激ぽ

出会い系SNS攻略法を綿密に駆使しても、会ってみるまでは分からないというエピソード。つまり失敗談をお届けします。

佐藤潤はぽっちゃり好きなので、ぽっちゃり女性にターゲットを絞り、誘いに乗りそうな女性とメッセージを交換しておりました。そして去年の夏の日、オフ会の下見という名目で一人の女性を誘い出しました。週末の午後、駅構内で待ち合わせです。

そこに現れた女性は、ぽっちゃりどころじゃない【激ぽ・みけぽ】のおでぶちゃんでした。ぽっちゃり耐性はkaku-butsuトップクラスの佐藤潤、これまでも巨乳店という名の巨漢店を調査し、ちょっとやそっとのぽっちゃりくらいならヒットを狙える打力を持ってしても、汚い激ぽはムリです(笑)。

髪は腰まであるロングヘアですが、トリートメント効果ゼロの艶のなさ。お顔は「化粧品が合わない」という理由で眉も描かないノーメイク。推定アンダーバスト110cmなので当然ながらノーブラ。腹回りは135cmくらいはあり、それを隠すカーテンのようなロングワンピース。必然的にナウマン象のような足首です。久しぶりに見た地雷嬢でした(涙)。

しかしながら自分から誘っておいてすぐ別れるわけにもいかず、近くのカフェに移動します。階段では息切れするし、すぐに「暑い!」と汗ダラダラ。カフェで何を話したか全然覚えていませんが、とにかく相手のつまらない話に相槌を打っていたことだけは思い出せます。

話しているうちに一つ思いつきました。この女性はコミュニティの中でもアクティブな存在。この人をないがしろにすると、コミュニティで活躍しづらくなるかもしれません。ちゃんとオフ会の下見を終わらせておかないと、ややこしいことになるかも。と打算的に考えました。

頼んだドリンクを割り勘で支払い、カフェを出ます。夏の午後、猛烈に暑い中を適当に散歩します。ほどなく時間を潰したらカラオケ店に入ります。暇つぶしに二人きりになってエッチな話でもしようと思いました。

部屋の中では対面に座ってお話スタート。ほどなくエッチな話を振り始め、ケータイの写真を見せ合うために隣に座ります。ボディータッチも交えながらエロい話をして、カラオケ店を後にします。この近くにはラブホ街。イタズラ心が芽生えてきました。ちょっと様子を見てみましょう。

散歩しながらラブホ街へ向かいます。激ぽの彼女は汗だくです。ラブホ街に入ったところで彼女が「もう汗だく!着替えたいくらい」と言ってきたので、「じゃあちょっとシャワーでも浴びてく?」と振ってみました。

「いいです。」

あぁそうかよ!!誘ってあげて損したよ!!電気消しておっぱい吸って、フェラで抜こうと思ったオレがアホだったよ!

夏の散歩は自分も暑いので、ビールでも飲もうと適当なチェーン居酒屋に入ってみます。誰と飲んでも冷えたビールは旨い。サクッと帰ろうと思ったら、彼女がガッツリとオーダーを始めました。まぁたくさん食べるんですわ。それもほとんど揚げ物を(笑)。

唐揚げとフライドポテトを交互に食べる姿は、さすがに見ていられませんでした。あれだけ太るんですから、やはりそういう食生活なんですね。見てるだけで胃もたれしてきます。すべて完食したところで割り勘のお別れ。駅に到着する前に「じゃ!」と雑踏に消える佐藤潤でした。

ちなみにこの彼女、会って一回目は絶対にヤラない方針だそうです。二回目はないw
この出会い自体は失敗談でしたが、予想通りこの修行が後で役立ちました。 
次回はターゲットと二人きりで飲むシチュエーションを作り出します。

女の子と手っ取り早く遊ぶなら【kaku-butsu】風俗ランキングをチェック!

Ashley Madison - アシュレイ・マディソン 人生一度、不倫をしよう。