RERAのウイスキーブログ

40過ぎのおっさんが、ジャパニーズ、スコッチを中心にウイスキーを飲み、独断で評価していきます。

カテゴリ: ウイスキー

musashi今回は、東亜酒造のゴールデンホース武蔵を飲んでみます。

以前は、同社の武州を飲みましたが、武蔵はモルト原酒のみとなっていて、いずれもスコットランドから輸入したもの、熟成年数もまちまちとなっています。年数として言えばノンエイジとなります。

早速、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は武州同様に淡いシャンパンゴールド、香りはピートが主体になっています。

口に含むと、アルコールからの刺激が先に来ますが、あとからナシ、青リンゴ、ミカン、バニラ、カラメルと続きます。
味わいはアルコールからの辛さを感じますが、ノンエイジとしてはそれほど強くはありません。その後は酸味、甘さを得てきます。

ロックにすると、ピートからのスモーキーさが立ち上がりますが、比較的軽い印象です。 その後はライム、バニラが追いかけます。加水が進むとヨードっぽさも得られます。
味わいは 酸味が先に訪れ、その後は旨味が追いかけていきます。

最後にハイボールにすると、ピートの香りが先に立ち、あとから青リンゴ、ライム、カラメルと続きます。
味わいは酸味がメインで、後味として甘さも感じ取れます。

武州同様、従来の羽生で作られたモルトを使っているわけではないので、これをジャパニーズと言うには厳しいですが、ボトラーによるブレンデッドモルトと考えると、ローランド、ハイランド、スペイサイド、アイラをうまくバランスを考えてブレンドしているボトルだと言えます。

ストレートでも若さ故の強いアルコールの刺激は少なく、ノンエイジとは思えないほど豊かな香り、飲み方による表情の変化がしっかりしています。
それでありながら、初心者を敬遠させるほどの癖は少なく、取っつきやすいようにも思えます。
そう見ていくと、ブレンダーとしての東亜酒造の実力は侮れません。

700mL、アルコール度数43度で、価格は5000円。割高なのが玉に瑕ですが、ボトラーのブレンデッドモルトと考えれば高いとは言えないでしょう。

<個人的評価>

  • 香り B: ナシ、青リンゴ、ミカン、バニラ、カラメル。加水でピートが開く。
  • 味わい B: ストレートでのアルコールからの辛さは少なめ。あとは酸味、最後に甘味。
  • 総評 B: ノンエイジながら、ブレンデッドモルトとして取っつきやすく表情豊か。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東亞酒造 ゴールデンホース 武蔵 箱付き 43度 700ml
価格:5400円(税込、送料別) (2016/12/25時点)


2014年に、1000円以下で買える国産ウイスキーを比較する記事を書きましたが、その後一部の商品が値上げされて1000円を超えたり、販売終了したこともあり、改めて比較してみたいと思います。

1.サントリー トリスエクストラ

(700mL、40度、950円)

torys2010年に発売されたボトルで、従来のトリスに比べてアルコール度数を40度に引き上げたものになっています。
香りはわずかにレーズン、カラメル、樽の香りがするくらいで、味もカラメルで付けたかのような甘さがする程度です。

ストレートやロックで飲むような代物ではなく、ハイボールやカクテルベースにするのがせいぜいです。
全体的に、従来のブラック、スクエアと大差は無く、度数を上げた意味もわかりません。

