2レスヘッドライン

『2ちゃんねるレスブックについて』 レスブックの人気記事 TOP絵頂ける方超募集!

笑えるコピペ張ってけ 3

笑えるコピペ張ってけ 3

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 15:15:19.49 ID:uN/9CFv20
お小遣いとお年玉をはたいて、皮のケースに入ったサバイバルナイフみたいなのを買って
恐ろしい事に、刃渡り20センチのそれを持って登校していたよ…orz

で、昼休みにリンゴとかオレンジ切って食べてた。
やっぱり「凶器を持っているのに、所帯じみたことにしか使わない自分カコイイ」で。
先生に見つかって「バカヤロウー!!」と怒られた時も
切ったウサギさんリンゴを差し出して「まぁまぁ、おひとつどうぞ」とか言ってた。
他のクラスの子が「切ってー」ってリンゴ持ち込んできたり
机の上に立って、どれくらい細く長く皮をむけるかチャレンジしてたり
『殺伐とした人生しか送れないと思っていたのに、今はこんなにマッタリ生きてる傭兵』って設定で
「この子もリンゴをむくのが好きみたい。……ここは地獄じゃないって実感できる」とか言いつつ
愛おしそうにナイフを撫でて微笑んでいた。

思い出そうとすると、記憶がカスミがかかってるようにぼんやりしてるし
あのナイフ、今はもう持っていないんだけれど、どうやって手放したのか思い出せない。
とりあえず思い出せた部分だけ書いてみましたorz


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 15:16:14.17 ID:uN/9CFv20
工房の頃、心を病んだ人に憧れてなんちゃって潔癖症を演じてた。
除菌ウェットティッシュ持ち歩いて、
移動教室の時や休み時間クラスメートが自分の机に座った時拭きまくってた。
あと休み時間の度に手洗いに行ったりとか、友達に「ハンカチ貸して」て言われても断ったりとか
ジュースの回し飲み拒否とか。
友達に「うち遊びにおいでよ!」て言われても「え…他人の家はちょっと…」とか言っちゃってた。
当然「○○(←私の名前)の家に行きたい」て言われても「部屋に他人、入れたくないんだよね」
と格好良くそれでいて翳りのある表情で言ったりしてた。
結局「あいつは付き合いが悪い」ということでハブられてしまったので慌ててやめた。
それに懲りもせず今度は鬱病てなんかカコイイ!てなって
萩原朔太郎もどきの詩を厨テイスト満載なイラスト付きで書いてみたりしてた。
これはひたすら自分の世界にこもって他人を巻き込まずにすんだのでマア良かった。



140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 15:16:52.63 ID:uN/9CFv20
高校のころ、かなりの進学校へ行ってたんだが
今にして思えばクラスのほとんどで中2病&高2病が蔓延していたな・・・。
とにかくみんなで意地の張り合いというか、見栄の張り合いがすごかった。
霊感少年にバンドマン気取り、エロ話できるオレカコイイ奴とか徹夜自慢、勉強しないオレ自慢
博識自慢に不思議少女に手品披露などなど個性的なありとあらゆる奴がいた。
皆が皆そういう状態だったので相乗効果もすごかったが、それでハブられる奴が出なかったのが奇跡か。

オレは年上の女が好みなキャラを演じ、お姉さま系のタレントや女優の話をことさらしたり
美人教師にチョッカイ出したりしてた(もちろん本気じゃない)。
同級生の女子に告白されたときはその設定を全てなかったことにしたかったが
見栄を張り通し振ってしまったorz心の中で号泣オレのバカバカ

10年経った今でも同窓会の話は誰からも出てこない。



141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 15:17:29.85 ID:uN/9CFv20
カミングアウト
厨房の頃、スーパーテレビの電気屋最前線とかで出てくる
「他店を視察する店長」みたいなのがかっこいいと思ってた
夏場なのにコート着て近くの電気屋まで言って、店員に聞こえるように
「規模的にはうちのが上だな…」とか「なるほどなぁ、部門ごとの振り分けか(意味わかってない)」
「この値段なら**(パソコンとか冷蔵庫とかの品名)の客はうちに呼び込めるな」とか言ってた
他にも物の値段メモ取ったりしてた

ある日店員が「また来てるよあのバカガキ」て言ってるの聞いてからはその電気屋に行ってない



142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 15:18:17.45 ID:uN/9CFv20
刃物で思い出したんだが、俺は中学時代に小刀を持ち歩いてた。
何に影響されたのかは思い出せないが、理由は「いつでも自害できるように」。そのまま自害すればよかったのに。
クラスでも変に浮いてて、その分自殺カコイイみたいな変な気持ちがあったんだろう。

しかし中々自害するようなシチュエーションにならないことに絶望した俺は、無理矢理そんなシチュを作る方向へ。
そして名案を思いつく。「好きな女の子に告白して、断れたらその場で自害しよう」。
脳味噌がとろけていたとしか思えない。

そして好きだった同級の女子を校舎裏というベタな場所に呼び出した。
ところが中々言えない。当たり前だ。振られるの怖いもん。
小学校の頃から同級だった彼女は気立てがいい子で、土壇場で逡巡してる俺にも笑顔で対応してくれた。
どうしようどうしよう、自害するシチュにしつつ、そして俺は傷つかないように。最早意味不明だ。
だが、遂に俺は渾身の言葉を思いついた。

「アハハ、俺さ、お前のこと好きだったんだけど、いきなり告白してもお前困るじゃん?
でも、それくらいは伝えておきたかったから。あ、返事はいらないよ。俺今すぐ死ぬから」
なんて迷惑な奴だ。告白して目の前で自殺って、何がしたいんだ。

