※このテキストには現在上映中の映画「リズと青い鳥」のネタバレが含まれています。

 

 2018421日(土)より、京都アニメーション製作の映画「リズと青い鳥」が全国で公開されることとなりました。この映画は宝島社より刊行されている小説「響け!ユーフォニアム」シリーズが原作となる作品です。

 「響け!ユーフォニアム」は、京都府宇治市にある北宇治高等学校という架空の学校の吹奏楽部を題材とした小説であり。これまでにも宇治市に本社を置く京都アニメーションによって第一期、第二期に分けてテレビアニメ化がなされ。そしてテレビシリーズを再編した劇場版ふたつも製作されました。

 アニメ第一期では、北宇治高校に入学した新一年生である黄前久美子(ユーフォニアム担当)や高坂麗奈(トランペット担当)らを中心に、北宇治高校吹奏楽部が全国吹奏楽コンクールへの出場を目指して、京都府大会に臨む姿が描かれました。

 アニメ第二期では、同じく一年生である久美子と麗奈を中心に置いたままで、二年生や三年生たちの複雑な人間模様や苦悩や葛藤を交えつつ、京都府大会を突破した北宇治高校吹奏楽部が関西大会、そして全国大会に挑んでゆく……という内容となりました。

 そして今回の「リズと青い鳥」はアニメ第二期のさらにその後を描く物語となっており。「リズと青い鳥」では、第二期でも様々なエピソードの語られた鎧塚みぞれ(よろいづかみぞれ・オーボエ担当)、そして傘木希美(かさきのぞみ・フルート担当)の二人が中心人物となり、二人の「友人関係」が一貫した主題となっています。

 今回は「リズと青い鳥」を観て、気になったこと、違和感を覚えたことなどをまとめてみたいと思います。

 

 

~リズと青い鳥、あらすじ~

 

 先の全国大会で惜しくも銅賞に留まった北宇治高校吹奏楽部。北宇治高校吹奏楽部は「全国大会金賞」の目標を掲げ、練習に励む日々を送っていた。

 今回、北宇治が自由曲として選んだのは「リズと青い鳥」。これは少女"リズ"と、リズと共に生きる"青い鳥"の愛と友情、そして出逢いと別れの童話を題材とした楽曲であり。その見せ場となるのは、リズと青い鳥の別離を描く第三楽章。オーボエのソロとフルートのソロの掛け合いであった。

 オーボエのソロを担当するのは三年生となった鎧塚みぞれ。フルートのソロの担当は同じく三年の傘木希美。内気な少女"みぞれ"と、陽気な少女"希美"。中学の吹奏楽部時代からの友人同士であるふたりは、みぞれはリズに、希美は青い鳥に自身の姿を重ね合う。

 中学時代、一人ぼっちであったみぞれは、偶然自分に声を掛けてくれた希美に誘われるがままに吹奏楽部に身を置くことになった。それ以降、みぞれにとって希美はみぞれの唯一の友人であり、そして全てであり。「希美の決めたことが自分の決めたこと」と述べる程の存在となっていた。孤独な自分に希望を与えてくれて、そして手を引いてくれた希美はみぞれにとってまさに青い鳥そのものに他ならなかった。

 ……童話において、リズは青い鳥との間に深い愛と篤い友情を育みながらも、大空へ羽ばたける可能性を持つ青い鳥を自身の元に閉じ込めてしまうことを自分で許すことができず。青い鳥と別れる決意をし、青い鳥を鳥篭から解き放つ。そして、その二人の互いへの問いかけと別離を描く旋律こそが、みぞれのオーボエと希美のフルートであった。

 オーボエのエース、フルートのエースと形容される程の高い演奏技術を持つふたり。だが、ふたりのソロはどこか噛み合わない。周囲の者たちもみぞれに「相性が悪いのではないか」「自身を抑えた窮屈そうな演奏をしている」と心配の声を掛ける。

