return_to_forever

All about 将棋の世界

現代稀な超天才集団で真っ向対決の真剣勝負の世界「将棋界」、この異色世界のアップデートな情報を追っていくポータルサイト。将棋の各棋戦は提携新聞社毎、個々に存在します。また女流界は二つの組織に別れています。アマチュア将棋やコンピュータ将棋も魅力的な世界を形成、このサイトはそれらの分散した情報を集約します。このサイトを訪問することで多角的な視点から将棋を見つめ、トレンドをたどり、楽しみましょう!



取り上げた対局に関しておもしろい記事を書かれているブログをリンクさせていただきます。
【近況】加古川清流戦、現地解説会に行ってきました。豪華な解説陣と面白い将棋、堪能しました。
15 1月

藤井聡太四段が佐藤天彦名人破る 次は羽生竜王と対戦

 将棋界最多の29連勝を達成した最年少プロ藤井聡太四段(15)は14日、名古屋市で指された朝日杯オープン戦本戦準々決勝で佐藤天彦名人(29)を破り、ベスト4に進んだ。公式戦でタイトル保持者と初対戦し、見事に勝利を飾った。名人は将棋界で最も伝統あるタイトル。
 準決勝で、第一人者の羽生善治竜王(47)と対戦する。羽生竜王とは公式戦初対局で、非公式戦では1勝1敗となっている。朝日杯は持ち時間各40分の早指し棋戦で、準決勝と決勝は2月17日に東京都内で行われる。

続きを読む »

14 1月

【更新】藤井聡太四段公式戦対戦成績・全記録一覧表

藤井20170607001091(2018/1/14) 69戦目まで更新しました。
先手番での無敗記録は21でストップ。
通算58勝11敗....通算勝率:8割4分1厘
・先手番24勝4敗   (勝率=85.7%)
・後手番34勝7敗  (勝率=82.9%)
現在3連勝!




【記録】
・新人連勝記録: 29連勝... (歴代新記録、従来は10連勝--松本佳介六段、近藤正和六段)
・連勝記録: 29連勝..... (歴代1位)
・先手番21連勝







保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存

続きを読む »

17 12月

【更新】[棋士にズームイン] 女流棋士になった 竹俣紅さん

1[2012年]

10月に将棋の女流棋士になった竹俣紅(たけまたべに)さん(14)(渋谷(しぶや)教育学園渋谷中2年)。アイドルのようなかわいらしさですが、将棋(しょうぎ)への情熱(じょうねつ)と、熱心に研究を続ける強さを秘(ひ)めています。厳(きび)しいプロの世界へ飛び込(こ)んだ竹俣さんに、将棋の魅力(みりょく)や将来(しょうらい)の目標を聞きました。
将棋と出会ったのは、小学校に入学する直前。そろばんの本を買いに書店へ行ったところ品切れで、書棚(しょだな)を眺(なが)めているうち、たまたま一冊(いっさつ)の本が目に留(と)まったといいます。

 「大好きな漢字がたくさん書いてあったので手にしたら、将棋の本でした。読んでみたら面白(おもしろ)かったので、やってみたいと思いました」

 両親は将棋がわからないため、基本的(きほんてき)なルールは本を読んで覚えました。母親に頼(たの)んで将棋を指せる場所を探(さが)してもらい、日本将棋連盟(れんめい)の東京本部や道場がある将棋会館(東京・千駄ヶ谷(せんだがや))へ。いきなり当時小6だった子に勝って、驚(おどろ)かれたそうです。

 同会館の将棋スクールに通ってプロの世界があることを知り、憧(あこが)れるように。小4の時に森内俊之(もりうちとしゆき)名人に師事(しじ)し、本格的(ほんかくてき)に将棋に取り組むようになりました。「森内名人は図書館のような方。学者肌(がくしゃはだ)で、色々な知識(ちしき)が詰(つ)まっていて、とても尊敬(そんけい)しています」
20121202sf_takemata045


続きを読む »

17 12月

高梨臨、憧れの人との共演に「あぁ…生きててよかった」

300x300s_FFFFFFFF女優の高梨臨が来年1月3日よる7時30分から放送のNHK BSプレミアム「一・二・三!羽生善治の大逆転将棋」に出演。司会役を務めた。
新感覚の将棋バラエティー番組となる同番組は、プロ棋士と将棋好きの芸能人が、趣向をこらした企画のもと、とんでもないハンディルールで対戦。

