george_eliot1_2

http://blogs.yahoo.co.jp/yfujita_mystery/33018253.html


” It is never too late to become what you might have been. ”

” なりたかった自分になるのに、遅すぎるということはない。 ”

ジョージ・エリオット 英国の女流小説家 [1819-1880]



人はいつからだって変われます。
この世の中に、遅すぎるという事柄はただのひとつもありません。

私も中学3年生のときに学校の図書室で、いまではすっかり作品タイトルも著者名も忘れてしまったのですが、
「あらゆることにおいて、始めるのが遅いということはない。たとえそのように感じていたとしても、それに気付けたその時こそが、始めるべきベストのタイミングなのだ」といったような言葉を読んで、感動した覚えがあります。

当時の私は1年後に高校受験を控えていたのですが、そのときの自分の実力からはだいぶ高い位置にあった学校を第一志望としていたのです。

担任の先生にそのことを伝え、そして「もう少しランクを落としたほうがいい」と言われた頃に読んだ言葉だったので、余計に胸に刺さったのかもしれません。

結局、蓋を開けてみればその後、寝食も忘れて勉強に励んだ結果、無謀な挑戦だったにも関わらず「合格」を勝ち得ることができたのですが、あのときこの言葉を知っていて本当によかったなと思います。

私の大好きな格言のなかのひとつです。

人はその気さえあれば、いつからだって変わることができるのです。

まったく新しい課題にチャレンジすることもできるし、環境や状況を向上させたり、いままでとはまったく異なる道に舵を切り替えることだってできるのです。


* 2012年、最後の更新になります。
いまちょうどお昼ですので、まだ今年は12時間ほど残っています。
みなさんは、夜どのように過ごされるのでしょうか?
私は今から、先日公開になったばかりの『青のエクソシスト』を見に行ってきます(笑)

2013年もどうぞよろしくお願い申しあげます。
それではみなさま、よいお年を。


人生を豊かにする英語の名言―「知恵」と「勇気」と「癒し」がいっぱい人生を豊かにする英語の名言―「知恵」と「勇気」と「癒し」がいっぱい
著者:森山 進
販売元:研究社
(2003-06)
販売元:Amazon.co.jp