Profile
三日坊主
呟く様に叫ぶ。
叫ぶ様に呟く。

優しい奇跡はきっと明日起こる。
聴こえたのは8番目のメロディ。

『No Rock,No Life!』

そして、今は。

今という現実を今として受け容れる。
そして、いつか夢見たその先へ。

独身。

Recent Comments



三日坊主

呟くように叫ぶ。

叫ぶように呟く。



優しい奇跡はきっと明日起こる。

聴こえたのは8番目のメロディ。



「No Rock、No Life!」


そして今は。

今を今として受け止める。
そしていつかまた夢見たその先へ。

27歳、独身。










2012年10月20日

バーンナウト

いやはや。
およそ7週間に渡る地獄のロードが終了しました。

いつか会社を訴える時の為に(笑)、ここに記録に残す。

7週前、新店の稟議が急遽下り、残り4週間と言う有り得ん期間で準備開始。
(ここから実に14連勤スタート)

12連勤目で契約更新店の改装に伴う閉店→セットアップ。
オープン当日深夜二時までかかり何とか作業完了。

4週前、新店オープン。
週末セールにつきここでも13連勤。
そのラスト3日は加盟店向け勉強会の為これまた連日深夜12時まで資料作成。

途中連休を挟み、翌週に商品展示会。
広島で喉を枯らしてその週末、スポンサーチームの冠試合でスタジアムでノベルティグッズ配布。

ここで完全に風邪を引き高熱でダウン。
一日休んで復活後、今週、昨日今日と加盟店向けの接客セミナー。

期間日数49日
出勤日数44日
休日5日(内1日病欠)

殺す気かっ!!!

いや、ほんまよう働いた。
変な充実感がある。
今日はとにかく泥になって寝ようと思う。
お疲れ、俺。


resistfrombreakdown at 21:11|PermalinkComments(1)TrackBack(0)仕事 

2012年10月19日

漫画考

気が付けば最近女性作家の作品ばかり読んどる気がする。

本棚見ても
・羽海野チカ
・末次由紀
・荒川弘
・こざき亜衣
・日本橋ヨヲコ
・久保ミツロウ
・ヨシノサツキ
・二ノ宮知子
・ヤマザキマリ
・中村光
と女作家だらけ。
(荒川さんと久保さん、中村さんは当初男だと思ってたが)

特に社会人なって、いわゆるゼロ年代に読み始めたのは圧倒的に女性作家の作品が多いことに気付いた。

ワタクシ、漫画は最高の娯楽と考えているので、どうにも小賢しい作風の物は毛嫌いする傾向にある。
主人公がバーン!と敵をやっつけてヒロインがキュピーン☆と可愛らしい、そんな分かりやすい「少年漫画」が好きなのだ。

そこ行くと昨今の男性作家の作品は小難しいものが多い。

女作家の方がよっぽど少年漫画してるじゃねえか!

陰鬱な展開や頭使う作品も嫌いじゃないけど、何かこう「設定命!」な感じがして、途中からは入りにくいものが多い。

ワンピース、ひいてはジャンプの弊害かね。
厨二設定もいいけど、漫画本来の持つ表現力で勝負するような作品が減ってる気がする。

そこ行くと上記の方々はほんと自由だなと。
将棋にかるたに農業に薙刀にバレーに毒男に書道にオーバークロックに風呂にキリストと仏陀(笑)

何らかのメインのモチーフはあるものの、ちゃんと人間が描けてる作品が多い。

マンガ大賞受賞者の大半が女作家なんも頷ける。
もっと頑張れ男作家!
当座は欣太先生と中山先生に期待かね。

つらつらと。


resistfrombreakdown at 00:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2012年10月17日

ログイン

クイックログインが出来なくなって一年ばかり放置していた当ブログですが、今日何の気なしに試してみたら入れたこの奇跡。

移動中暇なんでちょこちょこ書き足していこうかなと。

てか風邪を引きました。
今年二回目。
基礎体力が落ちとる!
生物としてやばいぞこれ。

昨日は昨日で一日布団被って豪睡。

14連→13連→7連といつの時代の社畜だと言うような生活がまずあかん。

人生に抜本的改革を。



resistfrombreakdown at 17:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然 

2011年08月10日

志学

三十路にも差し掛かると思考、志向、嗜好に色々と変化が表れる。

深い所に自我が行ってる感じ。
たまに深過ぎて見失う事もあるけど嫌な感じではない。

あれだけ否定し嫌悪した大人になろうとしている。

つくづく人間は環境の生き物だと思う。
ソーシャルアニマル。

たまにこうして自分を見つめ直す作業が必要だ。
我芽餓臥雅。


resistfrombreakdown at 22:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然 

2011年07月26日

素敵餓蘇屠

広島からの帰りステーキガストで300gの肉塊を貪り喰らう。
カレーとかサラダもバクバク喰らう。
モリモリ喰らう。

催す。

トイレに駆け込む。
ウンウン唸る。
ブリブリ放り出す。

肉喰って出して、何て生きてる実感が沸くのだろう。
生かされている。
今日も美味しく感謝。




resistfrombreakdown at 21:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2011年07月21日