<個人的評価>

  • 香り E
  • 味わい D
  • 総評 D

2.サントリー トリスクラシック

(700mL、37度、780円)

toris_cl2015年にリリースされたボトルで、エクストラ以前と同じアルコール度数が37度で、値段もエクストラよりも格安になっています。

エクストラと比べると、ストレートでもアルコールの刺激は少なめで、若干青リンゴやピートの香りも加わっていて、ウイスキーらしさを感じられるようになっています。

後述するサントリーレッドと比べても 、お金がないときに少しでもウイスキーらしさを実感したいと思うなら、サントリーの中でも一番の出来だと思います。

<個人的評価>

  • 香り D
  • 味わい D
  • 総評 C

3.サントリー ウイスキーレッド

(640mL、39度、780円)

suntoryRed1964年に発売され、当時ニッカで売られていたハイニッカに対抗すべく登場したボトルです。 

当時から、トリスよりもワンランク上のウイスキーという位置づけではありましたが、近年ではトリスの陰に隠れるようになりました。

ストレートでは若い原酒の性格が表に出て、アルコールの刺激が強く出ます。

香りもカラメルやウッディさが若干出る程度、味わいもカラメルで味付けしたような甘さくらいしかありません。 

トリスクラシックの登場により、ますますその存在意義は薄くなり、せいぜい大学時代に仲間と飲んだときの思い出に浸るくらいしかありません。

<個人的評価>

  • 香り E
  • 味わい E
  • 総評 E

4.ニッカ ブラックニッカクリア

(640mL、37度、700円) 

clear21997年にノンピートモルトを使用したクリアブレンドとしてリリース、2011年にクリアと改められたこのボトルは、コンビニでも手に入るニッカ定番のウイスキーとなっています。

ストレートでのアルコールの刺激は強いですが、香りとしては樽からのウッディさ、レーズンや青リンゴもそこそこ感じられます。加水することでナシ、バニラ、ナッツの香りも立ち上がります。

味わいも、単にカラメル由来の甘さだけでなく、酸味も感じられ、低価格ながらもウイスキーらしさを得られるものになっています。

1000円オーバーのボトルに比べれば明らかに力不足ですが、トリスクラシックとはほぼ互角の位置にあります。

<個人的評価>

  • 香り C
  • 味わい C
  • 総評 C
続きを読む

bt今回はバーボンからバッファロー・トレースを飲んでみます。
以前はニューポットに当たるホワイトドッグを飲みましたが、今回は8年以上の熟成を行った原酒を使ったボトルになります。

早速ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は濃厚な茶色、香りはパイン、メロン、接着剤と続きます。

口に含むと、アルコールの刺激の後でナッツ、オーク樽からのウッディさ、バニラが先に訪れ、後からグレープフルーツ、メロンが追いかけます。
味わいはアルコールから来る辛さが強く、 後味として酸味を感じます。

ロックにすると、アルコールの刺激が抑えられる反面、エステリーさが一気に開きます。後からレモン、ライム、パインと爽やかなフルーツの香りが追いかけます。
味わいも酸味がとても強くなります。

最後にハイボールにすると、ほんのりとバニラ、ナッツ、ウッディさが香ります。
味わいは酸味が主体で、後からビターが追いかける印象です。

8年熟成のボトルですが、バニラからの甘い香りは控えめで、甘さも少なく、むしろ酸味が強い印象です。
ホワイトドッグと比べると、確かに傾向は受け継いでいることがわかりますが、熟成によって酸味が強いキャラクターが付けられた感じがします。

750mL、アルコール度数45度で、価格は3000円ほど。バーボンとしては割高ですが、ロック、ハーフロックで酸味をしっかり感じ取りたい人には向いているかも知れません。

<個人的評価>

  • 香り B: ストレートではナッツ、オーク、バニラ。加水することでレモン、ライム、パイン。
  • 味わい C: ストレートではとても辛い。加水で酸味が主体になる。甘さはあまり感じられない。
  • 総評 C: 柑橘系の酸味が主体となる興味深いキャラクターだが、推すべきほどではない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バッファロー トレース(トーレス) 45度 並行 750ml あす楽
価格:2052円(税込、送料別) (2016/12/27時点)


bushu今回は東亜酒造のゴールデンホース武州(2016年リリース)を飲んでみます。

東亜酒造は埼玉県羽生市にあるメーカーで、戦後にウイスキーの製造免許を取得し、当初は輸入したモルト原酒を樽貯蔵し、販売していました。
1980年からは羽生蒸溜所を建設して自社で蒸溜を開始、ゴールデンホースのブランドで販売していました。

