RERAのウイスキーブログ

40過ぎのおっさんが、ジャパニーズ、スコッチを中心にウイスキーを飲み、独断で評価していきます。

タグ:シングルモルト

komagatake_tanpopo_今回は、マルスウイスキーから、シングルモルト駒ヶ岳 ネイチャーオブ信州 ~信濃蒲公英~を飲んでみます。

シングルモルト駒ヶ岳は、マルスウイスキーの中でも信州マルス蒸溜所のモルトのみを使った上級ブランドに位置しています。
基本的に本数限定で、それぞれに様々な試みが行われていて、ウイスキーファンの楽しみになっていると言えます。

2015年から、ネイチャーオブ信州というシリーズがスタート、最初は竜胆、翌年は小彼岸桜をリリースしました。いずれも2011年に再稼働して以降に蒸溜された3年熟成の原酒と、1985~1992年までに蒸溜された長期熟成原酒をヴァッティングしています。

そして2017年に、第三弾となる信濃蒲公英をリリース。
こちらも、2014年に蒸溜され、バーボン樽、アメリカンオークの新樽で熟成されたモルト原酒を主体に、20年以上熟成されたシェリー樽原酒を加えています。

では、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は少し濃い琥珀色、香りはブドウ、接着剤の香りが強く鼻をくすぐります。

口に含むと、赤ワインのような独特のアルコール臭の後、ナシ、ブドウ、リンゴ、カラメル、樽香が口の中にしっかり広がります。
味わいは酸味が少々強めですが、後から果物のような甘みもあって、52度のアルコールを感じさせません。

ロックにすると、エステリーさが一気に現れ、マスカットやバニラ、樽が持つ木の香りも目立ってきます。後味にレーズンをはじめとするドライフルーツのような濃厚な香りが訪れ、加水されるとこちらが主体になっていきます。
味わいは、多少ビターがでるものの、ほどよく酸味、甘さとのバランスがとれている印象です。

最後にハイボールにすると、ナシ、レーズン、ウッディさが香ってきます。
味わいは、多少フルーツを思わせる酸味がある印象です。

全体的に見ても、長期熟成されたシェリー樽原酒が強く印象づけられていて、高い度数にもかかわらず、アルコールの刺激をあまり感じずにまろやかで飲みやすくなっています。

ロックにしても加水しても、その香りが失われることが少なく、十二分に楽しめる印象で、サントリーやニッカとも十分対抗できるほどのできばえです。

700mL、アルコール度数52度、価格は9000円ほどです。
ただし、11000本限定のため、購入の際は在庫に気をつけましょう。

本坊酒造においては、2016年に鹿児島県で津貫蒸溜所が建設され、サントリー、ニッカ同様に2つの蒸溜所で幅広い原酒を造れるインフラを手に入れました。
これらを使った本格的なブレンデッドは2020年代のお楽しみになりますが、今後も期待できるメーカーであることに間違いはありません。

<個人的評価>
  • 香り AA: 20年以上熟成されたシェリー樽原酒からのレーズンの香りが主体。ナシ、リンゴ、カラメル、接着剤、バニラ、そして樽の香りが訪れる。
  • 味わい AA: 52度を感じさせないほどまろやか。酸味がメインで、甘さが後押しする印象。
  • 総評 AA: マルスウイスキーの本気を堪能できるボトル。




glen_moray12_今回はスペイサイドモルト、グレンマレイの12年を飲んでみます。

グレンマレイは、エルギン市の郊外にある蒸溜所で、ロジー川のほとりにあります。
スペイサイドモルトといわれますが、厳密にはロジー川はスペイ川の支流ではなかったりします。
そこから南に行くと、ベンリアック、ロングモーン、グレンエルギンといった蒸溜所があります。

