リストラ失業転職ブログ

元製造業従業員(年齢40代後半)が、リストラによる失業生活を実況しながら、転職活動について調べたこと、感じたことをUPします。

再就職支援サービス

産業雇用安定センター再就職支援事業廃止

ブログネタ
転職 に参加中!
今日、産業雇用安定センターのHPを訪問したら、下記お知らせが掲載されていました。

(財)産業雇用安定センターにおいては、雇用調整の対象となる方々に対し在職中から企業間の出向・移籍のあっせん業務を行うとともに、在籍企業の紹介によらず個人的に再就職支援を希望される在職中の方々(「一般在職者」といいます。)に対しても支援を行ってまいりましたが、この度、国の事業見直しにより、一般在職者の方々への再就職支援事業は平成23年3月31日をもって廃止されることとなりました。
つきましては、誠に申し訳ありませんが、平成23年4月1日以降は一般在職者の方が来所されましても、求職申込みはお受けすることができませんので、ご了承願います。
なお、平成23年3月31日までに求職申込みされた方につきましては、平成23年9月30日までの支援(在職中の再就職活動に限る。)となります。
ご理解の程よろしくお願い申し上げます。


なんだか、複雑ですね。


事業仕分けでは以下の問題が指摘されています。

【事業の効率性を高めた上で、補助を廃止し、国で直接実施】
・労働力の需給調整という業務目的は同じであるから、「ハローワーク」の業務に当該事業を付加するべきである。
・補助金をムダなく効率的に使って、雇用の安定に寄与するという設立目的が、客観的に行われているとは思えない。税を使っている以上は、データで示し、説明のための説明ではなく、国民にきちんと情報公開すべきである。
・根本的にあり方を見直し、ハローワークとの一体化等を考えるべき。

【④事業の効率性を高めた上で、他の民間法人へ補助を行い実施】
・マッチングは基本的に民間でできるし、そうするべき(失職時のセーフティネットを国が強固にする)。したがって、基本的に民間に移し、特定技能や地域の中小企業など政策的な意義のある部分について国費を投入すべき。
・産業構造の大きな変化の中で、当面の役割は十分に果たした。各個別企業の自助努力と民間のあっせん業者を応援することにより、スムーズで効率的なマッチング土壌の形成をはかるべき。
・どんな技能・能力を身につけるのか、そのスキルをしっかりと身につけさせることがより重要な局面。
・情報は公平、かつ透明性を持たせ、幅広く知らしむべし。

【⑤法人で事業継続するが、更なる見直しが必要(実施方法の見直し・補助金の削減)】
・地方の分を他への移管も含めて、事業のあり方そのものを全体的な観点から考えるべきである。
・職員の人数を減らすことで費用の削減をしていますが、旅費等一人あたりの費用削減が充分考慮されていないように見受けられ、コスト意識が足りないように思います。企業
訪問、面談は全面的に廃止すべきとは思いませんが、他の通信手段を積極的に利用し、直接面談が必要なケースのみ訪問することで、よりコスト削減できるものと考えます。
・ハローワークと共同し、情報を電子化し、共有することにより、人的リソースを効率化でき、ひいては雇用促進という最終目標達成に役立つものと考えます。

・厚生労働省省内事業仕分け参考資料はこちら
・第18回厚生労働省省内事業仕分け (産業雇用安定センター)ライブ映像(USTREAM)はこちら

確かに実際に利用してみて、産業雇用安定センターをどう活用すれば良いのかわからないという気はしていました。

・求人検索をしても件数が少なく、更新も少ない。
・非公開求人の紹介は5ヶ月で1回。
・面接トレーニング1回受講。
・カウンセリング月1回。

でもそれは、私が会社の早期希望退職プログラムにより民間法人の転職支援会社を利用できているからこの数字であって、それ以外の転職希望者にとって、産業雇用安定センターの再就職支援が受けられないとすると、結構つらいのではないでしょうか?