しかしウイスキーの消費が落ち込んでいき採算がとれなくなり、 2000年に操業停止、蒸溜所は解体されました。
2004年には日の出みりんで有名なキング醸造の傘下に入り、事業再生の上でウイスキー事業を切り捨てることとなり、貯蔵されていた原酒もほとんど廃棄される危機にさらされました。

その危機を救ったのは、東亜酒造の創業家で社員でもあった肥土伊知郎氏で、福島県にある笹の川酒造に貯蔵された原酒の大半を預けてもらい、自らはベンチャーウイスキーを立ち上げて独立、自前の蒸溜所建設までの間、その原酒をブレンドしたイチローズモルトをリリースし、海外でも好評を得ました。

一方で東亜酒造はスコットランドのモルト原酒にグレーンのスピリッツなどをブレンドした廉価のウイスキーを引き続き販売、2014年で終了しました。

しかしながら、東亜酒造の中ではウイスキー事業をもう一度再開させたい思いが残っていました。
そして事業全体が改善され、日本で再びウイスキーの熱が上がった頃合いを狙い、2016年よりウイスキーの販売を再開させることになりました。

当初は、70年前と同様にスコットランドから原酒を輸入、それらをブレンド、再貯蔵することからはじめ、将来的には蒸溜所を再建、本格的な製造に取り組むとのことです。
そのラインナップとして、ブレンデッドモルトの武蔵、ブレンデッドの武州が発売されました。

武州は、すでにブレンド済みの3年熟成を経たウイスキーに、別のモルト原酒を加えて再ブレンド、それを貯蔵して作り上げたボトルになっています。
以前にも武州がリリースされていましたが、こちらは羽生モルトにスコッチモルト、グレーンをブレンドしたもので、現行品とは異なるものになっています。 

ではいつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色はとても淡いシャンパンゴールド、香りはピート、青リンゴを感じます。

口に含むと、まず青リンゴの爽やかな香りが広がり、次にカラメル、バニラ、バナナと甘い香りが続きます。
味わいも、アルコールからの辛さはあるものの、その後は甘く、比較的飲みやすい印象です。

ロックにすると、ゴムの香りが先に立ちます。その後はピート、ナシ、青リンゴの爽やかな香りが続き、あとからバニラ、バナナが後を引きます。
味わいは酸味がメインとなり、続いて甘味が訪れます。やはり飲みやすい印象です。

最後にハイボールでは、若干ゴムの香りが先に来るものの、あとはバナナ、バニラが追いかけてきます。
味わいは酸味を先に感じるものの、あとから香りに付いてくるように甘さもやってきて、フルーティでさっぱりした印象です。 

使用する原酒がスコットランドから輸入されたものですので、ジャパニーズとカテゴライズするには厳しいものがありますが、ウイスキー初心者をターゲットにしたような甘さをメインにしたブレンドは、より多くのユーザーを取り込もうとする意図をうかがえます。
その点では、最初から紛い物を出して利益を追求する松井酒造や中国醸造とは違うのではないでしょうか。

また、カラメルで着色しない、若さをありのままにさらけ出す辺り、本物のウイスキーを飲んでほしいという社の決意を感じずには居られません。
まずは本場のボトラーも諸手を挙げるほどのブレンドを出して驚かせてもらいたいものです。

事業再生によって多くの原酒を廃棄しかねない状況を生んだことに批判、糾弾される方も居ると思いますが、その決断無くして東亜酒造は存続できなかったでしょうし、今、新しいウイスキーには出会えなかったでしょう。
個人的には、東亜酒造の新たなる歩みを応援していきたいです。

700mL、アルコール度数43度、価格は3000円ほど。若い原酒を使ったブレンデッドとしては割高なのは否めませんが、どんな飲み方でも甘さメインで 万人受けする本物志向のブレンデッドと考えれば、ぼったくりとは言えないでしょう。

