「週休3日制(週4日勤務)」を取得したい人は58%
メリットとして「休みが増える」「平日に役所や銀行に行きやすくなる」、デメリットとして「給料が減る可能性」

「週休3日制」を取得したいかどうか尋ねたところ、1,638名のうち58%が「取得したい」と回答した一方で(Q1)、勤務先で「週休3日制」が認められているのはわずか11%という結果となりました。(Q2)

また、「週休3日制」についての賛否コメントでは、「プライベートが充実しそう」「家族と過ごす日が増える」といった歓迎する声がある一方で、「休日が増えれば給料が減ってしまう」「1日あたりの勤務時間が増えて体力的にキツそう」といった懸念の声もありました。

はたらこねっとのアンケートなので、回答者の多くは派遣労働者だと考えていいでしょう。
派遣で働いている人は、できれば正社員で長期安定を望む人と、アルバイト的に短期を望む人、
大きく2つに分かれると思いますが、後者の人ほど週休3日を望んでいるのかも。

時給制の派遣なら週休3日でも使用者側は損をするわけじゃないと思いますし
有給休暇で休むこともあるのだから、週休3日で運用できる現場も多いと思うんですが
きっかけがないと出来ないでしょうねぇ。

そもそも派遣こそ「柔軟な働き方」をしたい人のための選択肢の一つであるべきなのに
あまり柔軟ではなく、一方で安定して働きたい人が派遣で働かざるを得ないという矛盾が
解消されず、広がっているってことかな。

もしも土日以外にもう1日の休みを自由に選べるとしたら水曜がベスト?


これはほんとわかります。

私も若い頃に休暇(有給)を取るなら金曜や月曜がいいと思ってましたが
40代くらいからは、水曜に休んでその週を楽にしようと考えるようになりました。
ハッピーマンデー制度で週の真ん中の休みが減ったせいもあるのかな?

休日に何がしたいか、は「家でゆっくりする」がトップで20%とひきこもりの傾向が強い(;´∀`)

週休3日とか週休4日とか、二交替の現場での夜勤のみとか、もっと柔軟な対応をすれば
人手不足の解消にも繋がりそうなんですがねぇ…

「年収6割でも週休4日」という生き方

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