おもむろに学ランの内ポケットから小刀を取り出す俺に、彼女は純粋だったのか絶叫。
駆けつけた運動部の奴らが見たのは、小刀を胸にあてがっていつまでも刺せない馬鹿と泣き叫ぶ彼女。
バスケ部のイケメンに思い切りタックルされて小刀が吹っ飛びましたよ、ええ。

結局担任にこっぴどく叱られたよ。唯一の救いは彼女が特にその後も平然と接してくれたことだ。
「いや〜、マジで自殺するかと思ったよ」とよく肩をバンバン叩かれた。
そしてその日以来、クラスの皆はカッターやらはさみが必要になると俺に小刀を借りに来るようになった。
そんな風にして俺はクラスに打ち解けるようになった。
今も年に一度は中学のクラス会が開かれて、彼女も俺もそれに出席する。
あの校舎裏の話は未だに語り草になってるけど、みんないわゆるネタとして取り扱ってくれてる。





143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 15:19:54.96 ID:uN/9CFv20
前に俺は「ノブタをプロデュース」に感化されカッコ可愛いと思って、
笛吹きラムネを咥えながら学校に登校したり、アカンのよぉ-ん
とか言ったりして。山下路線のキャラを演じてた。
授業中俺は静まり返った教室の中で、学校用の鞄に付けているスティッチ
「ディズニーのキャラクター」のマスコットに話掛けた
お前は俺の事好・き・か?、スティッチ「ニャン」←俺の声
俺「ニャンじゃないでしょ、ガオでしょワラ」とかもやった

俺の好きな子が毎日部活の後に、ポカリスエットを飲む事をしっていた為
丁度時間を見計らって、体育館へ行き
俺「ぽかりい・る・か?」とか言って彼女にポカリを渡した後、やべぇやべぇ時間やべぇってトカ
いかにも山下キャラで足早に立ち去った。

自分では可愛いキャラで通して居たつもりが、リアルに知的障害者だと思われていた。



144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 15:20:34.83 ID:uN/9CFv20
198と似たような感じだが、中学生の時に運動もできず勉強も出来ないが無駄に背が高い奴が居た。
ちなみに腹が出ている。
そいつは自分の背が高い事を誇大化して格好良いと思い込み休み時間にはいつも廊下で独りで変な踊りを踊っていた。
ブレイクダンスを真似したような感じだった。もちろん行き行く人は皆しかとしていた。
奴は俺が友好的であると思い込んでたまに話しかけてくるが、尋常じゃない。
何人かのグループで他愛の無い雑談をしていると、空気も読まずに関係ない話題を俺だけに話しかけてくる。
「え?しらねーよそんなキャラw」「だよなおれもしらねーw」
「だから最新に出てるって言ってるだろ 漫画も買えないのかよ貧乏クセェw」
「醤油って髪の毛からもできるって知ってた?」
一同、一瞬沈黙。どこで仕入れてきたのか、そんな小学生レベルの雑学を俺に振る事がしばしばあった。
その度に雑談の一時は破綻し、ウザい発言が続く。
ある時俺が部活の用具を買う為の数千円を教室の担任の机においておいたのだが、(担任は部活の顧問だった)
その日の放課後に帰ろうとした時に呼び出しを受けた。
「おい○○、金がないぞ?」
明らかにおかしい。俺は「確かに机の上において置きました。」と言った。
誰かに盗まれたかもしれないという仮説でその日は帰る事にした。
翌日俺が登校し机の上で授業の支度をしていると、背の高いデブが近寄って言う。
「ねえこれ○○のだろ?」手には俺が昨日持ってきた数千円の入った封筒。
「なんでお前が持ってるんだよ!!」
問い詰めても下を向いてニヤニヤするばかりで何も言わない。
恐らく悪い事をすると格好良いと勘違いしているのだろう。
「おい良い加減にしろ!」というとキレたのか、
「いちいちしつこいんだよっ!!」「盗まれたお前が悪いだろ!!」
と墓穴を掘る始末。「何やってんだ返せよ!」と怒鳴ると
「うるせぇばかぁ!!」と殴りつけてくる。
力は弱いので容易に取り押さえる事が出来たが、興奮して泣き喚き噛み付こうとしてくる。
ガヤガヤと人が寄ってきて最終的には担任が参上。
誰かが事情を説明したのか保健室の先生が暴れるそいつを引きずりながらどこかへ連れて行ってしまった。
その日そいつは早退した。
その後は言わなくても分かるとおもう。相変わらずである。



145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 15:21:03.84 ID:uN/9CFv20
2ちゃんのありとあらゆるスレでアンチのアンチをするのが大好きだ。
何でもかんでも庇いまくり喰らい付いてくるヤシは徹底的に冷笑を浴びせ掛けてやる。
援護射撃と自演のためにネカフェに出向き議論で負けない方法を調べるべく自己啓発本を読み漁る。
相手を論理的にブチのめすための努力は惜しまなず3時間くらいかけて専門知識を調べ上げる。
最初のころは援護射撃と自演のためにネカフェに出向いたもんだ…

こういうことを5年も続けてプチインテリ状態になってしまった。
中途半端知識をしたり顔で語りだしたヤシに出会うと思わず微笑む。(超邪悪な顔してると思う)
食いついてきた相手がパニックに陥り論点以外を攻撃しだした時など爽快すぎて躍り出しそうだ。
手強い相手に出会った時は「上等だよアンタ上等だ」と燃える。