<個人的評価>

  • 香り A: 青リンゴ、ピート、ナシ、バナナ、バニラ。加水するとゴムっぽさが出るが、全体的に甘い。
  • 味わい A : 若い原酒の割にアルコールの辛さは控えめ。全体的に甘さを感じる。
  • 総評 B: 割高なのが玉に瑕だが、甘くて万人受けするブレンドは賞賛できる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東亞酒造 ゴールデンホース 武州 43度 700ml
価格:3240円(税込、送料別) (2016/12/25時点)


明けましておめでとうございます。今年もウイスキーブログをよろしくお願いします。

hakushu122017年の1回目は、サントリーのシングルモルト白州12年です。
3年前にも飲みましたが、その際はミニチュアボトルで満足に飲みきれなかったため、今回はフルボトルを購入し、改めてストレート、ロック、ハイボールで飲んでみます。

白州は、山梨県北杜市にある白州蒸溜所のモルトだけで作られたウイスキーです。

南アルプスの甲斐駒ヶ岳の麓にあり、周辺は森林地帯となっていて、そこから採れる水は南アルプスの天然水としても売られています。

白州蒸溜所は、周辺の森林の伐採を最小限に抑え、施設自体も森に囲まれるように建設されました。

そこで熟成されるモルトは、そうした森の香りを吸収したような爽やかさを伴います。

まずはストレートから。
グラスに注ぐと、液色は少し緑がかった琥珀色、香りはメロン、すだち、ラムレーズンと続きます。

口に含むと、メロン、青リンゴ、マスカットの香りが先に訪れ、奥からピート、カラメルが続いてきます。
味わいは、アルコール由来の辛さがありますが、その後は酸味が主体で、続いてビター、最後に甘さが訪れます。 

ロックにすると、ピートとともにメロンなどのエステリーさが立ち上がり、その後はライム、ブドウ、青リンゴ、ナシと続きます。
味わいに於いては酸味よりもビターが強めになり、最後にほんのりと甘さを感じます。

最後にハイボールにすると、程よいピートとライム、メロン、 ナシの香りがしっかり感じ取れます。
味わいは酸味と甘さがほのかに伝わります。
ノンエイジではあっさりした爽やかさが主体でしたが、12年になると深みが増えた印象です。

一見するとスペイサイドモルトのように思えますが、軽くスモーキーなピートやメロンの香りと言ったスペイサイドモルトにはない癖、側面があり、独特の深みを持っています。
ハイボールや水割りにしても腰砕けはせず、十分に白州の香りを堪能できます。 

サントリーの主流となるのは山崎のモルトで、白州は脇役のイメージが強いですが、白角、リザーブなど、白州モルトを生かした爽やかなボトルもあり、サントリーのウイスキーに広がりを与えていることに注目すべきだと思います。

700mL、アルコール度数43度、価格は8000円ほどです。ただし最近ではプレミアが付いて1万円近くなっている場合があるので気をつけましょう。

<個人的評価>

  • 香り AA: ストレートではメロン、青リンゴやマスカットがメイン、加水されるとピート、柑橘系、メロンが立つ。水割りやハイボールでも簡単に消えない。
  • 味わい A: 酸味が主体、後から柑橘系から感じられるようなビターがあり、とてもフルーティ。
  • 総評 AA: 単に爽やかではなく、ピートからの癖、メロンなどの深みがある香りが重なって、とても豊かに感じられる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

白州12年 43% 700ml
価格:8000円(税込、送料別) (2016/12/16時点)


いよいよ年末となったので、今年私が飲んだウイスキーの中で特にうまいと思ったウイスキーのトップ10を紹介していきます。

10位:サントリー 新白角

shirokaku_new4月にボトルデザインが新しくなった角瓶と白角ですが、白角については香りがリッチになった印象がありました。
元々白州モルトを主体に淡麗辛口を謳っていますが、必ずしも薄っぺらいとは言えず、爽やかなフルーツの香りが引き立ち、ストレート、ロックでも飲めるほどになっています。
この延長上にスペシャルリザーブがあると言えます。

