲むハイボールそのものといえます。

トリスハイボール キリッと濃いめ(アルコール度数9%)

トリスの割合を上げたほか、レモン浸漬酒も果汁換算で倍にしています。

レモンの香りと酸味がしっかりしていて、レギュラーよりも爽やかになった印象があります。
反面、ウイスキーのウッディな香りが消えてしまい、ドライな缶チューハイのようになってしまった気がします。

角ハイボール缶(アルコール度数7%)

レギュラーの角瓶を炭酸水で割り、さらにレモン浸漬酒を加えています。

トリスに比べると炭酸が強めで苦みが加わり、逆にウッディな感じが消えています。 レモン味のドライチューハイに近い感じで、食事と一緒に飲むにしても料理の香りや味を邪魔しない印象です。

角ハイボール缶<濃いめ>(アルコール度数9%)

角瓶の分量を多めにしているだけでなく、レモン浸漬酒が加わってない配合になっています。

レモンが感じられない分、角瓶本来のバーボン樽原酒ならではのエステリーさが表に出ています。 味わいも苦みが少なく、後からバニラやナッツのような甘さ、香ばしさがやってきます。

三者三様で、レモンを搾ったハイボールらしさはトリス、すっきりして食事と一緒に飲める角のレギュラー、そして濃厚なハイボールの「濃いめ」 という印象です。

ニッカウヰスキー(アサヒビール)

レモン味のニッカハイボール(アルコール度数7%)

レモン果汁を0.1%配合しています。ただし食物繊維や香料など、トリスハイボールと比べても混ざり物が多いです。

レモンの酸味はあまり感じられず、まるでサイダーのような甘ったるさがあります。
また、ウイスキーらしいウッディさやスモーキー感もなく、目隠しをされてチューハイと飲み比べてもわからないように思えます。

ブラックニッカ クリアハイボール (アルコール度数9%)

ブラックニッカをベースに、強炭酸で有名なウイルキンソンタンサン で割っています。こちらはレモンは含まれていません。

ウィルキンソンタンサンならではの強い刺激が舌に届き、 ブラックニッカクリアの香りもしっかり訪れます。
ただし、角ハイボールに比べると濃厚という感じではなく、すっきりさっぱりした印象です。

まとめ

はっきり言えば、今のハイボール缶でうまいものはない、といっても過言ではありません。
つい2年ほど前であれば、ニッカが竹鶴ハイボール缶を出していましたが、そちらも販売が終了、今はいずれもトリス、角瓶、ブラックニッカクリアと安いものしか残っていません。

実際に飲んでみても、チューハイとどこが違うの、といわれたら、頭を抱えるようなレベルでしかなく、これだったら自分でうまいボトルと強炭酸水を買って自分で作った方が遙かにマシです。

コンビニでも350mLで300円オーバーするプレミアムビールや地ビールが売られていることを考えれば、それだけの値段になるハイボール缶を出せない、とは言い切れないでしょう。 
メーカーはもっと市場をよく見るべきではないかと思います。 

monkey_sh今回はブレンデッドモルトスコッチのモンキーショルダーを飲んでみます。

モンキーショルダーは、グランツやグレンフィディックを発売するウィリアム・グラント&サンズ社が2005年に発売したボトルです。

フロアモルティングの作業によって凝り固まった肩の症状をモンキーショルダーと言いますが、ボトルには三匹の猿があしらわれています。
これは実際に使われているモルトを供給している蒸溜所の数から来ています。

使用されているモルトは同社がスペイサイドに持つグレンフィディック、バルヴェニー、キニンヴィーの各蒸溜所から27種類が使用されています。
特にキニンヴィーは、シングルモルトとしての販売がほとんど無い幻のモルトと言われています。

ワールド・ウイスキー・アウォード2007に於いては、ベスト・スコッチ・ブレンデッドモルトウイスキーに輝いています。

では、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は中庸な琥珀色、香りはナシ、レモンがします。

口に含むと、アルコールとエステリーさの刺激のあとで、ナシ、青リンゴ、レモンが先に訪れ、次にウエハース、バニラ、カカオが追ってきます。
味わいはビターが先行し、酸味が後を追う形です。 

