2006年11月09日

頭金の目安?必要?

浦安・市川の不動産最新情報・未公開物件から取引裏話まで
情報満載のメルマガ配信しています。購読無料!

『住宅が欲しい!方へのマル得情報 レスト不動産情報便』(ID:0000179751)
読者登録解除フォーム

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム

まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。


*****************************

※頭金の目安?必要?

前回は自己資金と頭金の内容につきまして書きました。頭金とは住宅購入
に使える自己資金から諸費用金額を差し引いたものですと解説させて頂き
ました。

今回はその”頭金”は必要か?また、どのくらい用意するべきか?
ということについて説明したいと思います。

そもそも一定の”頭金”がないと不動産(自宅など)を購入ができないのか?
というと、必ずしも必要とは限りません。頭金0でも不動産は購入できます。

よく、「頭金は20%(2割)は用意しましょうと」テレビなどでもやっている
ので、頭金は(物件価格の)2割が必要と思っていらっしゃるお客様も多い
です。これは、一昔前の、住宅金融公庫や銀行融資が物件価格の80%まで
で融資していたことの名残です。現状では物件価格の100%融資も普通です。

では、頭金は必要か無しでもいいのか?ということですが、これに関しては
もちろん頭金があるに越したことは無いのですがケースバイケースです。

頭金があると、購入に対してどのような意味合いやメリットがあるのか・・・

・借入額が減るので毎月の返済額が少なくなる。

・借入額が減るので、万が一、売却しないといけないとなった時に、
 売却額がローン残高を下回るリスクが減る。

・金融機関の融資に対する判断が微妙な時は、審査のプラスポイントになる。

・融資可能額+頭金が購入物件可能予算なので、購入物件の幅が広がる。

このような点が上げられます。逆に上記のような点が問題ない場合は
頭金無しで購入してもいいのではないでしょうか。

例えば、購入を希望する物件で頭金無しで100%借入のときに

・自身の支払能力で毎月返済は問題ない

・現在から将来にかけてそんなに価格変動が見込まれない地域に購入する。
 または、駅に近いとか、希少性の高い物件である場合(価格が下がりにくい)

・予定物件に必要な借入を受けることに審査上問題ない

・借入可能額内で希望の物件が見つかる場合。

このような条件で物件購入が可能である場合は(これだけではありませんが)
必ずしも頭金が貯まるまで待つ必要は無いのではないでしょうか。

もちろん計画的に住宅購入資金を貯めていくことは非常に大切ですが、
ライフスタイルが変わる時期や、家族の状況、賃貸の場合は家賃支払との
バランス、等々の個々の事情で、判断することが大事です。

購入に対してもトータルな資金計画から相場状況に至るまで、総合的に
アドバイスさせていただきますので、お気軽にご相談ください。


不動産のご相談は  レストまで

restreal at 19:20│Comments(0)TrackBack(0)コラム購入 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