価格は上がりましたが、それ相応の品質に上がっているので、損した気分にはならないでしょう。

一方で角瓶については、リニューアルでも多少カラメルっぽい香りが上がったように感じますが、薄いイメージはさほど変わりませんでした。また、やはり悪酔いする嫌なものも感じ取れました。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

サントリー白角40° 700ML 1本
価格:1458円(税込、送料別) (2016/8/22時点)


9位:サントリーウイスキー プライム

prime何度も近所のイトーヨーカドーで見かけては居ましたが、1.8Lと量が多いことと、さほどいいものではないと勝手に判断して無視をしていました。

しかし実際に味わってみると、意外にも香り、味もそこそこあり、700mL換算で700円ほどのウイスキーと考えれば悪くない出来でした。
ブラックニッカクリアやトリスクラシックと十分渡り合える出来です。

ストレートでも、若い原酒故のアルコールの刺激、辛さは少なく、バニラ、レーズン、ナシ、青リンゴといった香りもほのかに感じられます。

ロックでは、単に甘ったるい感じではなく、酸味が表に出てくるなど、安物ウイスキーのように甘さ一辺倒でない側面も垣間見れます。

ハイボールでも香り、味が腰砕けにならないのも流石と言えます。
お金がなく、晩酌やちょっとした家での飲み会をするときにはいいと思います。

8位:キリン オークマスター 樽薫る

tarukaoru元々はメルシャンが出していて軽井沢のモルトを使ったものでしたが、4月に御殿場モルトを使った新しいブレンドとして発売されました。このポジションにあったボストンクラブは、3月で販売が終了しました。

最初はそれほど期待はしてませんでしたが、実際に飲んでみると、同時期にリニューアルされた富士山麓同様に香りがワンランクアップし、御殿場モルトならではのエステリーさや柿の香りも堪能できるものになっています。

富士山麓と比べると、酸味が抑えられて甘さが引き立つ印象で、敷居の低い印象です。

オークマスター・樽薫る 640ml

オークマスター・樽薫る 640ml
価格:966円(税込、送料別)

7位:ラフロイグ PXカスク

pxcaskバーボン樽、クォーターカスク、そしてシェリー酒の中でも濃い色を持つペドロ・ヒメネスの樽で最後の熟成をかけた三段熟成のボトルです。

ラフロイグというととても強烈な正露丸、ヨードを伴ったピートが持ち味ですが、PXカスクでは柔らかくなり、燻製に近いスモーキーなピートになっています。

また、レーズンやオレンジ、みかんといった香りが加わり、10年ものなどと比べると角が取れて甘い香りが強まった印象になります。

お値段が高いので簡単には買えませんが、アイラモルトの癖と豊かな香りは十分な価値があります。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ラフロイグ PX カスク 48度 並行 箱付 1000ml
価格:8980円(税込、送料別) (2016/8/13時点)


6位:アードベッグ コリーヴレッカン

coriv2010年のWWAでワールド・ベスト・シングルモルトに選ばれたボトルです。

元々強いピートが売りのアードベッグよりもさらにスパイシーになり、カスクストレングスと言えるほどの高い度数が特徴的です。

とてつもないスパイシーさと正露丸、ヨード、燻製を感じさせる強烈なスモークを得られますが、そのあとはライムのような爽やかな香りと酸味が追いかけます。 

加水すると、奥からカカオ、珈琲の香ばしさが加わり、ほろ苦い印象も加わります。

とことん強烈なピートがほしい人にはうってつけで、高い度数とは裏腹にはまることは間違いないでしょう。


続きを読む

2016年もあとわずかになったので、個人的に気になったウイスキーに関する重大ニュースをピックアップしていきます。

厚岸、静岡に蒸溜所建設、製造開始

ドラマ「マッサン」のヒットによってウイスキーの消費が急拡大、海外でもジャパニーズウイスキーの評価が上がって消費拡大していますが、日本でも新たなメーカーが蒸溜所を建設し、ウイスキーの生産を開始しました。

