RERAのウイスキーブログ

40過ぎのおっさんが、ジャパニーズ、スコッチを中心にウイスキーを飲み、独断で評価していきます。

カテゴリ: ウイスキー

cardhu今回はスペイサイドモルトのカーデュを飲んでみます。

カーデュ蒸溜所は、以前に採り上げたノッカンドゥ蒸溜所から北へわずか1kmの場所にあります。 
ゲール語で「黒い岩」という意味を持つこの蒸溜所は、1811年に農家を営んでいたジョン・カミングによって創業しました。
しかし当時はまだウイスキーに多額の税金をかけられていたため、農閑期にこっそり密造していました。 

1824年に酒税法が改正され、カーデュ蒸溜所は政府公認となり堂々と製造を始めます。

経営はジョンの息子ルイス、その後彼の妻エリザベスへ引き継がれました。
エリザベスは蒸溜所の改築を始め、ウイスキーの製造で大きな改善を図ったことで、カーデュの原酒は名を上げていきます。

そして1893年に、ジョン・ウォーカー&サンズ社が蒸溜所を買収、後にジョニーウォーカーのキーモルトの一つとして使われるようになりました。

ということで、いつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は少々濃いめの琥珀色、香りはラムレーズンのようなフルーティさを持っています。

口に含むと、先ほどのラムレーズンの香りが先に立つと、後からトースト、青リンゴ、ナシの香りが追いかけてきます。
味わいは酸味を感じつつも、辛さとビターが主体になっています。

ロックにすると、エステリーな香りが強くなった感じで、ストレートほどの豊かな香りがなくなっています。
味わいも辛さと苦さが強く、気持ちよく飲めるとは行きません。

最後にハイボールにしてみると、エステリーさが薄くなったものの、苦さが舌に残りやすく、さわやかに飲めるとは言えません。
しかし、後に残る香りは薄くなったことによる心地よさが出るようになっています。

大まかに見れば、スペイサイドモルトらしいフレッシュフルーツの香り、味わいはありますが、全体的に苦さがあり、お世辞にもうまいとは言えません。はまる人にはとことんはまるのかもしれませんが...。

逆に見れば、香りや味わいに個性がしっかり出ているため、ブレンドをする上での香り、味わいを左右することができ、キーモルトに使われるのも納得します。 
ジョニーウォーカーのフルーティな香りは、このカーデュがになっていると言っても過言ではないでしょう。

ジョニーウォーカーのファンには、一度飲んでおく価値はあると思いますが、過度の期待はすべきではないでしょう。

700mL、アルコール度数は40度で、価格は3500円ほどです。

<個人的評価>

  • 香り B : ストレートではラムレーズン、青リンゴ、ナシ、トーストの香りが広がるが、加水するとエステリーさが強い。
  • 味わい C : 辛さと苦さが主体で、うまいとは言いにくい。
  • 総評 C : ジョニーウォーカーファンが飲む価値はあるが、お世辞にもうまいとは言いがたい。



hamilton_islay今回は、久しぶりのブレンデッドモルトの銘柄、ハミルトンズ アイラを飲んでみます。

ハミルトンズは、グラスゴーにあるチャールズ・ハミルトン社が販売するブランドで、地域ごと(ハイランド、アイラ、ローランド、スペイサイド)のブレンデッドモルトウイスキーを販売しています。

同じようなものとしては、マクレランズやアイリークがあります。 

ブレンデッドモルトというと、複数の蒸溜所のモルト原酒のみをブレンドしたものとなります。

いつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は比較的濃いアンバー、香りはアイラモルトならではの正露丸のような香りを伴ったピートが広がります。

口に含むと、まず強い煙の香りが口の中に広がります。その奥から、ライム、レモンの柑橘系の香りを感じ取れます。
味わいは酸味がメインで、後からほんのりと甘さがあります。逆にアルコールから来るピリピリ感はほとんどありません。

ロックにしてみると、香りはストレートから衰えることはなく、強いスモーキーを堪能できます。
味わいは多少のビターがあるものの、甘さがさらに引き出された印象です。

最後にハイボールにしてみると、やはり独特のスモーキーな香りはしっかり伝わりますが、味わいはビターが目立つようになり、「煙たい」ハイボールという印象です。

全体的には、アードベッグやラフロイグの割合が高く、ボウモアやカリラ、ラガヴーリンのようなピート後の香りが深く伝わっていない印象があります。

700mL、アルコール度数40度、価格は3500円ほどです。
ノンエイジであるため、ボウモアやラフロイグのシングルモルトと比べても割高に感じます。これだと2000円台で買えるアイリークマクレランズ アイラのほうがいいでしょう。 