ロックにすると、レモンやライムの香りが立ち、青リンゴ、ナシの香りが追いかけます。しばらく経ってからカカオ、樽からのウッディさが殿を務めます。
味わいは酸味とビターが交互にやってきます。

最後にハイボールにすると、ナシとレモンの香りがほのかに立ちます。
味わいは酸味がしっかりしていて、爽やかな印象です。

スペイサイドらしさを出しつつも、ノンエイジながらも濃厚で豊かな香りを持つボトルになっています。
ただ、甘さはほとんど無く、酸味とほろ苦さが前に出ているので、甘いお酒でないとついて行けない人には厳しいかも知れません。

とはいうものの、深くて広い香りに惹かれてしまい、ホイホイと進んでしまう魅力もあります。この点にはWWAを獲得しただけの力があると言えるかも知れません。

700mL、アルコール度数40度、価格は3500円ほど。ノンエイジとしては高めですが、特にスペイサイドが大好きな人にはたまらないでしょう。

<個人的評価>

  • 香り A: ストレートではアルコールが強いが、ナシ、青リンゴ、レモン、バニラ、ウッディ、カカオと香り豊か。
  • 味わい B: ビターと酸味がメイン。甘さはほとんど無い。
  • 総評 B: スペイサイドならではの香りを堪能できるボトル。

daru15今回はハイランドモルトから、ダルウィニー15年を飲んでみます。

ダルウィニー蒸溜所は、ハイランド地区の中央部にあり、近くにグランピアン山脈がある標高の高い場所にあります。

ゲール語で集会所、中継所という意味を持つこの蒸溜所は、1897年に創業しました。
当初はストラススペイという名前でしたが、1905年にアメリカ人が買収後、現在の名前となりました。
現在はディアジオ社の傘下にあります。

設置されているポットスチルは2基だけで、いずれもストレートヘッドタイプ。 
使用される水はグランピアン山脈からの雪解け水です。

では、いつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は黄金色、香りはナシ、青リンゴ、ブドウ、紅茶と続きます。

口に含むと、まずナシ、青リンゴの香りが口に広がります。その後レーズン、紅茶、カラメルが追いかけます。
味わいは酸味がメインで、あとからフルーツの甘さが広がります。

ロックにすると、お香、フローラルな香りが開き、ストレート同様にナシ、青リンゴ、レーズンも香りを強めます。
味わいは甘さが増して、酸味が逆に後を追いかける形に変わります。 そのあとにスパイシーさがほんのり加わります。

最後にハイボールにすると、香りはロックでのフローラルさがほんのり残ります。
味わいも炭酸も伴って酸味が強めになり、かなりさっぱりした印象になります。

ハイランドモルトとしても、かなり香りが華やかで、ピートのスモーキーな癖がなく、15年熟成によるアルコールからの刺激も少なくてまろやかなので、女性に受けるシングルモルトのように感じました。

700mL、アルコール度数43度、価格は4800円ほど。
15年ものと考えれば比較的お買い得な値段ですが、 癖が少なく華やかさを感じられるボトルなので、女性に勧めてもいけるように思えます。

<個人的評価>

  • 香り B : 青リンゴ、ナシ、紅茶、レーズン。あとからカラメル。加水するとフローラルさが増す。
  • 味わい A: 甘さと酸味が主体。癖がなくて初心者向け。
  • 総評 A : 15年もののシングルモルトとしては妥当。女性にも受ける華やかなボトル。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダルウィニー 15年 ( 正規品) 43度 700ml
価格:4980円(税込、送料別) (2017/1/8時点)


ileach_cs今回はアイラモルト、アイリーク カスクストレングスを飲んでみます。

アイリーク(イーラッハ)は、ボトラーが手がけるノンエイジのアイラモルトで、シングルモルトと書いているのでどこかの蒸溜所の原酒だけのはずですが、公表されていません。

2年前にアルコール度数40度のボトルを飲みましたが、今回はカスクストレングス、加水をしていないボトルとなります。

 では、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は茶褐色、香りはヨードがほのかに感じ取れるほどです。