北海道の厚岸町では、食品の輸出入を手がける堅展実業が厚岸蒸溜所を建設、今年の秋から原酒の蒸溜、仕込みを開始しました。
一方で静岡市葵区では、酒類の輸入販売を手がけるガイアフローが静岡蒸溜所を建設、こちらも今年の秋から原酒の蒸溜、仕込みを開始しました。来年春頃には一般公開される予定です。

実際に熟成が終わって販売されるには数年かかりますが、とても楽しみです。

本坊酒造 鹿児島に新たな蒸溜所

鹿児島のメーカー、本坊酒造は、マルスウイスキーを長野県の蒸溜所で製造していますが、元々は鹿児島市の工場でウイスキーの蒸溜、製造を行っていました。
よりウイスキー作りに最適な山梨、そして長野に拠点を移してからは製造を行っていませんでしたが、今年に入って南さつま市にある津貫工場にウイスキーの蒸溜所を建設、新しいモルトの仕込みを始めました。

スコッチウイスキーを模範にした日本のウイスキーに於いては冷涼な場所で熟成させるのが最適と言えますが、温暖な地で熟成させることで全く異なるキャラクターを生み出したい意図があるでしょう。

サントリーやニッカにしても、複数の蒸溜所で熟成させることで豊かな香りと味を持つウイスキーを生み出してきているので、本坊酒造がそれに近づいていけるのか期待したいと思います。

キリン ウイスキーラインナップを一新

キリンディスティラリーは、4月に主力商品である富士山麓をリニューアル、さらにかつてメルシャンで発売されたオークマスター樽薫るも御殿場モルトで再販を開始しました。
一方で低価格ラインナップのボストンクラブ2種類を販売終了しました。

2つのウイスキーについては当ブログでもレビューしていますので、そちらもご覧ください。

WWA2016 ワールドベストグレーンに御殿場蒸溜所25年ものが選ばれる

今年のワールドウイスキーアウォードにおいて、ワールドベストグレーンウイスキーとして、キリンの富士御殿場蒸溜所シングルグレーンウイスキーAGED 25 YEARS SMALL BATCHが選ばれました。
一方でワールドベストブレンデッドウイスキーには、サントリーの響21年が2013年以来、通算6度目の受賞を受けました。響21年はISCでもトロフィーを獲得しました。

「トップバリュウイスキー まずい」のキーワードでブログのアクセス急上昇

当ブログでの話題としては、12月にツイッターでトップバリュのウイスキーがまずいというツイートをきっかけに同様のキーワードによるツイート、リツイートが増え、その情報を探すために当ブログへのリンクを付けてツイートしたのをきっかけに、それまで1日平均3500~4000ユーザーのアクセスだったのが、13日の段階で7500ユーザーと急拡大しました。
翌々日には平均的なユーザーアクセスに落ち着いています。 

私は毎日アクセス状況などをチェックしていますが、この急激な上昇に、最初は何かしらの不正アクセスが殺到したのかと困惑していました。 

rin_select今回は久しぶりに、1000円以下のジャパニーズ、宝酒造のキングウイスキー凛セレクトを飲みます。

2016年11月に、凛がリニューアルし、新しい原酒を選んでブレンドを改めました。

ただし、ブレンドに於いてはモルトとグレーンだけではなくブレンド用のアルコールも加えていることは変わりなく、アルコール度数も37度と低めになっていることも同様です。 

いつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は中庸なアンバー、香りはわずかにアルコールとカラメルの香りがします。

口に含むと、アルコールからの刺激は少なく、ナッツ、カラメル、バニラの香りが主体となっています。ただし全体的にはそれほどしっかりと香りません。
味わいは辛さが強めで、あとから甘さを感じ取れます。