<個人的評価>

  • 香り C: アイラモルトならではの正露丸の香りがするスモーキーがメイン。奥からライム、レモン。
  • 味わい B : ストレートでは酸味、加水するとビターが表に出る。
  • 総評 D : マクレランズやアイリークと言った安く買えるアイラモルトのボトルがあるので、コスパが低い。 あえてラフロイグのボトルに手を出した方がいいかも...。


個人的にサントリーのウイスキーには好印象を持っていません。
確かに日本人向けにスモーキーフレーバーを抑えた飲みやすい味に仕上げていることは理解できますが、どうしても物足りない感覚が抜けません。

premiumKakuその中で気になっていたのが、2013年に発売されたプレミアム角瓶です。
通常の角瓶が1000円台前半なのに対し、こちらは1900円前後と中堅どころの値段。少し上にはスペシャルリザーブ(お店によってはローヤルが買える)、ニッカにはスーパーニッカがどっしりと構えている価格帯です。

まずはストレートで飲んでみます。
グラスに注ぐと、香りはバニラが主体で、液色はミドルな琥珀色です。

ストレートで飲むと、アルコールの刺激が先に来るものの、後からレーズンの香りが強く表れます。
味わいにおいても、アルコール由来の辛さが強いものの、後から甘さが訪れます。

傾向はブラックニッカ・リッチブレンドで感じたシェリー樽由来のものかと思われます。

ロックで味わってみると、スモーキーな香りはそこそこで、サントリーらしく抑え込んだ感があるものの、ウイスキーファンでも不満がない程度に残しています。
アルコールの刺激も43度ならではのレベルはあるものの、レギュラーの角瓶ほどの臭みは感じられません。プレミアムの名は伊達ではありません。 

氷がだいぶ解けて加水が進んでも、香りが落ちることは少なく、水割りやハイボールで飲む人にも十分感じられるでしょう。

確かに、全体的には角瓶の上を行くプレミアムの名は伊達ではありません。
ただ、熟成感、まろやかさの点では一歩足りない印象を感じます。

この上となると、ローヤルを飛び越えて、山崎や白州、響を求める必要があるでしょう。

<個人的評価>

  • 香り B:シェリー樽原酒由来のレーズン、さらにはバニラなどの甘い香りが鼻をくすぐる。
  • 味わい B:どんな飲み方でも甘さが目立ち、多くの人に受け入れられる。
  • 総評 B:サントリーとしてはできのいいウイスキー。値段相応。
続きを読む

glenRoy一般的に、スコッチウイスキーは安いブレンデッドでも1000円前後が最安値になりますが、今回の銘柄は、税込みで750円という格安の値段がついていました。

その名は「グレン・ロイ」というものです。

が、ネットでいろいろ調べてみても、その情報はほとんど見つからず、正直、怪しさプンプンです。

ともあれ、ストレートから飲んでみたいと思います。

グラスに注ぐと、液色は一般的な琥珀色、香りはアルコールの奥に青リンゴらしきものが何となく感じられます。
口に含むと、アルコールの刺激の奥に、ゴム、青リンゴ、バニラ、バナナ、ライム、モルトの香りがします。ただ、それほど強くはありません。
味わいは、アルコールからの辛さがあるものの、 奥から酸味と甘さを感じ取ることが出来ます。

ロックにすると、アルコールの刺激は柔らかくなり、香りも豊かに開いていきます。それでも、ゴムの香りが先に来るので、人によっては違和感を感じるかもしれません。
味わいは酸味と柑橘系の苦さが主体になり、奥から甘さを感じることが出来ます。

最後にハイボールにしてみると、飲み始めにゴムの香りを感じますが、それ以上の香りは消えてしまった印象があります。
味わいも炭酸の刺激で飛んでしまったようです。 

全体的に見ると、ロックが最も香りも味わいも楽しみやすいように思えます。
価格を考えてみると、同価格帯の国産よりも上で、晩酌用として飲むにもいいかと思います。

なお、容量は700mL、アルコール度数は40度となります。 

怪しい部分はあるものの、他の1000円スコッチと比較しても、決して見劣りはしないブレンドになっています。

なお、同名のブランドで、ブレンデッドモルトのボトルもあるようなので、見つけたらレビューしようと思います。

<個人的評価>

  • 香り C : ゴムの香りに違和感があるものの、ストレートではバナナ、加水してもバニラ、青リンゴ、 モルトの香りが心地よい。
  • 味わい C : ストレートではアルコールからの辛さが強いが、加水で酸味、甘みを感じ取れる
  • 総評 A: 値段を加味して、晩酌用として飲むにはうってつけ。
グレン・ロイの購入はこちらから

