京都秘封探訪

「秘封倶楽部」を中心とした、東方Project関連の覚え書き。

京都秘封新刊。小説「蓬莱の物語」(試読版)

 8月も終わり、遂に9月に入りました。京都も蒸し暑さが随分とましになり。とても過ごしやすい涼しい気候の日が続いております。

 そんな8月の最後の日となる8月31日には、ついに例の物が届きました!

IMGP4931s

 そうです!9月18日(月・祝)に行われる第七回「科学世紀のカフェテラス」のサークル入場証でございます。いつもいつも本当に素敵な一品でございます……!


 そして今日は、本年の「科学世紀のカフェテラス」での頒布物の告知となります。今年ももちろん、新刊小説を頒布致します!
-----------------------------------------------------------------------------

蓬莱の物語 レンガ4トリムs


小説「蓬莱の物語」

【STORY】


 紅燃ゆる晩秋の京都。年に一度の学園祭に沸く酉京都大学にて、蓮子とメリーは一つの舞台を観劇することになった。

 「Dolls in Pseudo Paradise」。それは八人の正直者たちの物語。まがい物の楽園で繰り広げられる、狂気と狂乱の御伽噺だった。

 啓かれる境界、曝かれる秘譚。蒼眼のアンティークドール。骨董商の青年。紅白の巫女。そして東の山のサナトリウム……

 夢は現に、現は夢に。嘘は真に、真は嘘に。そして幻想は真実へと変わる。

 蓮子とメリー。ふたりは忘れ去られた夢を見る。そう、異なる世界に生きる多くの妖怪たちと、少しの人間たちの営みを。秘められ封ぜられた幻想の物語を。

 蓬莱の物語を――

【試読版ダウンロード】

→小説「蓬莱の物語」(試読版)のダウンロードはこちら←

※オンラインストレージ「firestorage」 からpdf形式でダウンロードされます。
 スマートフォンからのダウンロードや閲覧も可能です。

【概要】

サークル:京都秘封探訪
文:慧

文庫判312ページ
頒布予定価格:1000円

頒布場所:第七回 科学世紀のカフェテラス 「秘-20 京都秘封探訪」のスペースにて

※同人ショップへの委託は行いません。

-----------------------------------------------------------------------------

 試読版は冒頭87ページ分となっております。よろしければどうぞ読んでみてやって頂ければと思います。

告知情報テンプレート 2017京都2


 今回の小説はタイトルからも分かると思いますが、「蓬莱人形」がテーマとなっています。もちろん、いわゆる「初版 蓬莱人形」でございます。秘封倶楽部がお好きな方はもちろんですが、蓬莱人形に興味のおありの方も、どうぞお手にとってみて頂ければと存じます。

 また、今回はいつもに比してページ数が多いため。印刷代がかなり掛かることになりますので、基本的に増刷はないとお考え頂ければと思います。


 その他、新たな告知事項などがございましたらTwitterあるいはこちらのブログの方で告知させて頂きます。

 今年も京都合同まで残すところ、あとわずかとなって参りました。どうぞ皆様、お身体にお気をつけて京都までお越し下さい。
 
 そして、京都で逢いましょう……!

古明地こんぷれっくす よっつめ(2017/06/04)

IMGP4549s

 2017年6月4日の日曜日。この日は京都市にて毎年恒例となった古明地姉妹オンリー「古明地こんぷれっくす」が開催されましたので参加して参りました。

 古明地こんぷれっくす、略して「こめこん」。第一回より、大変な人気となったイベントで、その勢いは毎回カタログが完売してしまう程でございます。今回の第四回もまた、いつも通りに京都市は京都市勧業会館みやこめっせでの開催となりました。

IMGP4489s

 京都市営地下鉄東西線の東山駅方面より、北に上って岡崎公園方面を目指します。この、白川沿いにみやこめっせへ向かうのは、京都のイベントでの恒例行事ですね。初夏の太陽に新緑が見事に映えて、とても美しく。そして空気がおいしいです。