 何故か。みぞれと希美にはすれ違いの過去があった。ふたりが高校の一年の時、ある日突然、希美は吹奏楽部を去った。だが、みぞれは友人だと思っていたはずの希美から何も聞かされていなかった。その後、二年生になって希美は再び吹奏楽部に復帰するも、みぞれは常に「いつか希美はまた自分の元から去ってしまうのではないか」と恐れ続けていた。

 新一年生に慕われ、賑やかな日々を送る希美。希美以外の者とは距離を取り続けるみぞれ。迫る卒業の時、決まらない互いの進路。ふたりの距離が少しずつ変わり始める。

 「自分にはリズの気持ちは分からない。自分ならば青い鳥を閉じ込めてしまう」。告解し、苦悩するみぞれ。全ては希美を想うがゆえ。希美との離別を恐れるがゆえであった。

 「リズと青い鳥の別れ。お互いの音を聴くことが何より大事である」「オーボエはリズを、フルートは青い鳥を表していると言われている」「オーボエはフルートに語りかけ、フルートはオーボエに応えねばならない」。……やがてみぞれは答えを得る。自分はリズにばかり自らを重ねていた。だが、青い鳥の心はどうだったのか。そして臨んだ合奏練習。儚く悲しく、切なく愛おしく、そしてあまりに豊かな感情を見事に奏で上げるみぞれ。そのオーボエの音色は吹奏楽部員たちを戦慄させ、感嘆させ、驚愕させる。それはかの希美をも落涙させるほどであった。

 合奏後、みぞれは希美に想いの全てをぶつけ、抱き締める。それは希美にすらも自身のことをほとんど語らなかったみぞれが、初めて誰かに自身の気持ちを――愛を、はっきりと自身の言葉で伝えた瞬間であった。そしてまた希美も、不器用ながらも自身の本音をみぞれに吐露するのだった。

 それぞれの道を歩み始めるみぞれと希美。進む先は異なっても――ふたりは笑顔だった。

 

~みぞれと希美。ふたりは友人なのか~

 

 みぞれにとって希美はかけがえのない唯一無二の友人。それは「希美だけが、自分の全てである」との言葉からもよく分かります。ただ、それは同性愛とまでは行かないにしても、かなり重篤で危険にも思える『依存』であり、あまりに一方的にみぞれが希美という存在に寄り掛かっている……ようにも見て取れますし、実際アニメーションでの演出を見る限りでは、そうとしか解することができません。事実、みぞれは希美以外の人間とは積極的に関わろうとはしませんし、遊びの誘いなども断り続けていました。他にも、日曜日の登校時、みぞれは正門の前でずっと希美がやって来るのを待ち続けていたりもしました。また、アニメ第二期においてみぞれと希美のエピソードが語られた時は、みぞれにとって希美はトラウマのような存在にまでなっていました。

 一方で、希美にとってみぞれはどうなのか。「友人」であることに間違いはないのでしょう。だが、それはどの程度の「友人」であるのでしょうか。少なくとも希美の中のみぞれは、みぞれの中の希美のような「依存に近しい対象」ではありません。みぞれとは正反対の社交的な希美にとって、みぞれは「あくまでも、大勢いる仲の良い友人の一人」に過ぎないのではないでしょうか。

 アニメ二期では高校一年生時、希美が不真面目な態度の二年生たちと対立して吹奏楽部を去って行きましたが、それについて希美からみぞれに直接間接の相談や報告は一切なく。みぞれは後になってから希美が部活を辞めたことを周囲から聞かされています。

 ……ふたりは本当に対等な友人同士であるのでしょうか。「リズと青い鳥」のPVでは「ふたりは中学からの親友」と語られていますが、果たして本当にそうなのでしょうか。

 リズと青い鳥のラスト附近にて、みぞれは希美を抱き締めて「希美の全てが好き」と告白しますが、希美にとってそれは……あまりに重過ぎる「愛」であり。同性愛ではないとしても、多大な戸惑いを覚えることだったのではないでしょうか。

