30後半からの早期リタイア生活

2015年3月に退職しました。
ストレスを避けた生き方をしていきたい。

朝から天丼

今日は18日、てんやの日だ

とは言え、朝から天ぷら食いに行くことは普段は無いのだけれど
予報で昼から雨だと言うので午前中に行ってきたのだ

ついでにセブンに寄って国民健康保険を払ってきた
来年の申告用に、書類入れの一番上に放り込む

さて、朝から地震のニュースが凄い事になっている
関東なので揺れは無かったが、やっぱり怖いもんだ

思い出したようにモバイルバッテリーを充電しておいたが
何と言うか、できることは少ない

ツーリングでダイエット??

いや、座ってるだけで体を動かしていないのだから
そんなツーリングで痩せることもないだろう

そう思ったのだが
先日のツーリング2日目が、思いのほか消耗したと書いた

消耗したと言う事はカロリーを消費しているのでは? と調べたのだが
バイクの運転と言うのは結構な運動強度らしい

スクーターやオートバイの運転
(motor scooter, motorcycle)
3.5 METS
※出典:(独)国立健康・栄養研究所

ほう…では、5時間の運転をしたとして消費カロリーは
[消費カロリー]
1286.3 kcal
マジで?


どういう事かと思ったが
人は体温が一定に保たれるように
寒い場所にいると、基礎代謝をあげて体温を維持しようとする

ターンパイクは標高1,011mでとても寒かった
その上で風を生身で受けて走っているから、体感温度は結構な低さだ

なるほど、急激な気温の変化に対応するために身体が頑張った事がカロリーを相当消費しているのか
しかし、負担が強くてあまり身体に良い感じはしないな


それと、振動によるカロリー消費もあるようだ
んー、そういえば震えるだけのダイエットマシンとかも見たことがある

カーブを曲がったり、横風を受けたり、路面が少し荒れている時には
バランスを取り姿勢を正す筋肉であるインナーマッスルのカロリー消費もあると

なるほど、まあ確かにバイクの運転はバランスボールに乗ってるような所もある
すると、私がクタクタになり眠くなってしまったのは
単純に体力が不足していると言う事だな

予想以上の疲労感

カテゴリ名をバイクからPCXへと変えてみた

いやあ、2日間のツーリングを終えたわけだが
昨日は帰宅して夕飯食ったらスグ眠くなってしまった

かなり消耗するものだ、おっさんだからか

熱海のホテルをチェックアウトし
海沿いを走って大室山へと向かったのだが
まさかのリフト休業で登れず

仕方なしに素通りし、伊豆スカイラインへと向かった訳なのだが
この伊豆スカイラインからターンパイクの全ルートを続けて走ったところ
こいつがかなり消耗した

思いつくところでは、やはり気温が低い事だろう
海沿いを走ってた時との気温差はかなりのものだ

カーブの連続である峠道は集中力を要するし
特にターンパイクの帰りは、行きと異なり下りの連続だ

下り斜面でブレーキから手を離すと65km/hほどまで速度が上がってしまう
低速ギアにするという事ができないため、ブレーキの過熱に気を使いながら減速し続けねばならない
この辺りが非常に気疲れしたのだろうか


一気に下界へと下り、小田原料金所に着いた時には無音の世界になっていた
料金所を抜けてから停車し、耳抜きして戻す
もう既に、かなりクタクタだった

海老名SAでメロンパン食ったところで、どっと眠くなり
1時間以上も休憩していたりする

13日は120km弱
14日は190km弱
と言った所だろう、頑張った
最新コメント