つぶやき(愚痴?)

2006年11月27日

やられました。。。。

ぼうし

私のお散歩用の帽子が・・・!

久々にやられてしまいました〜(泣

お気に入りだったので 同じモノを探してみたのですが
近所のショッピングセンターでは売ってなかったので
違うモノを探して購入。

新・ぼうし

価格も¥1980 と手頃だったので
見つけたときは即買いでした(^^)

ランキング参加中です。
ランキング
↑↑クリック↑↑ お願いします



ret0930 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月05日

広島ドッグパーク

もう知っている人も多いと思いますが
「広島ドックぱーく」の事件について。

普段あまりテレビを見ないので
コーギーのサークルのHPより知ったのですが
管理するにはあまりにも多すぎたようで・・・。

去年6月に経営難の為 閉園されたそうですが
500頭はいるだろうという多くの犬たちは
バリケンネルに閉じこめられたまま
ずいぶん長い間
ご飯も水も貰えず、掃除もせず、シャンプーもしない・・・ 空腹のため食糞までして・・・

ある方のブログには開園していた頃の
パークの案内画像を公開されていましたが
その中で 元気に走っているコ
人間に甘えているコ
ショーで芸をしているコ
など たくさんの 様々な種類の犬たちがいましたが
こんな事になろうとは思ってもいなかった事でしょう。

みんな同じように閉じこめられ
悲惨な環境でなんとか生きていたのでしょう

1日でも早く、1頭でも多くの犬たちが元気になることを祈っています。

私が住んでいる愛媛県にも
「広島ドックパーク」と同じようなパークがあるのですが
将来 同じ事にならないようにと願っています。

詳しい事は以下にリンクしているHPで紹介されています。

こうしている今も、愛護団体の方を始めボランティアの方達は
寝る間も惜しんでレスキュー活動をされています。

スタッフの方、ボランティアの方々・・・どうか お体も大事にされますように。

レスキュー

ret0930 at 01:48|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2006年07月08日

むし1

以前、マダニにたかられて大変な思いをしたのですが
6月に入った頃から 今度はノミが気になるようになってきました。

2匹とも 毎日めっちゃ掻いてます・・・

のみ取りシャンプーに 首輪 ・ 駆除剤
どれもなかなか効果が出ないのですが
幸い 家の中で大発生〜!!
ということには なっていないようです。

その為 1日に数回は
ブラッシング&のみ取り&掃除機がけ の日々です。
マダニも散歩に行くと 草むらから拾ってくるので
目が離せません。

やはり 草むらが多いのとペストコントロールをしていない環境
だから当然なのでしょうが 大変すぎ・・・。

コーギーは胴が長いからか、お尻辺りが掻けなくて難儀そうです
その度にグルグルと転がってます。。。

う〜〜ん どうすればいいのだろう
日本で室内で犬を飼われている人たちは
どうしているんでしょうか??

ネットで調べてもなかなか これ! といった解決法が見つからないです。

だれかーー教えてくださいーー!

何位までいけるかな? ランキング参加中〜!
ランキング
↑↑クリック↑↑ お願いします

ret0930 at 03:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2006年05月09日

ひさびさの 更新2

やっと 更新する気力ができました
といっても、風邪ひいてますが。
久々の風邪はつらいです。。。。。

おひさしぶりです。

帰国した3月30日は
関空の上空は吹雪いていたほどとても寒く
服装は「春」プラス程度の私たちはびっくり。
待ち時間の時 犬たちをトイレのために空港の外に連れ出したのですが
あたりまえですが はく息が白い・・・!!
ホットの缶のお茶をにぎりしめ、寒い中30分ほどいたかも。

空港に着いて 対面したリュックとアールの様子ですが
リュックは怖かったからか震えていました
アールは震えてはいないものの、機嫌悪そうな表情をしていて
目を合わせてくれませんでした。

検疫の検査は
30分ほどだったでしょうか
前もって提出していた書類の確認と
ケージから出して簡単に犬の状態を見るくらいだったので
早かったです。

関空から伊丹までバスで移動し
そこからまた飛行機で松山空港へ。
そしてすぐに迎えの車に乗って約1時間かけて私の実家へ。

実家では室内に入れてもらうとはいえ毛やトイレの関係で
台所だったので やはり かなり寒く
いらない毛布や電気毛布を出してもらったり
電気ストーブを使ったり
犬ベッドも買って そこで寝てもらえるようにしました。

さすがに寒かったからか シンガポールではあまり使わなかった
ベッドに2匹ともネコの用に丸まって寝ていました。

帰国から2日くらいは
やはり長旅で疲れていたのでしょう
散歩の時も いつもより元気が足りなかったです。

そのときはまだ新居で住む準備がまだできていなかった為
1週間ほど、実家にお世話になりつつ
生活用品、家具、電化製品を買い・・・ と
バタバタしていました。

新居の犬を飼う環境としては
なかなか良く、川沿いなので散歩するにもいいし
家の中は犬用にちょうど良い小部屋もあり
サンルームもあるので 冬寒くても
ひなたぼっこができるようになってます。