ブラックニッカは4種類のラインナップがありますが、今回は元祖、というか2代目のDNAを引いたスペシャルを採り上げます。

bnspブラックニッカは、1956年に特級ウイスキーとして誕生しました。
初代はボトルが黒いことはスペシャルと同じですが、ラベルにはひげのおじさん、ローリー卿は描かれていませんでした。

1965年に、二代目のブラックニッカが1級ウイスキーとして発売されました。この時初めて、ローリー卿の肖像画が大きく描かれているのが特徴的なボトルです。 

ブラックニッカは、2級ウイスキーとして販売したハイニッカとともにニッカの人気を引っ張ってきました。

そして1985年、宮城峡のモルトを含めてリニューアルしたのが現行のスペシャルになります。

私が初めてスペシャルを手にしたのは2013年の時ですが、当時はクリアやリッチブレンドがメインで、一般的なスーパーやディスカウントストアでもお目にかかれず、何とか酒屋まで行ってやっと入手できました(ハイニッカはペットボトルのみで、700mlのボトルはありませんでした。なぜかG&Gの北海道限定ボトルがありましたけどね)。 

しかし、ドラマ「マッサン」が放送されると、ニッカが竹鶴政孝の信念を継承した本格的なウイスキーを消費者に提供しようと、ハイニッカとともにスーパーなどにも出回るようになりました。

まずストレートで。液色は少々濃い琥珀色、グラスからの香りはリンゴを思わせるものがあります。
口に含むと、アルコールの刺激が表に出ますが、その後はカラメル、ウエハース、バニラ、リンゴ、レーズンの香りが続きます。
味わいはアルコールからの辛さが強めに出ます。

ロックで味わってみると、最初は当たり障りのなくスモーキーな香りも抑え気味ですが、シェリー樽原酒から来るであろう香りはリッチブレンドよりも濃厚。
しかし後味にスパイシーな刺激が加わって、リッチブレンドよりも癖を持った味になっています。
味わいは甘みを持ちつつもアルコール由来の辛みもあり、なかなかに飲みごたえのあるボディになっています。

最後にハイボールにしてみると、ほのかにモルト、青リンゴの香りが前に来ます。
味わいは、ビターが前に出るようになり、後味として甘さを感じ取れます。

リッチブレンドに比べるとウイスキーらしい癖が強いものの、ディープブレンドほどの強烈なピートの香りはなく、飲みやすい部類に入るでしょう。 

価格は700ml、42度で1400円ほど。リッチブレンドよりも少々お高いですが、ウイスキーらしいしっかりした味を楽しむうえでは十分なコスパでしょう。
当たり障りのないウイスキーから、個性の強いものへステップアップするにはうってつけかもしれません。

<個人的評価>

香り B: シェリー樽原酒からの華やかな香りと、程よい余市モルトならではのスモーキーな香りが絶妙に絡み合う。
味わい A:他のブラックニッカと比べてもボディが重厚で飲みごたえがあります。アルコール由来の辛みがあるものの、濃い甘みもあとからやってくる。
総評 A:1000円台前半としてはしっかりとした味わいがあり、リッチブレンドよりお勧め。ノンエイジのブレンデッドスコッチにも対抗できるほどの個性。


kinchie今回は、久しぶりのローランドモルト、グレンキンチーの12年ものを飲んでみます。

グレンキンチー蒸溜所は、エディンバラから東に30kmほど離れた場所にあり、周囲は農地が広がり、ほとりにキンチー川が流れる場所にあります。

蒸溜所は1825年に創業しましたが、一度廃れてしまいます。
1890年代に入って、エディンバラのウイスキー承認やブレンダーらが組合を結成して買収、10年ほどの歳月をかけて蒸溜所を再生しました。

現在はディアジオが保有しています。

では、今回もストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は薄い金色で、香りは青リンゴに近いものがあります。

口に含むと、アルコールの刺激は少なく、青リンゴ、バナナ、フローラルな香りが広がります。
味わいはほのかな甘みが主体で、まさに青リンゴをかじった印象が強く感じ取れます。

