棋士として、女性として、輝き続ける。

近代将棋2004年10月号巻頭グラビア、『中井広恵女流王将・倉敷籐花の著書「鏡花水月」出版記念パーティ』より。

文章は中野隆義さん。

小学6年生の春、11歳の中井は師匠の佐瀬勇次九段の内弟子となった。

 中井の上京にあたって、故郷の稚内で開かれた壮行会の席上で、生まれて初めて父の泣く姿を見た中井は、子ども心に一人で東京に出て行くというのは、やはり大変なことなのだな、と感じ、おめおめとは引き下がれないのだなと思った。


 父は、あのとき、広恵は将棋に嫁に出したのだ、と思っていた。だから、中井の妹二人の結婚式ではおいおい泣いたが、中井が植山悦行六段と結ばれたときには笑顔ばかりであった。

 みずも、こころ、みなみ、と三人の娘に恵まれた。タイトル戦で数日間家を離れなければならないときは、母乳を冷蔵庫で凍らせ、それを父君が解凍して娘に飲ませた。父君の母が上京して一緒に住むようになったのは大助かりだった。一人だけではなく、家族みんなでやってきて現在があり、これからがあると思っている。 

以下、将棋ペンクラブログで素晴しい中井広恵のフラッシュバック記事

棋士として女性として輝き続けたい

、是非お読みください。

DSCF1058 DSCF1068