ロックにすると、先にエステリーさが現れ、その後はナッツ、ナシ、ウッディさが目立ってきます。
味わいはリンゴやナシのような酸味が先に現れ、後を引くように甘さが付いてきます。 

最後にハイボールにすると、わずかながらにナシ、ナッツの香りが感じ取れますが、熟成焼酎との差はかなり少なくなります。
味わいも炭酸の勢いが前に出て、酸味も甘味も隠れてしまった感じです。

従来品では、加水をしただけで香りも味わいも吹っ飛んでしまうほど脆弱で、ストレートくらいしか飲みようがなかったのですが、セレクトではストレートでもロックでもいけて、トゥワイスアップ程度の加水でも香りや味が消えないようブレンドを改めたように思えます。

ハイボールや水割りでは香りはそこそこ残るもののほとんど味わいが消えてしまうので、そういった飲み方はあまりおすすめできません。
レモン風味の炭酸水やトニックウォーターだとさっぱり飲めますが、ウイスキーらしさという点では少し疑問に残ります。
ストレートやロックの方が香りを楽しめ、アルコールの辛さがなく堪能できるでしょう。

720mLで価格は700円ほどですが、同じ価格帯のトリスクラシック、ブラックニッカクリアと比べると、一歩及んでない印象です。この両者は1:3位のハイボール、水割りでも香り、味わいをしっかり感じ取れるレベルです。 
ただしサントリーレッド、トリスエクストラを買うくらいなら、こちらの方がましです。 

いずれにしても、従来品よりも改善されたのは事実です。トリスクラシックや、セブンアイのプライムがなければ、もっと評価を上げてもよかったでしょう。
それでも辛口のことを言えば、本物のウイスキーを消費者が求めている以上、もう1,2ランク上の銘柄を考えてもらいたいですね。
それこそトマーティン蒸溜所と縒りを戻して、その原酒をブレンドしたハイブリッドなものも考えてもいいのではないでしょうか。

<個人的評価>

  • 香り C: ナッツ、ナシ、バニラ、ウッディ。多少の加水でもへこたれなくなった。
  • 味わい D: ストレートでは甘く、加水で酸味が開く。でも単調。
  • 総評 D: お金がない前提で買うにしても、トリスクラシック、ブラックニッカクリアがある以上、おすすめには至らない。ストレート、ロックならなんとかなる。

 

o_bar今回はスペイサイドモルトのボトル、オールドバランテュランを飲みます。

オールドバランテュランとは、スペイサイドの蒸溜所、トミントールがリリースしているボトルで、同蒸溜所が使用している水源の名前 から名付けられています。

ライトなトミントールとは異なり、ヘビーピートモルトを使っていることが特徴となっています。

では実際にストレートから飲んでみます。
 グラスに注ぐと、液色は中庸なアンバー、香りは燻製のようなスモーキーさが漂います。

口に含むと、すぐにピートからのスモーキーさと潮の香りが一気に広がります。その後はライム、マスカット、ナシ、青リンゴと言った爽やかな香りが追いかけ、奥からバナナ、ゴム、カカオが漂います。 

味わいはアルコールからの辛さが強く、後から酸味、ビターがついてきます。 

ロックにすると、ピートと潮の香りがさらに沸き立ち、 あとからライム、ナシ、青リンゴと続きます。
味わいは、辛さが落ち着き、酸味が強く舌を刺激するようになり、しばらくするとビターが次の波のように訪れます。

最後にハイボールにすると、ピートの香りは抑えられ、ライムのような爽やかさが比較的目立つようになります。
味わいは酸味がそれなりに感じられ、多少の塩気もあります。

スペイサイドでありながらも強いピートからのスモーキーさを堪能できますが、アイラモルトの持つ正露丸のような独特の癖はなく、 多少の潮の香りを持つ感じはタリスカーに近いように思えます。
50度のアルコール度数とノンエイジであるせいか、ストレートではアルコールの刺激が強く感じられ 、かなりガツンと来る印象です。
ピートを堪能したければロック、奥からの深い香りを楽しむならストレートで飲むといいかもしれません。
700mL、価格は5000円ほど。お値段は高いですが、スペイサイドらしくない強いピートを味わうにはおもしろいと思います。
このほかに、10年物もラインナップされています。