家の近所には動物病院もあり
1年経ったので 狂犬病予防の注射をしに行きました
若い女の先生で感じも良く、清潔な所だったので合格w。

散歩コースにはグラウンドやゲートボールをする所があり
その隣に駐車スペースがあるので
今はそこで走らせています(ながーいロープをつけて)
思い切り走れるのが良いのか
アールもスイッチが入ったように
うれしそうに全力疾走しています。
リュックはフリスビーでヘトヘトになるまで走ってます。

一番心配なのは、シンガポールと違い
ペストコントロールをしているわけではないので
どうしてもマダニが付いてしまう事です。
それだけでなく、蚤も付きます。
毎日ノミ・ダニ探しに毛繕いをしないといけません。
(しかも毎回1匹はいるし。。。)

裏庭にもノミ・ダニの巣(?)があるようなので
近いうち害虫駆除してもらうようにしたいと思っています。

今回はこのくらいで。

ret0930 at 20:59|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!

2006年02月01日

事前通知書のお返事

先週、日本の検疫所へ送っていた
事前通知の受理書が届きました。

受理書

YUKIさんの情報のおかげで特には問題もなく
とりあえずはOKのようですが
早く日本での住所を決めてくれということでした。

と、言われてもなぁ
いつ見つかるのかって 私も聞きたいよ・・・。
未だに 日本でのおうちは見つかりません〜〜

今日から ブログペットが増えました
お留守番中に 名前を教えてくれた人たちを覚えてくれて
私がここを見たときに報告してくれるそうです。
「た○ごっち」のような感じのキャラですが
成長していくそうです。 どんなコになるかは不明。

何位までいけるかな? ランキング参加中〜!
ランキング
↑↑クリック↑↑ お願いします

ret0930 at 02:47|PermalinkComments(7)TrackBack(0)clip!

2005年12月24日

年末です。

クリスマスカード

もうすぐクリスマスですね〜

今年もあとわずか。 日本ほどではないけれど

バタバタとしています。

今年はアールとリュックにちょっとコスプレをしてもらい

今年で無くなってしまうクリスマスツリーの前で記念撮影をしました。

変な物をかぶせられて2匹とも機嫌悪そうな表情ですが

それもまた、おもしろいかな。

みなさま 素敵なクリスマスをお過ごしくださいませ。



ret0930 at 00:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2005年09月26日

ノーリード犬2

ウチから15分ほど歩いた所に公園があるのですが 久しぶりに行ってみました。
お散歩コースを変えていたので2か月ほど前に行ったきりでした。

8時頃だったのですが、だ〜〜れも いませんでした。
ベンチで休んでいると、恰幅の良い清掃のおばさんが
朝ご飯なのか?ポテチと飲み物を持って向かい側のベンチに座り食べ始めました。

ウチの2匹はきっと欲しがるだろうなーと思ったのですが
意外にそうでもなく、アールは差し出されても食べませんでした。
でも、リュックは一口食べて気に入ったのか貰った分はすべて完食。。。

英語が解らないので 単語とジェスチャーでちょこっと会話(?)
で、心配してくれたのか
公園に犬が居るよー と教えてくれました。

そのコは茶色で体型がジャックラッセルっぽかったので MiXだと思います。
近づいては来なかったので
しばらく見ていると、マーキングしまくって去っていきました。

ノラ犬かなー なんて思いつつ
オスだったので、アールとケンカにならないか ドキドキしながら散歩を再開。
すると
突然後ろからすごい勢いで追いかけてきたのでビックリ
かなり焦りました

でもケンカにならなかったので良かった・・・
見かけによらず強いコだったのか
自分より小さい そのコに、アールはあっけなく「腹見せ」 リュックは固まっていました。

登録のタグを付けていたので 飼い犬なんだと解りましたが
飼い主らしき人は見あたりませんでした。
放して、自由にさせているのでしょう。

タグを付けているとはいっても、細い紐だったので
もし、切れて ノラ犬と間違われて連れて行かれても いいと思っているのか
引っかかった時の為に紐にしているのか

自由にさせた方が喜ぶし、ちゃんと帰ってくるからいいやー 飼い主はラクだー 
とか思っているのか・・・

私は、いくら呼び戻しが出来る子だったとしても リードは放さない派 なので
こういう犬を見ると ちょっと腹立たしく感じます。

だって、糞もし放題で、そのまんまなんだよ?
もし、他に散歩している犬とケンカして
ケガさせちゃっても「見てないから」しらんぷりなんだよ?
逆にケガさせられても、病気持って帰っても
事故に遭っても帰ってこないと解らないんだよ?

