WiShare

-Wisdom, intelligence, Share-
「ビジネス書って楽しい!」 知恵と知識をシェアするブログ

『もしこの世の中で不可能事を目指して粘り強くアタックしないようでは、
およそ可能なことの達成も覚束ない。』         Max Weber

george_eliot1_2

http://blogs.yahoo.co.jp/yfujita_mystery/33018253.html


” It is never too late to become what you might have been. ”

” なりたかった自分になるのに、遅すぎるということはない。 ”

ジョージ・エリオット 英国の女流小説家 [1819-1880]



人はいつからだって変われます。
この世の中に、遅すぎるという事柄はただのひとつもありません。

私も中学3年生のときに学校の図書室で、いまではすっかり作品タイトルも著者名も忘れてしまったのですが、
「あらゆることにおいて、始めるのが遅いということはない。たとえそのように感じていたとしても、それに気付けたその時こそが、始めるべきベストのタイミングなのだ」といったような言葉を読んで、感動した覚えがあります。

当時の私は1年後に高校受験を控えていたのですが、そのときの自分の実力からはだいぶ高い位置にあった学校を第一志望としていたのです。

担任の先生にそのことを伝え、そして「もう少しランクを落としたほうがいい」と言われた頃に読んだ言葉だったので、余計に胸に刺さったのかもしれません。

結局、蓋を開けてみればその後、寝食も忘れて勉強に励んだ結果、無謀な挑戦だったにも関わらず「合格」を勝ち得ることができたのですが、あのときこの言葉を知っていて本当によかったなと思います。

私の大好きな格言のなかのひとつです。

人はその気さえあれば、いつからだって変わることができるのです。

まったく新しい課題にチャレンジすることもできるし、環境や状況を向上させたり、いままでとはまったく異なる道に舵を切り替えることだってできるのです。


* 2012年、最後の更新になります。
いまちょうどお昼ですので、まだ今年は12時間ほど残っています。
みなさんは、夜どのように過ごされるのでしょうか?
私は今から、先日公開になったばかりの『青のエクソシスト』を見に行ってきます(笑)

2013年もどうぞよろしくお願い申しあげます。
それではみなさま、よいお年を。


人生を豊かにする英語の名言―「知恵」と「勇気」と「癒し」がいっぱい人生を豊かにする英語の名言―「知恵」と「勇気」と「癒し」がいっぱい
著者:森山 進
販売元:研究社
(2003-06)
販売元:Amazon.co.jp

canstockphoto0900215

” 自分で物を考え、物を決めるということは、全体から見るとごく少ない。
自分一人ではどうしても視野がせまくなる。
自分がわかっているのは世の中の一パーセントだけで、あとの九九パーセントはわからないと思えばいい。
あとは暗中模索である。

だから、あまり一つのことをくよくよ気にしない方がいいのではないかと思う。
はじめから何もわからないと思えば気もらくになるものだ。 ”



心配とか不安になる出来事には事欠かない昨今です。
ビジネス上の問題はもちろん、プライベートなことでもいろいろと悩みの種はつきませんよね。

そんなとき、松下幸之助さんの『物の見方 考え方』に載っているこの言葉を読むと、気持ちがふっと楽になります。

現パナソニックを創業して、一代で世界的企業にまで育て上げた「経営の神様」と呼ばれる松下幸之助さんのような偉大な人でさえ、「自分が分かっているのは世の中の1%だけ」なのです。

そうであれば、私などはどうなりましょう。
確実にコンマなんとか・・・の世界です。

そのように考えると、実は私たちは世の中の事象について、99%以上を分かっていないのですから、それはもう「なにもわかってない」と断言して良いような状態なのです。

人生は、暗中模索のなかで試行錯誤をして、いろいろな創意工夫を考えて実践する、この繰り返しではないでしょうか。

なにも分かっていないということを、受け止めると、不思議なことにいままで悩んでいた多くの問題がその瞬間にすーっと消失していく気分になります。

きっと私たちは、世の中のことを知ったかぶりしていたのか、もしくは傲慢にも本当に知っていると勘違いしていたのかもしれません。
今日、その考えを改めるときです。


世の多くのことを「知っている」と勘違いした心の態度が生み出していた、実は不要な「心配」や「不安」というのが、きっとあるはずです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

物の見方・考え方 (PHP文庫 マ 5-3)物の見方・考え方 (PHP文庫 マ 5-3)
著者:松下 幸之助
販売元:PHP研究所
(1986-05)
販売元:Amazon.co.jp

canstockphoto3349442

” 昔のことわざに「人事を尽して天命を待つ」という言葉がある。
これはまったく至言だと今でも思っている。

私は今日でも自分にときどき、その言葉をいいきかせているのである。
というのは、現在でも日常いろいろめんどうな問題がたくさん起る。
だから迷いも起るし、悲観もするし、おもしろうない世の中やなあというような感じも、人間だからもつこともある。

そうすると仕事にも自然力が入らない。それではやはりぐあいが悪い。
それで私は、人事を尽して天命を待とう。
自分は是と信じてやってやるのだから……、そして成果は人に決めてもらおう。

こういう考え方を、私は今でも自問自答してもっているのである。 ”



物の見方・考え方 (PHP文庫 マ 5-3)物の見方・考え方 (PHP文庫 マ 5-3)
著者:松下 幸之助
販売元:PHP研究所
(1986-05)
販売元:Amazon.co.jp

このページのトップヘ