 みぞれと希美の中学では「ハグ」が流行っていたそうです。それは互いをハグしながら、互いの好きな所を一つ一つ述べてゆくというものだったそうです。

 同じ中学出身の後輩たちがハグをしているのを見て、希美はみぞれに「ハグしようか」と持ちかけて両腕を広げます。ですが、みぞれが希美に手を伸ばしかけた瞬間、希美はそれを辞めてしまいます。また、後日、希美の気持ちを確かめたいみぞれの方から希美が「ハグして」と持ちかけられた時、希美は「また今度ね」と、みぞれを置いて去って行きます。

 ……みぞれの愛が重いと感じて距離を取ろうとしていたのか。それとも何となく気恥ずかしくて希美が逃げてしまったのか。その距離感、その間合い、その空気感。非常に興味深い演出でございます。

 

~みぞれの依存、そして成長~

 

 みぞれは、希美以外の者とは距離を取り続ける日々を送っていました。お祭りに誘われても「希美が行くなら自分も行く」。大学についても「希美が行く大学に自分も行く」と、何においても希美に追従する形でした。

 ですが、みぞれにも自身を慕ってくれる後輩ができて、ほんの少しずつではありますが他者との関わりを見せるようになります。後輩の女の子にリードの作り方を教えて上げたり、作って上げたりもしていました。

 また、劇中後半でも希美から「プールに行こう」と誘われた際には「他の人も連れて行っていい?」と自分から切り出して、希美を驚かせます。

 希美の存在に依存しっぱなしだったみぞれ。吹奏楽部内でも、希美が他の部員たちと仲良く過ごすのを目の当たりにし、みぞれは孤独や寂寥を感じているような演出が何度もなされています。ですがその中でみぞれは、少しずつではありますが希美への依存から脱却し、成長してゆきます。これが「リズと青い鳥」の大きな見所の一つだと個人的には感じています。

 

~第三楽章の合奏。希美の涙の理由とは~

 

 何度合奏しても上手くゆかない第三楽章、みぞれのオーボエと希美のフルートの掛け合い。それは吹奏楽部員たちはもちろん、それを見守る大人たちもが頭を悩ませていたことでした。

 リズと青い鳥、自分と希美。それらの苦悩と葛藤の末に光を見出したみぞれは、ある日の練習において顧問の滝に「第三楽章を合奏させて欲しい」と、皆の前で自ら手を挙げて頼み込みます。

 そこでみぞれが魅せた全力のオーボエは、その場にいる者全てを感動の渦に巻き込みます。中には泣き出してしまう部員もいる程でした。

 中でも、みぞれのオーボエとの掛け合いを務めたフルートの希美などは合奏中に涙を落とし、震える指と唇を必死で奮い立たせてフルートを吹く程でした。そして、なぜ希美は泣いたのでしょうか。

 みぞれのオーボエと希美のフルートの掛け合い、語り合い。互いの音を聴いて、互いに応え合うその旋律。それに心を打たれて他の部員たちは感銘を受けたのは間違いないでしょう。そして正直に言えば、自分はあのシーンにおいて、希美もまた同様の理由で泣いてしまった。あるいはみぞれのオーボエを通じて伝わってきたみぞれの心と想いと愛を"聴いて"涙を零したのだと思いました。

 ……ですが、合奏後。希美の口から語られたのは「みぞれは圧倒的な技術を持ちながらも、いつも実力をセーブして、自分(希美)のレベルに合わせて演奏してくれていた」ということでした。