マンガやゲームは叩かれているのが目立つアンチが多いものをチョイスして選ぶ。
別に好みなどはない(あったのかもしれないがとうの昔に忘れた)
公務員試験問題の法律関係がほぼ解けたり、マリテフランソワジルボーの綴り間違いが指摘できたりした時は
自分に呆れた。

罵倒目的ではなく擁護目的なんだからいいじゃマイカと自己満足してやってるけど
実はとことんまで人をバカにして楽しみたい願望を満たすためなんだよね。
やめられん…どうしよ…



164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 16:36:53.93 ID:8NDiX/Nk0
お兄ちゃんのバータ!
85 フート(愛知県) 2007/04/29(日) 21:24:54 ID:dFdePEpl0
昔、兄妹喧嘩をしてたら、感極まった妹がバカといい損ねて、
「お兄ちゃんのバータ!」って言った。
そしたらテレビを見てた弟が「リクーム!」と叫び、台所で夕食を作ってた母が「グルド!」と続いた。
こうなると誰にも止められなくなるのが我が家。飼い犬にかまってた親父が「ジース」と叫び、
残された俺が「ギニュー!」と叫ばざるを得ない状況に。
だけどその時、思春期だった俺にはそんな恥ずかしいことできずつい沈黙。
すると妹が再び「ギニュー!」と叫び事態は丸く収まったのだった。



165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 16:37:53.61 ID:8NDiX/Nk0

759 おさかなくわえた名無しさん 2007/04/29(日) 18:27:01 ID:rYfA2p3I
近所のラーメン屋のオヤジは客が来ると「あらっしゃぁああああああ!!!」(「いらっしゃい」の意)と奇声を上げる。
威勢がいい接客というのを勘違いしているようだ。
今日、俺がラーメンを食ってたら女性客が一人入店。
オヤジの「あらっしゃぁあああああああ!!!」を聞いてきょとんとしている。
オヤジはもう一度「あらっしゃぁああああああああ!!!」
オヤジの奇声に完全に困惑してる。
さらにもう一度「あらっしゃぁあああ!」
心なしか前の二回よりも声が小さい。
女性客はというと、困惑を通り越して恐怖が表情に浮かんでいる。
すると、オヤジが凄く恥ずかしそうに「あ・・・いらっしゃませ・・・」
オヤジの豹変振りにラーメンを噴出してしまったw



168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 16:47:38.20 ID:IustzeyU0
53 NAME: 新宿在住(コネチカット州) MAIL:  2007/04/17(火) 01:45:13.46 ID:NpW9gQiMO

バンザ〜イ おまい等に会えて良かった♪

このままず〜っと ず〜っと 死ぬまでVIPPER!!!!



172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 16:52:50.84 ID:uN/9CFv20
198と似たような感じだが、中学生の時に運動もできず勉強も出来ないが無駄に背が高い奴が居た。
ちなみに腹が出ている。
そいつは自分の背が高い事を誇大化して格好良いと思い込み休み時間にはいつも廊下で独りで変な踊りを踊っていた。
ブレイクダンスを真似したような感じだった。もちろん行き行く人は皆しかとしていた。
奴は俺が友好的であると思い込んでたまに話しかけてくるが、尋常じゃない。
何人かのグループで他愛の無い雑談をしていると、空気も読まずに関係ない話題を俺だけに話しかけてくる。
「え?しらねーよそんなキャラw」「だよなおれもしらねーw」
「だから最新に出てるって言ってるだろ 漫画も買えないのかよ貧乏クセェw」
「醤油って髪の毛からもできるって知ってた?」
一同、一瞬沈黙。どこで仕入れてきたのか、そんな小学生レベルの雑学を俺に振る事がしばしばあった。
その度に雑談の一時は破綻し、ウザい発言が続く。
ある時俺が部活の用具を買う為の数千円を教室の担任の机においておいたのだが、(担任は部活の顧問だった)
その日の放課後に帰ろうとした時に呼び出しを受けた。
「おい○○、金がないぞ?」
明らかにおかしい。俺は「確かに机の上において置きました。」と言った。
誰かに盗まれたかもしれないという仮説でその日は帰る事にした。
翌日俺が登校し机の上で授業の支度をしていると、背の高いデブが近寄って言う。
「ねえこれ○○のだろ?」手には俺が昨日持ってきた数千円の入った封筒。
「なんでお前が持ってるんだよ!!」
問い詰めても下を向いてニヤニヤするばかりで何も言わない。
恐らく悪い事をすると格好良いと勘違いしているのだろう。
「おい良い加減にしろ!」というとキレたのか、
「いちいちしつこいんだよっ!!」「盗まれたお前が悪いだろ!!」
と墓穴を掘る始末。「何やってんだ返せよ!」と怒鳴ると
「うるせぇばかぁ!!」と殴りつけてくる。
力は弱いので容易に取り押さえる事が出来たが、興奮して泣き喚き噛み付こうとしてくる。
ガヤガヤと人が寄ってきて最終的には担任が参上。
誰かが事情を説明したのか保健室の先生が暴れるそいつを引きずりながらどこかへ連れて行ってしまった。
その日そいつは早退した。
その後は言わなくても分かるとおもう。相変わらずである。



173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 16:54:41.83 ID:uN/9CFv20
2ちゃんのありとあらゆるスレでアンチのアンチをするのが大好きだ。
何でもかんでも庇いまくり喰らい付いてくるヤシは徹底的に冷笑を浴びせ掛けてやる。
援護射撃と自演のためにネカフェに出向き議論で負けない方法を調べるべく自己啓発本を読み漁る。
相手を論理的にブチのめすための努力は惜しまなず3時間くらいかけて専門知識を調べ上げる。
最初のころは援護射撃と自演のためにネカフェに出向いたもんだ…