鳴る首

寝室が暑いので居間のソファで寝てるからかえらい首が凝る。
もう日夜を問わずばきばきばきと。
痛いというか重いというか。
たまらんです。

あれやこれやと駆け抜けた二週間ももうじき終焉。
明後日は大阪行きが待っとる。
ぐへへ。飲むでよ。

願わくば明日を無事に過ごせます様に。


resistfrombreakdown at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然 | 仕事

2011年07月16日

忙殺様観音開

最近何がなんでも忙しすぎやせんかい。
しれっと12連勤やしさ。
てか世の携帯の予測変換には連休は出ても連勤は出んのやね。
どういうことや。

来週は大阪行きが待っとる。
わし頑張ります。
うん。


resistfrombreakdown at 01:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)仕事 

2011年07月15日

ろけみつ

深夜番組万歳。
大阪ローカル万歳。

岡山のええ所は大阪ローカルとキー局のバランスが非常に良い所。
持たざる国の自衛策やね。
何がやねん。

しかしサキちゃんは可愛ぇ。
ほんのこて可愛ぇ。
だが何と今年御歳28。
だがそれがいい。

何がやねん。


resistfrombreakdown at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然 

2011年07月05日

徒然

二年以上も放っぽらかして今更感は満載だが元々こういう趣旨なんで問題ない。

しかし良くもまあパスワード憶えていたもんだ。
ある意味凄い。

先日ヒロトシから送られてきた八郎@リップホールのCDを聞いて無性に西成が聞きたい。
何で俺自分用のバックアップ取らなかったのか…
ルパンと浦島も聞きたい。

どうやら未練は尽きた様だ。


本当に?


よく分からん。

回答は出す必要もないし、出せるはずもないので、そのままで。



resistfrombreakdown at 01:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然 

2009年03月01日

菜種梅雨、花霞

春は別れと出会いの季節。
28度目の春は、いつも以上の別離と再会、そして旅立ちに溢れていた。

多くの友人を見送り、再び出会い、そしてまた別れた。

別れの記憶は鮮明だ。

別れとは距離だけのものではない。
共に過ごした環境との決別。
死別はともかく、この別れほど辛いものはない。

一人ひとり振り返る。

K。
最後に一緒に飯を食えて良かった。
後輩ではあるが、同士だった。
これからも。
地元に帰っても、そのままで。
ありがとう。

Kっち。
引越し前の3日間、共に過ごし飲み狂ったな。
俺の為に布団まで買いやがって。
俺の後がお前で良かった。
最後がお前で、良かった。
ありがとう。

Sさん、Yりん、Nさん。
まず、ごめんなさい。
守ってあげられなくて。
そして今後、また出会う機会も多いと思います。
今後ともよろしくお願いします。
そして、ありがとう。

Sさん。
まずはおめでとう。
あなたと過ごせた日々は本当に楽しかった。
これからは立場は違えど、また同じ道を行こう。
担当になれる日を祈って。
ありがとう。

Tのみんな。
ごめん。
ほんまごめん。
たった2ヶ月だったけど、ほんま楽しかった。
新天地でも、頑張って。
ありがとう。

F。
人じゃないけど。
おめでとう。
そして、頑張れ。
ここで過ごせた日々は俺の、誇りです。
ありがとう。

Hのみんな。
俺は、まだやりたいこと何にも出来てない。
悔しい。
特にお前は、いつか殺してやる。
そんくらい本気やったんよ、こう見えて。
ありがとう、じゃないな。
また。

俺も今日、別離の準備万端でした。
またもや裏切られました。
悔しくないかと言えば、嘘になる。
腸煮えくり返りそう。

でも、この悔しさは糧にするしかない。
望まない別れのほうが、人生では圧倒的に多い。
その中で、少しでもここにいられる喜びを胸に。

1月は行き、2月は逃げた。
3月が去る前に、何かを残そう。
自分自身の中に。




resistfrombreakdown at 02:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)友人