将棋素人のタレントとイケメン棋士がペアを組んだ混合ダブルス将棋、羽生善治棋聖と俳優・東出昌大のガチンコ勝負、最強の人工知能を搭載したAIロボットと将棋好きタレントの対局など、手に汗握る真剣勝負を繰り広げる。
千原ジュニアと司会を務めた高梨は、番組の見どころを豪華出演者に加え「上級者の方も楽しんでいただけるし、初心者の方もバービーさんとか夢眠ねむさんのように楽しんでいただける番組にもなっていると思います」とアピール。
羽生氏や加藤一二三九段といった豪華棋士との共演については「加藤さんは、将棋界の伝説ですし、羽生さんはずっと憧れてて、羽生さんに会いたくて将棋さしてるようなものだったので。一度お会いしたことはあったんですけど、まさか一緒の番組に出させていただけるとは光栄です」と振り返り喜んだ。



続きを読む »

17 12月

藤井四段が史上最年少で本戦出場 朝日杯将棋オープン戦

将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(15)が15日、東京都渋谷区の将棋会館であった第11回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の2次予選に臨み、1回戦で屋敷伸之九段(45)、決勝で松尾歩八段(37)に勝ち、本戦出場を決めた。15歳での本戦出場は史上最年少記録。デビュー以来の通算成績は54勝9敗になった。  
藤井四段は「強敵ばかりの2次予選を勝ち抜けたのはとてもうれしい。本戦も一局一局、全力で臨みたい」と話した。



続きを読む »

17 12月

将棋・藤井聡太四段は「棋聡天才」 住友生命が創作熟語発表

kyo_origin_1_1_thum630住友生命保険は15日、今年の世相を4文字で表現する「創作四字熟語」の優秀作品10点を発表した。このうち将棋界最多の公式戦29連勝を達成した最年少プロ藤井聡太四段の偉業をたたえた作品「棋聡天才」(奇想天外)を、大阪市の上宮高校で生徒4人が「書道パフォーマンス」で披露。音楽に合わせてダンスをしながら、巨大な筆で力強く書いた。

続きを読む »

16 12月

羽生善治氏、永世七冠達成の心境語る「1つの大きな地点に辿り着くことができた」

habu6-250x1652017年12月13日、第30期竜王戦にて竜王を奪取し、史上初の7タイトルの永世称号を獲得した羽生善治氏の記者会見が行われました。会見では、永世七冠を獲得した心境や、将棋に対する自身の考えについて語りました。

司会者: それでは大変お待たせいたしました。時間となりましたので、ただいまから羽生善治永世七冠の会見を始めたいと思います。私は当クラブ企画委員の日本テレビのオグリと申します。進行と質問役を努めさせていただきます。
 もうみなさんに申し上げる必要もないかと思いますけれども、先週行われました第30期竜王戦で「竜王」を奪取して、永世竜王の称号獲得条件の通算7期をクリアされました。残りの6つのタイトル戦「名人」「王将」「王位」「王座」「棋王」「棋聖」の永世称号と合わせて、永世七冠の誕生ということになりました。 この素晴らしい偉業を達成された興奮も冷めやらぬ中、今日お迎えすることができて大変嬉しく思っております。
実は羽生さんには2006年に一度、日本記者クラブにはお越しいただいています。それは王座戦で、ご自身の持っていた同一タイトルの連覇記録を15回に伸ばした時ということで、今回が11年ぶり2回目のご登場となります。 今日の記者会見の進め方なんですけれども、まずは羽生さんからご挨拶をいただきます。その後、質疑応答の関心があるであろうと思われる事項を対談形式でお聞きして、その後会場から挙手による質問というのをお受けするというかたちで進めたいと思います。



続きを読む »

16 12月

AI「アルファ碁」を改良、将棋・チェスでも最強 グーグル、独学で鍛える

米グーグルの持ち株会社アルファベット傘下の英ディープマインドは、世界トップ棋士より強い最強の囲碁用の人工知能(AI)「アルファ碁ゼロ」を改良し、将棋やチェスにも応用したAI「アルファゼロ」を開発した。白紙の状態から独学で試行錯誤を繰り返し、数時間で現状の世界最強ソフトを超える強さを獲得。将棋・チェス・囲碁のいずれも最強という3冠を達成した。