1:1に加水すると、青リンゴの奥にモルト、バニラの香りが加わり、柔らかい香りに変化します。
味わいにおいても、甘さが強調されます。

最後にロックにすると、フローラルな香りが際立ち、鼻をくすぐります。
味わいも酸味がメインとなり、とてもさわやかな印象に変わります。

常温で飲む場合だと甘さが目立ってきますが、ロックなどで冷やしていくと、柑橘系に近い酸味が目立ちます。
全体的にみても、スモーキーさはほとんど感じられず、癖が少ないので飲みやすいボトルに仕上がっています。

700mL、アルコール度数43度で、価格は3500円ほど。
ウイスキーに慣れていない人でも、少々濃いめの水割りで出すと喜ばれるでしょう。

<個人的評価>

  • 香り B: 青リンゴ、バナナ。加水するとモルト、バニラも加わる。
  • 味わい A: 常温では甘さが目立ち、とても飲みやすい。
  • 総評 A: 癖のあるボトルが好きな人には物足りないが、初心者には受け入れやすい優しさがある。


グレンキンチー 12年 700ml
価格:3154円(税込、送料別)



 

knock今回はスペイサイドモルトの一つ、ノッカンドゥ12年を飲んでみます。

ノッカンドゥとは、ゲール語で「小さい黒い丘」という意味で、スペイ川中流にある同名の村に蒸溜所があります。
すぐ近くにはタムデュー蒸溜所、さらにはカーデュ蒸溜所があります。

ノッカンドゥの特徴としては、12年もののボトルであれば、きっちり12年熟成された原酒を使っているところにあります。
それを示すかのように、ラベルには何年蒸溜の原酒を使っていることが明記されているほどです。

では、いつものようにストレートから飲んでみます。

グラスに注ぐと、液色は淡い琥珀色で、香りは少々接着剤を思わせるものが感じ取れます。

口に含むと、リンゴのような香りが先に現れ、あとからレーズン、パイナップル、カカオ、モルトの香りがついてきます。
味わいは酸味が強めで、グレープフルーツのようなビターが伴います。いずれにしても、アルコールの刺激、辛さはさほどにありません。

ロックにすると、エステリーな香りが一気に広がり、ともにスパイシーさも感じ取れます。
味わいもスパイスの辛さがとても強く、刺激的です。ただ、パンチとしては軽く、辛さがスッと引くキレの良さを感じられます。
ストレートと比べても、まるで別のボトルを飲んでいるような錯覚に陥るほど、性格が大きく変わります。

最後にハイボールにすると、再びリンゴやレーズンの香りが現れ、味わいは甘さをしっかり感じ取れるようになります。 
薄くなることで香りが消える印象はありませんでした。

シングルモルトとみても、これだけ飲み方で印象が変わるボトルは珍しいのではないでしょうか。 
気分次第で飲み方を変えて、そうそう飽きることもなくボトルを空けられるでしょう。

700mL、アルコール度数43度で、価格は3500円ほどです。スペイサイド派はもちろんのこと、ハイランドやアイランドが好きな人でも楽しめるボトルでしょう。

<個人的評価>

  • 香り A : ストレートではリンゴ、ロックではスパイシーさが強く感じ取れる。
  • 味わい B : ストレートは酸っぱく、ロックは辛く、水などで割ると甘い。三者三様。 
  • 総評 A : 飲み方によって香りも味わいも変わり、とても興味深い

これから暑い季節になりますが、そんなときにシュワッとさわやかなハイボールを飲んですっきりするのがいいですね。
highball

ハイボールブームが起きてから2016年で8年になろうとしていますが、今や居酒屋でもビール、チューハイやカクテルと並んで、ハイボールが定番になっています。

 そうしたお店でハイボールに使うウイスキーとしては、角瓶、トリス、ブラックニッカクリアが主流、さらにプレミアムハイボールとして、響、竹鶴を使うところが多いです。

では、ほかの銘柄ではハイボールに合うでしょうか?
答えは「イエス」。
銘柄によって香り、味わいに違いが出ますが、ハイボールにおいてもその違いを実感できます。
特に、ストレート、ロックで飲むのとは別の側面を見せてくれるおもしろさもあります。

「高い銘柄でハイボールなんてもったいない」「ハイボールは安酒を飲むための飲み方だ」と宣う御仁もいますが、私にとっては「ウイスキーの飲み方に王道もタブーもなし」という主義をとっています。