 「リズと青い鳥」のPVにおいて「誰しも感じたことがある羨望と絶望」というナレーションが登場します。……希美は吹奏楽部のあり方を巡って先輩たちと対立するほど向上心の強い熱心な吹奏楽部員でした。そんな希美が、いつも自分が手を引いていたつもりのみぞれが、自分などは敵わない程の圧倒的な演奏技術を有していたことを知ってしまい、そしてそれを抑圧していたのは希美自身の存在であったことに気がついてしまいます。希美のみぞれに対する羨望、そして絶望。パンフレットのインタビュー記事によると「才能への嫉妬」でもあったと言います。それらは希美に、音楽大学への進学を諦めさせる一因ともなったようです。

 実はこの嫉妬。合奏以前よりその兆候を見せていたようです。映画中盤、みぞれが女性講師の新山に声を掛けられて「興味はある?」と音楽大学のパンフレットを渡されました。そのパンフレットを見た希美は「音大受けるの? 私、ここの大学受けようかな」と呟き、みぞれも「じゃあ私も……!」と述べました。

 みぞれにとってそれは「希美と同じ大学へ行ける(つまりずっと一緒にいられる)」という嬉しい出来事だったのですが、希美にとってそれは違ったようです。以前より希美はみぞれの才能に嫉妬していた部分があり「先生から音大を薦められたのはみぞれだけであり、自分は声を掛けられなかった。なら、自分も音大へ行けばみぞれに並び立てるのではないか」との考えが「音大を受けようかな」と言わしめたようです。

 ……このシーン。みぞれの嬉しそうな声と表情とは裏腹に、希美の顔には深い陰が落ちており、その表情を読み取ることはできません。この時、希美がどんな表情であったのか……。羨みか、妬みか、悔しさか――。少なくとも、「友人のみぞれと一緒の大学へ行こう!」という前向きな気持ちではなかったようです。

 

~最後のハグと違和感~

 

 第三楽章の合奏後、みぞれの周囲には賞賛の人だかりが形成されました。それはまるで、普段の希美がそうであるかのようでした。一方、希美は一人でひっそりと音楽室から姿を消してしまいます。

 希美を追いかけるみぞれ。みぞれは希美から「みぞれはいつも実力をセーブして、自分(希美)のレベルに合わせて演奏してくれていた」「先生から音大を薦められたのはみぞれだけであり、自分は声を掛けられなかった」といった本音の吐露を聞かされることになります。希美はみぞれの演奏に打ちのめされ、絶望していました。

 そんな希美にみぞれはハグを再び求めます。そしてみぞれは希美がハグしてくれるのを待つことなく、自ら希美を抱き締めると、矢継ぎ早に希美の好きな所を次々に述べていきます。希美の容姿、希美の中身……希美の全てが、みぞれにとって好きな所でした。

 全身全霊。文字通り体当たりでのみぞれの告白。それに対する希美の答えは

 

「みぞれのオーボエが好き」

 

 と答えたのみ。希美からのハグも、軽くみぞれの腰周りに手を添える程度のものでした。

 ……このセリフについて、個人的には違和感を覚える箇所でした。みぞれの告白に対して希美の返答は、あまりにも……簡素で簡潔で、同時に的外れで場違いなものにも聴こえてしまったのです。

「かけがえのない友人で、自分の全てである希美」

「あくまでも大勢の友人の一人であり、嫉妬と羨望の対象であるみぞれ」

 これまで積み重ねられてきた二人の友人関係の演出を鑑みた所、希美の返事はあまりにも薄っぺらく軽いものとしても解釈できてしまうのです。まるで重過ぎるみぞれの愛を、巧みに逸らし、誤魔化しているようにも聴こえてしまうのです。

 もちろん本質的な部分を端的に顕したセリフであると解釈することもできます。

 ……この「みぞれのオーボエが好き」のセリフについてはパンフレットのインタビューでも取り上げられているのですが、当然と言えば当然ですが明確な解答は記されていません。

 