1897年に建てられたこの蒸溜所のある場所は、元々は処刑場だった所で、解体された後にビール工場が建てられていました。

今回飲む12年ものでは、仕上げとして白ワイン樽で後熟を行う特徴を持っています。

まずはストレートから。
グラスに注ぐと、液色は少々緑がかったゴールド、香りはライムとリンゴが漂います。

口に含むと、先にリンゴの甘い香りが口に広がり、後からモルト、バニラ、ライムが続きます。
味わいは、アルコールの辛さは控えめで、ほどよい酸味と甘さが広がります。

ロックにすると、ライムの香りが立つようになり、リンゴと絡み合ってきます。
味わいは柑橘系のビターが現れ、酸味へとつながっていきます。

最後にハイボールにすると、ライムはなりを潜め、リンゴの甘い香りが表に出てきます。
味わいは、多少の苦みはあるものの、後は甘さが主体で、とても飲みやすいハイボールになります。

スペイサイドモルトは、全般的にピートの香りの少ないフレッシュフルーツの香りが主体となることが多いですが、グレンマレイについてはさらにあっさりした印象が強く、甘みも比較的目立ちます。

ウイスキーを飲み慣れてない人でも、ハイボールであれば甘くて飲みやすいと思います。

700mL、アルコール度数40度、価格は3500円ほど。

<個人的評価>

  • 香り B: リンゴ、ライムが主体。ストレートではモルト、バニラの香りも。
  • 味わい B: 酸味をメインに甘さ、ビターが続く。加水するほど甘みが増す。
  • 総評 B: 癖のあるウイスキーが苦手な人ほどおすすめ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グレンマレイ 12年 700ml[長S] ウイスキー ウィスキー
価格:3184円(税込、送料別) (2017/11/20時点)




kunshu_今回は、国内ボトラー系のシングルモルト、燻酒を飲んでみます。

燻酒は、東京にあるスコッチモルト販売が手がけるオリジナルのボトルです。
同社は1980年代からシングルモルトやボトラーズものの輸入販売を手がけており、自社でもディスティラリー・コレクションというオリジナルボトルも販売しています。

燻酒はシングルモルトと標榜していますが、どこの蒸溜所か、熟成年数はどれほどかは公表していません。
コンセプトとしては、日本で普及が進むハイボールに合うウイスキーとして、敢えて癖の強いアイラモルトをチョイス、アルコール度数50度と高めにして、ハイボールでも香りが消えないものを目指したそうです。

ですが、いつものようにストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は非常に薄いホワイトゴールド、香りはアイラモルトならではの正露丸のようなピートとレモンの香り、そしてアルコールの刺激が鼻を突きます。

口に含むと、アルコールの刺激の後、正露丸とレモンの香りが口に広がります。しばらく経つと、クリームやウッディさが広がります。
味わいは酸味が強く、続いてビター、アルコール由来の辛さが追いかけます。

ロックにすると、レモンの爽やかさがとても強くなり、反面スモーキーさが抑えられた印象に変わります。
味わいも酸味がひときわ強くなります。

最後におすすめされたハイボールにすると、ヨードの香りが先に現れ、正露丸の香りもそこそこ。奥からレモンの爽やかさが付いてきます。
味わいは酸味が比較的強めで、癖があるけどさっぱりしたハイボールになります。

察するに、アードベッグの若い原酒を主体にしていると思われますが、独特のスモーキーさを感じつつもさっぱり飲めるハイボールに仕上がる点はさすがだと思います。

飲んでいくうちに、ナチュラルチーズ(ブルーチーズ、ウォッシュ系)や燻製など、香りや味の濃いものをつまみにいただきたくなります。逆にあっさりしたものだと酒の香りに潰されます。

ストレートではアルコールの刺激が強くて飲みにくいですが、ロックでは抑えられ、これまたとても爽やかな印象です。

700mL、アルコール度数50度、価格は6000円ほど。
ノンエイジのシングルモルトとしてはかなり値が張りますが、アイラモルトの癖を残しつつ爽やかに仕上げているこのボトルは飲む価値が十分あるでしょう。

<個人的評価>

  • 香り B: アイラモルトならではの正露丸、ヨードを感じるピートと、レモンの爽やかさがメイン。
  • 味わい B: 全体的に酸味が強い。後からビターが追いかける。
  • 総評 B: 癖があるものの、ハイボールですっきり飲める希有なボトル。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

