2007年09月24日

蜷川実花の魅力は何か?

66164f73.JPG感想。残酷さが混じった色。

PhotoGRAPHICA」を購入。1600円。
(写真のインプレスムック)

蜷川実花の特集がやってたので
思わず買ってしまった。

「色」と「ガーリー」が有名。
その鮮やかな表現に、いつも驚く。
はっと目を奪われる。
この前、映画「さくらん」を手がけ発表。

(すごい表現だなぁ)
(感心)

何かしら時代を先取りした不安さ、虚無感なども写真から読み取れる。
自分の本を出すとするならば、組んでみたい(笑)。


写真:「Photographica vol.08 (インプレスムック)

reshining at 16:07│Comments(2)TrackBack(0) 読書感想 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 深海   2007年09月24日 22:28
実花さんの作品 好きです☆
女性ならみんな好きかも…?
残酷な…って見方はしたことなかったから新鮮でした
さくらんは溢れる色にうっとり ややむさ苦しく 女性のべたべた感、むきだし感がすばらしかったです
鮮血の赤 なまなましいんですよね 生まれたままの濁りのない色が一度に溢れてる
モデルさんは誰なんだろう?
探して観てみたいです
2. Posted by SHADOW   2007年09月30日 14:20

女性にも人気があるんですね。

モデルさんをリアルに綺麗に撮る技術を持っている方ですね。はっとさせられます。

さすがですね。


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