こういうことを5年も続けてプチインテリ状態になってしまった。
中途半端知識をしたり顔で語りだしたヤシに出会うと思わず微笑む。(超邪悪な顔してると思う)
食いついてきた相手がパニックに陥り論点以外を攻撃しだした時など爽快すぎて躍り出しそうだ。
手強い相手に出会った時は「上等だよアンタ上等だ」と燃える。

マンガやゲームは叩かれているのが目立つアンチが多いものをチョイスして選ぶ。
別に好みなどはない(あったのかもしれないがとうの昔に忘れた)
公務員試験問題の法律関係がほぼ解けたり、マリテフランソワジルボーの綴り間違いが指摘できたりした時は
自分に呆れた。

罵倒目的ではなく擁護目的なんだからいいじゃマイカと自己満足してやってるけど
実はとことんまで人をバカにして楽しみたい願望を満たすためなんだよね。
やめられん…どうしよ…



174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 16:55:10.19 ID:uN/9CFv20
保育園〜高校まで同じだった友人(♀)がもしかしたら中二病だったかもしれない。

自称サバサバボーイッシュで髪はベリーショート、服や小物をbadboyとかで揃え、
中高生によくある女子グループには混ざらず男子グループに混ざっていた(ように見えた)。
かつ真偽は定かではないが霊感があるらしく部活の合宿の時
「ここ(寝泊まりしてた教室)には何かいる」とか何とか言っていた。
あと妙に仕切り屋で他にちゃんとしっかりしたリーダーがいるのに無駄に出しゃばって、
「○○(リーダー)ったら私がいなきゃダメなんだから」とか言っていたと思う。

そんな彼女は私と同じ大学を受験し、小論文の試験が終わった後
「文字数足りなかったけど内容は濃いから大丈夫!
××(私)は大丈夫なの?」と言い出したので
どれだけ足りなかったか聞いてみたら、数十字という規模で足りなかったらしい。
私は一応字数を合わせて書いたが受かる気満々な自信家の彼女に言えるはずもなく、
案の定というか彼女が落ちて私が受かった。おかげでうかつに話題に出せない。


彼女は現在地元大学のコミュニケーション学科とやらに通っているので、
そこでコミュニケーション能力が向上していることを願っている。
あれほど強烈なキャラの友人は後にも先にも彼女一人だけだ。



175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 16:55:30.97 ID:uN/9CFv20
中2の頃まさに中2病だった
霊感があると気取ってクラスメイトの守護霊を占った。勿論デタラメ。
その子のイメージから適当に「中世の貴族」「平安の貴族」「ピエロ」など
ふと教室の隅を見つめて「あそこに邪悪な何かがいる…」
授業中にまわってきた遊びの誘いの手紙にも
「今日は雨だから…エナジーが…ウッ(←漫画の効果音みたいな書き文字)」
小さな巾着に透明のビー玉を入れ「銀水晶」と称して持ち歩き、休み時間ごとにトイレで読経
でも閉めは「ジーザスッ!!!」
やがて自分と同じように霊感を主張する子が現れてお互いの霊に関する解釈の違いで衝突、敗北してやっと目が覚めた
怖いのは、抜けるまでは本気で霊感がある気になっていたことだ…



180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 17:13:53.78 ID:A+e1N4+20
帰宅部だったんだが、なんとなくバスケやってる奴がかっこいいと思って
喪友達と二人で某スポーツ店にオリジナルのジャージを特注した。
背中には架空の高校の名前、腕には自分の名前がはいってるやつ。
それを着て県予選の会場に乗り込み、わざと目立つ通路で観戦してた。
(すでに全国出場を決めて、他県の代表を視察に来たという設定)
壁によりかかりながら、人が近くを通る時を見計らって
俺「なかなか面白いチームだな・・・」
友「ああ・・特にあの7番」
俺「お前と同じポジションだな。どうだ?止められそうか?」
友「さあな・・・・」
俺「おいおい・・・エースがそんな弱気でどうすんだよ」
こんな感じのやりとりを繰り返した。
たぶんカッコよかったと思う。ていうか今も続けてます。



183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 17:15:27.31 ID:uN/9CFv20
あとココを読んでて思い出した、中二病の友人。何年も前の話なんだけど。当時高校生。
そいつは腐女子なんだけど、男装してV系バンドのVo.をやっているらしい。
確かに見かけは髪も短いし、おっさんみたいな顔なので…男っぽいっちゃ男っぽい。
ちなみにそいつ以外のバンドメンバーは全員男。
そしてライブの集客が物凄い。インディーズバンドなのに500人とか軽く集めるらしい。
最近は前座やらせて欲しいってバンドが居て、Vo.♂の顔が可愛いからOKしてあげたらしい。
でも、ライブの予定は教えてくれるものの、誘ってはくれない。
行きたい、と言っても、いつも「あ、チケ売り切れたんだ〜」とかで逃げる。

そして腐女子よろしく、ホモが好きなので、
「俺、男のフリしてんじゃん?で、ギターのやつも男なんだけどさあ、
この前のライブで肩組んだり後ろから抱きしめたりしたら、
前列の女の子がキャーキャー言って大変だった(苦笑)」
とか言う。そう言う設定が大好き。

で、そいつのクラスメイトに、本当にV系バンドをやってる兄を持つ女の子が居て、
「ウチの兄さんもこの前“にゃんにゃんはうす”でライブしたって言ってた!
あそこってV系専門のハウスなんでしょ?やったことある?」
とそいつに聞いてみたところ、
「あ〜!知ってる知ってる!来月くらいに予定入ってた気がする…」とか答えたので、