燻酒 アイラ シングルモルト 50° 700ml(77-9)
価格:5400円(税込、送料別) (2017/10/25時点)



rothes_vitage_今回はスペイサイドモルトの中から、ザ・グレンロセスを飲んでみます。

グレンロセスは、スペイ川の支流の一つ、ロセス川流域にある蒸溜所です。この周辺にもスペイバーン、グレンスペイ、グレングラントといった蒸溜所が存在しています。

1878年に操業したこの蒸溜所は、ブレンデッドウイスキーのキーモルトとして使われることが多く、有名どころではカティサーク、フェイマスグラウスがあります。

シングルモルトのボトルは丸っこい独特の形状を持っています。
グレンロセスのシングルモルトのもう一つの特徴として、一般的なウイスキーのように熟成年数表記ではなく、樽に貯蔵した年を表記する点も挙げられます。
2017年時点での現行品としては、1998、1995、1991、1978があります。

そのほかに、ノンエイジとして単一種の樽のみの原酒で構成されたボトルもあり、ピーテッドカスク・リザーブ、バーボンカスク・リザーブ、シェリーカスク・リザーブがあります。

今回飲むヴィンテージリザーブは、1999~2007年に貯蔵された10種類の原酒で構成されたボトルで、特定の年数、樽にこだわらないものになっています。

ではストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は少し淡い琥珀色、香りはリンゴとブドウ、ハチミツが鼻をくすぐります。

口に含むと、先にリンゴの香りが口に広がります。後からブドウ、そしてハチミツの甘い香りが追いかけます。
味わいは若い原酒からの辛さがあるものの、多少の酸味が訪れ、後に甘みを感じ取れます。

ロックにすると、ラムレーズンの香りが先に口に広がってきます。ストレートで感じられたリンゴはどこかへ消えてしまい、多少のウッディ、スモーキーさが奥からやってきます。
味わいは酸味がメインで、後からビターが感じ取れます。

最後にハイボールにすると、ラムレーズンが先にやってきますが、その次にリンゴも感じ取れるようになります。
味わいは酸味がほんのり訪れ、甘さも奥より感じられます。

スペイサイドモルトというと、比較的爽やかなフルーツを感じられるものが多いですが、グレンロセスは熟したリンゴが少々ズシリと来る印象で、独特の個性を得られます。
この個性があるからこそ、ブレンデッドウイスキーの特徴を与えられるバイプレイヤーであり続けられるのかもしれません。

700mL、アルコール度数40度、価格は4800円ほど。

なお、このボトルの後継として、2016年にヴィンテージリザーブ12がリリースされました。
こちらは使用する原酒は12種類となり、熟成年数も最低でも12年となっています。

<個人的評価>

  • 香り B: ストレートでは熟したリンゴとブドウが感じられる。加水でラムレーズンが前に来る。
  • 味わい C: ストレートでは若い原酒からの辛みがあるが、加水で酸味主体になる。
  • 総評 B: スペイサイドモルトはどれも同じ、と思う人は試す価値あり。



b_rock01_今回はアイラモルトから、ボウモア ブラックロックを飲んでみます。

ブラックロックは2015年に免税店向けにリリースされたボトルの一つで、ほぼ同時にゴールドリーフ、ホワイトサンズもリリースされました。

アイラ島に大きく切れ込む湾、ロッホ・インダールの最も奥にある岩の名を冠したこのボトルは、ファーストフィルのシェリー樽のみに貯蔵された原酒を使用しています。

では、ストレートから飲んでみます。

グラスに注ぐと、液色は茶褐色、香りはラムレーズンがメインで、後からアイラモルトらしいヨードがします。

b_rock02_口に含むと、アルコールの刺激は少なく、先にラムレーズン、ゴム、レモンが訪れ、後にヨード、正露丸がほのかに漂います。
味わいは酸味が目立ち、次にビター、甘みが付いてくる印象です。

ロックにすると、正露丸のような香りが開くようになり、アイラモルトならではのスモーキーさも強くなります。また、シナモンなどのスパイスっぽさも目立ってきます。
味わいはやはり酸味が主体であるものの、ビターとともにスパイシーが加わり、より複雑なアンサンブルを奏でるような雰囲気です。

ハイボールにすると、潮の香りが先に現れ、後を追ってレーズンの濃厚な香りが訪れます。
味わいは、多少の酸味とビターがあるものの、後味としてフルーツの甘さも得られます。