 5日にオンライン科学誌に論文を公表した。AIにはまず将棋やチェスのルールだけを教え、自己対戦を繰り返させた。従来のソフトは人間が長年の歴史の中で考案した「定跡」やプロ棋士の棋譜を学ぶことで強くなったが、こうした人間のデータは与えなかった。

 2017年の世界コンピュータ将棋選手権で優勝したソフト「エルモ」と、16年のチェス世界大会で優勝した「ストックフィッシュ」、囲碁の「アルファ碁」と強さを比較した。強さを示す指標「レーティング」をみると、アルファゼロが将棋では2時間弱、チェスでは4時間、囲碁では8時間学習した時点で各ソフトを上回る実力を手に入れた。



続きを読む »

15 12月

藤井四段が公式戦A級初撃破「とても自信に」屋敷九段破る

将棋の藤井聡太四段(15)が15日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第11回朝日杯オープン戦2次予選で後手番の102手で屋敷伸之九段(45)に勝ち、通算53勝目(9敗)を挙げた。
 18歳6か月の最年少タイトル獲得記録を持つ屋敷九段は名人を目指す棋戦「順位戦」で最高峰のA級に属する棋士。藤井四段は公式戦で初めてA級棋士を撃破。またしても実力を証明した。終局後は「(勝負が)際どくて最後まで分からなかったですが、公式戦でA級の先生に勝てたのはとても自信になりました」と振り返った。



続きを読む »

10 12月

藤井四段、A級棋士の壁破れず NHK杯8強逃す

 将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(15)が、10日放送の第67回NHK杯テレビ将棋トーナメントの3回戦で稲葉陽(あきら)八段(29)に敗れ、8強入りを逃した。名人挑戦権を争う「A級順位戦」に所属する一流棋士の壁は破れなかった。



続きを読む »

7 12月

藤井聡太四段、順位戦C級2組で無傷の7連勝!“一期抜け”へあと3勝

将棋の中学生棋士・藤井聡太四段(15)が12月7日、順位戦C級2組7回戦で高野智史四段(24)に勝利し、同級で無傷の7連勝を飾った。2人とも持ち時間6時間を使いきり、終局が深夜に及ぶ熱戦となったが、勝負どころを逃さなかった藤井四段が白星をもぎ取った。同級初参加の藤井四段が“一期抜け”を果たすには、10戦全勝が必要な状況だけに、この日も負けられない対局だった。

続きを読む »

22 6月

藤井聡太四段母・裕子さん「連勝より一局…28すごい」

藤井 裕子さん6将棋の史上最年少棋士、藤井聡太四段(14)は21日、大阪市福島区の関西将棋会館であった第67期王将戦(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)1次予選で澤田真吾六段(25)に99手で勝ち、神谷広志八段(56)が1987年に達成した歴代1位の連勝記録、28連勝に並んだ。

藤井聡太四段の母裕子さん(47)はこの日の対局を受け、日本将棋連盟を通じて報道各社に談話を寄せた。

談話で裕子さんは「お疲れさまでした。連勝というより目の前の一局をといつも思っていましたが、それが28まで続いたことは、とてもすごいことだと思います」と、息子をねぎらった。一方、連勝記録には「本人が意識していない(しないようにしているのかもしれません)ようなので、家族もそのようにしています」と案ずる気持ちをのぞかせた。



続きを読む »

21 6月

藤井聡太四段が歴代1位タイの28連勝、30年ぶり快挙

ふじい0001-PN1-6将棋の史上最年少棋士、藤井聡太四段(14)は21日、大阪市福島区の関西将棋会館であった第67期王将戦(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)1次予選で澤田真吾六段(25)に99手で勝ち、神谷広志八段(56)が1987年に達成した歴代1位の連勝記録、28連勝に並んだ。

デビュー戦から無敗での達成は初めて。単独トップの29連勝がかかる次戦は26日、東京・将棋会館である竜王戦決勝トーナメントで増田康宏四段(19)と対局する。



続きを読む »

20 6月

【三重県報道】県将棋界の星、雪辱に期待 鈴鹿在住の澤田六段

PK2017061902100189_size0将棋の歴代最多タイの二十八連勝に挑む藤井聡太四段は二十一日の王将戦予選で鈴鹿市在住の澤田真吾六段(25)と対局する。県内の将棋関係者は「澤田プロは県将棋界の星。ぜひ勝ってほしいが、藤井四段の記録更新も見たい」と複雑な思いで大一番を待っている。