<個人的評価>

  • 香り B: 潮の香りを伴う強いピート。後からライム、ナシ、青リンゴ、マスカット。最後にバナナ、ゴム、カカオ。
  • 味わい C: ストレートではアルコールからの辛みが強い。加水すると酸味、ビターがメイン。
  • 総評 C: しっかりしたピートを感じられるスペイサイドのボトルとしておもしろい存在。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オールドバランテュラン 並行品 700ml【ウイスキー】
価格:4780円(税込、送料別) (2016/11/29時点)


arran10今回は久しぶりのアイランズ系モルトから、アランモルト10年を飲んでみます。

グレートブリテン島本土と、キャンベルタウンのあるキンタイア半島に囲まれたクライド湾の中に、アラン島があります。

アラン島はかつて50近い蒸溜所があったとされてますが、1836年を最後にすべての蒸溜所が閉鎖されてしまいました。 
しかし1995年、シーバスブラザーズにて代表を務めた経験もあるハロルド・カリーの手によって、アラン島北部のロックランザにアラン蒸溜所を建設しました。

蒸溜所自体はそれほど大きくはなく、ポットスチルも小型の物を2基備え、ゆっくり蒸溜するために生産量も多くありません。
ほかの蒸溜所とは異なり、他社への原酒の供給は行っておらず、自社でのシングルモルト、ブレンデッドのボトルを製造、販売しているのに限られています。

では、いつものようにストレートから飲んでいきます。
グラスに注ぐと、液色は薄い琥珀色、香りは紅茶、ほんのりとヨード、ピートを感じ取れます。

口に含むと、アルコールの刺激は少なめで、香りは紅茶、マスカット、バナナ、ハチミツ、バニラ、バターと続きます。
味わいは甘さがメインで、あとからビター、フルーツのようなほんのりとした酸味がついてきます。

ロックにすると、アルコールとピートが揮発したかのように強く刺激し、スモーキーさが目立ってきます。
あとからナシ、グレープフルーツとフルーティさが続き、蜂蜜やバニラと言った甘い香りは鳴りを潜めます。

味わいもビターが真っ先に訪れ、そのあとに酸味が追いかけます。ストレートで感じられた甘さは陰に隠れます。 

しかし加水が進むと、スモーキーさは薄くなり、ストレートで感じ取れた甘い香り、甘味が表れるようになります。

最後にハイボールにすると、マスカット、グレープフルーツが先に現れ、あとからほのかにバニラ、バターが続きます。
味わいは柑橘系の酸味がメインであるものの、奥から甘さを感じ取ることが出来ます。

全体的には甘くて飲みやすさを感じるボトルですが、ロックでは飲み始めで強い癖が出てきます。
癖のあるウイスキーが好きな人ならロックで飲むといいですが、そうでもなければハーフロックにして最初から加水した方が飲みやすくなります。

湾内の穏やかな環境があってか、タリスカー、ハイランドパークなどのほかの島嶼系とは異なり、スペイサイドやハイランドっぽさを持つボトルになっています。

700mL、アルコール度数46度、価格は4300円ほど。
アランモルトとしては、ほかに14年、18年もあります。

<個人的評価>

  • 香り A: 紅茶、マスカット、バナナ、バニラ、最後にバター。加水するとピートが揮発する。
  • 味わい B: 全体的に甘くて飲みやすい。ただしロックの飲み始めは強いビター。
  • 総評 A: 10年物としては高いものの、初心者でも受け入れやすく飲みやすいモルト。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【限界特価に挑戦!】アランモルト 10年 46% 700ml
価格:3650円(税込、送料別) (2016/12/7時点)


このページのトップヘ