「“にゃんにゃんはうす”なんて名前のライブハウス、あるわけねーじゃん!」

と言ったら固まってたらしいwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ちなみに、歌はとくに上手くありませんでした。



184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 17:15:50.51 ID:uN/9CFv20
俺が高校の痛い話
今ではただの不細工な喪男だが、中高生の時は童顔で女っぽい顔つきだった
中学の頃クラスの女子に遊ばれて髪を結われた時にクラスが騒然となりもてはやされた
そこで終わらなかったのが間違い
微妙に女装癖がついてしまった
俺が通っていた高校は私服登校の学校だったのをいいことに髪をやたら伸ばして
ポニーテールやツインテールで学校に行ったりレディースの服を着たり…
あまつさえ何を思ったのかスカート(V系でパンクっぽい)のを履いて行ったりもした
そして男なのに女物の服似合うオレカワイイ!とか思ってた アホか
クラスの皆や先生はネタとして扱ってくれたみたいだが今思えばきっと呆れていたんだと思う
しかも卒業文集に女装した写真が何枚も使われていて思い出すたび死にたくなる
俺ってただの変態orナルシストだったのだろうか…



185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 17:15:51.69 ID:To1nHZeI0
いきなり課長に

「○○君、今日は株主総会で、キミにも出てもらうから」

といきなり言われ、とまどうままオフィスに入ると、
そこには既に我が社の株主大集合。
普段はありもしない壇上に上げられ、前年度の事を喋れと言われるが
そもそも新入社員なので何もわからない。
「えっと、えっと……」と壇上でモジモジしてる俺を見るに見かねた課長が
俺を無理矢理に舞台袖に戻し、時間を稼ぐからその間に考えろと言われる。
そう言い放つや否や、課長は元気よく舞台上に飛び出し、

「ハイハイハイハイ、ここでお集まりの株主の皆さんには
 社長による今年度の抱負をラップで聞いてもらいま〜す!」

と言い、ミュージックスタート。
すると株主たちから割れんばかりの歓声と拍手が飛び出し、
B-BOY風ファッションの社長登場。

「ここでTOUJO! 俺がDAIHYO! 狙うはTOUSHO! 一部JOUJO!
 株価JOUSHO! 時期はSOUSHO! 今日の昼飯餃子のOUSHO!
 (ドゥ〜ン ドゥンドゥンドゥ〜ン キュワキャキャキャッキャキュワキャ!)
 景気最悪! 襲う災厄! かかる重圧! 耐える重役!
 荒ぶる時代を生き抜き! そして毎日銀座で息抜き!
 今日もあの子のプレイでヌきヌき! そして嫁ハン激怒でメシ抜き!
 SAY HO!(HO!) SAY HO HO HO HO!」

そんなところで目が覚めた。俺、頑張りすぎだろ。



186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 17:16:10.69 ID:uN/9CFv20
友達が中2病だった。高校生のときの話。自称ヤンキーな感じ。
よくいるでしょ?自分のこと悪にみせたい人って。あんな感じね。
ある日、一緒に本屋に行った。しばらく歩き回って雑誌とかを見てたんだが
男性が立ち読みしているのを見つけた彼。その人は目が悪いのか、
本に顔を近づけて読んでいたため、どんな顔かはわからなかったがめがねだけは
確認できた。メガネをかけてる人=ヲタクというアホな持論を持つ彼は
「ヲタクには勝てる」とでも思ったのか、「見てなよ?」と俺の肩をたたき、
その人のところへ近づいた。「おいっ!」と怒鳴る彼。
ふとこちらを見る男性。よく見るとかなりこわもてで髭面。全然ヲタクっぽい
雰囲気じゃない。やーさんっぽい雰囲気丸出しの兄さん。(顔が)「なんだこのガキ」と
本を置き、彼を睨みつける兄さん。すると彼は「いやすみません、人違いだったみたいで」など
必死の弁明を山ほどした彼。最後は「相手見て絡めや!」と小突かれてた。
そのあと本屋を出て帰路についたが俺と彼は一言も会話を交わさなかった
それ以来彼の自称ヤンキー的そぶりは消えうせた。



187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 17:16:38.16 ID:uN/9CFv20
高校生のころ、日本史の先生に質問があって職員室へ行った。
もう入試が差し迫った時期で、結構な人が列をなしていた。
ところが私の前にいたM君がずっと先生に何やら抗議をしている。
どうやらM君は赤本の出題の方法に納得がいかないらしい。
「だって先生、こんな問題おかしいでしょ?」
「そうだね、でも答えは四番なんだよ、記録に残っているから」
「でも、こんな問題絶対おかしい。
記録に残っているから四番なんですか?
それじゃあ記録に残っていない人は切り捨てられてしまうではないですか!」
どうやらその問題は「第二次世界対戦の犠牲者の数の正しい組み合わせを選べ」という問題の様だった。
「君の言うこともよく分かるよ。でもね、これは受験なんだ。
一番近いものを正解にすればいいんだよ。」
「…先生までそんなことを…
受験だ受験だってぼんぼん知識だけ渡されて、
そのうらにはたくさんの悲劇があったっていうのに…」
と、M君がワナワナと震え、
「なんでも数値だけで図ろうとする…
成績も…こんな…犠牲者の数までも…
資本主義を日本に啓蒙したアメリカを恨みます…」
そう言い残してふらふらとM君はどこかへきえてしまった。
彼はなにがしたかったんだろう。