口に含むと、強烈なアルコールの刺激のあとで、アイラモルトらしい正露丸の香りを伴ったスモーキーが一気に訪れます。そのあとでレモンもやってきます。

味わいはアルコールの刺激よろしくとても辛く、 そのまま飲むにはとても厳しいものがあります。チェイサーは必須です。

ロックにすると、レモンの香りが開き、口に広がります。そのあとでシナモン、バニラ、モルト、カカオと続きます。スモーキーさはだいぶ落ち着きます。
味わいはストレートとは異なるスパイシーさのあと、酸味、ビターと繋がっていきます。

最後にハイボールにすると、灰とヨードが入り交じったようなスモーキーな香りが先に来て、ややバニラを感じるほどです。
味わいは意外にも甘さが前に出て、飲みやすさを演出しています。

人によって意見は様々ですが、ラフロイグにしてはピートが強くなく、カリラよりも荒々しく、ラガヴーリンっぽさを感じました。

ノンエイジのカスクストレングス故に、ストレートではアルコールの刺激、辛さが強く、チェイサーなしには辛いものがあります。
しかしロックや加水することによって、アルコール度数ほどの辛さは落ち着き、むしろスイスイ飲めてしまうほどになります。
とはいえ、1:3のハイボールでも15度近くですから、辛口の日本酒並みです。飲み過ぎるとすぐに酔いつぶれてしまうでしょう。

700mL、アルコール度数58度で、価格は4200円。
40度のノンエイジボトルよりも割高ですが、手軽にカスクストレングスを楽しむにはいいかもしれません。

<個人的評価>

  • 香り B: ストレートではアルコールの刺激が強い。レモン、シナモン、バニラ、カカオ。アイラモルトならではの正露丸、ヨードを伴ったスモーキーさは少なめ。
  • 味わい C: ストレートでは辛すぎてつらい。ロックでスパイス、酸味、ビターが並立。さらに加水で甘さが出てくる。
  • 総評 B: 癖は強めだが、カスクストレングスながらも比較的飲みやすい。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイリーク カスクストレングス 58度 700ml
価格:3850円(税込、送料別) (2017/1/22時点)



今回は、スーパーニッカを改めて飲んでみます。

1203-11962年に発売されたスーパーニッカは、当時のニッカができる最高のウイスキーを作ろうと目指した逸品でした。

前の年、日本で本物のウイスキーづくりを目指す竹鶴政孝を慕い、遠いスコットランドから日本に移住した妻、リタが亡くなりました。 最愛の妻の死を認めたくなかった政孝は、葬儀にも出席せず、しばらく部屋に引きこもっていたそうです。

そんな彼を立ち直らせたのは、リタの情熱でした。なぜ彼女が日本までついてきてくれたのか。そう、本物のウイスキーを日本に広めることだった。
政孝はそんなリタと自らの思いを胸に、自分たちができる最高のウイスキーをブレンドすることを目指しました。

当時は宮城峡蒸留所がなく、カフェ式蒸留器を使ったカフェグレーンウイスキーもなかった時代。作り上げたブレンドではグレーンウイスキーの配合はわずか、ほとんどが若いものと長期熟成した余市モルトで、シングルモルトと呼んでも過言ではなかったブレンドだったそうです。

さらにボトルにもこだわり、高級ガラスメーカーのカガミクリスタルにあった一つのボトルを政孝が気に入り、手吹きで作られたボトルを採用しました。
もちろん生産できる量が少なく1年で1000本のみで、個体差があるために蓋がしっかり入らないなどの問題を抱えながらも、販売にまでこぎつけました。
当時の価格は3000円でしたが、大学初任給が17000円の時代、今の価値でいえば4万円に匹敵する超高級酒でした。 

その後、カフェグレーン、宮城峡モルトが使えるようになって、少しずつブレンドを改めていき、ボトルも機械で作れるものへと変わっていくことで、今や2000円ほどで買える比較的お手軽なウイスキーに至りました。

super_nikka2015 2009年からブレンドを改めるとともに、背面に「S」 の字を象ったボトルになりましたが、2015年に再びシンプルなボトルに戻し、ラベルもベージュ地のものに変わりました。
ただし、ブレンドは前のボトルと変わらない、と言うことです。