 また、5月末頃の京都は、大変蒸し暑い日々が続いており撒いたが、この日は数日前に関西を襲った一時的な嵐の後ということもあり、比較的、涼しい気候でございました。もちろん、暑いことは暑いのですけれども……

IMGP4494s

 晴れ渡る青空と、聳え立つ朱鳥居。仁王門通と神宮道の交差点にある、平安神宮の大鳥居です。即売会目的でここを訪れるのも、昨年10月の京都合同以来ですか。あれから八ヶ月近くが経つとは、時が過ぎるのは早いものです。

 それにしても、この日は本当に絶好の写真日和でございました。梅雨入りする直前、六月の初頭というのは本当に良い気候の日が多く。しかも、まだそれ程には暑くはない。こめこんの頃は、いつもいつも良い天候に恵まれますね。

IMGP4502s

 そしていつものみやこめっせへ到着です。開場後、しばらくしてからの到着だったので、もう待機列はありませんでした……が。向かいのロームシアターにて京都合唱祭というイベントが行われており、そちらが大変な人の入りとなっておりました。岡崎公園も、かなりの賑わいでしたね。

 例年なら、こめこんは11時開場なのですが。今回は12時開場でございました。昨年の京都合同や、今年の東方名華祭など、近畿東海圏では12時開場の東方オンリーも増えて参りました。

 元々は、遠方から当日の現地入りで来られる方に配慮して……の12時開催だったと思いますが。ひょっとしたら、これからもそういうケースが増えていくかもしれません。

IMG_201706040s

 会場となるのはみやこめっせ地下一階。第一展示場と、特別展示場でした。

 第一回のこめこんは、第一展示場の半面のみでの開催でしたが、第二回からは全面使用。第三回からは特別展示場も用いての開催……になったような記憶があります。

IMG_2017060422s

 開場の入り口には、こめこんよっつめのフライヤーの原画。そしてラナンキュラスの花束が飾られております。ラナンキュラスは、古明地こいしのスカートの柄として用いられている花ですね。こういった演出も、とても心憎い所がございます。

 会場内は、いつも通りの大変な賑わいでございます。参加サークルの方を見ていると、遠方から来られている方も少なくないようでした。

 最近の東方オンリーの傾向として、中高生ぐらいの若い参加者の方が増えているように見受けられる……というのがありまして、ここでもそういった雰囲気がちらほらと見え隠れしておりました。とは言え、目に見えて多かった、とまでは言えませんけれども……

 また、みやこめっせの他のイベントに来場された方々が、物珍しそうにこめこんを見ておられて。国内外の方々が入場しようとしておられるのを何度も見ることになりました。さすがに要カタログということで、カタログを購入してまで入場される方はいらっしゃらなかったですが……

 コスプレ広場の方は……。第一回の頃と比べると、顔ぶれががらりと変わりましたね……。もともとコスプレ界隈は人の入れ替わり、世代交代が非常に早い世界ですので、仕方のない部分はありますが。女性レイヤーの方で第一回の頃からいらっしゃっている方は……関西の方でも二~三人といった所ですね……

 ただ他地域のベテランのレイヤーの方々で、滅多に関西のイベントではお見かけしないような方を、何人もお見かけ致しました。色々な地方から来られる方が多いのも、こめこんの特徴の一つですね。

IMGP4550s


 また。今回は「古明地こんぷれっくす」以外にも、東方深秘録オンリーの「フォークロアパレード」が初開催となりました。深秘録オンリーと言うと、なかなか定義が難しいですが。島を見て周っている限りでは、やはり宇佐見菫子に関する創作物が多く。ほぼ実質的には菫子オンリーといった感じだったでしょうか。

 「ロアパレ」と略されるフォークロアパレード枠。こちらも、こめこん枠に負けないぐらいの盛り上がりを見せておりました!


