八王子東西薬局の片桐です。

日々感動したことや、中医学に関すること、 趣味のことなどを書き込みます。

DSCF5991









高血圧傾向の方で
頭痛、頭重、肩こり、動悸、めまいなどの症状に
効果的な冠元顆粒(かんげんかりゅう)

発売されて30年になるのです。

私が東西薬品に入社した当時は
顆粒がなかったのです。
便利な時代になってます。

DSCF5992

赤と金色の箱は変わらず
婦宝当帰膠も一緒に写っていますね、併用OK!!!
DSCF5994

白湯に良く溶けて
飲みやすいのも変わらないのです。

DSCF5996


メインで配合されている丹参

15日分と30日分で
こちらの価格になります。
DSCF5993


血流はよい方が好ましいのです。

ドロドロ血液になりやすい今日
おススメの中成薬です。

詳しいことは是非とも
お気軽にご連絡ください。

DSCF5986











八王子東西薬局店内に入ってすぐのところに
大量陳列されております

開豊 瓊玉膏(けいぎょくこう)

食欲不振・肉体疲労・虚弱体質
病後の体力低下・胃腸虚弱
血色不良・冷え性・発育期


これらの場合における滋養強壮の働きがあります。

そのまま
もしくは温湯で薄めて
1日1〜2回お飲みください。
300g入って(一か月分)税込みで
14,300円です。

100g中
生地黄の搾り汁が32.0g
その他に
ニンジン末  2.8g
ブクリョウ末 8.0g
クコシ末   0.9g
ジンコウ末  0.1g
ハチミツ   38.5g を含有しています。

気温や気圧など目まぐるしく変化して
くる時期に

おススメですよ。

力仕事
屋外での作業
運動される方

だけでなく


普段の
家事や、高齢者にも
いいですよ。

地黄やクコシは、しっかり栄養
ニンジン、ブクリョウ、ハチミツなどは
胃腸を守ってくれます。


DSCF5987


飲む美容液というポスター

これはお肌にもうれしいということですね。
内臓の鏡が、皮膚粘膜ですので
体内が充実すれば
お肌も健やかに、という考えです。

中国医学は、身体全体を見ているのですね。

DSCF5978













店頭のレジ横に陳列してあります枸杞の実!

粒の大きさに驚いている方が、、
しっかりと反応している、ということは
いかにこの枸の実が優良品かわかりますね。

大粒
試食したら
甘い(天然の甘さ)
(右上のビニール入りは普通の)


漢方相談でも
症状に目の疲れは尋常でない、という方
仕事で画面ばかり見ている方は
本当につらそうです。

杞菊字地黄丸(こぎくじおうがん)という
飲む目薬もあります。

その中に枸杞の実も成分の一つに
なっているのです。

話変わりますが

目の疲れに、これもついでに試したら
良かったので画像だけでも。
フォークか!!!
このエイリアンの赤ちゃんみたいなのは

ヘッドスパ振動ブラシ
DSCF5982

はじめは馬鹿にしていたのですが
髪を乾かすときに
試したら
頭皮に心地よい振動が、
そして
いつも頭皮のある部分、押すと痛かったので
集中でブルブルブルブル!!!

DSCF5985

なかなかいいではないか。
電動歯ブラシみたいに振動が伝わるのでした。
すっきりした感じです。
こめかみ付近は目にもいいみたいです。
子供だましではないかも
でもすぐ飽きるかも。

しまい込むとだめですね。

プレゼンテーション1

コロナ感染防止のため
食料品の買い出し以外は
家で過ごす連休

本当にそうなっております。
ニュースなどでは
あれ、外出している
旅行している
バーべキュウしている

なんとなく危機感がないような

感染したら大変です
皆さんに迷惑かけるし
自分も苦しい思いしたくない

と言いながら2年目の自粛連休
4日はみどりの日ですね。

太陽の下で木々の緑は鮮やかです。

DSCF1126








午前中は晴天
しかし、昼過ぎから急変の雨
昨日は雷と豪雨
もう梅雨明けの初夏のような感じでしたね。

と思いきや
気温差もあるので油断大敵
休みの突入しての5月2日(日)

食料品の買い出し以外は1日中
屋内の日

中医学の復習するわけでもなく
ましてや予習などは全くなく

ちょっと頭空っぽのヤバッ!という感じ。


もう少しすると
湿気が襲う季節(蒸し蒸しの不快指数高レベルの日々)

このような情報が
大和生物研究所のパンダ通信
夏号に出ておりました。
パンダ通信0

パンダ通信2

パンダ通信1

やはり呼吸器系が体の防衛最前線
そこが強くないと
カビ、ウイルス、細菌、その他外部からの攻撃に立ち向かえませんね。

またまたササのPRですが
パンダ通信5

いいかも。

連休中は夜更かしになりがち(自分も)
ですが
しっかり体と脳を休ませる時間を確保しましょう。
ところで、話が急変ですが
DSCF1237

鳥は空を飛ぶためにエネルギーを必要とします。
そのため体温が高いそうです。40度超えているとか!
私たちも深部体温をしっかり36から37度キープですね。
そうです免疫力バッチリ働くには必要な温度だそうです。