 澤田六段は小学四年でアマ県名人戦に優勝して頭角を現し、暁高校在学中の十七歳のとき、当時の最年少プロ棋士になり注目を集めた。

 小学生時代の澤田六段と多く対局し、今も交流がある日本将棋連盟鈴鹿神戸支部の松岡博之支部長(59)は「普通はプロになれば都会へ出るが、澤田プロは小学高学年から現在まで、鈴鹿で一人黙々と棋譜の勉強をするスタイル」と話す。



続きを読む »

14 6月

子供将棋スクール会員急増…藤井聡太四段“快進撃”の波及効果

大フィーバーだ。最年少棋士・藤井聡太四段(14)が25連勝を達成。連勝記録だけでなく、経済効果でも快進撃を続けている。

 日本将棋連盟が運営する「子供将棋スクール」は千駄ケ谷の将棋会館のほか新宿、横浜など首都圏5カ所に開設しているが、ここにきて会員が増加。昨年5月の366人が今年は502人に増えた。同スクールは入会金5000円、月会費は6300円だ。

 7日に売り出した自筆の文字入り扇子(2268円)は30分で完売。12日はクリアファイル(324円)が午前10時からの2時間で売り切れた。

続きを読む »

13 6月

藤井聡太四段も進出…竜王戦本戦1回戦は26日

20170612-OYT1I50015-L 将棋の最年少棋士で、デビュー以来公式戦25連勝を続ける藤井聡太四段(14)と、増田康宏四段(19)が対局する第30期竜王戦本戦(決勝トーナメント)の1回戦が26日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で行われることが決まった。  藤井四段のタイトル戦本戦進出はこれが初めてで、渡辺明竜王(33)への挑戦を目指す。  

25連勝はデビュー以来の記録としては史上最多で、全棋士対象の記録としても歴代2位。藤井四段の人気は日に日に高まっており、今月上旬に発売された扇子は即日完売。
12日には、同日発売されたクリアファイルを求めて、朝から将棋会館に行列ができた。対戦相手の増田四段は昨年、新人王戦で優勝した若手実力者。



保存
2 4月

森内俊之九段が順位戦フリークラスへ転出「思い出深い経験をさせていただきました」

 名人8期で十八世名人の資格を持つ将棋の森内俊之九段(46)が平成29年度から順位戦のフリークラスに転出することが31日、分かった。フリークラスの棋士は順位戦を指すことができないため、名人復帰への道はなくなった。順位戦以外の棋戦は対局できる。

 順位戦は、フリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行い、最上位のA級優勝者が名人への挑戦権を得る。一方、B級1組以下の棋士が順位戦終了後から年度末の間に「フリークラス宣言」をすると、「フリークラス棋士」となり、順位戦は対局しない。また、一度宣言すると順位戦に復帰することもできなくなる。


続きを読む »

2 4月

第75期名人戦A級順位戦 稲葉陽八段-森内俊之九段 第37局 指し直し局の4

森内が[後]1五歩と端歩を伸ばしたときの衝撃波は、盤側で見ている私には強烈だった。
[先]4五歩が見えている忙しい局面で、あまりにも悠々とし過ぎているからだ。ただ森内は「(図では)[先]4五歩と[先]5五歩があって受けがありませんから」と言う。
図から[先]4五歩なら[後]同桂[先]4六歩[後]2七金(参考図)と応戦する順がある。
以下[先]4八角[後]3七桂成[先]同桂[後]3八金[先]5七角[後]3七金。後手が苦しいことに変わりはないが、この順で耐えるより森内に選択肢は残っていなかったのだ。

 ところが、図から稲葉は森内の想定を上回る手を指してきた。[先]1六歩と突き返した手が妙手。「斬新な攻めでした」と森内が局後に感心した一手である。
「[先]1六歩[後]同歩[先]同香とした局面は印象に残っていて、結果的に勝着になったのかなと思います。形勢を損ねる可能性もある手なので悩みましたが、決断できたのはよかったと思います」と稲葉は言う。
本日終了図は[先]1五角と出ることができるため、参考図のように[後]2七金の筋が利かない。(椎名龍一)

◎[先]1六歩 24 [後]同歩 1

 [先]同香     [後]同香 2

 [先]4五歩

 (◎好手 ×悪手 ?疑問 ▽作戦 !勝負手)

