このルール無き戦いに、終わりはあるのか
ソルジャーズ・デイ
ソルジャーズ・デイ
【作品紹介】
[邦題] ボーダーライン ソルジャーズ・デイ
[原題] SICARIO:DAY OF THE SOLDADO
[製作年] 2018
[製作国] アメリカ
[時間] 122分
[ジャンル] サスペンス・アクション

【STAFF】
[監督] ステファノ・ソッリマ
[脚本] テイラー・シェリダン
[製作] ベイジル・イバニク / エドワード・L・マクドネル 他
[撮影] ダリウス・ウォルスキー
[音楽] ヒドゥル・グドナドッティル

【CAST】
ベニチオ・デル・トロ(アレハンドロ)
ジョシュ・ブローリン(マット・グレイヴァー)
イザベラ・モナー(イザベル・レイエス)
マシュー・モディーン(ジェームズ・ライリー)

【PRODUCT DETAILS】
[メディア] Blu-ray
[リージョンコード] リージョンフリー
[付属品] 本編DISC 1枚 特製アウタースリープ
[販売元] Happinet
[発売日] 2019/4/2
[定価] ¥5,000(税抜)
[状態] 新品・未開封 (10 / 10)

【STORY】
メキシコからのテロリスト流入に危機感を抱いたアメリカ政府の命を受け、CIAのマット・グレイヴァーと一匹狼の暗殺者アレハンドロの仕事人コンビが挑む新たなミッションは、麻薬カルテル間の内戦を引き起こすこと。激化する国境麻薬戦争の深い闇の中で究極の選択を迫られるアレハンドロは、いかなる"決断"を下すのかーー。



【IMPRESSION】
メキシコ麻薬カルテルの闇を描いた『ボーダーライン』の続編。麻薬戦争を背景に、暴力や死と日常が隣り合わせた緊張感ただよう世界が戻ってくるぅ~~~。しかし、前作の監督ドゥニ・ヴィルヌーブと撮影ロジャー・ディーキンスの黄金コンビが降板、おどおどしくも緊張感を持たせた音楽を担当したヨハン・ヨハンソンが死去、主役のFBI捜査官ケイトを演じたエミリー・ブラントも今作では登場しないと不安要素もあったけど、安心してください。脚本はテイラー・シェリダンが続投しましたよ。とりあえず一安心。前作ほどの完成度や一般の評価は劣るけど、どちらが好きかと聞かれたら『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』と答えるかな。

エミリー・ブラント降板で主役に抜擢されたベニチオ・デル・トロ演じるアレハンドロ。男も惚れるほど渋い男です。彼なしではもうこの映画はなりたたないといっても過言ではありません。そして、ジョシュ・ブローリン演じるグレイヴァーとの目に見えない深い絆・友情は胸アツすぎます。でもね、アレハンドロが主役よりも、前作の立ち位置の方がアレハンドロの不気味さが際立ち魅力的でしたね。今作ではやられっぱなしであんまりいいところがなかったアレハンドロ、次作での活躍を期待します。

三部作などのシリーズものの「2」が嫌いなtakeです。理由を書くときりがないので簡単に言えば、「3」ありきで「2」は単なる「3」のつなぎでしかなく一話完結しないのがとっても嫌なんです。今作も当然次回作がある予定で、ラストはもやもやした終わり方です。アレハンドロの空白の一年に何があったのか。レイエスの娘イザベルはその後どうなったのか。アレハンドロとメキシコの少年ミゲルはどうなっていくのか。次作が気になって仕方がない、はやくtakeに続編を観せてください。

「2」への不満を言いながらも、『ボーダーライン』自体は大好きなんです。前作はスチールブックで出たので今作もスチールブックへの期待が大きかったのに、どうして出さないのだぁ~~!前作のスチールブックの売り上げが悪かったのか。それとも前作に比べ製作陣のネームバリューが落ちたからなのか。理由はわからないが、スチールブックで出さずにアウタースリープでお茶を濁したのは許せません!
ソルジャーズデイ
【ストーリー】 6 ★★★★★★☆☆☆☆
【パッケージ】 5 ★★★★★☆☆☆☆☆
【オススメ度】 6 ★★★★★★☆☆☆☆


【私的評価】 75 / 100
ソルジャーズデイ
〘Collector's Choice〙ⒿⒸ
〘Collection Rank〙 B