188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 17:17:28.96 ID:uN/9CFv20
おれがまさに中二だったころの話
設定は、大会社の社長とタメ口が聞けるほどの何かしらの役職についていると思われるエージェント
詳細は特に決めてなかったから不明。
初期症状(中一)のころはまだ任○堂の社長と会ったことがあるとか、スク○ェアの社長を知ってるとかかわいい物だった
(大会社と言えば有名なゲーム会社ってところが厨房っぽくて泣ける)
しかし最終的には
「ごめん、いまス○ウェアの副社長待たせてるから」
とか言って地元の駅へ向かう始末。
もちろん自転車で
地元のド田舎の駅に有名企業の重役を何人も呼び出しているという状況
そこに自転車(ママチャリ)で颯爽と現れる厨房エージェント
そのありえなさにまったく気付かなかった。
スクウ○ア副社長の時の会話で友人に
「すごいよな、おまえは」と明らかに呆れてた様子で言われたのだが
末期症状だった俺は自転車にまたがって
「おうwwwwオマエもいつか会わせてやるよwwwww」

思い出すと速やかに死にたくなる。
だが死ぬ前に誰かタイムマシンと拳銃をくれ。



189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 17:17:46.00 ID:lMXB4sC1O
俺はいつもNHK・新聞勧誘が来たらまず、服を脱ぐ(靴下以外)。
そしてドアを大きく開ける。
大抵の勧誘人は1分以内に帰る。
一度だけ、フルチンの俺を無視して勧誘を続ける新聞勧誘がいたが、俺が勃起してきたのを見て帰って行った。



190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 17:17:49.07 ID:uN/9CFv20
友人が面白い感じの中二病だった。

彼女は「にゃにゃにゃ星」からきた「にゃにゃにゃ星人」で、
友人Bは「洗脳にゃにゃにゃ星人」だった。
「にゃにゃにゃ語」があってにゃにゃにゃ語辞典も作ってた。
辞典によると「お茶はパー」「トイレ→ベンジョンソン」「絆創膏→バンソコエード」
(ちなみにお茶の由来は、「お茶はパール○○って会社名(仮)が書いてあるタオルを
 雑巾にしたらうまい事「お茶はパー」って雑巾の真ん中にきた。それが面白かった)

面白そうなので、純正にゃにゃにゃ星人のAに洗脳の儀式をしてもらった。
儀式に必要なのは生徒手帳とねこじゃらし。
儀式を経て私は「にゃにゃにゃ星人3130号(3年1組30番だった)」になった。
生徒手帳ににゃにゃにゃ語辞典を写し、彼女との会話はにゃにゃにゃ語交りだった。

誰にも迷惑はかかってなかったと思うし、変な人認定もされてなかった、と思う。
楽しかった。
今度AとBと10年ぶりに会うんだー! 楽しみー!



191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 17:18:06.32 ID:To1nHZeI0
今付き合ってる彼女、双子なんだけどさ
昨日帰りの駅で偶然彼女を見つけたから、驚かせてやろうと思って
後ろから、「俺だよ〜」ってふざけて乳もみしだいたら、全然知らない人だった



192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 17:18:09.32 ID:uN/9CFv20
小6のとき、学校の体育館が新しく建てられた。
それを有効活用(?)するため、夏休みに6年生だけでお泊り会みたいなのがあった。
夕方から学校に集合して、体育館で寝て、朝になったら解散、っていうショボいの。
んで、午後8時ごろから、グループ別に肝試しがあった。
親たちが校内に隠れて脅かす中を一周するだけ、ってこれまたショボいのなんだけど、
自分達のグループが出発するまで体育館で待機してて、
照明を2〜3個しかつけられていない体育館で興奮した私は、
「……こんなときに…出るのよね……」
と、テンプレ通りの霊感少女を演じた。
友達が「え?」って聞き返すと、ウフフフフって笑いながら
体育館の中心でくるくる回って「楽しい…楽しい…!」ってやってた。
幸いなことは、私たちのグループが最後あたりだったから、
その場にいたのが20人くらい(親含む)だったこと。

でも霊感なんて無くて、かなりのヘタレだから
「5人が横に並んで歩くのはつまらないから、縦1列に並んで歩こう。あ、私は真ん中ね」
って言ってた。
案の定、人一倍怖がってた。
しかもその場面が卒業アルバムにのった。般若のような顔だった。



194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 17:19:34.54 ID:uN/9CFv20
他人の話なんだけど、芸大通ってた頃に知り合ったT。
「欧州という響きを聞くたび血が騒ぐ」と口癖のように語り、
尊敬する人はダヴィンチとモーツァルトだった。
教室ではいつもダヴィンチの画集を開き、指でページを撫でながら
「ダヴィンチには頭が上がらない」みたいなことを言う。
また、ヨーロッパ好きの勢いが余ったのか、学食にもマイナイフ・フォーク持参。
学食のおばちゃんが箸を付けようとすると、紳士的に片手を突き出し、
「失礼、俺はナイフ・フォーク派なので」。途中からTに箸が付かなくなってた。
あと、モーツァルトのベーズレ書簡にいたく感銘を受けたらしく、
文脈関係無しに「脱糞」とか「尻の穴」とか言うようになった。女子が周りから消えた。

そんなTが3回生に上がる直前、急に自主退学をした。
日本じゃなくヨーロッパで勉強したい、という立派な理由での退学だった。
でも先日、大学から少し離れた所にあるスーパーにて、
バイトらしき子を指導しながら商品補充しているTを見かけた。
Tは根はいい奴だったから、新人教育に向いていると思う。



