‧*˚̩͙*‧₊̊‧*˚̩͙̩͙*‧₊̊‧*˚̩͙*‧₊̥‧*˚̩͙*‧₊̊‧*˚̩͙̩͙*‧₊̊‧*˚̩͙*‧‧*˚̩͙*‧₊̊‧*˚̩͙̩͙*‧₊̊‧*˚̩͙*‧₊̥‧*˚̩͙   

鏡に映るあなたは、本当のあなたではありません。
真実のあなたの外形を見ているにすぎません。
身体は人間がまとう衣服であり、物質の世界で自分を表現するための道具にすぎません。
その身体があなたなのではありません。

あなたは永遠の霊的存在であり、全大宇宙を支えている生命力
 ー 全天体を創造し、潮の干満を支配し、四季の永遠のめぐりを規制し、全生命の生長と進化を統制し、太陽を輝かせ星をきらめかせている大霊の一部なのです。

その大霊と同じ神性をあなたも宿しているという意味において、あなたも神なのです。
本質において同じなのです。
程度において異なるのみで、基本的には同じなのです。
それは、あらゆる物的概念を超越した存在です。
すべての物的限界を超えております。
あなた方が想像するいかなるものよりも偉大なる存在です。

あなたはまさに一個の巨大な原子
 ー 無限の可能性を秘めながら、今は限りある形態で自我を表現している、原子のような存在です。

身体の内部に、いつの日か全ての束縛を押し破り、真実のあなたにとってより相応しい身体を通して表現せずにはいられない力を宿しておられるのです。
そうなることをあなた方は“死”と呼び、そうなった人のことを悼み悲しんで涙を流されます。
それは、相も変わらず肉体がその人であるという考えが存在し、死が愛する人を奪い去ったと思い込んでいる証拠です。



‧*˚̩͙*‧₊̊‧*˚̩͙̩͙*‧₊̊‧*˚̩͙*‧₊̥‧*˚̩͙*‧₊̊‧*˚̩͙̩͙*‧₊̊‧*˚̩͙*‧‧*˚̩͙*‧₊̊‧*˚̩͙̩͙*‧₊̊‧*˚̩͙*‧₊̥‧*˚̩͙