いつの間にか今年も10月。今夏の京都は過去最高の熱さとなり、ろくに外も出歩けない日々でございました。それが今や、あの熱さが嘘のよう。朝晩はもう肌寒いぐらいの気候となっています。

 そして10月11日。今年もついに、恒例の物が届きました!

IMGP3015s


 11月11日(日)に開催となる第八回「科学世紀のカフェテラス」のサークル入場証でございます。今年もついにこの時期となってきましたね。

 そして今日は、本年の「科学世紀のカフェテラス」での頒布物の告知となります。今年ももちろん、新刊小説を頒布致します!
-----------------------------------------------------------------------------

桜のコピー2

小説「邂逅の物語」

【STORY】


 桜咲く春の京都。大学生となった宇佐見蓮子は、遂に憧れの酉京都大学の門をくぐることになった。

 蓮子を出迎える、祝福と喝采の雨嵐。夢にまで見たバラ色のキャンパスライフ。希望に満ちた一人暮らしの新生活……。何もかもが新鮮で、全てが輝く素晴らしき日々が始まった。

 そんな蓮子に、容赦ない現実が重くのしかかる。堕落と腐敗 怠惰と不精……。目の前に繰り広げられる実情に打ちのめされ、失望する蓮子。

 ……そんな中、蓮子はひとりの少女と出逢う。彼女の名はハーン、マエリベリー=ハーン。金の髪と青の瞳......。そのどこか愁いを帯びた横顔に、蓮子は惹かれていった。

 夢は現に、現は夢に。嘘は真に、真は嘘に。そして幻想は真実へと変わる。

 蓮子とメリー。ふたりは忘れ去られた夢を見る。そう、異なる世界に生きる多くの妖怪たちと、少しの人間たちの営みを。秘められ封ぜられた幻想の物語を。

 邂逅の物語を――

【試読版ダウンロード】

→小説「邂逅の物語」(試読版)のダウンロードはこちら←

※オンラインストレージ「firestorage」 からpdf形式でダウンロードされます。
 スマートフォンからのダウンロードや閲覧も可能です。

【概要】

サークル:京都秘封探訪
文:慧

文庫判282ページ
頒布予定価格:1000円

頒布場所:第八回 科学世紀のカフェテラス 「鳥-26 京都秘封探訪」のスペースにて

※同人ショップへの委託は行いません。

-----------------------------------------------------------------------------

 試読版は冒頭80ページ分となっております。よろしければどうぞ読んでみてやって頂ければと思います。

2018 告知s

 今回の小説は、蓮子とメリーの出会いの物語であり。ふたりの秘封倶楽部が結成されるまでを描くものとなっています! 是非どうぞお手にとって読んで頂ければと思います。

 その他、新たな告知事項などがございましたらTwitterあるいはこちらのブログの方で告知させて頂きます。

 今年も京都合同まで残すところ、あとわずかとなって参りました。どうぞ皆様、お身体にお気をつけて京都までお越し下さい。
 
 そして、京都で逢いましょう……!