198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 17:34:04.22 ID:JZB5h+XFO
>>186見て思い出した

俺がまだ小学生の時、親父が結構本読むのが好きだったのかは知らないが、親父によく本屋に連れてもらってた。
親父の体型は見た目を見ると腹が出てる太めの眼鏡かけたおっさんて感じ。
で、いつものように親父に本屋に連れて行ってもらって、親父は小説とかのコーナー、俺は少年誌の単行本が置いてあるコーナーに居た。
俺が居た場所からは親父の背中が見えてる感じ。まあ小さな本屋だったし当然か。

で、俺が適当にめぼしい本を見つけて親父の方を見たら「いかにも」な中学生か高校生みたいなやつに絡まれてた。
親父がただのサラリーマンだったらフルボッコされて終わったんだろうけど、親父の仕事は漁師だった、機械化が進んだとは言え一日中炎天下の中舟の上で過ごす漁師だ。
親父(180cm)はそいつ(170ちょっとぐらい)の首を掴み、なんか言ってた。
で、面白いのはその後日で、そいつとその仲間たちが10人ぐらいで港に来たのね。親父狩りって言うやつ?
そいつらは頭が弱かったのかまさか親父以外の人が港に居るとは思わなかったんだと思う。
実際は親父含め10人ぐらいの同じような体型のおっさんが居た。

家に帰って来た親父は「高校生に戻りてぇなあ」と呟いてた。


漁師には喧嘩売るなよ。



201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 17:54:01.24 ID:8NDiX/Nk0

405 佐賀城本丸歴史館 2006/10/27(金) 15:07:15 ID:b95AO4JLO
深夜に見るからにDQNな三人組が来店。カゴいっぱいの商品をレジに置き「早くな!」
とひとりがオレに言う。出来るかぎりはやくレジ打ちしたが、その一人が「おっせーな!早く
っつったろ!」凄んでおでんのオタマを投げやがった。怒るわけにもいかず、わざとらしい
笑顔を崩さず作業を続けた。その間も悪態をつきつづけるそいつと、隣で軽く頭を下げてる
残りの二人。三人は去って翌々日、ダチ数人と別のコンビニに行ったらなんとその三人のうち
態度悪かったそいつが店員だったので、立ち読みしながらダチ五人にそんときの話をして
レジに。
オレはサラミとコーヒーだけを持ってレジに置くなり「早くな?」と一言。そいつも
オレに気付き、バツ悪そうに商品に手をかけた瞬間に「遅せーな!早くしろよーw」と
同じセリフを返してやった。そいつがキレたツラで無言でレジする間も、覚えてるかぎり
のあんとき言われたセリフを返してやる。ダチもクスクス笑ってた。
数日後またそいつが一人で来店。無言でレジに商品を叩き付け買物
してった。そうしてオレらは互いのバイト先で相手を挑発しあうこと実に五ヶ月(!)
しまいにゃ結構仲良くなり、先日飲みに行った。じつに変なダチが出来たw



202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 17:55:42.66 ID:8NDiX/Nk0

554 おさかなくわえた名無しさん 2006/10/27(金) 06:54:46 ID:Jpj5DTqz

私が小学校低学年の時に自宅から10mくらいのとこで
車と接触した。まぁ幸い車が全然スピード出してなかった
おかげで無傷だったんだが何故か私は「親に怒られる」と思い逃走
家に逃げ込んだ。するとその15分後、運転してたお姉さんが家にやってきた。
「接触してしまったんですが走って行ってしまったので近くの
家を一件ずつ探してたんです」とのこと。平あやまりされた上
後日お菓子をもってもう一度謝りに来てくれた。

逃げてごめんよ、お姉さん…
私もママンに「何で逃げた!」ってこっぴどく怒られたから許してくれ



203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 18:12:51.72 ID:8NDiX/Nk0

358 水先案名無い人 2006/09/08(金) 18:39:29 ID:u2sIX1690
お前らが天使だと思った女って誰よ?



嫁さんかな。
にっこり笑った時とか、超かわいい。
書道やってたから、姿勢もいいし、もちろん字も綺麗。
かわいいってより、美人系だな。
さいきん長い髪を栗色に染めたので、まさに天使。
レンブラントの絵から出て来たような幻想的な美人です。
てんごくなんて行かなくても、俺は毎日天使にあえる。
いやまじで、こんな美人そうそういないと思う。
まじで。
すてきな嫁さん持つと、家に帰るのが待ち遠しくなるよ。



204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 18:14:56.17 ID:8NDiX/Nk0

603 名無し職人 2006/10/23(月) 21:58:27
初カキ

今年の夏、母がマイナスイオンを発生させる扇風機を買ってきた。
そこで母の一言。

「この扇風機はイオナズンが出るんよ。」

東芝の技術力、恐るべし。



205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 18:21:02.65 ID:8NDiX/Nk0

23 学生さんは名前がない 2006/10/21(土) 17:39:12 ID:ta7EH78U0
美容院行ってきた
・カウンター素通りして席に座ろうとして呼び止められる
・「ご予約のほうは?」と聞かれて「してませんすみません」と謝る
・帰ろうとして呼び止められる
・「本日はどのように?」と言われ軽くキョドった挙句「散髪で」と答える
・料金の説明をされ、慌てて財布を出したら「お帰りの際で結構です」
・「お荷物お預かりします」と言われ、また財布を出そうとしてやんわり断られる
・適当に手を伸ばした雑誌が『Cawaii!』
・読んでいたら店員に「よろしければこちらも」と男性向けファッション誌を薦められる
・それ以降の記憶がない



206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 18:26:40.77 ID:8NDiX/Nk0

525 水先案名無い人 2006/10/21(土) 12:25:21 ID:QRYW6bFg0
アメリカが月行ったっての嘘なんだぜ。
だって、月行けるぐらいなら太陽にも行けるはずだろ?