それって、「かわいそう」ではないのかなぁ。

・・・・・・・・・・。

とりあえずこれからは、あの公園行くのはやめようかな、と思います。

とにかくケンカしないように、飼い主が気を付けないとね・・・
ランキング参加中〜!
ランキング
↑↑クリック↑↑ お願いします。

ret0930 at 16:12|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2005年09月14日

ランキング参加! テスト &今日のめにゅー5

本日の犬ご飯は 砂肝が手に入ったので 椎茸のみじん切りと一緒に オリーブオイルで炒め、残りご飯も加えて 「砂肝チャーハン」に。 トッピングは フード大さじ1と、粉末ビール酵母少々。 今日は野菜を入れるのを忘れてた・・・・ 何位までいけるかな? ランキング ランキング参加中〜! クリックお願いします。

ret0930 at 01:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年09月13日

きょうのめにゅー4

今日のごはん。

コーン・いんげん・グリーンピース・にんじん
キャベツ・さつまいも を蒸す(先出のグリル鍋使用)

ひじき、いりこをゆでる

キャベツ・芋・いりこ 以外はミキサーにかける

キャベツ・イモは1センチ角ほどに刻む

残りご飯少量をミキサーにかけた野菜とまぜて
刻み野菜と よく練った納豆、フードを大さじ1ほどトッピング。

以上でした。

今の所、お腹を壊している様子はないので
しばらくこんな感じで続けようと思います。

昨日、病院でリュックの体重を計ると、8キロジャスト。
ちょっと痩せすぎかも。 もう少し太らせてみようと思います。

 

 



ret0930 at 00:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年09月12日

外耳炎2

リュックを病院に連れて行きました。
先月くらいからずっと耳をかゆがっていたのですが
掃除していても回復はしないし
スイミングもできなくなるといけないので
(やっと)行く事になりました。

日曜日なので、旦那に付いていって貰おうと思っていたのですが
体調不良の為、英会話の先生にお願いをしました。

検査の結果、ダニがわいていたわけではなかったので
少しほっとしたのですが、菌が繁殖して炎症になっているということでした。

ついでに、足先を舐めるクセがついて 赤黒い肌になっているので
見て貰うと、元は草などのアレルギーで痒くて
舐めたり噛んだりしているうちにクセになったのだろう と言われました。

貰った薬は2種類。

耳には「DERMOTIC」
・菌や皮膚のカビを殺す
・炎症やアレルギーを抑える
・殺菌
の効果のある薬だそうです。

足には「NEODERM」
クリームです。
・抗炎症、抗バクテリア、殺菌
 の効果があるらしいです。

耳の掃除後、数滴垂らして もみもみ。
かるく脱脂綿で拭き、耳を振らせて、出た汚れを拭き取ると
耳のニオイが和らぎました。

足先は相変わらず舐めているのですが
あまり良くないだろうから、靴下でも履かそうかしら。。。

スイミングをするときは耳に綿を詰めておけば大丈夫!
と言われたのですが、どうしようかなぁ・・・・・
運動不足になるから泳がせたいのが本音なのですが。

 

今日は悲しい出来事がありました。。。。

病院で順番を待っているとき、白人の家族が
子犬を連れてきていました。
姉妹が抱いていたのですが泣いていたので、英語の先生が話を聞いた所
その子犬は捨てられていたらしく、連れて帰ったのですが
まともに歩くことができなかったそうです。

病院での検査で脳に障害があるということが解り
しばらく様子を見て回復の様子が無ければ
一生このままか、悪化するだけなので
選択をしなければいけないと言われたそうです。

今日はその選択を実行する日だったのです。

その子犬はラブラドールと何かのMIX犬で
とても可愛い顔をしていました。

外で放すと、遊ぼうとして一生懸命
動こうとするのですが、足に力がはいらず 
支えるのがやっと、でもすぐに転がってしまいます。
待合室にいたみんなも事情を知り
そのコの最後の家族とのひとときを見守っていました。

数十分後、子犬は獣医に抱かれ、お母さんだけが付き添って
奥の処置室へと行きました。
姉妹は外で泣いていたようでした。

不運にも障害を持っていた為に捨てられて
寿命まで生きることはできなかったけれど
あの家族のおかげで 少しでも幸せな時間を生きられて
苦しいばかりの一生でなかったのがせめてもの救いだったのでは
ないでしょうか。

こういうコを捨てる飼い主(?)は
「避妊や去勢はかわいそう」とか
「手術代がかかる」と言ってしない人なのかもしれないと思う。
だから、最後まで責任を取らず中途半端に
捨てるなんて事ができるんだろうな。

私もいい加減な飼い主ではあるかもしれないけれど
せめて、最後まで責任持って一緒にいられるようにしたいと思います。



ret0930 at 04:32|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!
リンク バナー
高知県 ua-mamaさん