突然ですが

衝撃の
脳内の神経伝達物質に異常を生じた
1975年の5月1日を思い出す。

queen8

今年  
結成50周年

同調する人、意外と多し!
実は漢方相談のエネルギー源だったのです。
相談者が同じ波長だと、意思の疎通が思ったよりスムーズだったりして。(実話)

何歳になっても、ミーチャン、ハーチャンのハートは持っていたいもの
武道館の光景が、長期記憶として刻み込まれているのでした。
翌日、一日中ぼーっとしていたことも
高校1年、授業中、教室の外見ていた46年前ですよ。
(誰かの歌詞みたい)

コロナの影響で
漢方関係の勉強会など
リモートで行われているわけですが
面白くて、集中できるときは、
時間が短い、頭に入る
人間の脳は凄いと感じるのでした。
能活精は、それをブースターのように強化します。
免疫力がアップしそうな感覚です。
皆さんも
いろいろ
趣味や興味あるもの
そういうのありますよね。

つぶやき手抜きブログでした。

DSCF5972


店頭のお出迎えパンダ

ルーズマスクが
ピタッとマスクになりました。

ちゃんと鼻を覆い
横からも空気が漏れないように
ピッタリフィット。
(なにせ、特大の一点ものです)


昨日は北風が吹き
なになに、寒い

今日は南風があり
適度に暖かい

気温差アレルギーも注意しなければ。

春といえば、

店頭生花
1年しっかり経ちました。
DSCF5974

新芽出てます。
若々しい、鮮やかな緑色

そして

昨今
相談の中で
出てくる症状が

あれま、
これです。

DSCF5979

口の中が
乾燥して
唾液の分泌が不十分になったり

上半身が暑い
汗かく
水分足りない

飲みたいが
胃腸のことを考えて
ついつい、少ない。


口中は水分欲しいのに
足りない


雑菌の繁殖も今がチャンス
ドンドン増える

身体は
何とか抑えようと炎症発生

ササヘルス
飲むのもいい作戦ですね。!!
ということで
コマーシャルでした。
DSCF5980

これにもいい。暑くなると
悩みの一つ。

DSCF5968






今、緑の季節
新芽が出て
すくすくと成長するときですね。


どうしても
この緑を紹介したくなる
今日この頃。


粘膜に効果的
だから
口内炎に最適

身体の解毒にもなるので
体臭口臭にも効く。
素晴らしい。
DSCF5967

マスクで
自分の口臭が気になるなど
テレビでも放送していました。

DSCF5965

笹の抽出液で医薬品指定。(第3類)
信頼の品質です。

胃粘膜も守るので
食欲不振にも。

身体の疲れにも効果あります。
DSCF5964

店頭陳列、緑だらけです。

 

私たちは疲れたりすると、ついつい甘い食べ物や飲み物を欲しくなることがありますよね。
これは糖分の補給により、血糖値上昇傾向にさせます。
血液中の糖分は、エネルギーを要求する場所に運ばれます。
例えば脳、眼、筋肉などなど、、、、

身体は凄いもので、血糖上昇に反応してあるレベルまで達するとインスリンが分泌され、
血糖を下げてバランスをとりますが、もしも、急激な高血糖状態になると、
続いて急激な低血糖が誘発されます。
甘い物を摂取したのに、発作的に低血糖になる場合もあるのです。

(ちなみにインスリンが分泌されないと糖尿病)


これは、身体の防御反応が極端に出た場合ですが、
そういうことも起こりえるのです。
穀物に含まれる糖を摂れば、血糖の上昇カーブが緩やかなのです。

イライラしたり、怒ったり、興奮することでも血糖は上昇します。
これは戦闘態勢に持っていく体の反応で、アドレナリンが大放出されます。
(血圧も上がるのです)
交感神経が緊張すると食べ物を摂取しなくても血糖値は上がりやすくなるということです。

更に厄介なのが、体温と血糖はあるレベルまでは、一緒に上昇するのですが、
交感神経が強いレベルまで達してしまうと、(ストレスが大いにあるなど)
高血糖なのに、血液循環が悪くなり、低体温に陥ることがあります。
顔色が悪い、手足が冷たいなどで、私たちの身体は複雑なのです。

常日頃から
リラックス、熟睡などで副交感神経が優位になるようにしておけば
揺らぎが少ないのですね。
みどり女の子

コロナストレスだけでなく
気象のストレスもありそうです。
明日からまた低気圧、そのあと黄砂

そういう中、私たちの身体は
裏方で頑張って調節しているのでした。
(仕組みをわかっていると、不安感も軽減されますよね)