アイラモルトらしい、ヨード、正露丸のような独特のスモーキーさは感じ取れますが、レギュラーの12年に比べると大人しく、むしろレーズンの甘さが目立つ印象です。

ドラマの影響で、スモーキーなウイスキーを飲みたいという初心者が最初に手をつけるにはうってつけかもしれません。
ハイボールにしても、その望みは叶えられるでしょう。

1L、アルコール度数40度、価格は4500円ほど。多少量が多い分、お得感はあるでしょう。

<個人的評価>

  • 香り AA: ノンエイジながら、アルコールの刺激は少ない。ラムレーズン、レモン、ゴム。加水でシナモンが加わる。もちろん正露丸のようなピートも健在。
  • 味わい B: 酸味がメイン。後からビター、甘みがやってくる。軽く加水するとスパイシーにも。
  • 総評 AA: 癖の強いアイラモルトの入門編としてもうってつけだろう。



サントリーとニッカが、それぞれ数量限定のシングルモルトを発表しました。

サントリーは、山崎ミズナラ2017EDITIONを10月に発売すると発表しました
ph1

大東亜戦争によって、ウイスキーの熟成に使うホワイトオークの樽が不足したことで、サントリーは国産のミズナラを使って樽を作り、原酒を貯蔵していました。
しかし、材質の悪さから液漏れが目立ち、樽からしみ出す香りも強く、あまり好まれていませんでした。

しかしながら、熟成とリチャーを繰り返すことで香木のような独特の香りを得るようになったことで、海外を中心に高い評価を得るようになりました。

そんなミズナラの樽に最低18年熟成された原酒を主体として、さらに香り付けとして50年以上経過したミズナラ樽原酒を加えるという贅沢なボトルになっています。

国内で1500本限定、うち200本を専用サイトでの抽選販売を行う予定です。
気になるお値段は、なんと10万円!私でも手が出ません...。

0914la_01一方でニッカは、国内向けと海外向けでそれぞれ異なる樽で熟成されたシングルモルトを出すこととなりました。
国内向けとしては、シングルモルト余市、宮城峡のモスカテルウッドフィニッシュを、海外向けにはラムウッドフィニッシュを出します

モスカテルとは、ポルトガルの酒精強化ワインの一種で、「モスカテル・デ・セトゥーバル」(マスカット・オブ・アレキサンドリア)というブドウの品種を使っています。
酒精強化ワインの樽を使うのは、ウイスキーではよくあることで、一番有名なのはスペインで作られるシェリー酒の樽、他にもポートワインの樽を使うこともあります。

モスカテルウッドフィニッシュとは、その名の通り、熟成の最後にモスカテル樽に原酒を入れて仕上げているというものになります。

それぞれ3500本限定販売で、価格は15,000円となります。
ノンエイジと18年を比較してはいけませんが、ニッカの方が良心的に思えます。

clynelish_今回はハイランドモルトから、クライヌリッシュ14年を飲んでみます。

クライヌリッシュ蒸溜所は、北ハイランド地方のブローラにあり、1967年に建設されました。
しかしその地の隣には、1819年にサザーランド公爵の手によって、最初のクライヌリッシュ蒸溜所が建設されていました。

1967年に新しいクライヌリッシュ蒸溜所が誕生すると、かつての同じ名の蒸溜所はブローラと名を変えて、1983年まで操業していました。

ブローラ蒸溜所が閉鎖されると、新しいクライヌリッシュ蒸溜所はブローラ蒸溜所の歴史も引き継ぐこととなりました。
ラベルには、旧クライヌリッシュことブローラ蒸溜所の創立年が記載されています。

ではストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は中庸な琥珀色、香りはリンゴの甘い香りがします。

口に含むと、先にリンゴの香りが現れ、ライムの爽やかさのあとにハチミツが追いかけます。

味わいは酸味が先に届き、後からビターが追いかけ、最後に甘さがあります。

次にロックで飲んでみると、香りは 青リンゴと紅茶がしっかり立っていて、その後にレモン、ワックス、奥からカカオ、潮の香りが追いかけます。
味わいは多少ビターですが、その後に塩キャラメルのような甘みが出てきます。