ブログを書き始めて今まで2回ほど飲んでいますが、いずれも酷評しています。
「ニッカらしさがない」「飲みやすいものを求める一般消費者に日和っている」とか、散々にこき下ろしてきました。

ただ、原酒不足によってラインナップが大幅に減り、新しいボトルを出してきた現状で改めて考えると、スーパーニッカのポジションは相対的に上がっていて(ブレンデッドとしては2~3番目)、ここ最近のラインナップを飲んできた上で評価も変わるのではないか、ということで飲むことにしました。 

まずはストレートから。
グラスに注ぐと、液色は少々濃いめのアンバー、香りはウッディさともに、ビネガーに似た酸っぱさがあります。

口に含むと、 先にエステリーさが入り、ゴム、レーズン、柿、ナシ、モルト、カラメルの順に香ってきます。
味わいは先にアルコール由来の辛さがあるものの、あとから酸味と甘さが追いかけます。 

ロックにすると、バニラの香りが先に現れ、そのあとでレーズン、ゴム、ナシの香りがついていきます。
味わいは辛さがまだ来るものの、酸味が強くなり、甘さは抑えられます。 
加水が進むにつれ、香りにナッツ、メロンが加わり、味にも甘味が増えるようになります。

最後にハイボールにすると、香りはバニラ、樽からのウッディさが主体となり、奥からナシ、レーズン、バナナが感じられます。
味わいはほろ苦さがありつつも、あとから甘さが追いかけてきます。

改めて飲んでみると、余市モルトならではのピーティな感じはありませんが、 同じ余市のウッディ&バニリックのような甘さ、宮城峡モルトのローランドを彷彿とさせる甘くて繊細、そして豊かな香りが組み合わさったのだと感じられました。
特に初心者であれば、水割りや濃いめのハイボールにする方が飲みやすいと感じられるでしょう。
ブラックニッカクリアやリッチブレンドは、このスーパーニッカの延長上にあるように思えます。

ただし、ストレートやロックでは若い原酒からと思われるアルコール由来の刺激、辛さがあり、まろやかさの点では及んでない部分もあります。

対抗馬となるのはサントリーローヤルになりますが、原酒の若さで行くとローヤルの方が強く、穏やかさを追求する点では、響 JAPANESE HARMONYとの中間点にあるように思えます。

はっきりと書きます。今までこき下ろしてきた自分が知ったかぶりだったと言うことを。
様々なニッカのモルト、グレーンを飲んでいかないと、スーパーニッカの良さを理解するのは難しいと実感しました。これもまたニッカだからこそのボトルだと言えます。
スーパーニッカが大好きな皆様、大変失礼いたしました。

700mL、アルコール度数43度、価格は2200円です。
ニッカのブレンデッドとなると、ほぼカスクストレングスのフロム・ザ・バレルのほうが値段で上になりますが、現在のニッカのラインナップにとっては、上位のブレンデッドとして恥ずかしくないボトルだと思います。

<個人的評価>

  • 香り A: ストレートではアルコールの刺激があるが、ゴム、レーズン、柿、ナシ、バニラ、モルト、ウッディなどととても豊かで繊細。
  • 味わい B: アルコールからの辛さがあるものの、酸味と甘さがメイン。
  • 総評 A: 余市モルトの独特のスモーキーがないものの、甘くて繊細かつ濃厚な側面にあるニッカのモルトを感じられるボトル。


miznara3年ほど前に飲んだシーバスリーガル ミズナラを改めて飲んでみます。

シーバスリーガル ミズナラは、レギュラーラインナップのシーバスリーガル12年の原酒を、日本原産のミズナラの樽で後熟(マリッジ)を行って仕上げるウイスキーとして、2013年に発売されました。
ボトルのラベルには、手がけたマスターブレンダー、コリン・スコットのサインが記されています。

いつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は濃厚なアンバー、香りはナシや青リンゴがほのかに香ります。