燃えちまうだろ、だって?

ははは。俺もそこまでバカじゃないよ。



夜行けば大丈夫じゃん。



208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 18:41:40.64 ID:ApUugU4eO
俺の友達もベタなタイプの厨二病だった。

高校生の時の友達で友達5、6人で夏に廃墟肝試しをしたんだ
廃校になった学校で田んぼの中にあって周りは本当に何もないし街灯もなく確かに不気味な様相だった
校門に着いてすぐそいつAが
A「あー、寒気してきた。ここ多分居るわ・・・」
とか言い出した。俺達も空気読んで「・・・マジで?」とかいって乗ってやってた。のが間違いだった。
A「ここヤベーわ。ここツエーよ。今まで視てきた中でもトップクラスだわ」
調子に乗ってきやがった。したらさっきまで殆ど喋らなかったBがしゃしゃり出てきた
B「居るわ・・・こっちみよるわ」
A「おぉ、お前も見えるんか、窓のとこから数人こっち見よるな」
B「あ、おーWそっちかW俺こっちの方視てたわ」
A「おっ、おーWそっちもおるなー」
ちょっとかみ合ってねーし、誰も信じてねーよ。
いい加減乗り飽きて興醒め。それ以来その二人は霊感強いキャラに磨きをかけてました。
ある時なんて夜中の信号の交差点の真ん中にタモさんの霊が立ってると言い出した時は流石に呆れ果てた



209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/02(水) 18:48:56.75 ID:MzJcxHT30
私がまだ10代の頃。時期はお盆の真っ最中。
当時付き合っていた彼氏に、「墓参りに行くんだが一緒に行かないか?」
と誘われて 家まで彼のクルマで迎えに来てもらう事に。

当時の私は若さゆえ、墓参り等どうでもよく、
ただ彼氏と会いたいだけだった。 お互いに性欲のかたまりだったので、
私は彼のクルマに乗りこむなり 甘い声で
「ねぇーん。走行中しゃぶっちゃってもいい〜?」と擦り寄ると
いつもはニヤニヤして応じてくれる彼が「馬鹿言ってんじゃねえよ!!」
と 私を跳ね除けた。少し驚いたが、照れ隠しかな?
と思いこんでいた私は更に 「昨日みたいなすごいの、してあげるから〜〜ん」
と言ったその瞬間 なにやら後部座席に気配を感じて振り返った瞬間、
私が見たものは・・・・・。

彼のご両親が、ちょこんと座っていた…。
しかもバレバレの、寝たふりをしてくれていた…。
お父さんはマブタがピクピクと動いており、お母様はイビキまで…。
あまりにも恥ずかしくてどうしようもなかった私は、何を思ったか
「…っていうストーリーの映画、今テレビで見てきたよ!
すごいと思わない!?」と 一生懸命その場を取り繕ったが、
その後帰宅するまで4人の会話は皆無だった。
恥ずかしさのあまり、墓場で死ぬかと思った。


このエントリーを含むはてなブックマークLET’Sコメント!(18)トラックバック(1)ニュー速VIP 



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 笑える話〜まとめ〜  [ 茶番劇 ]   2007年05月03日 19:58
5 笑えるコピペ張ってけ 3

コメント一欄

1.     2007年05月02日 19:47
面白い死ね
2. 通販さん@賛成です   2007年05月02日 20:33
87と106と189で死にそうなぐらい笑った
3. 通販さん@賛成です   2007年05月02日 21:14
だめだ全部読む精神力が無い
4. 通販さん@賛成です   2007年05月02日 22:07
最後はつらすぎるww
5. 通販さん@賛成です   2007年05月02日 22:12
203がワカラナス
6. 通販さん@賛成です   2007年05月02日 22:36
203は縦読みだ
7. 通販さん@賛成です   2007年05月02日 22:45

8. 通販さん@賛成です   2007年05月02日 22:53
中2病系は
俺も中2秒で痛い思いをしたことがあるから苦手だ…
9. 通販さん@賛成です   2007年05月02日 23:05
164がサイコーwwwwwwwwww
10. 通販さん@賛成です   2007年05月03日 01:44
笑えないコピペも混ざってないか?
11. 通販さん@賛成です   2007年05月03日 03:01
203wwwカワイソスwww
12. 通販さん@賛成です   2007年05月03日 14:41
中二系ってこんなにあったんだな
13. 通販さん@賛成です   2007年05月04日 00:11
中2病系が多いな…
笑うというよりどっちかというと引いてしまう気がするんだが…

204みたいなシンプルなのが好きだw
14. 通販さん@賛成です   2007年05月04日 01:29
笑コピというより中2病展覧会だな
15. 通販さん@賛成です   2007年05月04日 02:09
なんか内容が途中で重複してない?
16. 通販さん@賛成です   2007年05月04日 23:21
203と209ワラタw
17. 通販さん@賛成です   2007年05月05日 18:58
87で近所に聞こえる程大笑いしてしまったwww
18. 名無しさん   2012年06月03日 20:29
イオナズンwwwww

コメントを投稿する

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
アクセス数とか




since 2006 10/23

管理人名「LLクールJ子」








カテゴリー別
月別アーカイブ
ブログパーツ全ランキング


ブログパーツ 2ちゃんねる関連リンク この日記のはてなブックマーク数 ページビューランキング