最後にハイボールで飲んでみると、ほんのりとリンゴの香りが口に広がります。後々になって、海藻のようなヨード感もあります。
味わいは多少甘みがあって飲みやすくなっています。

アルコール度数は46度あるのですが、14年熟成でもあってアルコールの刺激、辛さはそれほど感じられません。
全体的にもリンゴの香りが感じやすく、初心者であっても受け入れられるように思えます。

700mLで価格は4500円ほど。14年ものと考えると、高いとは言い切れないかもしれません。

<個人的評価>

  • 香り A: 全体的にリンゴの香りが主体。その後にライム、最後にハチミツやワックス。加水でカカオ、ヨードも。
  • 味わい AA: フルーツの甘さが主体でとても飲みやすい。
  • 総評 A: 初心者でも受け入れやすいほど甘いウイスキー。

※当初、書きかけの状態で表示されてしまいました。申し訳ないです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[並行品] クライヌリッシュ 14年 46度 700ml
価格:4380円(税込、送料別) (2017/9/2時点)



tobamory_今回は久しぶりの島嶼系モルト、トバモリー10年を飲みます。

トバモリー蒸溜所は、インナー・ヘブリディーズに属する、アイラ島よりもさらに北にあるマル島にあります。

1798年にビールの醸造所としてスタートした後、ウイスキーの蒸留を始めました。
しかし休止期間がとても長く、幾度もオーナーが変わるなど、蒸溜所は順風満帆ではありませんでした。

1993年に、バーン・スチュアートの手によって復活し、小さいながらも操業を開始しました。
しかし、貯蔵するための倉庫がないために、蒸留した後はディーンストンで樽詰めされ、ブナハーブンで熟成させるという特殊な手段を選んでいます。

現在はトバモリーとレダイグ(リーチェック)の2種類のシングルモルトを1年交互に作っていましたが、2017年3月に設備の更新、拡張のために休止、2年後に再開する予定です。

2種類の違いは、トバモリーがノンピート、レダイグがピーテッドといわれます。

ではストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色はシャンパンゴールド、香りは紅茶やミカンが漂います。

口に含むと、強烈なアルコール感の後、磯の香り、ヨード、ミカン、紅茶、カラメルが香ります。
味わいは、とても辛く、舌がとてもピリピリします。その後で柑橘系に似た酸味、ビターを感じます。

ロックにすると、ライムのような爽やかな香りが際立ち、奥からヨード、カラメル、ナッツと続きます。
味わいは、酸味と苦みが半々ですが、ストレートのような辛さはかなり抑えられています。

最後にハイボールにすると、海藻のような香りが先に訪れ、その後にライムが続きます。
味わいは、香りにつられるように昆布だしのような旨味のようなものが感じられます。

ノンピートとされますが、不思議とスモーキーさが漂います。また、海に囲まれているせいか、磯の香りも印象的です。
ストレートでは飲むのにつらいですが、加水すると辛さが抑えられて飲みやすく感じられます(それでも癖は強い方です)。

700mL、アルコール度数46.3度、価格は4000円ほど。
一癖も二癖もあるウイスキーが好きな人にはお勧めかもしれません。

<個人的評価>

  • 香り B: 磯の香り、ヨード、オレンジ、カラメル、ナッツと続く。加水でライムの香りが開く。
  • 味わい C: ストレートでは辛すぎて飲みにくい。加水で落ち着き、酸味、ビター、旨味が出る。
  • 総評 B: 島嶼系の磯の香りを堪能できるボトル。


valvwnie_今回は、スペイサイドモルト、バルヴェニー12年を飲んでみます。

バルヴェニー蒸溜所は、ダフタウンにあるグレンフィディック蒸溜所の隣にあり、近くに立つバルヴェニー城から名前を採っています。

1892年に、グレンフィディック蒸溜所を建設したウィリアム・グラントの手によって、第二の蒸溜所として誕生しました。

スコットランドでもモルトスターというモルティング専門に行う業者に頼むこともあるのに対し、バルヴェニーでは自前でフロアモルティングを行っているのが特徴的です。

またポットスチルも、ネック部分にバルヴェニーボールという独特のこぶがついているのも特徴です。

使用する樽は、バーボン樽、シェリー樽が主体で、ほかにもポートワイン樽、後熟向けにカリビアンラムの樽もつかっています。

今回飲む12年物では、先にバーボン樽で熟成ののち、シェリー樽に詰め替えて後熟を行っています。

それではストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は少し濃いめの琥珀色、香りはメロン、西洋ナシの香りが訪れます。