DSCF5925























今日は太陽の光が
あるので体感温度はまあまあ暖かい

しかし、油断大敵なのが
朝晩の気温急降下です。


今朝は寒かった。

体調の微調整をしてくれる
自律神経もてんやわんや。
ちょっと羽織るものと
漢方の出番ありですね。
春パンダのように(マスクしてなかった)
乗り越えましょう。
パンダ春

コロナの影響で
部活自粛、授業や仕事などではリモートなどを強いられてしまいますね。
とはいえ、漢方相談などはリモートでは困難な面があるのも確か。
だから感染しないように気を引き締めなくては。

アルコール消毒などで手荒れが気になる方は
リスブランのハンドクリームが好評です。
KIMG0474

こちらは、本日休みの
頭がボーっとしている
パンダイメージです。

DSCF5929




DSCF5930

DSCF5931




心身のバランスといいますが
このような
ちょっと不快な信号によって
あ、え、ああ〜

疲れているんだ、という認識ができるのです。
これを無視してはいけないのですね。

軽度のレベルであれば

早めに睡眠とって
こちらの
DSCF5941

をお飲みください。

体がスーッとして
頭がウワーとして

なんかいい感じとなるのです。

(表現はちょっとイメージですが)

DSCF5940


大人1回分 3粒で495円ですが、
いざというときにバックに忍ばせておくと
出がけ先で
「おおお、助かった、あったあった」
となるのです。

DSCF5962

























コロナに対する
まん延防止等重点措置が12日からです。
多摩地区で八王子が
入っていますね。


いろいろな場面で、感染対策を
再チェック、徹底していきましょう。


画像のようにこのような
環境では、精神面でもいろいろと
負担がかかりますね。

強いお薬は、飲みたくないが
不安や、気分の落ち込み
焦り、などなど

漢方薬でも
脳に、心に、体に
栄養を補って
体本来のパワーを発揮できるように
することも考えられます。
体内のいろいろな調節機能に
負担がかかるとき、そこにコロナストレス
しっかり守りましょう。

一人一人違いますが
症状に合わせてオススメしています。

こちらも
最近、クローズアップされています。
DSCF5961


お困りの方
対策しませんか。

DSCF5958








こちらは、八王子東西薬局が入っております
橋完LKビル1階
エレベーター前にある空気清浄機です。
S社製で、AI搭載、しゃべるのです。
先日、私が昼から帰った時、グリーンが急に赤に変化し

あ、しゃべった、「空気が汚れてきたので、清浄にします」!!
そうか、衣服に
沢山の埃やら花粉などついていたのですね。しっかり赤が点灯中
(ええ、まさかと思いつつ)
DSCF5957

実は、各階にオーナーさんが設置してくれているのです。
すごい、うれしい、助かります。

7階の機種は
チョット小ぶりですが
やはりS社製のいいやつです。
これはしゃべらないですが。
DSCF5959

そして
店内に入ると
まずは
手動ポンプですが、皆さんシュッシュしてます。
帰りもシュッシュしてます。
DSCF5960

私たちスタッフも
万全体制で臨んでおります。
早く、コロナ終わってほしいです。

DSCF5946















マスク会食

飲食の時にずらしております。
ワクチンも八王子は
高齢者優先で
昨今
お越しの相談者は
届きました、接種の券が、といって
予約方法等記載した用紙も見せてくれました。

あっという間に予約数に達したようで。
ワクチン
ドンドン
 納入してほしいです。
DSCF5945


予防接種率が
まずは高齢者からの八王子
これから徐々にアップすると思います。


4月に突入し
かれこれ1年以上
マスク生活は当たり前になりましたね。
DSCF5944



気温差があり、
今日などは日差しあるのに
風が冷たいです。

体感温度これでは低いはずですね。

DSCF5947


飲み残しはちゃんと捨てましょう。
荷物も忘れずに。

DSCF5932







特に最近
相談でも多い「何となく不調」

一応食欲ある
一応眠れる
一応排便もある

しかし、

何かおかしい
朝から疲れがドドッと襲う
なんだ、この変な感触は、
と皆さま同じような訴えが目立つこと。


心身バランスが乱れる
微妙な季節なのですね。
ご来局はもちろん
電話での問い合わせも!
DSCF5938


DSCF5937


DSCF5936


全部あるよ、この症状、という方も現実にいらっしゃいました。

いろいろ漢方相談して
お薬をお勧めしますが
ドバーっと不快な症状をお話ししていると

あれ、
チョットだけ、心が軽くなったかもみたいな時もあるのです。

体が無理していて、それにすら認識しできない時に
ご来局もしくはお電話で
じっくり自分の症状を人に話すチャンス、それが漢方相談の時です。

自分で自分を観察できるのもいいことです。
ノートに嫌なことを書き出す、ということも聞きますが
コロナで会話自粛とはいえ、透明ボードとマスク、そして消毒シュッシュで
しゃべることも案外心が楽になるものです。
勿論、ご来局の際は
感染対策万全でお待ちしております。


このページのトップヘ