実際、多くのウイスキーファンが持っている固定概念を捨てることで、ウイスキー1種類だけでも人間のように様々な側面があることを発見出来ました。

個人的には、多くの銘柄を飲んできたディープなファンにこそ、ハイボールを改めて見直してほしいと思います。
今まで固定概念にこだわったことで「親父の酒」とレッテルを貼られていたウイスキーが、ハイボールによって若者が目を向けたことを無視してはいけないでしょう。

では、普段はハイボールにはされないような銘柄2,3点で試してみたいと思います。

(1)サントリーオールド 

oldまずは、角瓶のワンランク上に当たるサントリーオールドです。

どちらかと言えば、ロック、あるいは水割りで飲まれることが多い銘柄です。

ハイボールにすると、シェリー樽原酒ならではのレーズンの香りとともに、ほんのりと甘い味わいが口に広がります。

炭酸による酸味が若干加わってくるため、フルーティさが増してきます。

普段から甘い味のカクテルになじんでいる人であれば、オールドのハイボールは気に入るでしょう。

(2) ジョニーウォーカー ブラックラベル

jwb次に、スコッチの定番の一つ、ジョニ黒ことジョニーウォーカーのブラックラベルです。 

こちらも、ストレートやロックが主に飲まれる銘柄です。ご年配の方だと、未だに贅沢な銘柄だというイメージが根強いでしょう。

ハイボールにすると、ピートから来るスモーキーさが先に来ます。

そのあとはほんのりとフルーツの酸味、甘みを感じ取ることが出来ます。

飲み口自体が、燻製のようなスモーキーな香りを感じ取れますので、おつまみとして、炭火の焼き鳥や燻製をいただくと、香ばしさがさらに増すでしょう。

逆にスイーツやフルーツをおつまみにしようとすると、香りが邪魔をして、えぐい感じが出てしまうかもしれません。



(3)シングルモルト余市

yoichi_new500最後に、シングルモルト余市です。

700mLで4000円以上しますから、安酒でやるものだ、というイメージのある人にはかなりの抵抗があるでしょう。

ただ、ストレートやロックではエッジが効きすぎて飲みにくさが出やすいので、むしろハイボール向きではないか、と考えています。

実際にハイボールにすると、同じスモーキーなジョニ黒に比べて、余市モルトならではの潮風の香りが感じ取れます。

その後はレーズン、バニラの甘い香りが広がり、ほどよい甘み、酸味のあるハイボールになります。

おつまみにするのであれば、磯の香りがある魚介類、カキやサザエなどが合いそうです。



割り方

一般的には、チューハイやビールと同じアルコール度数まで割るところが多いですが、私としては、アルコール度数40度のウイスキー1に対して、炭酸水3の割合にする「濃いめ」にするのがおすすめです。
あまり炭酸水が多くなってしまうと、ウイスキーの持つ香り、味わいがわかりにくくなり、ハイボールならではの良さが伝わらないでしょう。

グラスもあまり大きいものではなく、200~300mLくらいのタンブラーがいいでしょう。

さわやかさがほしい場合、レモンやミントの葉を添えるのも手です。

これからの季節でおいしくいただくのであれば、グラスと炭酸水を冷やしておくといいです。
それが難しいのであれば、氷を加えるといいです。

まとめ

私の場合、シングルモルトであってもハイボールにして飲むことがあります。

多くの人が合わないという、アードベッグやラフロイグといった癖の強い銘柄も、ハイボールでは個性が崩れず、炭酸からの酸味、さわやかさが意外に合う発見もありました。

同じアイラモルトのボウモアも、ハイボールではシェリー樽原酒の甘い香りがうまくマッチし、合うと言われる牡蠣料理の食中酒として、ボウモアハイボールを添えても乙でしょう。

若い人には、より多くの銘柄に出会う上で、ストレート、ロックとともに、ハイボールでも試してもらいたいと思います。

年配のディープなファンには、ハイボールの安いイメージを取り払い、新たな発見を楽しんでもらいたいと思います。 続きを読む

gotenba_malt今回は、キリンのシングルモルトを飲んでみます。

一般的に市販されているのは、富士山麓や樽薫るといったブレンデッドウイスキーだけですが、キリンの通販サイト、「DRINX」では、 通販限定のシングルモルト、シングルグレーンウイスキーを買うことができます。

今回購入したシングルモルトは、アルコール度数が46度で、原酒を加水した形になっています。

早速ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は少々明るい琥珀色、香りは接着剤を思わせるものがむせるほどやってきます。

