very-nice-ass-5

出会い系サイトならば女性からの募集に対して自己アピール、もしくは金額の提示で交渉となりますが、SNSで女性と知り合うためには自分がどんな人間なのかをアピールする必要があります。今回は出会い系SNSはもちろん、普通のSNSでも使えるアピール方法を解説します。

どんなSNSでも日記とコミュニティの機能があります。日記はブログのように自分が書くもの、コミュニティはSNS登録者同士が知り合う機能として、趣味や地域で分けられた掲示板のような機能が多いです。この2点を使って自分をアピールしていきます。

1. 日記を書き続ける

まずは登録したSNSの雰囲気を見極めるために、自分の好きなコミュニティに参加し様子を見ます。更新頻度や最初の挨拶の仕方、コミュニティのルールなどをしばらくは発言せずに傍観します(ROM)。そのROMの時期に自分の日記を充実させます。自分が好きなことを書いたり、ウンチク話を書いたり、子供の頃のバカ話など、共感できるような話か笑えるネタを書きます。仕事の話は書いてはいけません。

SNSはリアルな自分を売り込む場所ではなく、お互いに好きなキャラクターを演じる場所です。しかし自分はそうでも、相手はどんな人間なのかを知りたくなるもの。できるだけ辛い話や現実的すぎる話は避けましょう。寝てない自慢・休んでない自慢は論外です。

どれくらい日記を書くかはその後の盛り上がりによりますが、人から日記にコメントが付き始めるまでは頑張って更新しましょう。Twitterのように一日に何度も更新するより、毎朝決まった時間に更新するようなペースがいいでしょう。毎日食べたものをアップし続けるのは飽きられますので、週末くらいに留めるのがいいペースです。

日記を書き続けていれば、必ず誰かがコメントを付けてくれます。最初は同性が多いですがそれはしょうがない。興味がなくても絡んでおきましょう。きっと後で出会うための仲間になってくれるはずです。仲間は多いほうが強くなれます。つまり会えるチャンスが増えるということです。

2. コミュニティで発言する

日記を書きながら参加したコミュニティを眺め、どんな雰囲気で発言したらいいかを見極めたらいよいよ発言します。出会いが目的のSNSだからといって、登録してすぐに女性にDM(ダイレクトメッセージ)を撃ちまくるのはやめておきましょう。ウリ目的のDBかBBAしか引っかかりません。

「初めまして!」から始まる当たり障りない発言で、しばらくROMしていたことを書いておきます。発言内容はコミュニティによって変わりますが、明るく振る舞いながら友達募集的な感覚でコミュニティに参加します。

もちろんこのままコミュニティで盛り上がるために発言しているわけではありません。すぐに二人きりになるのではなく、みんなが見ている前でどんな人なのかをアピールするためにコミュニティに参加するのです。「みんなが認める楽しそうな人」と思われたら、もう出会いはすぐそこです。

このように、まずは日記でエサを作りながら釣り糸を垂らすタイミングを見極め、状況が見えてきたら釣りを始めます。じっと待つのが釣りではありません。自分というルアーを上げたり下げたり、止めたり泳がせたりと、常に女性という魚に注目されるように動くのがポイントです。

次回はSNSを自分の流れに変えていきます。

女の子と手っ取り早く遊ぶなら【kaku-butsu】風俗ランキングをチェック!

Ashley Madison - アシュレイ・マディソン 人生一度、不倫をしよう。