不倫SNSで3700万人の個人情報流出

出会い系SNSの中でも不倫に特化し、世界中でサービスを提供している「アシュレイ・マディソン」が個人情報を流出したとの報道がありました。


不倫専門SNS「アシュレイ・マディソン」が3700万人分の個人情報の流出の危機にさらされている。インパクトチームと名乗るハッカーらが、運営元のカナダの企業、アビッドライフメディアのサーバーに侵入し、同社のサービスの停止を要求。それに応じない場合、全顧客データをネットでバラまくと宣言しているのだ。

180万人もの日本人がドキドキしている危機的状況。内部関係者による犯罪と見られており、すでに対策済みとの報道ですが気が気でない人も多いでしょう。国内大手のベネ◯セや年金機構でさえも流出してしまうのですから、サーバに情報を持つ組織を狙うハッカーは跡を絶ちません。

この事件でサービスが終了することはないでしょうが、しばらくは静かになってしまうでしょうね。

でも実は、今から登録するのがチャンスです。セキュリティホールは閉じられて管理者は安全意識が高まり、この事件で退会時の個人情報削除料も無料になったので、今から登録する個人情報はかなり高く守られることが予想されます。

このブログ経由で登録されている方の比率を見ていると、1/8は女性です。やはりお互い目的がはっきりしているSNSは話が早いですね。このニュースで話題になっている今こそ、出会うチャンスかもしれませんよ。

女の子と手っ取り早く遊ぶなら【kaku-butsu】風俗ランキングをチェック!

Ashley Madison - アシュレイ・マディソン 人生一度、不倫をしよう。