口に含むと、青リンゴの香りとともに、ミズナラからの白檀の香りも訪れます。その後はカラメル、バニラが続きます。
味わいは甘く、多少の酸味がある程度で、ストレートでもとても飲みやすいです。

ロックにすると、青リンゴの香りがさらに立ちはじめ、白檀の香りは控えめになるものの、ライム、バニラ、レーズンの香りが追いかけてきます。

味わいは酸味が表に出るようになり、ストレート同様の甘さと合わさってフルーティになります。 

最後にハイボールにすると、カラメル、白檀の香りが前に出てきて、後から青リンゴ、ブドウのフルーティさが追いかけます。
味わいもハイボールとしては甘く、わずかな酸味も感じ取れます。

ブレンデッドだとストレートではどうしてもアルコールの刺激、辛さがあって飲みにくい物が多いですが、このボトルではほとんど感じ取れず、むしろ甘くて飲みやすい ので、初心者がストレートを初めて飲むには最適かも知れません。
逆を言えば、あまりの飲みやすさに、簡単に酔っ払ってしまうリスクもはらんでいると言えます。

700mL、アルコール度数40度で、価格は3600円ほど。レギュラーの12年よりは高いですが、ストレートやハイボールで、ミズナラ樽から来る白檀の香りは十分堪能できます。

<個人的評価>

  • 香り A: ストレート、ハイボールではミズナラからの白檀の香りを楽しめる。その他青リンゴ、ナシ、レーズン、カラメル、バニラ。
  • 味わい AA: ストレートでもアルコールからの辛みが少なく、甘くてとても飲みやすい。
  • 総評 AA: レギュラーの12年にミズナラならではの白檀の香りが加わって、とても優雅。甘さメインなので初心者向き。



musashi今回は、東亜酒造のゴールデンホース武蔵を飲んでみます。

以前は、同社の武州を飲みましたが、武蔵はモルト原酒のみとなっていて、いずれもスコットランドから輸入したもの、熟成年数もまちまちとなっています。年数として言えばノンエイジとなります。

早速、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は武州同様に淡いシャンパンゴールド、香りはピートが主体になっています。

口に含むと、アルコールからの刺激が先に来ますが、あとからナシ、青リンゴ、ミカン、バニラ、カラメルと続きます。
味わいはアルコールからの辛さを感じますが、ノンエイジとしてはそれほど強くはありません。その後は酸味、甘さを得てきます。

ロックにすると、ピートからのスモーキーさが立ち上がりますが、比較的軽い印象です。 その後はライム、バニラが追いかけます。加水が進むとヨードっぽさも得られます。
味わいは 酸味が先に訪れ、その後は旨味が追いかけていきます。

最後にハイボールにすると、ピートの香りが先に立ち、あとから青リンゴ、ライム、カラメルと続きます。
味わいは酸味がメインで、後味として甘さも感じ取れます。

武州同様、従来の羽生で作られたモルトを使っているわけではないので、これをジャパニーズと言うには厳しいですが、ボトラーによるブレンデッドモルトと考えると、ローランド、ハイランド、スペイサイド、アイラをうまくバランスを考えてブレンドしているボトルだと言えます。

ストレートでも若さ故の強いアルコールの刺激は少なく、ノンエイジとは思えないほど豊かな香り、飲み方による表情の変化がしっかりしています。
それでありながら、初心者を敬遠させるほどの癖は少なく、取っつきやすいようにも思えます。
そう見ていくと、ブレンダーとしての東亜酒造の実力は侮れません。

700mL、アルコール度数43度で、価格は5000円。割高なのが玉に瑕ですが、ボトラーのブレンデッドモルトと考えれば高いとは言えないでしょう。

<個人的評価>

  • 香り B: ナシ、青リンゴ、ミカン、バニラ、カラメル。加水でピートが開く。
  • 味わい B: ストレートでのアルコールからの辛さは少なめ。あとは酸味、最後に甘味。
  • 総評 B: ノンエイジながら、ブレンデッドモルトとして取っつきやすく表情豊か。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東亞酒造 ゴールデンホース 武蔵 箱付き 43度 700ml
価格:5400円(税込、送料別) (2016/12/25時点)


このページのトップヘ