宇佐見蓮子とマエリベリー・ハーン、そして宇佐見菫子。彼女たちによって織り成される秘封倶楽部の物語。それが一体いつの時代の話であるのか、「科学世紀」の年代がいくつであるのか……というのは、長らく秘封ファンの間で議論と討論が交わされて来たと思います。

 幻想郷での暦から、その年代が推察できる宇佐見菫子の秘封倶楽部と異なり(こちらは2015年)、蓮子とメリーの秘封倶楽部が、何年後の話なのか……というのを見極めるのは難しい話です。

 そして今回は、秘封倶楽部の原作CDに描かれた「月と星」の描写から、蓮子とメリーの活動する年代を計算してみたいと思います。

 まず、第一の手がかりとなるのは「蓮台野夜行」です。

IMG_20151120_062328s

 蓮台野夜行のCDの盤面、そしてジャケットには、月と日付と時間の三つが記されています。つまりこれは、蓮子とメリーが蓮台の探索を行い、墓石を回したのが11月3日の2時30分であることを示しています。

 そして盤面の月。これは月齢25.5頃の月でして、「有明の月」と呼ばれるものになります(※月齢3の三日月ではありません)。

 ここから推察するに、11月3日に有明の月が見える日が、蓮台野夜行の年代ではないかと考えられます。そこで、まずは11月3日に有明の月(月齢25.5頃)が観測できる年を、22世紀までの範囲内で特定してみますと、下記の画像のようなものとなります。

月2018年月2029年

月2048年 月2067年

月2105年月2143年

月2162年 月2181年

(シミュレーション参考ウェブサイト:http://yamabiko.ciao.jp/geturei/geturei.html

 このように、11月3日に有明月が見えるのは2018年、2029年、2048年、2067年、2105年、2143年、2162年、2181年の8つの年のみとなります。ただし、これは午前2時半の時点での月齢であり、CDの盤面が見えるであろう午前6時半頃には、月齢が+0.2ほど追加されることとなります。

IMGP8750

 さらに言えば、「卯酉東海道」において、蓮子がヒロシゲにて飲酒をしている描写から考えると、例え2015年に蓮子が生まれたとしても秘封は最低でも2035年。そしてそれ以降にこの月が11月3日に観測できるのは2048年、2067年、2105年、2143年、2162年、2181年……となります。

IMGP8752

  そして次のヒントとなるのは「大空魔術」です。大空魔術の8曲目である「大空魔術 ~Magical Astronomy」のストーリーの中において、蓮子が「16時31分、宵の明星が見えたわ」と呟くシーンがあります。

 宵の明星とは、日没の少し前頃から、黄昏時の西の空に見える金星のことです。つまりここから、大空魔術の8曲目の時間帯は16時31分、そして日没の時間帯であることが伺えます。

 秘封倶楽部の舞台は京都。そして京都の日没時刻ですが、16時30分頃という早い時間帯に日没するのは冬季に限られます。ちなみに冬至で京都は16時50分に、完全に太陽が西の地平線に沈むこととなります(東京で16時30分)。よって、大空魔術は冬至の頃に成された物語であると考えられます。

 さらには、冬至の頃に宵の明星が見える……ということで。金星の運行から、冬至の頃に宵の明星が見える年代を、さらに絞り込んでみたいと思います。

 まずは、「蓮台野夜行(11月)」と「大空魔術(12月)」が同じ年代であった場合です。

金星2048年 金星2067年

(シミュレーション参考サイト:http://star.gs/cgi-bin/scripts/wakusei_i.cgi)

 先に挙げた6つの年代候補のうち、冬至の頃に宵の明星が観測できるのは2048年と2067年のみでした。ちなみに他の年だと、2105年はそもそも見えない。2143年・2162年・2181年の3つは明けの明星が見える年となります。