第75期名人戦A級順位戦 稲葉陽八段-森内俊之九段 第37局 指し直し局の4
27 3月

NHK杯決勝: 佐藤康光九段 vs 佐藤和俊 六段

NHK杯決勝73610二人の佐藤の決勝戦、解説は羽生善治 三冠 と舞台は整いました。
 佐藤和俊 六段は2015年優勝の村山慈明七段と同期で2003年に四段棋士となっています。
比較的持ち時間の短い棋戦で活躍していて朝日杯将棋オープン戦ではベスト4入りしています。
若手と表現されますが、38歳になりました。
このあたりで是非優勝しておきたいところ。
相手の佐藤康光九段はNHK杯でも実績十分、2006年度= 第56回、2007年度= 第57回と連続優勝しています。
最近のA級順位戦でも負ければ降級の一局を積極的な攻めで勝ち切る勝負強さを見せました。ほぼ十年ぶりの優勝となれば価値があります。

NHK杯決勝504006
保存保存

保存

続きを読む »

24 3月

藤井聡太四段、デビュー後10連勝 最年少棋士が最多タイ

将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)は23日、大阪市の関西将棋会館で指された棋王戦予選で大橋貴洸四段(24)を破り、デビューから10連勝を飾った。日本将棋連盟によると記録が残る1954年以降、デビュー後10連勝したのは史上3人目の最多タイ記録。

 これまで96年に松本佳介六段(45)、97年に近藤正和六段(45)がそれぞれ10連勝した。第一人者の羽生善治3冠(46)はデビュー後6連勝だった。藤井四段は4月4日、王将戦1次予選で新記録に挑む。



続きを読む »

将棋ギャラリー
  • 【更新】藤井聡太四段公式戦対戦成績・全記録一覧表
  • 【更新】藤井聡太四段公式戦対戦成績・全記録一覧表
  • 【更新】藤井聡太四段公式戦対戦成績・全記録一覧表
  • 【更新】藤井聡太四段公式戦対戦成績・全記録一覧表
  • 【更新】藤井聡太四段公式戦対戦成績・全記録一覧表
  • 【更新】藤井聡太四段公式戦対戦成績・全記録一覧表
  • 【更新】藤井聡太四段公式戦対戦成績・全記録一覧表
  • 【更新】[棋士にズームイン] 女流棋士になった 竹俣紅さん
  • 【更新】[棋士にズームイン] 女流棋士になった 竹俣紅さん
  • 【更新】[棋士にズームイン] 女流棋士になった 竹俣紅さん
  • 【更新】[棋士にズームイン] 女流棋士になった 竹俣紅さん
  • 【更新】[棋士にズームイン] 女流棋士になった 竹俣紅さん
  • 【更新】[棋士にズームイン] 女流棋士になった 竹俣紅さん
  • 【更新】[棋士にズームイン] 女流棋士になった 竹俣紅さん
  • 【更新】[棋士にズームイン] 女流棋士になった 竹俣紅さん
  • 【更新】[棋士にズームイン] 女流棋士になった 竹俣紅さん
  • 【更新】[棋士にズームイン] 女流棋士になった 竹俣紅さん
  • 高梨臨、憧れの人との共演に「あぁ…生きててよかった」
  • 高梨臨、憧れの人との共演に「あぁ…生きててよかった」
  • 高梨臨、憧れの人との共演に「あぁ…生きててよかった」
  • 将棋・藤井聡太四段は「棋聡天才」 住友生命が創作熟語発表
  • 羽生善治氏、永世七冠達成の心境語る「1つの大きな地点に辿り着くことができた」
  • 藤井聡太四段母・裕子さん「連勝より一局…28すごい」
  • 藤井聡太四段が歴代1位タイの28連勝、30年ぶり快挙
  • 【三重県報道】県将棋界の星、雪辱に期待 鈴鹿在住の澤田六段
  • 藤井聡太四段も進出…竜王戦本戦1回戦は26日
  • NHK杯決勝: 佐藤康光九段 vs 佐藤和俊 六段
  • NHK杯決勝: 佐藤康光九段 vs 佐藤和俊 六段
  • NHK杯決勝: 佐藤康光九段 vs 佐藤和俊 六段
  • NHK杯決勝: 佐藤康光九段 vs 佐藤和俊 六段
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
カテゴリ別アーカイブ


QRコード
QRコード