世の中
白い事もあれば
黒い事もある。


言い換えると
正しい事と、正しくない事。


何が正しくて
何が正しくないか。

昨日、あることをふと考えていたら
悶々してきて
書かずにはいられなくなりました。





幼少の頃、母に言われたことを
今でも鮮明に覚えています。


『誰も見ていなくても
お天道様が見てるから
悪いことしたらダメだよ』


子供心に、確かに...と思っていました。











自分の辿ってきた道を見返すと
人に言えないような事とかも
沢山ある。


人生の底辺にいる。
そのような時期もありました。


転職だって沢山した。
自分自身が何者なのか迷走した時期も
何度もあった。




ただひとつ言えるのは
その頃決断していった様々な【選択】が
今の自分を作っているということ。

それは、紛れもない事実。









法に反するような事。
これは間違いなく黒。


バレないようにやればいい。
これはグレー。
 

白い生き方をしたいと思っていた私は
黒にはなることは無かったが
グレーな生き方もしてきた。


生きている中で
その時の自分の選択は正しかった。


恥もしないし、咎めもしない。
あの頃の自分の中では
精一杯悩んで出した答えだったから。








結論
正しいか正しくないかは
その人のその時点での人間性•選択により
変わります。



後ろめたく思うのであれば
正しくない選択だったことになる。
その時の自分を否定する事になる。


そうはなってほしくはない。


だから
考え方を変える
きっかけになってほしい。
それが
この記事を書いている
発信者の望みです