仕分け審査官の方からは、「メールやチャットで受け入れ企業の開拓はできないのか?」とか、「中高年の就職紹介をすることで、新卒の就職難の一因にもなっているのではないか。」なんて、とんでもない意見もでる始末。

最近のマスコミの報道を見ても。「就職難」がそのまま「新卒の就職難」にすり替えられている気がしてなりません。
就職活動をしていても、年齢で断られたり、応募出来なかったりする場合がほとんどなのに、何故若い人が仕事に就けないのか、私には正直まだ理解できません。

でも仕分けで廃止したならその後のフォローも責任持ってやって頂きたいものです。

★この記事をツイッターにRTする!

面接準備

昨日は、転職支援サービス会社へ面談へ行ってきました。
希望していた2社のうち、1社は書類落ち。
1社は来週面接が決まりました。

今は、全力で面接対策をするのみです。
と思っていたら、なんと当日は面接の他に適性試験もあるとか。。。

適性試験は、過去に嫌な経験が有ります。
適性試験といっても、単なる性格テストだったり
SPIや玉手箱のような、学力テストだったり。
でも、今更ですね。
睡眠をよくとり、頭をスッキリさせておくことくらいしか、適性試験対策は無いようです。

そのぶん面接は、準備したぶんだけ結果が出やすいと思います。
なので、やれるだけのことはやろうと思います。

職が無いストレスは想像以上のものです。
はっきり言って参りました。
とても孤独で、将来だったり責任だったり、いろいろな重圧が一気にのし掛かってきたような。
考えてもどうにもならないことは、あまり深刻に考えないようにはしているのですが、日々自分との戦いです。

てんで駄目ですね。
友達の相談には、進んでバンバン答えられるくせに、いざ自分の問題となると、悩んでも仕方ないことでつらくなってしまいます。

一刻も早くこの状況を打破する為に、頑張ります。


★この記事をツイッターにRTする!

産業雇用安定センター面談へ行ってきました。

ブログネタ
全国公共職業安定所 に参加中!
産業雇用安定センターへ行ってきました。
中にはパーティションで仕切られたブースが5~6カ所あり、各ブースに机ひとつと椅子が2個。
そこでカウンセラーとの面談を受けることになります。
各ブースは、ほぼ満席。
よって、他のブースへ話が筒抜けです。
極めてプライベートな話をする場所で、これは無いでしょう。
隣は、元同僚が面談中でした。

1時間ほどの面談でしたが、メンタル面への気遣いから今後の再就職に向けたプランの提案まで、カウンセラーの方は非常に丁寧に接してくれました。
今回は顔合わせといった感じでしょうか。
カウンセラーさんもご苦労様です。
転職という大問題を抱えた人たちに、一日何人も相手するのですね。
うちの会社の約100人以上の退職者を2人の職員で担当するとか。
今後ともよろしく。




★この記事をツイッターにRTする!

産業雇用安定センターへ面接予約

ブログネタ
リストラ に参加中!
今日は、産業雇用安定センターへ予約のメールを入れました。
話によると、担当カウンセラーは面談中の場合もあり、電話に即座に出られない場合があるとのこと。
よって、メールでの連絡のほうが都合が良いとのことです。

早速、求職活動開始します。

明日は、転身支援サービス会社へ出掛けて、求人票を見てきます。
家のPCでも、転身支援サービス会社のデータベースへアクセスすることにより、ある程度の求人情報は手に入るのですが、社名は伏せてあります。
転身支援サービス会社にもPCルームがあり、そちらのPCからデータベースへアクセスすることにより、具体的な社名も確認できるということです。
家で、求人票の検索をしていたら、気になる求人が数件ありました。
それらを確認しようと思います。

ということで、本日はこのへんで。

★この記事をツイッターにRTする!