口に含むと、先にナシ、ライム、青リンゴ、その後にレーズンが続きます。奥からバニラ、ウッディ差が追いかけます。
味わいはアルコール由来の辛さの後に、ビターと酸味が続き、フレッシュフルーツの味わいがします。

ロックにすると、青リンゴとレーズンが半々に前に出てきて、その後にバニラ、ウエハースの甘い香りが追いかけます。
味わいは、アルコールの辛さが抑えられ、代わりに甘みが現れ、酸味とビターが一緒になって、より一層フルーティになります。

最後にハイボールにすると、香りはメロンが前に出て、次にバニラ、後には海藻のようなヨードっぽさもほんのり出てきます。
味わいはビターが少々前に出てきた感じで、フルーティさとほろ苦さが交錯しあう不思議なものとなります。

お隣のグレンフィディックと比べると、スペイサイドらしいフルーティさはあるものの、シェリー樽による後熟のせいか、レーズンなどの芳醇な香りを伴い、ロックではまろやかさと濃厚さを味わえます。

700mL アルコール度数40度、価格は5000円ほど。12年物のシングルモルトとしてはかなり割高ですが、香りが豊かで濃厚、味わいも比較的まろやかなので、ワンランク上の価値を得られると思います。

<個人的評価>

  • 香り A: メロン、ナシ、ライム、青リンゴが先に現れ、後からバニラ、ウエハースと甘い香りが続く。加水されるとヨードも感じられてくる。
  • 味わい B: ストレートでは多少辛さがあるが、果実の持つ酸味とビターがメインで、加水されると甘みも現れる。
  • 総評 B: スペイサイドらしさが散見するが、全体的に濃厚でまろやか。


livet_fr_今回はスペイサイドモルトから、グレンリベット ファウンダーズリザーブを飲んでみます。

ファウンダーズリザーブは、政府公認蒸溜所の第一号であるグレンリベットの創業者であるジョージ・スミスが、創業当時に求めていた原酒を再現しようと、現在のマスターディスティラーであるアラン・ウィンチェスターの手によって生み出されたボトルで、2016年11月に発売されました。

ではさっそく、ストレートから飲んでみます。
グラスに注ぐと、液色は少し薄い琥珀色、香りは紅茶、ナシがメインに訪れます。

口に含むと、やはり紅茶、ナシ、柿の香りが先に訪れます。しばらくたつと、カラメルの甘い香りもついてきます。

味わいは酸味が前で、甘さが後から追いかけてきます。

次にロックにすると、オレンジのような香りが前に出るようになり、ナシは後ろに下がった印象です。

味わいは、酸味自体は丸みを帯びた印象で、ビター、甘みがさらにカバーしてきます。

最後にハイボールで飲んでみます。
香りはオレンジのさわやかさが大きく前に出ます。その後はナシ、紅茶、カラメルと続きます。

味わいは酸味が強めになりますが、ほどなく甘さも舌で感じられ、比較的飲みやすいです。

グレンリベットの12年物は、何かしらの雑味がある感じであまり好きではなかったですが、ファウンダーズリザーブは、スペイサイドらしさというよりもオレンジや紅茶の香りが主体になっていて、さっぱりした印象に感じられました。

700mL、アルコール度数40度で、価格は4000円ほど。12年物よりも割高ですが、比較的多くの人にも飲みやすく受け入れやすく感じます。

<個人的評価>

  • 香り A: 紅茶、柿、ナシが現れ、後からカラメルが続く。加水するとオレンジが立つ。
  • 味わい B: 酸味、ビターが前に出る。後味は甘い。
  • 総評 B: 少々割高だが、ジョージ・スミスが求めた香り、味わいが万人受けであることを実感できる一本。



このページのトップヘ