 また、もし「大空魔術」が「蓮台野夜行」の翌年の話であった場合は、次のようになります。

金星2144年 金星2163年
金星2182年

 大空2144年(蓮台野2143年)、大空2163年(蓮台野2162年)、大空2182年(蓮台野2181年)の3つにおいて、冬至の頃に宵の明星を観測することが出来ます。ちなみに大空2049年(蓮台野2048年)は観測不能、大空2068年(蓮台野2067年)、大空2106年(蓮台野2105年)の2つは明けの明星となります。これらをまとめると、蓮台野夜行の年代は……

「蓮台野夜行と大空魔術が同じ年の時」:2048年、2067年
「蓮台野夜行の翌年が大空魔術の年の時」:2143年、2162年、2181年

 となります。

 蓮子とメリーは大空魔術において「次の年の夏休みの予定」を検討しているので……蓮台野夜行の二年後が大空魔術という可能性は低いと思われます。蓮台野夜行を2回生とすると(「蓮」と「大」が同じ年の場合)、二人が月面ツアーへ行こうとしているのは3回生の夏。「蓮」と「大」が一年違いの場合は4回生の夏ですが、大学において専攻が決定されるのは、だいたい3回生、早くて2回生でしょうし……。大空魔術は3回生、月面ツアーは4回生に行く……という感じになるのではないかと。「蓮」と「大」が2年離れてしまうと、二人は留年する気満々ということになるかと思います(あるいは大学院進学)。「蓮」の時点で一回生なら2年違いも成立はしますが、それは後述します。


 そして、さらにここから絞り込んでみたいと思います。最後のキーポイントとなるのは、やはり「大空魔術」です。「大空魔術」の10曲目の「向こう側の月」には「二人は大学の設備である噴水のある池の辺に腰掛けた。既に月が顔を出しており、湖にはクレーターの無い平らな月が浮かんでいる。」と書かれています。つまり、「大空魔術」の日は、月が見えていなければなりません。

 そこで、蓮台野夜行と大空魔術が同年だった場合の大空2048年、大空2067年。1年違いだった場合の大空2144年、大空2163年、大空2182年の月齢を調べてみたいと思います。

しぼりこみ2048年 しぼりこみ2067年
しぼりこみ2144年 しぼりこみ2163年
しぼりこみ2182年


 ……と、このようになりまして。蓮台野夜行と大空魔術が同年の場合の2つは少し欠け始めた満月。1年違いの場合の3つは有明の月となります。そして、おそらくは日没直後であろう大空魔術の時間帯には、有明の月は見えません。

 よって、大空魔術の日の日没直後に見える2048年と2067年こそが蓮台野夜行の年であり、同時に大空魔術の年でもあると計算できます。ただし、噴水の水面に月が映る為には、けっこう高めに上らないといけないので……10曲目の時点での時刻は20時過ぎということにはなるのですが……


 最後に。「蓮台野夜行の時点で二人が一回生で、大空魔術の時点で二人は三回生(蓮台と大空が二年離れている)」場合の、大空魔術の時点での月齢と金星の計算結果を記しておきますと。


蓮2048年 大2050年→上弦の月頃 明けの明星
蓮2067年 大2069年→上弦の月頃 明けの明星
蓮2105年 大2107年→上弦の月頃 宵の明星
蓮2143年 大2145年→上弦の月頃 ×観測不能
蓮2162年 大2164年→上弦の月頃 明けの明星
蓮2181年 大2183年→上弦の月頃 明けの明星

 となりまして。描写に合致するのは「蓮台野夜行が2105年で、大空魔術が2107年」となります。ちなみに月齢は上弦の月の頃なので、日没した頃に月が南中に達しており、ばっちり噴水の水面に月が映ることとなります。

 結論としては、「2048年、2067年、2105年が蓮台野夜行の年である可能性が高い」ということになります。

 ……という感じでの考察でございました。もちろんこれらは、蓮子とメリーが何回生であるか、大学院進学する気はあるのか、そもそも大学は四年制なのか……はたまた、蓮台野夜行に記された月齢が厳密には一体いくつであるのか……という様々な条件によって計算結果が、かなり異なってきます。

 自分による考察はこの辺にしておきますが、また興味のある方は、ご自身で色々と考察・計算されてみるとよろしいかと存じます。