産業雇用センターに登録完了

ブログネタ
転職するならコレを読め!! に参加中!
産業雇用センターに、求職票を提出しました。
産業雇用センターとは何なのか?
説明会で頂いたパンフレットにはこうあります。

<<失業なき労働移動で再就職支援>>
・昭和62年3月、労働省(当時)と経済団体・産業界団体の協力により、出向・移籍の専門機関として設立された公益法人です。
・「失業なき労働移動」の実現を目指し、全国47都道府県に事務所を設置し、地域間での異動希望者にも迅速に対応しています。
・雇用セーフティネットの一翼を担う組織として、豊富な求人情報の提供により、相談、あっせんを無料で行っています。

WEBサイトはこちら
財団法人 産業雇用安定センター

産業雇用センターでは、
・出向/移籍(転籍)の支援
・在職者への無料職業紹介
・セミナー事業
等のサービスを提供していますが、私が今回応募したのは、もちろん在職者の無料職業紹介サービスです。

パンフレットを見てみると、産業雇用安定センターを利用するメリットとしては、次が挙げられます。

・独自の情報
センター独自の求人・求職情報の提供が可能です。
・きめこまかなサポート
求人社にはセンターの職員がご要望をしっかりお聞きします。
休職者には職員がマン・ツー・マンで対応し、登録から再就職に向けて支援/指導を行います。
・他の機関併用可
ハローワーク等、他の公共職業紹介機関との併用利用が可能です。
・ご利用は無料
登録・相談・斡旋については、一切無料です。

注意が必要なのは、登録は在職中に限られていること。

離職した後は、受け付けてもらえません。

産業雇用センターが、どの程度のサポートをしてくれるのかは、わかりません。
でも、求職活動をするにあたって、切り口は多い方がよいと思います。

求職票(EXCEL形式の決まったフォーマットがあります。)をメールで送付すれば登録完了なので、簡単でした。

後は、担当のカウンセラーが決定したら連絡を頂けるということで、この件については、待ちです。



★この記事をツイッターにRTする!

このブログについて
私は、田舎の工場で働いています。
業種は製造業。私たちの世代はバブル入社組。
某大手通信メーカーの分身会社として、入社当時は県内でも大企業といわれていました。
もう25年、現場の作業員として製造・検査関連業務で働いてきました。
その間、親会社による海外企業への工場売却、4度のリストラを経て現在に至っています。
2001年時点では800人いた従業員は、2010年7月時点で約400人に減少。
賃金引き下げ、ボーナス減額、残業規制、一時帰休その他の施策も空しく業績不振、赤字経営に歯止めはかかりません。
その結果会社は、抜本的な赤字対策と今後の成長拡大策の双方を短期的に実施するという目的で、2010年7月に4度目のリストラ(特別転身支援制度の実施)の決行を発表しました。
募集人数は100名。
私の場合は、いわゆる肩たたき。
上司との面接において、半ば強制的に「転身支援サービスを受けるように」と説明がありました。
年齢的に上であること、現在の業務が主に赤字を出しているセクションだったということが、選ばれた大きな理由に挙げられます。
現場の業務を外転することで、黒字にしていこうというのが会社の狙いのようです。
でも、今のやり方ではいくら現場の業務を外出しにしたとしても、赤字克服は無理だと思います。
根本的におかしいのは、組織の末端である現場ではなく、もっともっと上流です。
安請負、無駄な作業、何度もある後戻り、この場ではとても言えないもろもろなこと。
それらの原因は、現場が引き起こしているわけでは無いのだから。
このブログはリストラ発表から、再就職を果たすまで(再就職できるとは限りませんが)、もしくは求職活動を停止するまでの期間中に自分の身にあったこと、考えたこと、調べたこと等を記録する目的で始めることにします。
また。何度かアクセスするであろうサイト等はリンク集に掲載し、自分なりの再就職活動のテンプレートとしても活用できるように整備していきたいと思っています。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
お勧め転職サイト
◆求人情報系広告◆


Indivision転職
WorkGate
派遣ワークス
Job Link


◆転職支援系広告◆

転職.jp
DODA

◆独立開業系広告◆
フランチャイズキング
フランチャイズWEBリポート

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村







ブログランキング

おきてがみ

Ferretアクセス解析
  • ライブドアブログ