50代でリストラされた元出版社社長が語った! 老後破産を回避する7つの法則
普通の人たちで貯蓄もないという人が圧倒的に多い中で、その人たちは老後をどうするのかということが、今までの本や雑誌にはほとんど書かれていないのです。貯蓄ゼロ、才能なし、財産もなし、何もない、そうした人の老後の問題をマンガにしようと思ったのです。決してこの本が情報的にすごいものかというと、そんなことはないと思いますが、マンガのわかりやすさで勝負して、自分でも知らなかった知識も盛り込んだという形です。

貯蓄ゼロでも老後に困らない7つの法則 』の原作者・赤塚敬氏こと比嘉健二氏のインタビュー。

50代でリストラされた元出版社社長(雇われ)の実話で、
家賃20万円の部屋に住んでた人が生活レベルを下げるところから。

50代から生活レベルを下げ見栄やプライドを捨てていく
これはまさに同感です。というか私は30代から除々に捨ててます(;´∀`)
セミリタイア後は引きこもってるので益々捨てやすい状況です。
「下流老人・下流中年」になっても気にしなければ良いですね。

生命保険などの金融業界関係者が「老後に1億円必要」などと煽るのは
その業界の利益のためであって、その逆の見方の「生活レベルを下げろ!」が
同じくらい広まって欲しいものです。みんなで下げれば見栄はらなくて済みますし。

結局、収入(年金)・資産と支出のバランス取れればいいんですから。
流石に持ち家なし・貯蓄ゼロでは相当厳しいと思いますけどね(´・ω・`)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