December 25, 2012

君の体温


ボカロ曲紹介第2弾。


これはボカロオリジナルの中で1番お気に入りの曲なので、日記書きたかった(笑)


クワガタPの、君の体温。男性キーは、原曲+4になってます。歌い手は、neroを選びました。






ピアノとギターサウンドがリードする、アップテンポで疾走感のある、悲しく切ない曲。



街に残る、今はもういない彼女との数々の思い出。無意識のうちに、また君を探している自分に気付く。


その思いをずっと振り切れない僕は、

「出逢えたことを 良かったと思える日がくるかな、、、?」

「さようなら、愛しいきみよ
戻れないなら僕から消えてよ」

こんな言葉を口にしてしまう。



こんなストーリーが連想できる。クワガタP本人が演奏するギターは、がむしゃらで、まるで心の叫びのよう。


自分は、人を好きになって後悔したことは人生で一度もないかなぁ。それでも、悲しい感情が根強く残ってしまうと、人を好きになることに臆病になって、余計前に進むこと難しくなる気がする。


オリジナル曲のリリース日が12月25日ってのが悲しすぎる、、、
クワガタP自身の経験から、この歌を作ったらしい。


自分が女々しいからなのか、こーゆー切ないラブソング好きなんだよなぁ、、、




ではッ!
アリーヴェ・デルチ (`ω´)ゝ


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星