口に含むと、先ほどの香りとは打って変わって、メロンのような芳醇な香りが先に訪れます。後からレモン、ウエハース、バニラクリームの香りが追いかけます。
味わいは酸味が先にあるものの、後から甘さが浮かび上がってきます。しかし、後味はグレープフルーツのような苦さが来ます。

ロックにすると 、メロンの香りは和らぎ、青リンゴ、ナシの香りがほのかにやってきます。
味わいは酸味とビターが半々となり、柑橘系のさわやかさに感じ取れます。

やはり、シングルモルトだけあって、ストレートでのエッジの鋭さは格段に上がります。
しかし、香りの一端を感じ取ると、現行のキリンのラインナップにも通じた、香り、味わいがあることが理解できるでしょう。
ノンエイジですが、御殿場モルトを感じ取るには十分なボトルです。

500mLのボトルは税込みで5400円です。

このほかに、200mLボトルのシングルモルト、シングルグレーンのほかに、ジガーと グレンケアン・クリスタル社製のテイスティンググラスがセットで、同じく5400円のテイスティングキットもあります。
それぞれを飲み比べるのもよし、混ぜてなんちゃってブレンデッドにしてもよし、ウイスキーの特性を学びながら楽しむことができます。

<個人的評価>

  • 香り B: ストレートでメロンの香りが強く出る。加水するとさわやかなスペイサイド風。
  • 味わい B: ストレートでのアルコールの辛さはなく、意外に甘い。加水すると酸味、ビターが立つ。
  • 総評 B: ノンエイジなれど、サントリー、ニッカとは異なるキリンらしさを堪能できる一本。 

new_kakubin2016年4月に、角瓶と白角がリニューアルされました。

角瓶においては、見た目の大きな違いとして、「角瓶」の名に沿うかのように、より角張ったボトルとなったほか、創業者である鳥井伸治郎のサインも前のラベルに記されました。

また、サントリー側ではブレンドの変更もしたと言うことで、ではではと試してみました。

いつものように、最初はストレートで。
液色は少々薄い琥珀色、香りはカラメルの甘さが強く出ています。

口に含むと、アルコールの刺激は強くないものの、ふわっとした香りは感じ取れません。
味わいも、アルコールから来る辛さの後に、砂糖のような甘さがあります。

ロックにすると、シェリー樽原酒から来る レーズンの香りはするものの、それほど強さは感じられず、後からほのかにウッディ、モルトが感じ取れます。
味わいは刺激が少なくなったことで甘さがありますが、それほど強くはありません。

白角と比べても、なんとなく薄っぺらいイメージはそれほど変わらず、多少香りが濃くなったか、という感じでした。
そして、不明の頭痛が私を襲いました。やっぱり何かよからぬものでも入れてないか、と疑問に思いました。
これを買うくらいなら、もっと安くてそこそこ飲めるトリスクラシックか、ホワイトを選んだ方がいいです。

やはり、今の角瓶は割って飲まないと耐えられないことに、変わりはありませんでした。
kakubin_ba
比較として、購入した酒屋さんでまだ売られていた復刻版の角瓶も入手したので、それも改めて飲んでみます。

ストレートではピートのスモーキーさが強く、樽の熟成によるウッディさが強く感じ取れます。
香りの深さに釣られる形で、味わいの甘さがあるものの、現行品以上の深さがあります。

ロックにすることで、さらに香りが広がり、飲んで楽しめるものになっています。

改めて比較しても、今の角瓶は名ばかり、といえるほどの雲泥の差です。

もしご年配の方で角瓶を愛しているのであれば、酒屋さんで偶然にでも復刻版を見つけたら、是非飲んでほしいです。
本当の角瓶の思いがよみがえることでしょう。

現行品は値上げされ、700mL、アルコール度数40度で、価格が1500円になっています。
ちょっとお金を出せばオールドが買えますが、私であればオールドにします。
同じ味で、というなら、トリスクラシックがベストでしょう。

<個人的評価>

  • 香り D: ストレート、ロックともに「薄い」。 
  • 味わい D: 全体的に甘いものの、それ以上に訴える味がない。
  • 総評 E: 全体的に薄っぺらく、トリスとの価格差が適切でないと思える。リニューアルの方向が間違っている。あと、変なもの入れてない?? 


復刻版 サントリー 角瓶 43度 700ml
価格:1674円(税込、送料別)


このページのトップヘ