 そして15時半にはイベントと無事に終了となりまして、皆様お疲れ様でした!アフターイベントでは、次回のこめこんの日程も発表されたようで、2018年6月3日となるようです。ロアパレ枠については、ちょっと分かりませんけれど……

 こうして今年も京都こめこんが終わりましたが、二週間後にはみやこめっせで再び東方オンリーがありまして。ミスティア・ローレライオンリーの「東方遊宴雀」が初開催となるそうです。そちらも今から、とても楽しみでございます。

 他にも今週は名古屋で東方幻想紅魔祭が開催されたりと、ほぼ毎週、どこかで何かしらの即売会が行われる勢いですね……(白目

 日本全国、本格的に夏の時期へと入りつつあり。規模の大小を問わず、同人誌即売会も次々に開催される時期となって参ります。

 ではまた、再来週。京都のみやこめっせにて……!

IMG_201706041s

博麗神社例大祭14(2017/05/07)

IMGP4063s

 2017年5月7日の日曜日。この日は毎年恒例となる博麗神社例大祭が東京都内で行われたので参加して参りました。

 例大祭と言えば、名実ともに日本最大・世界最大となる東方Projectオンリーイベントで。今回で第十四回目の開催となります。東方Project原作者であるZUNさんも参加されることがあるという点においては、ほぼ唯一の東方オンリーでもあります。


 京都からは夜行バスで東京へ。東京駅は午前6時頃の到着でした。東京駅からビッグサイトへは、りんかい線・ゆりかもめ・バス・水上バスなどがありまして。ちなみに一番安いのは、210円で東京駅から直接ビッグサイトへ向かうことの出来る都営バスでしょうか。例大祭の日は、臨時の急行バスが出ることもありますね。

 ただ、時刻表で見たところ。ビッグサイト行きの始発は午前7時36分ということで、少し時間を持て余してしまいますので。今回は京葉線から新木場駅へ向かい、新木場からりんかい線で国際展示場駅へ向かうルートを取りました。

IMGP1132s

 そして午前7時頃、東京ビッグサイトに到着です。この日はゴールデンウィーク最終日でして、GWは比較的天候に恵まれた気候の日々でしたが、7日は朝から霧雨のような雨が有明に降っておりました。とは言え、傘がなくても全く気にはならないレベルだったのですが……

 ただ。風もあって、少し肌寒かったですね……。長袖がないと辛かったです。例大祭と言えば、毎年のように良い天気で。直射日光の降り注ぐ暑い天気の中で行われるのが常でしたが、ここ最近では珍しい天候でございました


 待機列が形成されていたのは、東館屋外の駐車場。以前は砂利であった場所が、7・8ホールの竣工い伴い、綺麗にアスファルトで舗装されておりました。今回の例大祭は東方新作の体験版が頒布されるということもあってか、早い段階で大勢の人が待機列に並んでおられましたね。午前9時の段階で、既に1万人を超えていたとの公式見解もあったようです。

 サークル参加数については、今回は一気に減りましたね……。参加サークルのピークとなったのは2013年の5013スペースでしたが。以降は減少が続き、2014年は4310、2015年は4031。2016年には微増に転じて4067。ですが今回は遂に4000を割り込み、3736だったそうです。

 減少の理由は色々とあるでしょうが。2013年以降、艦隊これくしょんを皮切りとした、刀剣乱舞やFate/Grand Orderなど、強力なコンテンツの登場。はたまた東方Project界隈における世代交替が始まったこと……などが考えられそうです。

 なお。今回、例大祭として使用されたのは東1・2・3ホールと5・6ホール。うち、東3ホールがコスプレ広場、東5ホールが催事場と言った構成でして。即売会スペースとしては3ホール分になりましたね。ちなみに東4ホールでは、艦これオンリーの「砲雷撃戦よーい!」と、ガールズ&パンツァーオンリーの「ぱんっあ☆ふぉー」が行われておりました。