・どれだけみぞれが言葉を重ねても、それは希美が望んだ『正解』ではなかったのではないか。

・みぞれ自身も、希美に何と言って欲しかったのかは分かっていなかったのではないか。

・これからみぞれは、希美に何と言って欲しかったのか、少しずつ分かってゆくのではないか。

 

 ……と言ったことのみが述べられています。ただ、山田尚子監督によると「『みぞれのオーボエが好き』と言う言葉を述べるのは希美とって相当勇気が要ることだった」とのことでした。

 「みぞれのオーボエが好き」。これはおそらく、あの場面においては正解となる言葉ではなかったのだと思います。ただ、それがみぞれと希美の距離感と関係性を表す象徴的なセリフとなっており、ふたりの未来と将来を思わせる重要にして重大な名セリフであったとも思います。

 もっと通り一遍等な間違いのないセリフを希美に喋らせることも出来たかと思います……が。ありきたりな愛の言葉よりも、きっとこの「違和感のあるセリフ」でなければ「リズと青い鳥」はここまで印象に残る作品にはなっていなかったと思います。

 

~結局、ハッピーエンドだったのか~

 

 後日。みぞれと希美は図書室で出会い、それぞれ別の本を借りて行きます。みぞれが借りたのは「リズと青い鳥」の文庫本。希美が借りたのはセンター試験の問題集でした。そして向かった先は別の場所。みぞれは音楽室へ向かいオーボエを取り出し、希美は図書室の片隅で問題集に取り組みます。これは、みぞれが音楽大学への進学を決意する一方、希美は音大を諦めて普通の大学への進学を決めた……ということの暗喩でしょう。つまりふたりは別々の道を歩むことを決めたということです。

 ……結局、この物語はハッピーエンドだったのでしょうか。

 童話「リズと青い鳥」について、みぞれは悲しい物語であり、自身にとっては耐え難い結末だと感じ取っていたようです。希美もまた、悲しい物語であり「ハッピーエンドの方がいいよね」と述べていました。

 希美は「リズと青い鳥が別れたとしても、また時々会いに来ればいいのに」と、あっけらかんとしていた部分もありましたし、みぞれと別々の大学に行くことになったとしても、取り立てて気にはしていないのかもしれません。

 一方でみぞれはどうでしょうか。みぞれにとって希美とは、当初は「離ればなれになるなんてとてもでは無いが耐えられない」程に重要な友人であり、対象でありました。ですが、みぞれは物語を通じて確実に、そして着実に成長を見せており。希美への依存から脱却していっています。みぞれは今度こそ自分の意思で音楽大学を目指すことを選び、自分の足で立って歩くことを決めたのかもしれません。

 もちろん、観ている側としてはふたりが同じ大学に通い、末永く仲良く連れ添ってゆくことがハッピーエンド……なのですが。何だか煮え切らない、割り切れない、わだかまりの残るエンドになってしまいました。とは言え、得てして青春ってそういうものですけどね……だから切なく、悲しく、尊く感じられてしまうもので。

 

 個人的に「リズと青い鳥」を総括すると、これはふたりの友人の物語ではなく。みぞれがほぼ一方的な依存、片思いに身心を病ませていたのが、やがて自分の足で立って歩けるようになっていく……という「みぞれの成長物語」だったのではないかと思っています。

 本来は「ふたりの友情物語」がテーマだったのでしょうけれど、ここまで散々観てきたように、希美にとってみぞれは「あくまで大勢の友達のひとり」であるとしか考えていない。そういう風に見えてしまうのですよね……

 ですので「ふたりの物語」「ふたりは親友」と言われても、かなりの違和感を覚えてしまうと申しますか……うん。

 

 いずれにしても「リズと青い鳥」。本当に良かったです。音楽、映像、演出、間合い、呼吸、拍子。どれを取っても素晴らしいの一言でした。映画を観て泣いたのは初めてでしたね……

 

 また近い内に劇場に足を運んで。もう一度、物語と向き合い「ふたりの物語」について精査してみたいと思います。