侍Japanの優勝で幕を閉じたワールドベースボールクラシック。すごかったですね。
昨日サッカー日本代表の第2期森保ジャパンの初戦が放映されておりましたが、熱量はWBCがはるかに勝っていた気がします。
大谷翔平選手のすごさ、カリスマ性はもちろん、吉田選手、村上選手、源田選手、ヌートバー選手、杉谷元選手のインタビューなど、今までほとんど野球を見ていない私にも覚えた選手は少なくなかったです。
サッカーと野球っていつも比べられますけど、やっぱり日本人には野球の影響力がまだまだすごいですね。あの決勝をやっている日、近所の道路を歩いていたら後ろから来た年配の女性に「今、日本勝ってるよ」と情報をくれました。全く知らない人でしたが。
そして大谷翔平選手のすごさがだんだんわかってきました。正直二刀流って言っても小学校の時とかはエースで4番みたいな選手がいたし、高校野球でもエースで4番はザラにいる。ですのでそんなに難しいの感じがしなかったのですが、やっぱりすごいんだなと改めて思いました。

サッカーにもあれだけのカリスマというか飛びぬけた存在がいればと思いましたが、それより野球やっている人のファッションに目が行きました。
なんで野球選手ってキヘイ型の金のネックレスしているんでしょう?
正直、今している人見ると「ちょっと古くねーか…」と持ってしまうのですが、キヘイ型ネックレス着用率がめちゃくちゃ高く、ほとんど見ることがなくなったネックレスを大体どの選手もしていました。
走っている時邪魔なような気がするのですが、何かタイミング取ったりする時に良いのでしょうか?
それとも私の知らない所でキヘイ型ネックレスがリバイバルヒットを生み出しているのでしょうか?
誰か教えてください。

不動産スタッフアシスト
飯塚