 さて。例大祭の待機列の方ですが、時間と共にどんどん人も流入して参りまして。午前十時前頃には厚い雲の切れ間から太陽の光が差し込んで、一気に暑くなりました。

 午前9時50分には列移動が開始。先頭の方から館内へ向かって、ぞろぞろと行進してゆきます。そして午前10時30分には大きな拍手ともに開場となりました。

 場内へ入れたのは10分から15分程が経ってからでした。まずは秘封・蓬莱の島がある東3ホール方面から攻略を開始致しましたが、既に多くの人・人・人という感じでございまして。接触や衝突にもかなり気を遣う状況でした。

 幾つかの目標を無事に落とした後、館外に出て上海アリスの列に挑戦したのですが、今回の上海アリスの待機列は下図のような感じでしたねえ……

taikiretu

 上海アリスは東3ホールの壁際に配置されており。そこから東1ホールまで2列縦隊が行って帰って行って帰って二往復。概算が5000人程が並んでおられたのではないでしょうか。

 窓口は4つ。上海アリスの頒布スピードはコミケでも最速レベルと言われますが。それでも列は伸びてゆく一方でございました。そして並び始めて40分後……

IMG_20170507_113411s

 買えました買えました。いやいや良かった良かった。そして少し調べた所、この五分後には完売とのツィートが流れておりまして……危ない所でした。やはりアリスは、現地で手に入れたいなら最優先で並ぶのが吉ですね……(白目


 上海アリスで、新作である東方天空璋の体験版を入手した後は、向かいの東5・6方面へ。東5は同人誌、東6は音楽CDといった配置でしたが、東6の混雑は凄かったですね……。人も多く、シャッターも締め切られており、熱気が籠もっており。とても蒸し暑かったです……。風通しが良く、涼しかった東1~3とは全く違った様相でした。

 また東6の壁際などはお昼を過ぎても盛況で。ずっと待機列の形成や整理、移動が行われておりました。コミケを見ていてもそうなのですが、東方アレンジの人気は本当に凄いですね……。2003年頃から「音楽がいい」というのが東方の評判の一つでもありましたしね。


 買い物も一通り終わり、屋台で腹ごしらえをしたの後。色々なお知り合いの方に御挨拶させて頂いたり、ぶらぶらとコスプレ広場や痛車や会場内を見て周っておりました。

 今回もやはり目についたのは、若い参加者の方の多さですね……。中学生ぐらいの方はもちろん、小学生ぐらいの方もお見かけしましたし。中には小学校低学年か、それよりも小さいのではないかという方が親子連れで来られていたり(お子さんもコスプレされていたのですが、それはもう楽しそうでした)。

 逆に艦これの方を覗いてみると、やや年齢層は高めな感じでしたでしょうか。コスプレを見ていても、ベテランの雰囲気を醸し出す人が多かったですね……。ちなみにですが、艦これ・ガルパンの方は早い段階でフリー入場となったようですが。例大祭は最後までフリーにはなっていなかったようで……

 それはともかく。前回の例大祭は過去最大の来場者があったと申します。サークル参加については減少の傾向のままですが、各地の中小規模のオンリーはむしろ増加しているようですし。世代も順次入れ替わり、再び安定期に入った頃。東方の即売会がどうなるのか……今から楽しみでございます。


 そして15時30分には今年も博麗神社例大祭、終了です。皆様、お疲れ様でした!今回の例大祭は程よい気候にも恵まれて、とても穏やかな雰囲気だったのではないでしょうか。もちろん、諸問題は色々とあるのはあったようですけれどもね……

 東方本編については、東方天空璋や東方憑依華の開発が発表され。にわかに東方界隈も活気だっております。完成版が頒布されるでろう夏が今からとても楽しみです。

 では、また夏。ビッグサイトでお会い致しましょう……!

IMG_20170507_162646s

Twitter
同人サークル:京都秘封探訪です。秘封倶楽部を中心とした東方Projectのあれこれを書き綴っています。8/13のC90夏コミ2日目「l-04a(エル-04a)」にて秘封倶楽部の小説「開闢の物語」を再々販。新刊「月と星から考察する秘封倶楽部の年代」を頒布予定でございます。