02shiropai

出会い系SNSのコミュニティに溶け込み、コミュニティで知り合った人たちと友だち関係を築くことができたら、次に行うのはオフ会の主催です。出会い系SNSだとオフ会といえばヤリコン(ヤることが目的のコンパ)と思われがちですが、そうではありません。むしろヤラない目的のオフ会なのです。

まずAプランは実際にオフ会が開催されるパターン、そしてBプランはオフ会が参加できずに終わるパターンを想定します。

Aプラン:実際にオフ会が開催される

十分にコミュニティで自分自身がアピールできていれば、そのコミュニティでオフ会を開催しましょうと名乗り出れば数名は参加してくれるはずです。そのオフ会はできるだけ少人数で開催することが望ましいです。男女10名ずつなんてことになると、本当に幹事業務だけで終わってしまい連絡先も交換できません(笑)。

少規模オフ会を開催するコツは、参加できる条件を狭くすること。ニッチな趣味や開催時間帯を狭め、誰もが参加できないようなオフ会にします。一番いいのは自分を含め男女2名ずつのオフ会。オフ会はドタキャンが多く、ノリノリで参加してくれるはずのメンバーが誰も来ないなんてザラです。4名ずつくらいの参加予定者を集めて、当日のドタキャンに備えましょう。

そして男女が揃ってオフ会を開催できたら、当日はとことん楽しみましょう。男女構わず全員に声を掛け、ドリンクの空きや誰とも話していない壁の花がいないかを気遣います。この幹事をこなす姿が後で効いてきます。ぜひ幹事に徹してください。

ここで重要なのが、連絡先の交換です。本当に忙しくて連絡先を交換できないのと、わざと連絡先を聞かないのは違います。連絡先を交換する隙は見せてください。全員で交換しようという雰囲気になったり、女性から聞かれたりしたら喜んで交換しますが、自分から積極的に集めて回るのはご法度。ここでがっついてはいけないのです。

なぜならここに参加しているメンバーはSNSで繋がっているメンバーです。焦らなくてもSNSで連絡を取り合える相手なのです。急いで個人のメルアドやLINE IDを知ったとしても、すぐにホテルに入れるわけではありません。釣りはじっくり行いましょう。

連絡先を交換せずに、後でコッソリ交換すればいいのです。それはまた解説します。

Bプラン:オフ会が開催できずに終わる

参加予定者が数名いたのに全員ドタキャン、もしくは日程や主旨が合わず参加者が揃わない。そんなことはよくあります。それで落ち込む必要はありません。「また主催しますので皆さんまたの機会に!」と明るく引き下がってください。

コミュニティの参加者は、何のためにそのオフ会が行われるのかを見極めているのです。多くのSNSオフ会は連絡先交換とヤリコンのために開催されます。そのためそれに慣れている女性はオフ会に参加するつもりが元々ありません。ではなぜその出会い系SNSに参加しているのか。もちろん出会いを探しているからです。

こちらがそういう目的ではなく、これからもこのSNSでマナーよく活動するということを明確にしながら、互いの顔を分かった上でSNSを楽しみましょうという姿勢を崩さずにいれば、必ずオフ会は開催できます。「コミュニティで知り合った皆さんと実際に会いたい」という気持ちを見せるのが目的ですので、オフ会は開催できなくても失敗ではありません。

むしろ失敗した場合はSNS内で親密になるチャンスです。コミュニティでオフ会を主催し、誰も参加しなかった・全員ドタキャン・参加表明なしなど残念な負け試合を見せたあなたは、誰かに憐れみの目で見られています。その同情は出会えるチャンスです。女性には「会ってあげる言い訳」が必要なのです。

オフ会を開催したのに連絡先も交換しない、2次会の後もホテルに誘わない、オフ会を主催したが開催できなかった。どれもまだエッチな事に繋がる気配がありません。大丈夫です!大物を釣るためには小物を釣らない取捨選択が必要なのです。不倫相手やセフレが欲しいのなら、行きずりの相手には目もくれずに良い獲物を狙っていきましょう。

次回はSNS内で女性にメッセージを送ります。

女の子と手っ取り早く遊ぶなら【kaku-butsu】風俗ランキングをチェック!

Ashley Madison - アシュレイ・マディソン 人生一度、不倫をしよう。